『世界的なHIV予防対策の目標達成は厳しい』

(解説) HIV予防の資金について継続的な追跡調査を行っているThe Resource Tracking for HIV Prevention R&D Working Group(HIV予防研究開発資金把握作業グループ)が2018年版の報告書を発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載された紹介記事の日本語仮訳です。予防技術の開発は進んでいるものの、それを支える資金投資はこの5年間、減少を続けており、この状態が続けば、2030年までに公衆衛生上の危機としてのエイズ流行を終結に導くことは極めて難しいと警告しています。


世界的なHIV予防対策の目標達成は厳しい
  2018.10.28 UNAIDS(Feature Story)
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/october/resource-tracking-for-hiv-prevention-r-d

 世界が新規感染の抑制に取り組む中で、HIV予防研究の世界では、有効性試験の結果に基づき、楽観的な見通しが広がっている。大規模なHIVワクチンと抗体の有効性試験が進行中であり、予防の選択肢としての抗レトロウイルス薬の効果についてもさらに追跡研究が進められている。
 しかし、HIV予防研究開発資金把握作業グループによる新たな報告によると、HIV予防に関する研究開発投資は、増額によって新たな研究を支えるどころか、実質的には減少していることが示されている。
 実は2017年までの5年間、HIV研究資金は毎年、減少を続け、この10年以上の間で最も低いレベルまで落ち込んでいる。2017年のHIV予防研究開発資金は前年より3.5%(4000万ドル)減り、11億ドルとなった。
 「間違えないようにしましょう。予防は危機に直面しています。これ以上の資金難には耐えきれなくなっています」とAVAC(HIV予防アドボカシー団体)のミッチェル・ウォーレン事務局長はいう。「研究の成果で新たな予防オプションが現実のものになりつつあるこの時期に、HIV予防の研究資金が減少を続けている。このような事態は受け入れられません。公衆衛生上の危機としてのエイズ終結には、HIV予防研究への持続的な投資を確保し、新たなツールを生み出していく必要があります」
 2020年までに年間の新規HIV感染を50万件以下に抑える(2017年は年間180万件)というUNAIDSの高速対応ターゲットを実現するには、男性器包皮切除や曝露前予防服薬(PrEP)など既存の予防手段の拡大をはかるだけでなく、予防の選択肢としての長期持続型抗レトロウイルス薬やワクチンといった革新的な新手段の開発を進めなければならないと報告書は警告している。
 実際にHIV予防研究の全領域をタイムリーなかたちで前に進めていけるかどうかは、資金を持続的に確保できるかどうかにかかっている。わずかな資金の減少であっても、エイズ流行終結に向け、有望な予防手段の開発が遅れたり、開発できなくなったりする原因になる。
 「毎日5000人が新たにHIVに感染している現実の中で、HIVの影響を最も大きく受けている人たちのために、いま効果が認められているHIV予防プログラムの規模を拡大すること、そして新たなテクノロジーとソリューションに使えるものにするための投資を行うことは、ともに重要です」 と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のティム・マルチノー事務局次長は語る。「両方を実現することが、新規感染を防ぎ、人びとの命を救い、生涯に及ぶ抗レトロウイルス治療のコストの上昇を抑えることにもなります」
 米国政府は引き続き、HIV予防研究の最大の資金拠出者であり、2017年の資金全体のほぼ4分の3を占めている。しかし、それでも6%の減少であり、米国の資金貢献は過去5年間で最も低い8億3000万ドルとなっている。報告書はエイズ対策資金の確保に関する政治的意思が不安定になっていることに大きな懸念を表明している。
 研究者や対策担当者、支援者、資金提供者らが今週、スペインのマドリードで開かれるHIV予防研究会議(HIVR4P2018)でHIV予防研究の成果を検証する。流行終結に向けたHIVの科学研究と蓄積された知識に関しては楽観的な見方が多い。だが、資金と政治環境はそうした見方に水を差し、今後のHIV対策やHIVが提起する課題に対する世界の対応能力には大きな懸念が生じている。
 報告書と予防研究への投資に関するインフォグラフィックスは、オンラインの
www.hivresourcetracking.org
およびソーシャルメディアの #HIVPxinvestment でみることができる。
HIV予防研究開発資金把握作業グループ(以前は、ワクチンとマイクロビサイド資金把握作業グループ)は2000年以降、生物医学的な予防オプションの研究開発投資と支出の動向を把握するために包括的な手法を採用している。AVACが作業グループの事務局を主導し、国際エイズワクチン構想(IAVI)とUNAIDSが加わっている。



Global HIV prevention targets at risk
29 October 2018
As the world grapples with how to speed up reductions in new HIV infections, great optimism is coming from the world of HIV prevention research with a slate of efficacy trials across the prevention pipeline. Major HIV vaccine and antibody efficacy trials are under way, as is critical follow-on research for proven antiretroviral-based prevention options.
However, a new report by the Resource Tracking for HIV Prevention R&D Working Group shows that rather than bolstering the new research by increasing investments into these exciting new advances, resources for HIV prevention research and development are actually slowing down.
In fact, in 2017, HIV research funding declined for the fifth consecutive year, falling to its lowest level in more than a decade. In 2017, funding for HIV prevention research and development decreased by 3.5% (US$ 40 million) from the previous year, falling to US$ 1.1 billion.
“Make no mistake, we are in a prevention crisis and we cannot afford a further funding crisis,” said Mitchell Warren, AVAC Executive Director. “It is unacceptable that donor funding for HIV prevention research continues to fall year after year even as research is moving new options closer to reality. We need continued and sustained investment to keep HIV prevention research on track to provide the new tools that will move the world closer to ending AIDS as a public health threat.”
The report warns that meeting the UNAIDS HIV prevention Fast-Track target of less than 500 000 new infections by 2020 (new HIV infections were at 1.8 million in 2017) will not only require the expansion of existing options such as voluntary medical male circumcision and pre-exposure prophylaxis, but also the development of innovative new products, including long-acting antiretroviral-based prevention options and a vaccine.
Indeed, sustained funding will be critical to keep the full gamut of HIV prevention research moving forward in a timely manner, as even small declines in funding could delay or sideline promising new HIV prevention options that are needed to end the AIDS epidemic.
“With 5000 people becoming infected with HIV every day, it is critical that we both scale up the effective HIV prevention programmes we currently have and invest in new technologies and solutions so that they can become a reality for the populations most affected by HIV,” said Tim Martineau, UNAIDS Deputy Executive Director, a.i. “Doing both will avert new infections, save lives and reduce the rising costs of life-long antiretroviral treatment.”
The Government of the United States of America continues to be the major funder of HIV prevention research, contributing almost three quarters of overall funding in 2017. However, this was also a decrease of almost 6%, bringing funding from the United States to a five year low of US$ 830 million. The report highlights that the uncertainty around continued political will to fund the AIDS response is a serious concern.
This week, researchers, implementers, advocates and funders are gathering at the HIV Research for Prevention (HIVR4P 2018) conference in Madrid, Spain, to review progress in HIV prevention research. There is much to be optimistic about in HIV science and in the accumulated knowledge of how to end the epidemic; however, the sobering changes in the funding and policy environments are raising some serious concerns about the future of the response to HIV and the world’s ability to respond to the continued challenges that HIV presents.
The report and infographics on prevention research investment are online at www.hivresourcetracking.org and on social media with #HIVPxinvestment.
Since 2000, the Resource Tracking for HIV Prevention R&D Working Group (formerly the HIV Vaccines & Microbicides Resource Tracking Working Group) has employed a comprehensive methodology to track trends in research and development investments and expenditures for biomedical HIV prevention options. AVAC leads the secretariat of the working group, which also includes the International AIDS Vaccine Initiative and UNAIDS.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック