テーマ:世銀

「エイズの流行と貧困に終わりを」 ジム・ヨン・キム世銀総裁AIDS2012開会式演説

(解説) 7月1日に世銀グループの総裁に就任したジム・ヨン・キム氏が22日に米ワシントンDCで開幕した第19回国際エイズ会議(AIDS2012)の開会式で演説しました。キム総裁は世界保健機関(WHO)で3by5計画(2005年末までに途上国のHIV陽性者600万人に抗レトロウイルス治療のアクセスを確保する計画)の立案、実施に主導的な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『財政分野でエイズの流行の長期的影響を緩和するにはアフリカにおけるHIV感染予防対策の強化が不可欠』

(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに4月17日付けで掲載されたフィーチャーストーリーの日本語仮訳。世界銀行の報告書《The Fiscal Dimension of HIV/AIDS in Botswana, South Africa, Swaziland, and Uganda》に関する紹介です。世銀サイトには3月14…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジム・ヨン・キム氏の世銀新総裁任命をUNAIDSが歓迎

(解説)世界銀行は4月17日、次期総裁に米ダートマス大学学長のジム・キム博士を選任することを理事会で決定しました。キム博士の選任については、米国による世銀トップポストの独占が続くこと、キム氏は経済の専門家ではないことなどが批判されていますが、一方で、WHOのHIV/エイズ部長時代に3バイ5計画を推進するなど、公衆衛生分野では輝かしい実績…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中東・北アフリカのエイズの流行の現状と対策の優先順位

(解説)これまで情報があまり得られなかった中東・北アフリカのHIV/エイズの流行について、世界銀行と国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が各国データを集約して報告書にまとめ、2月15日に米・ワシントンDCの世銀本部で開かれた会合で公表しました。UNAIDSのサイトに掲載されたその紹介文の日本語仮訳です。 なお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界経済危機とHIV予防、治療プログラム : 問題点と影響

(解説)世界銀行と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が、HIV予防、治療プログラムに対する世界金融危機の想定しうる影響について調査した結果を報告書にまとめ、2009年7月6日に発表しました。同年3月時点で71カ国から集めたデータをもとに、金融危機がすでにHIV治療を受けている約400万人と緊急にHIV治療を開始する必要がある700万人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more