UNAIDS報告書『Seizing the moment(この機会をつかむ)』

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が年次報告書GLOBAL AIDS UPDATE 2020を発表しました。タイトルは『Seizing the moment(この機会をつかむ)』です。7月6日はバーチャル会議となった第23回国際エイズ会議(AIDS2020)の開幕の日でもあります。
 報告書と同時に発表されたプレスリリースを日本語に訳しました。


プレスリリース
2020年ターゲットは成果の不平等により達成困難 世界のエイズ流行に関するUNAIDS報告;COVID-19のリスクがHIVの成果を吹き飛ばそうとしている
ターゲットが達成できないことで2015年以降2020年までの新規HIV感染者数は、350万人増加し、エイズ関連の死者は82万人増える。さらにCOVID-19パンデミックでHIVサービスの継続が厳しくなれば、対策は10年以上、後戻りすることになる
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2020/july/20200706_global-aids-report

ジュネーブ 2020年7月6日- 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の新たな報告書は、これまでの対策の成果、とりわけ抗レトロウイルス療法のアクセス拡大の成果について、目覚ましくはあるが、極めて不平等な結果に終わっている、と指摘しています。各国間および各国の国内で、成果が平等に分かち合えるものではなかったために、2020年を目標年とする世界的HIV対策ターゲットの達成は期待できません。報告書『この機会をつかむ』は、それでも私たちがいま行動しなければ、これまでの成果すら失われ、さらに失速していくことになると警告しています。報告書は事態が切迫していることを強調し、これまでの努力を倍賭けにし、いまなお取り残されたままの何百万という人たちに支援が届くよう緊急に行動することを各国に求めています。
 「今後の10年は、世界を2030年のエイズ流行終結という軌道に戻すために日々、決然と行動することが必要です」とUNAIDSのウィニー・ビヤニマ事務局長は語っています。「何百万という人の命が救われてきました。とりわけアフリカの女性たちの命が救われてきたのです。多数の人の努力によって達成された成果は、すべての国のすべてのコミュニティで共有できるようにする必要があります。スティグマと差別、そして広い範囲にわたる不平等が、エイズ終結の大きな障壁になっています。各国はエビデンスを受け入れ、人権尊重の責務を果たす必要があります」
 14カ国が90-90-90 HIV治療ターゲット(HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのうちの90%が抗レトロウイルス治療を開始し、さらにそのうちの90%が体内のウイルス量を低く抑えた状態を保つ)を達成しています。なかでもエスワティニ(旧スワジランド)は2019年のHIV陽性率が27%と最も高い国でしたが、現在はターゲットの数値が95-95-95を超えています。
 抗レトロウイルス治療の普及が何百万という人の命を守り、新規感染を防いでいます。それでも、昨年は年間で69万人がエイズ関連の疾病で亡くなり、世界全体で3800万人のHIV陽性者のうち、1260万人は治療で命が救われるのに、その治療を受けられずにいます。
 「現在の成果に満足はできないし、挫折に落胆してもいられません。誰も取り残されないようにしなければならない。ギャップを埋める必要があります。100-100-100を目指しましょう」とエスワティニのアンブロセ・ドワミニシュシュはいう。
 HIV新規感染の予防で、世界は大きく後れを取っています。年間で約170万人が新規にHIVに感染しています。世界全体のターゲットの3倍以上です。東部・南部アフリカでは成果があがり、2010年当時と比べると38%の減少となっています。
それとは対照的なのが東ヨーロッパ・中央アジアで、新規感染は2010年当時と比べ72%増という驚くべき状態です。中東・北アフリカでも22%増、ラテンアメリカでは21%増となっています。
 『この機会をつかむ』は成果の不平等も報告しています。社会的に弱い立場の人びとの多くが取り残されているのです。ゲイ男性など男性とセックスをする男性、セックスワーカー、注射薬物使用者、受刑者などのキーポピュレーションとそのパートナーといった人たちは、全人口に占める割合は極めて小さいのに、新規HIV感染の約62%を占めています。
スティグマと差別が、他の社会的な不平等や排除行為とともに、大きな障壁となっています。疎外された人口集団は、批判や暴力、逮捕などを恐れつつ、性と生殖に関する健康サービス、とりわけ避妊やHIV予防のサービスへのアクセスを求めて闘わなければなりません。HIV陽性者に対するスティグマはいまなお、どこにでもあります。少なくとも82カ国で、何らかのかたちのHIV感染やHIVの曝露、感染非開示が犯罪とみなされています。セックスワークは少なくとも103カ国で犯罪とされ、108カ国では個人使用の目的の薬物所持および使用が犯罪とされています。
 HIV感染の影響を最も大きく受けるのは、サハラ以南のアフリカの女性と女児です。2019年には地域内のHIV感染の59%を占めていました。15歳から24歳までの少女・若い女性は毎週4500人もHIVに感染しているのです。人口全体に占める若い女性の割合は10%なのに、2019年の新規HIV感染者の24%を占めていました。
 しかし、HIVサービスが包括的に提供されているところでは、感染のレベルは大きく低下します。エスワティニ、レソト、南アフリカでは、若い女性に対する社会的・経済的な支援、届きにくかった人口集団における治療の普及と体内ウイルス量の抑制などを含む包括的な予防の選択肢が示され、不平等の格差が縮小するとともに新規HIV感染の発生率も低下しました。
 COVID-19のパンデミックはエイズ対策に深刻な影響を与え、さらに大きな混乱をもたらす可能性があります。HIV治療が6カ月間、完全に止まってしまえば、次の1年間(2020-2021年)にサハラ以南のアフリカだけで死者はこれまでより50万人も増える恐れがあります。この地域の死亡率は2008年のレベルに戻ってしまうのです。中断が20%に抑えられたとしても、亡くなる人は11万人も増えることになります。
 「私たちはHIVに感染して生き延び、生存と治療とケアへのアクセスを求めて闘ってきました。大変な努力で勝ち取ったその成果を失うわけにはいきません。ラテンアメリカのいくつかの国では、HIVの資金と治療薬と医療スタッフと設備がCOVID-19との闘いに移っています」とボリビアHIV陽性者ネットワークのグラシア・ヴィオレッタ・ロス代表はいう。「しかも、意味のあるかたちでの当事者の参加や説明責任を果たすことの重要性といったHIVからの貴重な教訓と実践の経験は無視されています。私たちはHIVが取り残されてしまうのを認めるわけにはいきません」
HIVとCOVID-19の2つのパンデミック対策が衝突する事態を避けるため、UNAIDSとそのパートナーは、人びとのためのCOVID-19ワクチンの開発を求める世界の要求の先頭に立っています。その運動には150人を超える世界の指導者、専門家が署名をし、すべてのワクチン、治療、検査が、特許の制約を受けることなく、大量に生産し、すべての人に無料で公平に提供できるようにすることを求めています。
 UNAIDSはまた、2つの疾病への投資をともに増やすよう各国に求めています。2019年のHIV対策資金は2017年より7%減少し、年間186億ドルでした。この後退は、HIVに効果的に対応するため2020年に必要とされる年間262億ドルと比べると、30%も不足しています。
 「貧しい国は列の後ろに並ばせるようなことはできません。資金や肌の色で致死的な病気から守られるかどうかが決まるようなことがあってはならないのです」とビヤニマ事務局長はいう。「一つの疾病の治療のために他の疾病の治療に必要なお金を拝借するようなことはできません。もしも大量な人びとの死を避けようとするなら、HIVに対してもCOVID-19に対してもともに、必要な資金の手当てをしっかりとしなければなりません」




PRESS RELEASE
UNAIDS report on the global AIDS epidemic shows that 2020 targets will not be met because of deeply unequal success; COVID-19 risks blowing HIV progress way off course
Missed targets have resulted in 3.5 million more HIV infections and 820 000 more AIDS-related deaths since 2015 than if the world was on track to meet the 2020 targets. In addition, the response could be set back further, by 10 years or more, if the COVID-19 pandemic results in severe disruptions to HIV services.

GENEVA, 6 July 2020—A new report by UNAIDS shows remarkable, but highly unequal, progress, notably in expanding access to antiretroviral therapy. Because the achievements have not been shared equally within and between countries, the global HIV targets set for 2020 will not be reached. The report, Seizing the moment, warns that even the gains made could be lost and progress further stalled if we fail to act. It highlights just how urgent it is for countries to double down and act with greater urgency to reach the millions still left behind.
“Every day in the next decade decisive action is needed to get the world back on track to end the AIDS epidemic by 2030,” said Winnie Byanyima, the Executive Director of UNAIDS. “Millions of lives have been saved, particularly the lives of women in Africa. The progress made by many needs to be shared by all communities in all countries. Stigma and discrimination and widespread inequalities are major barriers to ending AIDS. Countries need to listen to the evidence and step up to their human rights responsibilities.”
Fourteen countries have achieved the 90–90–90 HIV treatment targets (90% of people living with HIV know their HIV status, of whom 90% are on antiretroviral treatment and of whom 90% are virally supressed), including Eswatini, which has one of the highest HIV prevalence rates in the world, at 27% in 2019, and which has now surpassed the targets to achieve 95–95–95.
Millions of lives and new infections have been saved by the scale-up of antiretroviral therapy. However, 690 000 people died of AIDS-related illnesses last year and 12.6 million of the 38 million people living with HIV were not accessing the life-saving treatment.
“We cannot rest on our successes, nor be discouraged by setbacks. We must ensure that no one is left behind. We must close the gaps. We are aiming for 100–100–100,” said Ambrose Dlamini, the Prime Minister of Eswatini.
The world is far behind in preventing new HIV infections. Some 1.7 million people were newly infected with the virus, more than three times the global target. There has been progress in eastern and southern Africa, where new HIV infections have reduced by 38% since 2010. This is in stark contrast to eastern Europe and central Asia, which has seen a staggering 72% rise in new HIV infections since 2010. New HIV infections have also risen in the Middle East and North Africa, by 22%, and by 21% in Latin America.
Seizing the moment shows unequal progress, with too many vulnerable people and populations left behind. Around 62% of new HIV infections occurred among key populations and their sexual partners, including gay men and other men who have sex with men, sex workers, people who inject drugs and people in prison, despite them constituting a very small proportion of the general population.
Stigma and discrimination, together with other social inequalities and exclusion, are proving to be key barriers. Marginalized populations who fear judgement, violence or arrest struggle to access sexual and reproductive health services, especially those related to contraception and HIV prevention. Stigma against people living with HIV is still commonplace. At least 82 countries criminalize some form of HIV transmission, exposure or non-disclosure, sex work is criminalized in at least 103 countries and at least 108 countries criminalize the consumption or possession of drugs for personal use.
Women and girls in sub-Saharan Africa continue to be the most affected and accounted for 59% of all new HIV infections in the region in 2019, with 4500 adolescent girls and young women between 15 and 24 years old becoming infected with HIV every week. Young women accounted for 24% of new HIV infections in 2019, despite making up only 10% of the population in sub-Saharan Africa.
However, where HIV services are comprehensively provided, HIV transmission levels are reduced significantly. In Eswatini, Lesotho and South Africa, a high coverage of combination prevention options, including social and economic support for young women and high levels of treatment coverage and viral suppression for previously unreached populations, have narrowed inequality gaps and driven down the incidence of new HIV infections.
The COVID-19 pandemic has seriously impacted the AIDS response and could disrupt it more. A six-month complete disruption in HIV treatment could cause more than 500 000 additional deaths in sub-Saharan Africa over the next year (2020–2021), bringing the region back to 2008 AIDS mortality levels. Even a 20% disruption could cause an additional 110 000 deaths.
“Those of us who survived HIV and fought for life and access to treatment and care cannot afford losing the gains that took so much effort to win. In some Latin American countries we are seeing how HIV resources, medicines, medical staff and equipment are being moved to the fight against COVID-19,” said Gracia Violeta Ross, President of the Bolivian Network of People Living with HIV. “Some good lessons and practices of the HIV response, such as meaningful participation and accountability, are being ignored. We will not allow HIV to be left behind.”
To fight the colliding epidemics of HIV and COVID-19, UNAIDS and partners are leading a global call for a People’s Vaccine for COVID-19, which has been signed by more than 150 world leaders and experts demanding that all vaccines, treatments and tests be patent-free, mass produced and distributed fairly and free for all.
UNAIDS is also urging countries to increase investments in both diseases. In 2019, funding for HIV fell by 7% from 2017, to US$ 18.6 billion. This setback means that funding is 30% short of the US$ 26.2 billion needed to effectively respond to HIV in 2020.
“We cannot have poor countries at the back of the queue. It should not depend on the money in your pocket or the colour of your skin to be protected against these deadly viruses,” said Ms Byanyima. “We cannot take money from one disease to treat another. Both HIV and COVID-19 must be fully funded if we are to avoid massive loss of life.”


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント