ロシアが2019年に抗レトロウイルス治療カバー率75%を約束

(解説)ロシアの90-90-90ターゲット進捗状況を報じる国連合同エイズ計画(UNAIDS)のFeature Storyの日本語仮訳です。現状は81-45-75という推計です。キーポピュレーションに対する強権的な抑圧政策が続いてきたことを考えると、この推計もどこまで正確か怪しいものですが、仮にその通りだったとしても、検出限界以下の人はロシア全体のHIV陽性者の27%程度ということになります。


ロシアが2019年に抗レトロウイルス治療のカバー率75%達成を約束
 2018年9月12日 UNAIDS Feature story
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2018/september/russian-minister-health-90-90-90

 ロシアのベロニカ・スクボルツォワ保健相は、2016年のエイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合で合意した目標の達成を繰り返し約束した。
 スクボルツォワ保健相は2018年9月4日、ロシアのサランスクで開かれた第28回独立国家共同体保健会議で「すべてのHIV陽性者に適切な治療を直ちに提供できるようにしなければなりません。保健省は2019年までにHIV陽性と分かった人の75%が治療を受けられるようにし、さらに2020年には90%にする計画を立てています」と語った。
 ロシアは2018年に90-90-90ターゲットに向けた自国の進捗状況を初めて報告した。2017年現在、ロシアのHIV陽性者のうち自らの感染を知っている人は81%で、このうち治療を受けている人は45%、さらにウイルス量が抑えられている人は治療を受けている人の75%だった。
 地方レベルで戦略的に情報を集め、判断の基本となるエビデンスを確保するために、ロシア保健省は国内10地域の代表が出席するHIV推計ワークショップを開催した。各地域の専門家はHIV推計のモデリングに関する研修を受け、それがHIV陽性者数と90-90-90ターゲットに関し地域ごとにより詳しい正確な推計を得る助けになるだろう。
 東欧・中央アジア地域は世界で唯一、新規HIV陽性者とエイズ関連の死者がいまなお増加を続けている。2017年の年間新規HIV感染者数は13万人に達している。90-90-90カスケードに関しては2017年末現在で、73%、50%、72%と推計されている。
 「ロシア保健相の発言は、2020年の90-90-90達成に向けて高速対応を加速するためにロシア政府がとってきた一連の行動をさらに一歩進める重要なものです」とビナイ・P・サルダーニャ東欧・中央アジア地域支援チーム部長は語っている。


Feature story
Russian Federation commits to reach 75% antiretroviral therapy coverage in 2019
12 September 2018
The Russian Minister of Health, Veronika Skvortsova, has reiterated the commitment to reach the targets agreed at the 2016 United Nations General Assembly High-Level Meeting on Ending AIDS.
“We have to provide every person living with HIV with quick access to the correct treatment. The Ministry of Health plans to increase the coverage of people living with HIV who know their status on antiretroviral therapy to 75% by 2019, and by 2020 the figure should reach 90%,” said Ms Skvortsova at the 28th meeting of the Health Council of the Commonwealth of Independent States, held in Saransk, Russian Federation, on 4 September 2018.
In 2018, the Russian Federation reported for the first time on national progress towards the 90–90–90 targets—in 2017, 81% of people living with HIV in the Russian Federation knew their status, 45% who knew their status were on treatment and 75% who were on treatment were virally suppressed.
In order to improve strategic information and build evidence for decision-making at the local level, the Russian Ministry of Health recently conducted a workshop on HIV estimates for representatives of 10 Russian regions. Regional experts were trained on modelling HIV estimates, which will help to ensure a more complete picture of the number of people living with HIV and of the 90–90–90 targets at the subnational level.
Eastern Europe and central Asia is the only region in which the numbers of new HIV infections and AIDS-related death are still on the rise. At the end of 2017, the number of new HIV infections in the region reached 130 000. At the end of 2017, it was estimated that the 90–90–90 cascade in the region was 73%, 50% and 72%.
“The Russian Minister of Health’s statement is another important step in a series of consistent actions undertaken by the Government of the Russian Federation to accelerate the country’s Fast-Track approach to reach 90–90–90 by 2020,” said Vinay P. Saldanha, Director of the Regional Support Team for Eastern Europe and Central Asia.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック