テーマ:ブラジル

ジカ熱とHIV:関連を科学的にとらえる アーサー・ティマーマン博士

(解説) 春とはいえ、日本ではまだ寒いので、主に蚊が媒介して広がるジカ熱の流行はあまり大きな関心事にはなっていません。でも、夏にリオ五輪が開かれるブラジルの流行は深刻です。症例は中南米だけでなく他の地域の国でも報告されているので、季節の移行に伴って日本でも輸入報告例が増えてきたり、国内感染例が報告されたりすれば一気に不安が高まり、社会的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOP-HAT News 第68号(2014年4月)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第68号(2014年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ TOP-HAT Newsは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議が東京都の委託を受けて発行す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UNAIDSがProtect the Goalキャンペーン世界ツアーを南アフリカで開始

(解説)(解説) Protect the Goal(ゴールを守れ)キャンペーンはサッカーW杯に向けたUNAIDSとサッカー界の共同キャンペーンで、前回の南ア大会開催時に始まったそうです。第2回となる今回は3月5日、その南アでスタートし、6月の2014W杯ブラジル大会に向けて世界ツアーが展開されます。UNAIDSのプレスレリースの日本語仮…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サッカー・ブラジル代表のダビド・ルイス選手をUNAIDS国際親善大使に任命

(解説) 6月のサッカーW杯ブラジル大会を前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)がブラジル代表のダビド・ルイス選手を国際親善大使に任命しました。ルイス選手は試合で活躍するとともに、HIV/エイズ対策への理解とHIV感染の予防を世界に呼びかけていきます。UNAIDSの4月16日付プレスレリースの日本語仮訳です。 サッカー・ブ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブラジルがHIV陽性者全員への治療提供を目指す

(解説) ブラジル政府が国内でHIVに感染している人のほぼ全員に抗レトロウイルス治療(ART)を提供できるようにするという方針を発表しました。「予防としての治療」の効果に着目した積極策ですね。世界保健機関(WHO)が今年7月に発表した新たなHIV治療のガイドラインで推奨されている1日1錠の抗レトロウイルス薬合剤を2014年の初めから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more