10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を 国連事務総長報告2019

(解説)国連事務総長が毎年、総会に提出しているHIV/エイズ対策の2019年版報告です。少し長いので、とりあえず、サマリーだけ日本語仮訳を作成しました。
    ◇
10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を
  国連事務総長報告
https://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/A_73_824_E.pdf

要約
 18年前に国連がこの流行に対する最初の特別総会を開いた当時、エイズのない社会などは、ほとんど想像もできないことだった。以来、歴史上最大の保健危機の一つを克服するための世界の揺るぎない意志は、目覚ましい成果を上げてきた。過去10年にわたり、治療を受けているHIV陽性者の数は、5.5倍に増えている。行動変容のコミュニケーションとコンドーム配布のプログラムが様々な状況下におけるHIVの新規感染を減らすのに成功してきた。そしてHIV母子感染をなくすことに成功した国も増えている。エイズ関連の疾病による世界の全年齢層における死者数、および子供の新規HIV感染はほぼ半減し、成人の新規感染も19%減っている。
 この大きな成果を受けて、持続可能な開発のための2030アジェンダには、エイズの流行を2030年までに終結させることが盛り込まれた。2016年の国連総会では、このターゲットの達成に向けて、HIV予防、検査、治療のサービスの急速な拡大が必要なことが合意された。
 HIV陽性者が直面するスティグマと差別、有害なジェンダー規範など、そこには多くの課題がある。多くの国で、若者や女性、キーポピュレーション(注射薬物使用者、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たち、ゲイ男性など男性とセックスをする男性)、先住民、移住者、難民といった人たちが保健とHIVのサービスを利用することを法律や政策が阻んでいる。世界全体でみると、低・中所得国のHIV対策への資金は過去5年間、ほぼ横ばいの状態で推移している。
 しかし、すべての地域で、収入のレベルに関わりなく、いまこそが多くの国にとって、国連総会で合意された2020年のターゲットへの軌道に戻る絶好の機会である。国連合同エイズ計画(UNAIDS)を含む国連機関は、国連改革のイニシアティブを通し、各国への支援をさらに高めていこうとしている。
 ユニバーサル・ヘルス・カバレッジを実現しようとする動きが広がっていることは重要な機会となる。ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの核心となる考え方が、誰も置き去りにしないことだからだ。HIVの文脈で誰も置き去りにしないためには、保健医療施設ベースの包括的なHIVサービスを含む保健医療給付に加え、政府の資金確保と制度改革により、社会的に弱い立場に置かれ、排除されがちな人びとが必要に応じて利用できるような公衆衛生、社会保障面でのサービスの確保が求められている。
 2020年ターゲットの達成に向けた政治の意思を再び強く持ち、行動を強化し、必要な勢いを生み出すために、加盟国は以下の勧告の採択を求められている:(a)HIV感染の一次予防に力を入れる;(b)90-90-90ターゲット達成に向けたHIV検査の多様化と患者に合わせた保健医療ケアの提供 ;(c)社会から疎外され弱い立場にある人たちの権利を尊重する法的、政策的な環境の確立;(d)追加的資金の確保、および最も必要なところへのその資金の配分;(e)コミュニティが重要な役割を担えるようにするための支援;(f)包括的なHIV対策のユニバーサル・ヘルス・カバレッジへの合流。


Galvanizing global ambition to end the AIDS epidemic after a decade of progress
Report of the Secretary-General

Summary
A world without AIDS was almost unimaginable when the General Assembly held its first special session on the epidemic 18 years ago. Since then, the global determination to defeat one of history’s greatest health crises has produced remarkable progress. Over the past decade, the number of people living with HIV on treatment has increased 5.5 times, behaviour change communications and condom distribution programmes have successfully reduced the incidence of HIV infection in a variety of settings and a growing number of countries have eliminated mother-to-child transmission of HIV. Globally, deaths from AIDS-related illnesses among people of all ages and HIV infections among children have been cut nearly in half, and new infections among adults have declined by 19 per cent.
Strong gains against the epidemic inspired a commitment within the 2030 Agenda for Sustainable Development to end the AIDS epidemic by 2030. The General Assembly agreed in 2016 that achieving this target required rapid expansion of HIV prevention, testing and treatment services.
There are many challenges, including stigma and discrimination faced by people living with HIV and harmful gender norms. Laws and policies in many countries prevent young people, women, key populations (people who inject drugs, sex workers, transgender people, prisoners, and gay men and other men who have sex with men), indigenous peoples, migrants and refugees from accessing health and HIV services. Funding for HIV responses in low- and middle-income countries globally has also been flat for most of the past five years.
However, there is a window of opportunity for more countries, across all regions and income levels, to get on track to meet the 2020 targets agreed by the General Assembly. The United Nations system, including the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), is enhancing its support to countries through the United Nations reform initiative.
An important opportunity is the growing movement to achieve universal health coverage. A core principle of universal health coverage is to leave no one behind. Within the context of HIV, leaving no one behind requires a health benefit package that includes a comprehensive set of health facility-based HIV services, additional public health and social protection services provided through dedicated government funding streams and structural changes to ensure that vulnerable and marginalized people can access the services they need.
Member States are urged to adopt the following recommendations to galvanize political will, accelerate action and build the momentum necessary to reach 2020 targets: (a) reinvigorate primary HIV prevention; (b) diversify HIV testing and differentiate the delivery of health care to reach the 90–90–90 targets; (c) establish enabling legal and policy environments in order to reach marginalized and vulnerable populations; (d) mobilize additional resources and allocate them where they are most needed; (e) support communities to enable them to play their critical roles; and (f) incorporate a comprehensive HIV response into universal health coverage.



"10年間の進歩を経て、エイズ終結の野心的目標に向け対応の再活性化を 国連事務総長報告2019" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント