1日1錠でHIV感染が防げます 米CDCバイタルサインズ


(解説) 米CDC(疾病管理予防センター)の公式サイトのVital SignsにHIVの曝露前感染予防投薬(PrEP)の特集が掲載されました。その本文部分を抜き出して日本語仮訳にしました。
 当該ページには図表を豊富に掲載されているので、あわせてご覧下さい。
 http://www.cdc.gov/vitalsigns/hivprep/index.html

 CDCは2014年5月にPrEPの実施を推奨するガイドラインを発表しています。今回はさらに普及をはかろうということでの紹介でしょうね。ガイドライン発表時の発表文も日本語仮訳で当ブログに掲載してあるので、こちらも参考までにurlを紹介しておきます。
 http://asajp.at.webry.info/201406/article_3.html


    ◇



1日1錠でHIV感染が防げます
 利益を得られる人にはPrEPを届けましょう
  http://www.cdc.gov/vitalsigns/hivprep/index.html

概論
 曝露前感染予防薬(PrEP)は、HIV感染を防ぐために毎日1錠ずつ服用する薬です。HIVに感染していないけれど、性行為や注射薬物使用により感染の高いリスクにさらされている人がPrEPの対象になります。性的にアクティブなゲイまたはバイセクシャル男性(*)の4人に1人、注射薬物使用者の5人に1人、そして性的にアクティブな異性愛の成人の200人に1人がPrEPの提供を受けるべき高リスク者です。毎日服用すれば、PrEPは安全で効果の高いHIV感染予防策になります。コンドーム使用、薬物依存治療、他の人への感染リスクを下げるためのHIV陽性者への治療といった他の予防策と組み合わせれば、PrEPの効果はさらに高まります。PrEPについて知り、処方できる医療提供者が増えれば、HIV感染はより防げるようになるのです。

医療提供者は以下のことができます。
・通常の医療ケアの一部として患者にHIV検査を行う。HIV感染のリスク、およびコンドーム使用など感染予防策についてすべての患者に説明する。
・2014年のPrEP臨床診療指針に従い、HIV陰性でPrEPによって利益が得られると考えられる患者に対し、推奨された検査とPrEP処方を行う。
・PrEP使用患者に対し、3カ月ごとに予約を入れて追跡検査行い、PrEP処方を続ける。

*このファクトシートでは、男性とセックスをする男性はすべて、ゲイまたはバイセクシャル男性としています。性的にアクティブとは、過去1年以内にセックスをした人を指します。

      ◇

 PrEPを毎日続ければ、HIVの性感染のリスクは90%以上、低減できます。

 PrEPを毎日続ければ、注射薬物使用者のHIV感染リスクは70%以上、低減できます。

 プライマリーケアの医師、看護師の3人に1人はPrEPについて知りません。

      ◇

問題点
 HIV感染のリスクの高い人の多くがPrEPを受けていません。
 PrEPはHIV感染の非常に高いリスクにさらされている人を対象にしています。

 ・性的にアクティブなゲイまたはバイセクシャル男性でHIVに感染していない人の4人に1人。
   ・HIV陽性の性パートナーがいる人。または
   ・複数の性パートナーがいる人、性パートナーに複数の性パートナーがいる人、または性パートナーのHIV感染の有無が分からず、
     ・コンドームを使わずにセックスをした人
     ・性感染症に最近かかった人(たとえば梅毒)

 ・HIVに感染していない注射薬物使用者の5人に1人
   ・薬物注射の注射針または注射器を共用した人
   ・最近、薬物治療プログラムにかかった人(とくにメサドン、ブプレノルフィンまたはサボキソン治療プログラム)
   ・性行為でHIV感染のリスクにさらされた人

 ・性的にアクティブな異性愛の成人でHIVに感染していない人の200人に1人
   ・HIV陽性の性パートナーがいる人
   ・複数の性パートナーがいる人、性パートナーに複数の性パートナーがいる人、または性パートナーのHIV感染の有無が分からず、
・注射薬物使用者とのセックスで常にコンドームを使用したわけではない人
     ・バイセクシャルの男性とのセックスで常にコンドームを使用したわけではない女性

十分な数の医療提供者がPrEPについて知っているわけではありません。

 ・2015年の時点で、プライマリーケアの医師および看護師の34%がPrEPについては聞いたこともなかったと答えています(2015年調査)
 ・処方にあたる医療提供者はすべて、HIV検査、HIV感染リスクを判断するためのパートナーの性行為および薬物使用に関する質問、必要があればPrEPの処方などPrEPケアを提供することができます。

    ◇

 4万
  米国内では毎年、約4万件のHIV感染が診断されています。

    ◇

何ができるのでしょうか

連邦政府は
 ・米国の国家HIV/エイズ戦略の勧告に従い、PrEPおよび他のHIV予防法、医療サービスへのアクセスを拡大する。
  ・ほとんどの医療保険プランが費用を分担しないでいいかたちで、HIV検査など勧告されている予防サービスがカバーできるようにする。
 ・保健部門のプログラムやソーシャルマーケティング・キャンペーン、その他の研修や技術支援を通じ、医療提供者および高いリスクにさらされている人に対し、PrEPに関する啓発、教育を行う。
 ・PrEP使用およびその効果のモニターを助ける。

医療提供者は
  ・通常の医療ケアの一部として患者にHIV検査を行う。HIV感染のリスク、およびコンドーム使用など感染予防策の継続的実施についてすべての患者に説明する。
・2014年のPrEP臨床診療指針に従い、HIV陰性でPrEPによって利益が得られると考えられる患者に対し、推奨された検査とPrEP処方を行う。
・PrEP使用患者に対し、3カ月ごとに予約を入れて追跡検査行い、PrEP処方を続ける。

 州および地方政府の保健部門およびコミュニティベースの組織は
  ・PrEP使用についての関心を高め、医療提供者の研修を行い、PrEPへのアクセスを拡大するような政策と手続きを採用する。
  ・HIV感染の高いリスクにさらされている人たちのPrEP使用をモニターする。
  ・リスクの高い性行為、薬物使用行為、およびリスク低減策について、PrEPとその利用法も含め、人々を教育する。

 すべての人は
  ・HIV検査を受け、HIV感染の有無を知る。
  ・HIVの感染経路と予防法について学ぶ。
  ・かかりつけの医療提供者に対し、PrEP、コンドーム使用、禁欲、薬物治療、HIV陽性者に対するHIV治療を含め、HIV感染のリスクとその予防法について尋ねる。

PrEPを受けているすべての人は
  ・きちんと効果があるよう毎日PrEPを続ける。
  ・3カ月ごとに医療提供者と会い、HIV検査やPrEP処方を確実に継続する。
  ・HIVと性感染症のリスクをさらに低減するための他の行動を取る。







Daily Pill Can Prevent HIV
Reaching people who could benefit from PrEP

Overview
Preexposure prophylaxis (PrEP) is a medicine taken daily that can be used to prevent getting HIV. PrEP is for people without HIV who are at very high risk for getting it from sex or injection drug use. People at high risk who should be offered PrEP include about 1 in 4 sexually active gay and bisexual men*, 1 in 5 people who inject drugs, and 1 in 200 sexually active heterosexual adults. When taken every day, PrEP is safe and highly effective in preventing HIV infection. PrEP is even more effective if it is combined with other ways to prevent new HIV infections like condom use, drug abuse treatment, and treatment for people living with HIV to reduce the chance of passing the virus to others. Many people who can benefit from PrEP aren't taking it. If more health care providers know about and prescribe PrEP, more HIV infections could be prevented.


Health care providers can:
・Test patients for HIV as a regular part of medical care. Discuss HIV risks and continued use of prevention methods, including condom use, with all patients.
・Follow the 2014 PrEP Clinical Practice Guidelines to perform recommended tests and prescribe PrEP to patients without HIV who could benefit.
・Counsel patients who can benefit from PrEP on how to take it every day and help them apply for insurance or other programs to pay for PrEP.
・Schedule appointments for patients using PrEP every 3 months for follow-up, including HIV testing and prescription refills.
*This fact sheet refers to all men who have sex with men (MSM) as gay or bisexual. Sexually active refers to people who have had sex in the past year.

  ◇

Daily PrEP can reduce the risk of getting HIV from sex by more than 90%.

Daily PrEP can reduce the risk of getting HIV among people who inject drugs by more than 70%.

1 in 3 primary care doctors and nurses haven't heard about PrEP.

  ◇

Problem

Many people at very high risk for HIV infection are not getting PrEP.

PrEP is for some people at very high risk for getting HIV:
・1 in 4 sexually active gay and bisexual adult men without HIV who:
・Have an HIV-positive partner, or
・Have multiple partners, a partner with multiple partners, or a partner whose HIV status is unknown and
・Have anal sex without a condom, or
・Recently had a sexually transmitted infection (e.g. syphilis).
 ・1 in 5 adults without HIV who inject drugs who:
・Share needles or equipment to inject drugs, or
・Recently went to a drug treatment program (specifically, a methadone, buprenorphine, or suboxone treatment program), or
・Are at risk for getting HIV from sex.
・1 in 200 sexually active heterosexual adults without HIV who:
・Have an HIV-positive partner, or
・Have multiple partners, a partner with multiple partners, or a partner whose HIV status is unknown and
・Do not always use a condom for sex with people who inject drugs, or
・Are women who do not always use a condom for sex with bisexual men.

Not enough health care providers know about PrEP.

・In 2015, 34% of primary care doctors and nurses had never heard of PrEP (2015 survey).
・All prescribing health care providers can deliver PrEP care, including test for HIV, ask about sex and drug use behaviors to determine their patient's risk of getting HIV, and prescribe PrEP when indicated.

    ◇

40,000
 About 40,000 HIV infections are diagnosed each year in the US.

    ◇

What Can Be Done

The Federal government is
・Increasing access to PrEP and other HIV prevention and health care services as recommended in the National HIV/AIDS Strategy for the United States.
・Ensuring coverage of recommended preventive services, such as HIV testing, without cost sharing in most health insurance plans.
・Educating health care providers and people at high risk about PrEP through health department programs, social marketing campaigns, and other training and technical assistance efforts.
・Helping to monitor PrEP use and its effects.

Health care providers can
・Test patients for HIV as a regular part of medical care. Discuss HIV risks and continued use of prevention methods, including condom use, with all patients.
・Follow the 2014 PrEP Clinical Practice Guidelines to perform recommended tests and prescribe PrEP to patients without HIV who could benefit.
・Counsel patients who can benefit from PrEP on how to take it every day and help them apply for insurance or other programs to pay for PrEP.
・Schedule appointments for patients using PrEP every 3 months for follow-up, including HIV testing and prescription refills.

State and local health departments and community-based organizations can
・Raise awareness about PrEP use, train health care providers, and develop policies and procedures that will increase access to PrEP.
・Monitor PrEP use among those at highest risk for HIV.
・Educate people about risky sexual and drug use behaviors and ways to reduce their risk, including PrEP and how to get it.

Everyone can

・Get tested for HIV and know their status.
・Learn how HIV is transmitted and how it can be prevented.
・Talk to their health care providers about HIV risk and ways to prevent it, including PrEP, condom use, abstinence, drug treatment, and HIV treatment for people with HIV.

Everyone taking PrEP can
・Take PrEP every day to give it the best chance to work.
・See their health care provider every 3 months for follow-up, including HIV testing and PrEP refills.
・Take other actions to further reduce HIV and STD risk.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック