結核とHIV 世界で最も多くの人の命を奪っているこの二つの感染症を終結に導く

(解説) ニューヨークで国連総会の新たな会期がスタートしました。9月は世界の首脳が国連本部に集まる時期でもあります。今年はこの機会を生かし、9月26日に結核対策を強化するためのハイレベル会合が開かれます。明日ですね。HIVと結核は相互に影響しあう二大感染症です。UNAIDSの公式サイトには9月24日付で「結核とHIV」に関する特集記事が掲載されています。その日本語仮訳です。
     ◇

結核とHIV 世界で最も多くの人の命を奪っているこの二つの感染症を終結に導く
    2018年9月24日 UNAIDS Feature Story
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/september/tb-and-hiv

 世界保健機関(WHO)は最近、2018年世界結核報告書を発表した。結核とHIVの分野でいくつか期待できる成果も示されてはいるものの、2030年までに2つの流行の終結を目指す観点からはむしろ寒々とした内容になっている。
 HIVの流行は比較的新しく、最初の症例報告は1980年代の初めだった。結核の方は流行が約4000年も前から続いている。古代エジプトの時代から存在し、ツタンカーメン王も結核にかかっていた可能性があると考古学者は考えている。
 結核に苦しんだり、結核で亡くなったりした歴史上の人物も多い。ジョン・キーツ、フレデリック・ショパン、シャアロッテとエミリーのブロンテ姉妹、ネルソン・マンデラ、フランツ・カフカらはその一部だ。20世紀の初めの結核治療は、スイスの高原にあるサナトリウムの屋外で一日中、寝ていること、冷たいシャワーをあびること、1日12種類の食事をとり、何リットルもの牛乳とワインを飲むこと、そして牛舎にいることなどだった。当時は牛舎の暖気と動物の尿から発するアンモニアガス、が感染した肺を癒すと考えられていた。
 結核の効果的な治療法が見つかったのは1940年代であり、その後もそれほど大きくは変わっていない。薬は現在も以前からのもので、副作用は強いが、極めて効果的で比較的安価でもある。しかし、治療のために結核患者を見つけ、確実に治療を続けられるという点に困難がある。とくにHIV陽性者の場合は緊急に対応しなければならない。
 世界保健機関は2017年現在で、年間1000万人の活動性結核患者がいると推定している。その1000万人のうち約360万人、つまり36%は見逃されている人たちである。診断も、適切な治療も受けていない。HIV陽性者の場合、そのギャップはさらに大きく、49%が見逃されている。
 潜在性結核に感染しているHIV陽性者の場合、活動性結核を発症する可能性は約20倍も高くなる。そしてHIV陽性者が結核の治療をせずにいれば、急速に死を招くことになる。
 結核のスクリーニング検査を受けている結核患者は60%にも満たない。検査を受けていない人たちは、治療を開始することもできずに防げるはずの死を招いている。結核は世界で最も多くの人の命を奪っている感染症であり、HIV陽性者の最も大きな死亡原因でもある。エイズ関連の死者の3人に1人は結核で亡くなっているのだ。2017年には結核で160万人が死亡し、そのうち30万人がHIV陽性者だった。
 結核およびHIVの発見と治療、診断薬、ワクチン、多剤耐性結核を含む予防・治療薬への投資などに関し、HIV対策と結核対策が協力して取り組むことができれば、多くのブレイクスルーが可能になる。
 だが、それには多くのことを約束し、その約束を実現するための投資を行い、行動する必要がある。
 結核患者の97%は118の低・中所得国に集中しており、それらの国で有効な結核対策を進めるための必要額は2018年段階で年間104億ドルと推定されている。しかし、実際に確保できている金額は69億ドルにとどまり、35億ドルが不足していることになる。
 HIVに効果的に対応するには、2020年までに年間262億ドルの対策費が必要になるとUNAIDSは推定している。2017年に中・低所得国で利用できた資金は213億ドルだったので、約50億ドルが不足していることになる。この資金ギャップをなくさなければ、流行終結は現実のものとはならない。
 約17億人、つまり世界人口の23%が潜在性結核の状態にあり、そのうちの5~10%は活動性結核を発症する可能性がある。世界的な緊急対応が必要になっている。
 世界の指導者が米ニューヨークの国連本部に集まり、初の結核に関する国連ハイレベル会合が9月26日に開かれる。結核に焦点をあてるこの重要な1日は、結核とHIVという最も多くの死者を出している2つの感染症の流行終結に向けて、世界が行動可能な野心的ターゲットを設定する機会となる。
 この機会を生かすことは、結核とHIVで1日6000人が亡くなっている現状に待ったをかけるだけでなく、新たな感染を防ぎ、世界がグローバルヘルスの改善に大きく前進し、貧困を減らし、持続可能な開発目標の達成に近づくことでもある。



An opportunity to end two of the world’s deadliest infectious diseases: TB and HIV
24 September 2018

The World Health Organization recently released its Global tuberculosis report 2018. Although it shows encouraging pockets of progress in responding to tuberculosis (TB) and HIV in some areas, it paints a rather bleak picture on ending the dual epidemics by 2030.
HIV is a relatively recent epidemic, having first been identified in the early 1980s; however, TB has been around for thousands of years. Archaeologists believe that TB affected the ancient Egyptians, with King Tutankhamun himself having possibly been affected.
Many famous people have fallen ill or died of TB over the years, including John Keats, Frédéric Chopin, Charlotte and Emily Brontë, Nelson Mandela and Franz Kafka, to name but a few. In the early twentieth century, supposed cures for TB included day-long bracing outdoor siestas in Swiss mountain sanitoriums, freezing cold showers and diets of up to 12 meals a day washed down with litres of milk and wine, and even staying in cowsheds, where the warmth and ammonia gases given off by the animals’ urine was supposedly a balm for infected lungs.
Effective medicinal treatment for TB became available in the mid-1940s and has changed little since. Today’s medicine, although toxic and antiquated, is incredibly effective and relatively cheap. However, finding people with TB to treat and ensuring that they stay on treatment poses problems and is particularly urgent for people living with HIV.
The World Health Organization estimates that in 2017 there were around 10 million people with active TB disease, 9% of whom were people living with HIV. Of the 10 million, approximately 3.6 million, or 36%, are “missing”, meaning that they may not have been diagnosed or properly treated. Among people living with HIV, the gap is wider, at 49%.
People living with HIV with latent TB are around 20 times more likely to develop active TB. Untreated TB is rapidly fatal among people living with HIV.
Fewer than 60% of TB patients are screened for TB, precluding treatment and resulting in preventable deaths. TB is the leading infectious killer globally and the leading killer of people living with HIV, accounting for one in every three AIDS-related deaths. In 2017, around 1.6 million people died of TB, including 300 000 people living with HIV.
Many breakthroughs can be achieved by improving collaboration between HIV and TB programmes to find and treat TB and HIV, including investing in diagnostics, vaccines and medicines, including preventive medicine and medicine to treat TB, including multidrug-resistant TB.
However, more commitment, investment and action are needed.
It is estimated that US$ 10.4 billion is required in 2018 for an effective response to TB in the 118 low- and middle-income countries that account for 97% of reported cases globally. The actual amount available in 2018 was US$ 6.9 billion—a shortfall of US$ 3.5 billion.
To respond effectively to HIV, UNAIDS estimates that US$ 26.2 billion will be required for the AIDS response in 2020. In 2017, US$ 21.3 billion was available in low- and middle-income countries—a shortfall of around US$ 5 billion. Only by filling the funding gaps will ending the epidemics start to become a reality.
With around 1.7 billion people, or 23% of the world’s population, infected with latent TB, of whom 5–10% have a chance of developing active TB disease, the world needs to take urgent action.
On 26 September, world leaders will come together at the United Nations in New York, United States of America, for the very first United Nations High-Level Meeting on Tuberculosis. As TB takes centre stage for one important day, the world has the opportunity to set some bold actionable targets to end two of the world’s leading infectious killers: TB and HIV.
To seize this opportunity would not only stop more than 6000 people dying every day from TB and HIV, but it would prevent new infections and bring the world a giant leap closer to improving global health, reducing poverty and achieving the Sustainable Development Goals.


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック