UNAIDS報告書『Seizing the moment(この機会をつかむ)』

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が年次報告書GLOBAL AIDS UPDATE 2020を発表しました。タイトルは『Seizing the moment(この機会をつかむ)』です。7月6日はバーチャル会議となった第23回国際エイズ会議(AIDS2020)の開幕の日でもあります。  報告書と同時に発表されたプレスリリースを日…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第142 号(2020年6月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第142 号(2020年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
コメント:0

続きを読むread more

HIVの教訓を生かしCOVID-19のパンデミックへの関与強める UNAIDSプレスリリース

(解説)UNAIDSのプログラム調整理事会で、ウィニー・ビヤニマ事務局長が開会演説を行い、HIV対策の教訓を生かし、COVID-19のパンデミック対策への関与を強めていくとの姿勢を示しました。UNAIDSプレスリリースの日本語仮訳です。 HIVとCOVID-19の概況をプログラム調整理事会で報告 ビヤニマ事務局長開会演説  …
コメント:0

続きを読むread more

抗レトロウイルス薬の供給と価格に対するCOVID-19パンデミックの影響 UNAIDSプレスリリース

(解説)新型コロナウイルス感染症COVID-19の流行で、低・中所得国のHIV治療も大きな影響を受ける恐れがある。国連合同エイズ計画(UNAIDS)がインドを中心にジェネリック薬の製造会社に調査を行った結果を分析レポートにまとめました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 COVID-19の流行で抗レトロウイルス薬の供給と価格…
コメント:0

続きを読むread more

『HIV2020オンラインのプログラムについて』

(解説)コミュニティ主導の会議として準備をしていたHIV2020が新型コロナウイルス感染症の影響で中止になり、7~10月の間に2時間のセッションをシリーズで開催することになりました。主催者による発表の日本語仮訳です。   HIV2020オンラインのプログラムについて 5月21日発表 https://www.hiv2020.org/…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第141 号(2020年5月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第141 号(2020年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第140 号(2020年4月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第140 号(2020年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発…
コメント:0

続きを読むread more

公開書簡『COVID-19に対する人びとのワクチンへの連帯』 UNAIDS

   国連合同エイズ計画(UNAIDS)のサイトに掲載された公開書簡『Uniting behind a people’s vaccine against COVID-19』の日本語仮訳です。『people’s vaccine』というのは《すべての国で、すべての人が無償で受けられるワクチン》という意味のようです。 書簡は5月18日…
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19時代のHIV予防』

(解説)HIV/エイズ分野の経験を踏まえて新型コロナウイルス感染症COVID-19に対応するため、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が3つの短い啓発文書を発行しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 COVID-19パンデミックの間もHIV予防に力を入れるよう各国に要請 UNAIDSプレスリリース   医療崩壊、都市封鎖、…
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19のアウトブレークで、LGBTIの人びとへの非難と迫害が拡大』 UNAIDSとMPactが強い懸念

 新型コロナウイルス感染症COVID-19の感染が世界に拡大する中で、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と『ゲイ男性の健康と権利のためのMPact世界行動(MPact)』は4月27日、共同でプレスリリースを発表しました。LGBTI(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス)の人たちに対する非難と迫害に…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第139号(2020年3月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第139号(2020年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行する…
コメント:0

続きを読むread more

メルマガ:TOP-HAT News 第138号(2020年2月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第138号(2020年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行…
コメント:0

続きを読むread more

ギータ・ラムジー博士がCOVID-19で死亡

(解説)南アフリカで女性のHIV予防に関する研究を牽引してきたギータ・ラムジー博士がCOVID-19の合併症により、3月31日に亡くなりました。3月の半ばに英国のロンドン大学衛生熱帯医学大学院のシンポジウムで講演を行い、南アフリカに戻ってから倒れたということです。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレス声明の日本…
コメント:0

続きを読むread more

ピーター・ピオット博士に聞く COVID-19 100問100答 2020年3月13日

「新型」コロナウイルスCOVID-19についてロンドン大学衛生熱帯医学大学院のピーター・ピオット学長がTEDMED財団の100の質問に答えました。聞き手はTEDMED財団ディレクターのジェイ・ウォーカー氏です。 ピオット博士はエボラウイルスの発見者の一人として知られる感染症学者であり、1995年には国連合同エイズ計画(UNAIDS…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19アウトブレーク対策で、コミュニティを中心にした人権アプローチを要請 UNAIDSプレスリリース

(解説)新型コロナウイルス感染症COVID-19対策で国連合同エイズ計画(UNAIDS)が3月20日、プレスリリースを発表しました。HIV/エイズ対策の経験を踏まえ、人権尊重を基本にした対策でコミュニティの参加を促し、対策の効果を上げることを各国に呼び掛けています。  その日本語仮訳です。 COVID-19アウトブレーク…
コメント:0

続きを読むread more

『COVID-19: 各国は危機対応策の乱用で人権を抑圧してはならない』 国連専門家グループ

 新型コロナウイルス感染症COVID-19の流行について、国連人権高等弁務官事務所(OCHCR)の公式サイトに国連の人権専門家グループの『各国は危機対応策の乱用で人権を抑圧してはならない』というか各国政府への要請がニュースとして紹介されています。その日本語仮訳です。  英文はこちら。 https://www.ohchr.org/EN…
コメント:0

続きを読むread more

『地球規模の対策は人を中心にしなければ成功しない』 UNAIDS

 新型コロナウイルス対策について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにウィニー・ビヤニマ事務局長のオピニオン《Successful global epidemic responses put people at the centre》が掲載されました。その日本語仮訳です。 2020年3月12日 オピニオン ウィニー…
コメント:0

続きを読むread more

『女性と女児への差別をゼロに』 UNAIDS差別ゼロデー2020

 3月1日の差別ゼロデーは国連合同エイズ計画(UNAIDS)にとって、12月1日の世界エイズデーに次いで重視している記念日です。2013年12月1日にオーストラリアのメルボルンで開かれた世界エイズデー式典で、差別ゼロデーの制定が発表され、翌14年3月1日が第1回となりました。今第7回となる今年のテーマは『ZERO DISCRIMIN…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第137号(2020年 1月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第137号(2020年 1月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
コメント:0

続きを読むread more

COVID-19アウトブレークの間、HIV陽性者が治療を継続できるようUNAIDSと中国が協力 UNAIDSプレス…

(解説)中国のCOVID-19の流行について、UNAIDSが2月19日、プレスリリースを発表しました。HIV陽性者が受けている影響についての調査報告です。内容は、しっかり取り組んでいますというアリバイ的な印象もありますが、やらないよりはまし。その日本語仮訳です。 COVID-19アウトブレークの間、HIV陽性者が治療を…
コメント:0

続きを読むread more

HIVワクチン臨床試験HVTN702は中止 UNAIDSプレス声明

(解説)南アフリカで進められていたHIVワクチンの大規模臨床試験HVTN702の中止が2月3日、米国立衛生研究所(NIH)の国立アレルギー感染症研究所(NIAD)から発表されました。中間評価の段階で、対象となるワクチン候補にはHIV感染の予防効果はないという結論に達したということです。有望なワクチン候補として期待されていたのですが、残念…
コメント:0

続きを読むread more

『健康は富裕層の特権であってはならない-健康への権利はすべての人にある』UNAIDSプレスリリース

 1月21日から24日まで開かれているスイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の開会に際し、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレスリリースの日本語仮訳です。  今年のダボス会議のテーマは「Stakeholders for a Cohesive and Sustainable World(ステークホルダーが作…
コメント:0

続きを読むread more

Ready, Set, PrEPプログラムがHIV予防薬へのアクセスを拡大 米福祉保健省発表

(解説)HIVの新規感染を防ぐ新たな手段として注目されているPrEP(曝露前予防)がなかなか普及しないことから、米保健福祉省(HHS)が感染の高いリスクに曝されている人たちを対象にPrEP薬を無償で提供する新たなプログラムを開始しました。  2019年12月3日にHHSが発表したニュースリリースの日本語仮訳です。 Ready…
コメント:0

続きを読むread more

『HIV研究の25年』 POZ特集記事の要約

(解説)米国の雑誌POZは1994年に発刊され、今年(2019年)に創刊25周年を迎えました。その特集記事の一つとしてPOZのウェブサイトに掲載されている25 Years of HIV Research(HIV研究の25年)の日本語による要約です。著者のベンジャミン・ライアン氏はPOZの総合編集長ということです。 HIV研…
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第136号(2019年12月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第136号(2019年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
コメント:0

続きを読むread more

『HIV感染終結へ:Test(検査)、Treat(治療)、そしてPrevent(予防)』 CDC Vital Si…

 米疾病管理予防センター(CDC)のVital Signsは、2010年にスタートしたオンラインレポートです。月1回の発行で、毎号の特集テーマに沿って、がんや飲酒、喫煙、HIV、交通事故、心臓病など様々な健康上の脅威を取り上げ、現状と対応策を紹介しています。2019年12月のテーマは『Ending HIV Transmission : …
コメント:0

続きを読むread more