『Power to the people(人びとに力を)』 2019世界エイズデーUNAIDS報告書

 世界エイズデーに向けた国連合同エイズ計画(UNAIDS)の報告書『Power to the people(人びとに力を)』は11月26日にケニアのナイロビで発表されました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。      ◇ エイズ終結は、個人およびコミュニティが選択し、知り、成長し、要求する力を持つかどうかにかかっている  …
コメント:0

続きを読むread more

世界エイズデー2019 におけるUNAIDS事務局長メッセージ

(解説)2019年の世界エイズデーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ事務局長がプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。英文はUNAIDS公式サイトでご覧ください。動画もついています。  https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleas…
コメント:0

続きを読むread more

エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残さないために UNAIDS事務局長声明 

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のウィニー・ビヤニマ新事務局長がケニアのナイロビで開かれたICPD(国際人口開発会議)25周年の会議(ナイロビサミット)でスピーチを行いました。そこで明らかにした声明がUNAIDS公式サイトに紹介されています。その日本語仮訳です。    ◇ エイズ終結と社会的不公正の解消、女性と女児を取り残…
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
コメント:0

続きを読むread more

HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将

(解説) 9月にツィターでHIVに感染していることを公表したギャレス・トーマス氏が欧州エイズ会議の特別イベントで、HIV/エイズをめぐるスティグマの克服を呼びかけました。UNAIDS公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。     ◇ HIV関連のスティグマを熱く語る ラグビー・ウェールズ代表のギャレス・トーマス元主将  …
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティが変える UNAIDSが2019世界エイズデーのテーマを発表

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに2019年世界エイズデー(12月1日)に向けたキャンペーンのテーマが掲載されています。 『COMMUNITIES MAKE THE DIFFERENCE』  日本語では『コミュニティが変える』と訳しました。以下、公式サイトに掲載された短い紹介文の日本語仮訳です。キャンペーン用の…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第134号(2019年10月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第134号(2019年10月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
コメント:0

続きを読むread more

セクシュアリティ、HIV・・・ラグビーレジェンド、カミングアウトを語る

 ラグビーの元ウェールズ代表主将で、英テレビ局のラグビーW杯解説者として来日していたギャレス・トーマス氏が10月31日(木)、東京・神宮前のプライドハウス東京2019でトークセッションに参加しました。トーマス氏は現役時代の2009年に自らのセクシュアリティについてカミングアウトし、2019年9月にはツィターでHIVに感染していることも公…
コメント:0

続きを読むread more

『エイズと持続可能な開発目標(SDGs)』

(解説)2030年を目標の達成年とする国連の持続可能な開発目標(SDGs)は、17分野のゴールが設定されています。エイズ流行終結は、17項目中のゴール3「すべての人に健康と福祉を」のそのまたターゲットの中の一部でとして明記されています。ただし、HIV/エイズ対策に関連する目標はゴール3だけではないということで、国連合同エイズ計画(UNA…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第133号(2019年9月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第133号(2019年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行する…
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSのPrEP専門家、ロザリンド・コールマン氏に聞く(UNAIDSのサイトから)

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに9月16日で、暴露前予防服薬(PrEP)の解説記事が掲載されています。その日本語仮訳です。UNAIDSのPrEP専門家ロザリンド・コールマン氏がインタビューに答え「PrEPを効果的に開始、継続できるようにするにはメッセージの伝え方が大切です。公共広告から保健医療従事者の姿勢に至るまで、ス…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第132号(2019年8月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第132号(2019年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第131号(2019年7月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第131号(2019年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News第130号(2019年6月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第130号(2019年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第128回フォーラム 《HIVとオリンピック・パラリンピック》

 エイズ &ソサエティ研究会議(JASA)の第128回フォーラムを開催します。テーマは《HIVとオリンピック・パラリンピック》です。 日時:7月9日(火)午後7時~8時45分 場所:ねぎし内科診療所(東京都新宿区四谷三丁目9番地 光明堂ビル5階) 報告者:宮田一雄(ジャーナリスト、エイズ&ソサエティ研究会議事務局長) 参加費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を 国連事務総長報告2019

(解説)国連事務総長が毎年、総会に提出しているHIV/エイズ対策の2019年版報告です。少し長いので、とりあえず、サマリーだけ日本語仮訳を作成しました。     ◇ 10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を   国連事務総長報告 https://www.unaids.org/sites/default/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『各国における医薬品その他の医療用品の地元生産促進に関する国際機関共通声明』

(解説)保健分野に関係する6つの国連機関・国際機関が、低・中所得国による医薬品や医療用品の国内生産促進を求める声明を連名で発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレス声明の日本語仮訳です。世界保健総会(WHA)開催中の5月24日にジュネーブで発表されました。 各国における医薬品その他の医療…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News第129号(2019年5月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第129号(2019年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年五輪を控え、UNAIDSとプライドハウス東京がパートナーシップ契約

(解説)来年のオリンピック・パラリンピック東京開催を控え、国連合同エイズ計画(UNAIDS)とプライドハウス東京がパートナーシップ協定を結び、国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日(IDAHOT)の5月17日、スイスのジュネーブで基本合意文書(MOU)の調印式がおこなわれました。UNAIDS公式サイトに掲載されたFeat…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『結核に影響を受けている人のための権利宣言』を発表

(解説)結核から回復した人やいま結核を罹患している人などでつくるTBピープルという国際組織が5月14日、『結核に影響を受けている人のための権利宣言』をジュネーブで発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたFeature Storyの日本語仮訳です。 結核に影響を受けている人のための権利宣言を発表 UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質の調査を開始

(解説)UNAIDSとLGBT財団が、LGBTIの人たちを対象にした世界的なウェッブ調査の開始を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。  調査は17言語で行われ、巻末のURLをクリックすると日本語のサイトが出てきます。 UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質に関する調査を開始  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSのシディベ事務局長が退任し、マリ保健社会福祉相に就任

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長がマリの保健社会福祉相に就任したことが5月8日に発表されました。そのプレス声明の日本語仮訳です。  シディベ氏は昨年12月のプログラム調整理事会で、独裁的な組織運営が批判され、任期を半年は止めて今年6月末で退任することを発表していました。このためUNAIDSは次期事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『抗レトロウイルス治療のHIV感染防止効果に関する追加的エビデンスを歓迎』

(解説)抗レトロウイルス治療によるHIV感染予防の効果に関するPARTNER2研究の結果が英医学誌LANCETに報告されました。治療を継続し、体内のウイルスが抑制されているHIV陽性者からは、他の人にHIV性感染することはないということを欧州のゲイカップル約1000組の調査から結論付けています。その報告を歓迎する国連合同エイズ計画(UN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News第128号(2019年4月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第128号(2019年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パースICAAPは中止に

(解説)オーストラリアのパースで9月に予定されていた第13回アジア太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP2019)が「延期」になりました。  http://icaap2019.com/  また、会議準備にあたってきたアジア太平洋エイズ学会(ASAP)のミュン・ハン・チョウ理事長と国連合同エイズ計画(UNAIDS)太平洋地域事務所のイー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News第127号(2019年3月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第127号(2019年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

『CDCデータが確認:HIV予防の成果は失速』

(解説)米国のCDC(疾病管理予防センター)が米国内のHIV新規感染に関する2010~16年の動向をまとめています。年間の新規感染件数は2013年までのほぼ5年にわたって劇的な減少が続いていましたが、その減少ペースはすでに止まっており、2013年以降は横ばいの状態が続いているということです。米国政府のHIV/エイズ啓発サイトHIV.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more