『HIV陽性者全員に抗レトロウイルス治療を提供できるよう治療拡大を急ごう』WHO声明


(解説) 世界エイズデー(12月1日)直前の11月30日、抗レトロウイルス治療を世界中のHIV陽性者全員に提供するため治療拡大を急ぐべきであるという声明を世界保健機関(WHO)が発表しました。その日本語仮訳です。



すべてのHIV陽性者に抗レトロウイルス治療を提供できるよう治療拡大を急ごう:WHO
2015年11月30日、WHO声明
世界エイズデーに際しWHOは、抗レトロウイルス治療をHIV陽性者全員に提供することがエイズの流行を我々の世代で終結できるかどうかの鍵を握っていると強調
http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2015/antiretroviral-therapy-hiv/en/

 「HIVの流行を拡大から縮小に転じるというミレニアム開発目標は2015年末の締切りを前に実現しました。各国の行動力と国際社会の連帯がもたらした驚くべき成果です」とWHOのマーガレット・チャン事務局長は宣言した。

 抗レトロウイルス治療(ART)の普及はエイズ関連の死亡を現実に減らした。同時に予防対策は次第にHIV新規感染を減少に導いている。WHO報告によると、死者数はピークだった2004年当時と比べ42%も減少し、過去15年間で計780万人の生命が救われている。年間の新規感染者数は世紀移行期当時と比べ35%の減少である。

 過去15年以上にわたり、ARTの拡大はWHOアフリカ地域事務局管内で最も目覚ましかった。世紀移行期の時点で治療を受けている人はわずか1万1000人だったが、いまは1100万人に達している。アフリカのHIV陽性者は、世界の他の地域よりも治療を受けている率が高い。世界全体では2015年6月現在、約3700万人のHIV陽性者のうち1600万人近くがARTを受けている。


検査と抗レトロウイルス治療アクセスの倍増
 世界の指導者は9月の国連総会で「持続可能な開発目標」(SDGs)と目標実現のための里程標を承認した。2030年のエイズ流行終結もその中に含まれている。最初の里程標は、2020年までに新規感染を75%減らし、ARTを受ける人の数を倍に増やすことだ。

 今年前半に発表された研究結果では、感染してすぐに ―― ウイルスが免疫システムを弱める前に ―― 抗レトロウイルス治療を開始すれば、HIV陽性者は健康を長く維持し、ウイルスがパートナーに感染するリスクも少なくなることが明らかにされている。こうした知見に基づき、WHOは今年9月、すべてのHIV陽性者が治療を受けられるようにすべきであると勧告した。

 各国が「全員治療」勧告を実行する助けになるよう、WHOは現在、迅速かつ焦点をしぼった効果的な方法でHIV陽性者全員にARTを提供するための一連の追加的勧告を提案しつつある。

 自らのHIV感染を知る人を増やすためのコミュニティ検査、自己検査など革新的な検査手法の活用;HIV感染が判明した人の早期治療開始;コミュニティへのARTの普及;ARTを安定的に続けている人の通院間隔の拡大などがこうした勧告に含まれている。また、ウイルス量測定と新たな抗レトロウイルス薬へのアクセス改善の重要性も強調している。

 「困難な状況の中で、生命を救うための抗レトロウイルス治療の普及に取り組む各国政府、市民社会および諸機関をWHOは称賛します。すべてのHIV陽性者にARTを拡大するため、新たな勧告は治療普及のペースをさらに速めるよう求めています」とWHOのウィニー・ムパンジュ-シュンブショ事務局長補はいう。


新規感染の予防
 HIVの新規感染を減らすことは、エイズ終結を目指す上で依然、大きな課題である。いくつかの国、および影響の大きい集団では、新規感染の減少ペースが落ち、場合によっては増加へと反転することへの懸念が高まっている。「HIV予防対策の強化に向けてあらゆる手段を活用しなければならない。保健分野はその中心的役割を担えるし、また担わなければならない」とムパンジュ-シュンブショ博士は話す。

 すでにアフリカでは過去5年間に約1000万人の男性が自発的割礼手術を受けている。この手術を受けた人はHIV感染のリスクを60%減らすことができるのだ。HIV感染のリスクを大きく低減するために抗レトロウイルス治療を使用する新たな予防手段も登場している。WHOは現在、HIV感染のリスクが高い人に向けた包括的予防策の追加的手段として曝露前感染予防投与(PrEP)を推奨している。包括的パッケージに含まれる他の手段は、行動変容のためのコミュニケーション、男性用・女性用コンドームの持続的な使用、薬物使用者へのハームリダクションを含むキーポピュレーション向け予防プログラムなどである。

 HIV陽性者が病気になるのを防ぐ薬でHIVの母子感染を予防することもできる。世界のHIV新規感染の90%を占める22カ国中8カ国では、2013年のデータによると、子供の新規HIV感染が2009年当時より50%以上も減っている。また、それに近い減少率を示している国も4カ国ある。


成功の要因
 低・中所得国の中には、HIVサービスのユニバーサルアクセス(必要な人がだれでもサービスを受けられる状態)に向けて目覚ましい成果をあげている国もある:12カ国ではHIV陽性者の60%以上が自らの感染を知り、抗レトロウイルス治療を受けている。これらの国における成功の主要因は、ナショナルオーナーシップ(国としての自立した判断)、データに基づき最も影響を受けている地域や集団に対しより集中的にサービスを提供する方針、そして予防と治療のサービスの簡素化である。

 「疾病が極めて破壊的な影響を与えている間に緊急事態意識を緩めるようなことがあってはならない」とムパンジュ-シュンブショ博士は語る。「HIVは依然として保健分野の大きな試練であり、保健システムの弱点とユニバーサルヘルスカバレッジのギャップの存在を示しています。こうした課題に取り組むことは、エイズ対策の新たな世界目標を達成するうえでも不可欠です」



Accelerate expansion of antiretroviral therapy to all people living with HIV: WHO
WHO statement   30 November 2015
On World AIDS Day WHO emphasizes that expanding antiretroviral therapy to all people living with HIV is key to ending the AIDS epidemic within a generation.

“The Millennium Development Goal of reversing the HIV epidemic was reached ahead of the 2015 deadline - an incredible achievement that testifies to the power of national action and international solidarity," declared WHO Director-General, Margaret Chan.

Expansion of antiretroviral therapy (ART) has resulted in a stark reduction of AIDS-related deaths. At the same time, increasingly effective prevention efforts have reduced numbers of new HIV infections. Since the epidemic’s peak in 2004, the number of - deaths has fallen by 42% with some 7.8 million lives being saved over the last 15 years, according to a new WHO report. The number of new infections has fallen by 35% since the turn of the century.

Over the last 15 years, scale-up of ART has been most dramatic in the WHO African Region where now more than 11 million people are receiving HIV treatment, up from 11 000 at the turn of the century. People living with HIV in Africa are now more likely to receive treatment than people living in most other parts of the world. Globally, in June 2015 close to 16 million people out of a total of 37 million people living with HIV were taking ART.


Doubling access to testing and antiretroviral therapy

At the UN General Assembly in September, world leaders endorsed a new set of Sustainable Development Goals and milestones, including a call for ending the AIDS epidemic by 2030. Reducing the number of new infections by 75% and doubling the number of people on ART by 2020 are the first milestones towards achieving this goal.

Trial results published earlier this year have confirmed that people living with HIV who begin antiretroviral therapy soon after acquiring the virus – before the virus has weakened their immune systems - are more likely to stay healthy and less likely to transmit the virus to their partners. Those findings led WHO in September to recommend that everyone living with HIV be offered treatment.

In the effort to help countries implement the “treat all” recommendation, WHO is now presenting an additional set of recommendations on how to expand ART to all – in a rapid, focused, and efficient manner.

These recommendations include using innovative testing approaches such as community or self-testing to help increase the number of people who know their HIV status; starting treatment faster in those people who are diagnosed with HIV; bringing ART to the community; and allowing for greater intervals between clinic visits for people who have been stable on ART for some time. They also highlight the importance of improving access to viral load testing and new classes of antiretroviral drugs.

“WHO applauds governments, civil society, and organizations that have made availability of life-saving antiretroviral therapy possible in the most trying circumstances. The new recommendation to expand ART to all people living with HIV is a call to further step up the pace,” said Dr Winnie Mpanju-Shumbusho, Assistant Director General at WHO.


Preventing new infections

Reducing the number of new HIV infections remains a major focus for the vision of ending AIDS. There is increasing concern about a slow down–or even reversal - in the decrease of new infections in some countries and among some of the most affected population groups. “We must deploy all means to strengthen the HIV prevention response. The health sector can and must play a central role,” added Dr Mpanju -Shumbusho

Already, over the last 5 years in Africa some 10 million men have undergone voluntary medical circumcision, a procedure that reduces their risk of acquiring HIV by 60%. New approaches to prevention are also emerging, including the use of antiretroviral drugs to help people at substantial risk from acquiring HIV. WHO now recommends this practice, called “pre-exposure prophylaxis,” or PrEP, as an additional option to augment comprehensive prevention for people at heightened risk of HIV infection. Other elements of this package include behaviour-change communication, the consistent use of male and female condoms and prevention programmes for key populations, including harm reduction for people who use drugs.

The same drugs that keep people living with HIV from becoming sick also prevent transmission of the virus from pregnant women to their infants. Among the 22 countries that account for 90% of new HIV infections, 8 have reduced new infections among children by more than 50% since 2009, based on 2013 data, and another 4 are close to that mark.


Ingredients of success

Some low- and middle-income countries have made remarkable progress towards universal access to HIV services: 12 countries have ensured that 60% or more of all people living with HIV are aware of their infection and receiving antiretroviral therapy. Key ingredients of the successful HIV response in these countries are national ownership, greater focus of HIV services to reach the most affected locations and populations based on good data, and simplification of prevention and treatment services.

“The sense of urgency that was the norm during the disease’s most-destructive years must not be allowed to abate,” Dr Mpanju-Shumbusho said. “HIV remains a major health challenge - drawing sharp attention to health system weaknesses and gaps in universal health coverage. Addressing these issues will be critical to meeting the new global targets for AIDS.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック