UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質の調査を開始

(解説)UNAIDSとLGBT財団が、LGBTIの人たちを対象にした世界的なウェッブ調査の開始を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。
 調査は17言語で行われ、巻末のURLをクリックすると日本語のサイトが出てきます。


UNAIDSとLGBT財団がLGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質に関する調査を開始  プレスリリース
 精神的な満足感に関するデータのギャップを埋める新たな世界的調査により、レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人たちの福祉と健康状態の改善をはかる
https://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2019/may/20190514_survey

ジュネーブ 2019年5月14日 ― UNAIDSとLGBT財団は、LGBTIの人たちの幸福、セックス、生活の質に関するオンライン調査に着手した。この分野では初めてとなる本調査は、LGBTIの人びとが直面する困難の克服に向けて、より多くの情報と知見を生かすキャンペーンの一部でもある。集められたデータは、包摂的な保健、社会保障サービスへのアクセス確保などLGBTIの人たちを取り巻く環境の改善を進める活動に反映される。
 「数多くのレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人たちが日々、教育の場や職場、保健医療機関、および社会の様々な場面で、スティグマと差別に直面しています。このことが精神的な安定を含む健康にどのような影響を与え、そうした困難に対応し、回復していくにはどうしたらいいのかを理解する必要があります」とUNAIDSのグニラ・カールソン事務局長代理はいう。「経済的、社会生態的要因、あるいは同性愛嫌悪などの要因が、LGBTIの人たちの生活にどのような影響を与えているのかを検証することで、それぞれの生活を意味のあるかたちで改善するためのしっかりとした支援が可能になります」
 LGBTIの人たちは、スティグマや差別と闘わなければならず、経済的な機会を失い、保健医療や社会保障のアクセスを閉ざされていることも多い。また、HIV感染のリスクも非常に高い。全人口層と比べると、HIV感染のリスクはゲイ男性など男性とセックスをする男性で推定27倍、トランスジェンダーでは推定13倍も高く、しかも、この人たちの多くがスティグマや差別を恐れて保健サービスの利用を避けているのだ。
 暴力や法的地位、保健(HIV感染の有無やリスクが含まれることも多い)を通じてLGBTIの人たちの生活状態を評価する研究はあるものの、健康状態や経済機会へのアクセス確保に不可欠となる精神面の影響にまで目配りしたものは少ない。
 また、アフリカ、アジア、ラテンアメリカのデータも不足しており、今回の調査で補うことが期待されている。調査票はソーシャルメディアを通じ、17以上の言語で世界各地の2500万人に配布されており、2019年7月末まで続けられることになる。
 「レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人たちの健康と福祉の向上を目指しています。個人情報が保護されるかたちで、LGBTIの人たちが声を上げ、自らを支える知識を獲得し、社会の関心を高め、スティグマや差別をなくすという究極の目的に迫る素晴らしい計画です。コミュニティにとって極めて有益です」とLGBT財団のショーン・ハウエルCEOは語っている。
 調査はエクス=マルセイユ大学、ミネソタ大学とともに進めており、HIV陽性者を含むLGBTIコミュニティの代表の協力を得て設計された。最も高い基準のプライバシーと個人情報の保護を果たすため、調査は一般データ保護規則(GDPR)に適合するかたちで実施している。
 匿名性を保つために、アクセスにはサーバーとブラウザのリンクを暗号化し、安全が保障されたウェブリンクが使われる。調査プロトコルは、マルセイユ大学の研究倫理委員会、および世界保健機関(WHO)の研究倫理審査委員会の承認を得ている。
 調査には2019年7月31日まで参加可能。回答は約12分で終わります。
 参加を希望する方は、以下のリンクをクリックしてください。
 https://www.research.net/r/LGBTHappinessResearch



Press release
UNAIDS and the LGBT Foundation launch groundbreaking study on happiness, sex and quality of life for LGBTI people
New global survey aims to fill the data gap on the mental well-being of lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI) people to create better conditions and improve health

GENEVA, 14 May 2019—UNAIDS and the LGBT Foundation have launched an online survey to evaluate happiness, sex and quality of life for LGBTI people. The survey, the first of its kind, is part of a campaign to gain more information and insight into the challenges faced by LGBTI people. The data gathered will help to voice the concerns and advocate for improving the conditions and treatment of LGBTI people, including ensuring access to inclusive health and social services.
“Many lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI) people face stigma and discrimination daily in education, work, health and social settings. We want to understand how this affects wellness, including mental well-being, and also their responses and resiliencies,” said Gunilla Carlsson, UNAIDS Executive Director, a.i. “By examining in depth how economic, socioecological, homophobic and other variables impact the lives of LGBTI people, we will be able to advocate more strongly for meaningful change to improve their lives.”
LGBTI people have to contend with stigma and discrimination and are often faced with a lack of economic opportunities and a lack of access to health and social care. They are also at much higher risk of HIV infection. Estimates show that the risk of acquiring HIV is 27 times higher among gay men and other men who have sex with men and 13 times higher among transgender people, yet studies show that many gay men and other men who have sex with men and transgender people avoid seeking health services for fear of stigma and discrimination.
Although there are studies that evaluate the well-being of LGBTI people through measuring levels of violence, legal status and health―often HIV risk and status―few look at the mental well-being of LGBTI people, which is essential to ensuring their overall health and access to economic opportunities.
Data are also lacking on LGBTI people in Africa, Asia and Latin America, which the survey hopes to address. Available in more than 17 languages, the survey has been distributed through social media to more than 25 million people around the world and will run until the end of July 2019.
“We want progress in lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI) health and well-being. We want it now and this survey will help in this direction. It is a great initiative, where LGBTI people can confidentially speak up and build the knowledge to empower, raise public awareness and advocate, with an ultimate goal of eliminating stigma and discrimination against LGBTI people. It will be extremely helpful to the community,” said Sean Howell, Chief Executive Officer of the LGBT Foundation.
The survey was developed in collaboration with Aix-Marseille University and the University of Minnesota and was designed in collaboration with representatives of the LGBTI community, including people living with HIV. To ensure the highest standards with respect to privacy and the protection of personal data, the survey complies with the General Data Protection Regulation.
To secure and safeguard anonymity, access is provided via a secured weblink, which establishes an encrypted link between a web server and a browser. The research protocol for the survey has been approved by the Research Board of Ethics of Aix-Marseille University and by the Research Ethics Review Committee of the World Health Organization.


The survey is open for participation until 31 July 2019 and takes about 12 minutes to complete.
To participate in this groundbreaking survey, click on the following link: https://www.research.net/r/LGBTHappinessResearch.



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック