エリザベス・テイラーさんに捧ぐ エイズ研究財団(amfAR)サイトから

(解説) エイズ研究財団(amfAR)のウエブサイトに掲載されたエリザベス・テイラーさんへの追悼文の日本語仮訳です。彼女はamfARの創設に加わり、高い知名度で活動を支援してきました。なお、amfARの名称については、2005年に米国エイズ研究財団(American Foundation for AIDS Research)からエイズ研究財団(The Foundation for AIDS Research)に変更されたということです。そうでしたか。今後はエイズ研究財団と訳すようにします。


エリザベス・テイラーさんに捧ぐ
(1932年2月27日~2011年3月23日)
http://www.amfar.org/page.aspx?id=9588

2011年3月23日 — 「私が沈黙することはないし、あきらめることもない。無視されたいとも思わない」。これらの言葉によって、エリザベス・テイラーは声なき人々の声を代弁した。表に出られない人にかわって彼女の姿を提示した。そして、他の多くの人たちが避けていたもの:HIV/エイズとの闘い、に対し、彼女の思いやりと決意を示した。エイズ流行初期の恐怖の日々を支配していた無関心と沈黙に対し、彼女はあえて声をあげ、困っている人々に対する直感的な共感を表した。この結果、米国内および世界中のHIV陽性者を支援するうえで、最も大きな影響力を持つ人物となった。

 どうしてエイズにかかわろうと考えたのですかと問われた時、エリザベスは持ち前の無愛想な態度でこう答えた。「そうね、この新しい病気に関するニュースをずっと見て、どうして誰も何もしないのかと思っていました。それから、私もほかの人と同じだわと気づいたの。私も助けになるようなことは何もしていませんでした」。だから彼女は関与した。それも単に助けようとしただけでなく、風景を永遠に変えたのだ。

 エリザベス・テイラーがエイズとかかわるようになったのは1984年12月にからだ。彼女はエイズ・プロジェクト・ロサンゼルス(APLA)の主要な支持者となり、社会の関心を高めること、そしてこの病気と闘うために必要な資金をあつめることに活動の焦点をあてた。何カ月もの間、拒絶される経験をしたものの、彼女は親友でもある広報担当者、チェン・サムとともに、影響力があったり、富裕であったりする友人に向けて、お願いしたり、強く押したり、なだめたり、電話をしたり、手紙に署名したりといった活動を続けた。1985年にエリザベス・テイラーはロサンゼルスの国家エイズ研究財団 (NARF)の理事に加わっている。その後間もなく、NARFはマチルド・クリム博士が設立したニューヨークのエイズ医療財団 (AMF)と合併し、米国エイズ研究財団 (amfAR)が発足している。エリザベスは新組織のための全国的な資金調達を主導したいと希望した。「有名人だからといって責任を担わないでいいというわけではない」と彼女は言った。「私が声を上げることがお役に立つのなら、それが私の役目だと思う」

 amfARの創設時の全国(のちに国際)委員長として、エリザベスは米国内および世界中に財団の名前を知らしめるために疲れを知らずに働いた。ヒト免疫不全ウイルス(HIV)についてあまり多くのことが知られていない時期に、勇気をもって、この病気の現実を語ることがamfARにおける彼女の初期の仕事だった。彼女は研究、教育、そして急速に広がる流行に影響を受けている人たちへの直接サービスに必要な資金の増額を連邦政府に求め、積極的にロビーイングを行った。1990年にはライアン・ホワイト・ケア法を支持し、議会で証言している。この法律は米国のHIV/エイズ・プログラムの主要財源としていまなお継続している。

 HIV陽性者の最も有名な擁護者として、エリザベスはHIV/エイズの流行に影響を受けた人たちとの個人的なつながりを維持し、その人たちのために発言を続けてきた。1989年にはタイのバンコクで、病院に入院しているHIV陽性者と握手をしている写真が大きく報じられた。この写真は東南アジアの各地の新聞に掲載されている。少なくともこの地域においては、エイズ患者に触れることの不安を解消する単一イベントとしては最も有効なものだったと思われるできごとだった。1996年の世界エイズデーには国連総会で熱烈な演説を行い、世界中のすべての国が協力し、HIV/エイズと闘うよう呼びかけた。この公的な演説の後で、彼女はマンハッタンのロウアー・イーストサイドに向かい、地元の注射針交換プログラムの実施場所に立ち寄った。目立たないが、エリザベスはいつもエイズ・コミュニティやその家族、支持者らと良好な関係を保ってきた。彼らにとって直接の支援と慰安が必要なことを彼女は感じていた。

 HIV陽性者に対する直接ケアの提供や社会全般へのHIV予防教育に取り組む全米のサービス組織を支援するため、彼女は1991年にエリザベス・テイラー・エイズ財団を設立した。amfARは2005年、国際的な活動に積極的に取り組んでいることを反映して組織の名称を米国エイズ研究財団からエイズ研究財団に変更した。財団の活動の枠が広がったことから、エリザベスは研究の充実強化が緊急に必要であることを訴え、研究を支援するためのファンドレイザー(資金調達者)としての彼女の高いスキルを引き続き発揮していった。この数年、活動の機会は少なくなっていたとはいえ、彼女は依然、amfARを代表する人物の1人であり、最近では2002年のカンヌ映画祭でもエイズと闘う映画界の議長となった。また、2005年には、amfARのケネス・コール会長のもとでの「私たちはみなエイズを持っている(もし私たちの中の誰か1人がそうならば)」と題した画期的な公共サービス広告キャンペーンにも登場した。

 amfAR のスタッフは何年か前、国際委員長としての功績をたたえるため、彼女の誕生日を記念して財団のエベント・ニュースに公開書簡を掲載した。その時の誕生日メッセージは、いま彼女に対する追悼の言葉となった:「あなたの生涯はその美しさで知られていました。過去20年余り、私たちはその美貌をだんだん当たり前のように感じるようになっていきましたが、一方で、常にあなたのもうひとつの資質に魅了されてもきました。信じようとしない人たちの前でも、あなたが誠実に話し続けてきたその姿勢に触発されたのです。そして、すべてのHIV陽性者に対するあなたの深い思いやりの心に勇気づけられてきました」。この恐るべき流行が克服される日がくるまで、信念をもって行動し、私たちを励ましてくれたエリザベス・テイラーのことをamfARはずっと記憶し、称え続けるであろう。



In Loving Memory of Dame Elizabeth Taylor
(February 27, 1932–March 23, 2011)


March 23, 2011— "I will not be silenced and I will not give up and I will not be ignored." With these words, Elizabeth Taylor lent her voice to the voiceless, her iconic image to those who had previously been invisible, and her compassion and determination to a cause many others had shunned: the fight against HIV/AIDS. Her willingness to speak out against apathy and silence in the early, frightening days of the epidemic and her instinctive sympathy for those in need earned her a place as one of the most influential advocates for people living with HIV in the U.S. and around the world.

When Dame Elizabeth was asked why she decided to become involved with AIDS in the first place, she replied with characteristic bluntness: "Well, I kept seeing all these news reports on this new disease and kept asking myself why no one was doing anything. And then I realized I was just like them. I wasn't doing anything to help." So she got involved. And when she did, she didn't just help, she changed the landscape forever.

Elizabeth Taylor's involvement with AIDS began in December 1984, when she became a major supporter of AIDS Project Los Angeles (APLA), focusing her efforts on raising the public's awareness and finding the funds needed to fight the disease. Even after months of rejection, she pressed on, working with her good friend and publicist, Chen Sam— pleading, pressuring, coaxing, making calls and signing letters to influential and wealthy friends. In 1985, Elizabeth Taylor joined the board of directors of the National AIDS Research Foundation (NARF) in Los Angeles. Shortly afterward, NARF merged with the New York-based AIDS Medical Foundation (AMF), founded by Dr. Mathilde Krim, to form the American Foundation for AIDS Research (amfAR). Dame Elizabeth sent word that she was interested in leading a national fundraising effort for the nascent organization. "Celebrity is not something that comes without responsibility," she said. "If I can help further a worthwhile cause simply by lending my voice, I feel that it is my place to do so."

As amfAR’s founding national (later international) chairman, Dame Elizabeth worked tirelessly to establish the Foundation's name within the U.S. and around the world. Much of her early work with amfAR involved courageously speaking out about the realities of the disease during a time when very little was known about the human immunodeficiency virus (HIV). She began lobbying aggressively for increased federal funds for research, education, and direct services to support those affected by the rapidly spreading epidemic, and testified before Congress in support of the Ryan White CARE Act of 1990, which remains a primary source of federal funding for HIV/AIDS programs.

As the most famous advocate for people with HIV/AIDS, Dame Elizabeth maintained a personal connection to those affected while continuing to speak out on their behalf. In 1989, she made headlines when she was photographed shaking hands with an HIV/AIDS patient in a Bangkok, Thailand, hospital. The photograph ran in papers throughout Southeast Asia and, at least in that region, probably did more than any other single event to quell fears about touching people with AIDS. On World AIDS Day 1996, she delivered a fervent appeal to the General Assembly of the United Nations, urging all nations to join together in a worldwide attack on HIV/AIDS. Following this formal appearance, she went down to Manhattan's Lower East Side where she "dropped in" on a local needle exchange program, with little fanfare.Dame Elizabeth always had a comfortable relationship with the AIDS community, their families, and their advocates; she sensed their need for direct support and comfort.

In 1991, she founded the Elizabeth Taylor AIDS Foundation to help service organizations across the country in their efforts to provide direct care to people with HIV/AIDS, as well as prevention education for the general public.In 2005, amfAR changed its name from the American Foundation for AIDS Research to The Foundation for AIDS Research, to reflect its increasingly international focus. As the Foundation expanded its reach, Dame Elizabeth continued to speak out about the urgent need for more research and to use her consummate skills as a fundraiser to support that effort. Despite a reduced schedule over the past several years, she remained one of the most public faces of amfAR, chairing its Cinema Against AIDS benefits, most recently in Cannes in 2002, and appearing in amfAR Chairman Kenneth Cole’s groundbreaking public service ad campaign titled “We All Have AIDS (If One of Us Does)” in 2005.

Several years ago, to honor its founding international chairman on her birthday, amfAR's staff placed an open letter in one of the Foundation's event journals. That birthday message was a fitting tribute then and is a fitting tribute now: "All your life you were known for your beauty. During the past two decades or so, we gradually came to take that beauty for granted, but we were also constantly arrested by your other qualities. We were staggered by your grace under fire. We were inspired by your outspoken honesty in the face of the disbelievers. And we were comforted by your deep compassion for all those living with HIV/AIDS." amfAR will remember and honor Elizabeth Taylor for keeping the faith and for inspiring us year after year to keep going until this devastating epidemic is conquered.

"エリザベス・テイラーさんに捧ぐ エイズ研究財団(amfAR)サイトから" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント