AIDS2016 3日目:責任をもってターゲットを達成する

(解説)AIDS2016の3日目のまとめです。「世界のエイズ対策はもう手を緩めてもいいだろう」と考える人たちに向けて、ビル・ゲイツ氏は人口動態上の統計をもとに「史上最大の人口層がHIVの感染リスクが最も高い年齢になろうとしています」と語っています。また、エルトン・ジョン卿は《インクルージョンと人権の尊重がなければ、いくら科学的成果を積み重ねてもエイズの流行を終結させることはできない》と記者会見で念を押したそうです。


AIDS2016 3日目:責任をもってターゲットを達成する
http://us6.campaign-archive1.com/?u=3746d12bbc6932846a58d505c&id=a757e30622&e=31a8a3f4e8

 エイズ縮小ターゲット実現に向けた説明責任は、水曜日の2016会場で繰り返し語られた。全体会議『何がゴールなのか』では、アントン・ポズニアクが、検査、早期治療、ジェネリック薬使用に力を入れ、HIV陽性者の二大死亡原因である結核とC型肝炎の世界的な対策を強化するよう参加者に呼びかけた。南アフリカで間もなく開始されるHVTN702ワクチン研究について、ラリー・コーレーは、ワクチンがいま表舞台に再登場していると報告し、「エイズフリー・ジェネレーションの実現にはワクチンが必要になる」と聴衆に再確認した。
 同じく水曜日の全体会議では国際エイズ学会(IAS)次期理事長のリンダ-ゲイル・ベッカ―が7人の小児HIV研究者に2016IAS CIPHER賞を贈呈した。今回のCIPHER賞受賞者はこれまでで最も多く、HIVに影響を受けている子供、若者の生命を守る最先端の研究に120万ドルが贈られた。また、エイズ会議の歴史の中で最も競争が激しかった研究発表アブストラクトの中から選ばれたIASのアブストラクト優秀賞も発表された。
2015年までにPWIDのHIV感染を半分に減らすというターゲットが達成できなかったことを取り上げた水曜日のシンポジウムで、東欧・中央アジア地区HIV/エイズ国連事務総長特使のミシェル・カザツキンは、他のパネリストとともに注射薬物使用者(PWID)に対するHIVの影響を熱心に語った。危険な薬物注射による死亡は東欧やアジアの一部だけでなく、アフリカでも大きな問題になりつつある。また、懲罰的な政策とサービスの欠如が目標達成を妨げることになった。シンポのパネリストは危険な薬物注射によるHIVの流行を抑えるための明確な代替政策も提案した。
 ケニアとウガンダの地方で実施されたSEARCH研究からは暫定結果が報告され、UNAIDSの90-90-90目標達成に向けた大きな成果が示された。コミュニティ主導のHIV検査アプローチを抗レトロウイルス治療(ART)普及の「テスト&トリート」モデルと組み合わせ、研究対象となったコミュニティでは、ウイルス量が検出限界以下に抑えられた人の割合が2年間で45%から81%に増えている。
 水曜日には、HPTN073について、アフリカ系アメリカ人を対象にしたPrEPの経口投与の高い摂取率と服薬継続率(自己申告)が報告された:米国では2005年から2014年の間にアフリカ系米国人のゲイ、バイセクシュアル男性の間でのHIV感染診断が87%増加している。また、特別セッションでは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団理事長のビル・ゲイツがHIV治療革命に対する彼の見通し、および予防における新しい考え方の必要性について語った。世界のエイズ対策はもう手を緩めてもいいだろうと考える人たちのために、ゲイツは人口動態上の助言を提供した:「史上最大の人口層が」と彼は指摘した。「HIVの感染リスクが最も高い年齢になろうとしています」
 『HIV急性感染:闘いのはじまり』というセッションでは、感染初期にHIVが体内を移動していく様子を超微細画像で示している。研究者たちは感染の最初の瞬間にますます注目するようになっている。ウイルスがどのように足がかりを得るのかを理解することが、ワクチンその他の予防戦略につながることを期待しているからだ。このセッションをはじめ、水曜日のさまざまなセッションと毎日の会合はラパチャー・サマリーをご覧下さい。

 最後に、水曜日にはエルトン・ジョン卿がAIDS2016の会場を訪れ、注目を集めた。ロケットマンとエルトン・ジョン・エイズ財団のデビッド・ファニッシ会長は、米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)のデボラ・バークス大使とともに、米国の1000万ドルの新設助成の第1回助成対象の発表に臨んだ。LGBTの人たちに質の高いサービスを提供するコミュニティベースの組織の能力強化をはかる助成で、第1回の助成対象は、国際HIV/AIDSアライアンス、男性とセックスをする男性(MSM)グローバルフォーラムの2団体に決まった。バークス大使は満員の記者会見で、1980年代初めに路上でエイズ対策を求める若い男性たちの思い出を語った。エルトン・ジョンさんは、インクルージョンと人権の尊重がなければ、いくら科学的成果を積み重ねてもエイズの流行を終結させることはできないと念を押した。




Day Three of AIDS 2016: Achieving Targets and Accountability

The theme of accountability for achieving AIDS reduction targets resonated throughout AIDS 2016 on Wednesday. At the plenary session, “What is our Goal?,” Anton Pozniak challenged the audience to step up the global response to TB and hepatitis C, two major killers of people living with HIV (PLWHIV), through a greater focus on testing, early treatment, and the use of generic therapies to treat the two diseases. Presenting on the soon-to-start HVTN 702 vaccine study in South Africa, Larry Corey reported that vaccines are now back on the main stage, and reminded attendees that “getting to an AIDS-free generation will require a vaccine.”

Also at the Wednesday plenary, IAS President-Elect Linda-Gail Bekker presented the 2016 IAS CIPHER research awards to seven outstanding investigators in paediatric HIV. This CIPHER grant round is the largest in the initiative’s history, providing US$1.2 million for cutting edge research to improve the lives of infants, children, and adolescents affected by HIV. Also announced on Wednesday were the winners of the IAS Abstract Prizes, selected from among the most competitive pool of research abstracts in AIDS conference history.

Michel Kazatchkine, UN Secretary-General Special Envoy on HIV and AIDS in Eastern Europe and Central Asia, is passionate about the impact of HIV on people who inject drugs (PWID), and so were his fellow panelists in a Wednesday symposia session that addressed the failure to reach the UN target of cutting HIV transmission among PWIDs in half by 2015. Participants not only addressed the toll of unsafe drug injection in Eastern Europe and parts of Asia, the growing concern about unsafe injection in Africa, and the punitive policies and lack of services that led to the missed target – they also offered clear policy alternatives to turn back the burgeoning epidemic of HIV caused by unsafe injection.

Interim results presented on Wednesday from the SEARCH study, conducted in rural Kenya and Uganda, showed a significant advance toward achieving the UNAIDS 90-90-90 targets. The community-based approach to HIV testing, combined with a ‘test and treat’ model of antiretroviral treatment (ART) access, increased the proportion of adults in these communities who were virally suppressed from 45% to 81% over two years.

High uptake and self-report of adherence to oral PrEP by African-Americans was the focus of HPTN 073 results, also presented Wednesday. In the US, HIV diagnoses of African-American gay and bisexual men increased by 87% from 2005-2014. And in a special session, Bill & Melinda Gates Foundation Chairman Bill Gates offered his perspective on the HIV treatment revolution and the need for creative new thinking in prevention. For those who believe we can ease the global AIDS response, Gates offered a simple lesson in demographics: “The largest generation in history,” he noted, “is entering an age when they are most at risk of HIV.”

Extraordinary microscopy imagery was used to illustrate how HIV travels through the body in the earliest days of infection in the session, “Acute HIV Infection: The Battle Begins.” Researchers are increasingly focused on understanding these first moments of infection, with the hope that new insights into how the virus establishes its foothold will guide the development of vaccines and other strategies to prevent it. For a review of this and dozens of other sessions on the conference program Wednesday, and every day of the meeting, visit the conference Rapporteur Summaries.

Finally, more than one conference-goer was star-struck on Wednesday when Sir Elton John joined the crowd at AIDS 2016. The Rocket Man, and Elton John AIDS Foundation Chair David Furnish, joined Ambassador Deborah Birx of United States President's Emergency Plan for AIDS Relief (PEPFAR) to announce that the International HIV/AIDS Alliance and the Men Who Have Sex With Men (MSM) Global Forum would receive the first two grants from a joint US$10 million fund to increase the capacity of local community-based organizations to provide high-quality HIV services for LGBT people. Birx moved the packed press conference with her remembrance of the young men who took to the streets in the early 1980’s to demand the original AIDS response, while Sir Elton John reminded all that without inclusion and respect for human rights, no amount of scientific progress can end AIDS.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック