『エボラ対策に現場で「手応え」広がる 国連特使』 (UN Daily Newsから)


(解説) 国連のエボラ対策の責任者であるデビッド・ナバロ特使(エボラ対策上席調整官)のインタビューがUN Daily Newsの1月15日号に掲載されています。
 http://www.un.org/News/dh/pdf/english/2015/15012015.pdf

 その日本語仮訳です。この中でナバロ特使は、最近の変化として、流行国であるギニア、シエラレオネ、リベリア3カ国の担当者の間に流行の克服に対する自信が広がっていることを指摘しています。治療の提供体制と安全な埋葬、コミュニティの動員といった初期の対応が一段落し、新規の発生症例も徐々に減少してきたということで、「現在は‘ケース・ファインディング(症例探索)とコンタクト・トレーシング(接触者追跡調査)‘の段階に入っています」ということです。《この「探偵のような仕事」》により、《新たな発生がすでにエボラを発症した人との接触が確認されている人からだけに絞られるようになったら、その次は症例ゼロを目指すことになる。ただし、予期せぬところからの発生や再燃があれば、さらに対応が必要になる》ということです。国連の担当責任者のこうした認識は心強いものですが、現場で対応している人たちの印象はどうなのか、そのあたりも複合的に知りたいところです。



エボラ対策に現場で「手応え」広がる 国連特使

1月15日 ― 西アフリカのエボラ出血熱の流行について、国連のデビッド・ナバロ特使(エボラ対策上級調整官)は、対策にあたる人たちの間に手応えが広がっていると語った。ただし、完全に排除するまで警戒を緩めず対策を継続する必要があることもあわせて警告した。

 「この数週間、大きな変化が認められます。克服は可能だという自信が広がっています」とナバロ特使は本日午後、国連ニュースセンターとのインタビューで語った。「(こうした変化は)12月前半にリベリアで始まっています。もっとも厳しい状況だった地域の中に新規の患者発生報告がほとんどゼロ、あるいは完全にゼロというところが出てきたのです。リベリアの他の地域でも、状況の改善が少なくとも感じられるようになりました」

 ナバロ特使によると、これは8月の特使就任以来、最も大きな変化だという。特使は就任当時の状況を「恐るべき事態」であり、見通しが立たなかったと述べている。

 「最悪の事態を覚悟していました」と彼はいう。「すでに厳しい状態でしたが、9月にはさらに悪化し、10月は困難のまっただ中でした」

 9月段階では、この地域の新規症例は毎日150人ずつ増え、流行は日々、指数関数的に拡大していた。発生が対策を凌駕していたのだ。だが、それ以降、新規症例は1日約50件に減少し、週ごとの症例数は少しずつ減少していった。

 流行国3カ国の政府は、国連エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)の支援を受け、フランスとほぼ同じ広さの地域で、エボラ対策を主導してきた。

 ここ2、3週間で対策は地元の対応を重視するようになっているとナバロ博士は言う。治療と安全な埋葬、コミュニティの動員といったことから、もっとも高いリスクにさらされている人たち、および病気にかかっている人たちを把握して、その人たちを隔離し、接触した人をすべて追跡していくといったことに焦点が移っているのだ。

 「現在は‘ケース・ファインディング(症例探索)とコンタクト・トレーシング(接触者追跡調査)‘の段階に入っています」とナバロ特使はいう。「これは探偵のような仕事です。そして、これ以上、エボラの感染がなくなることを目指すと同時に、学校や保健医療、農業、商業といった生活のすべてを通常の状態に戻していくことが目標となる段階に入ってきたのです」

 この「探偵のような仕事」は新規症例の発生を減らし、ゼロにしていく努力の一つである。新たな発生がすでにエボラを発症した人との接触が確認されている人からだけに絞られるようになったら、その次は症例ゼロを目指すことになる。ただし、予期せぬところからの発生や再燃があれば、さらに対応が必要になる。

 「地域内のいくつかの地方では、幸いなことに感染の連鎖が把握でき、接触者の追跡調査も非常にうまくいっています」とナバロ特使は語った。「他の地方では、なお予期せぬ感染が発生しています。突然、再燃することもあります」

 警戒を怠らず、必要な時には迅速に対応してエボラを完全になくすためには、病気の流行のレベルを見極め、人々に与える影響を予測できるように経験豊かな疫学者と人類学者が協力していく必要があるとナバロ博士は強調する。
 「すべての地方でそうした専門家が必要です。何百人と必要なのです」とナバロ特使はいう。「エボラウイルスに感染した人は最後の一人まですべて把握し、経過を観察し、発症したら治療を提供しなければならないからです」

 専門家には、指導者の助けが必要だし、コミュニケーション手段として最も効果的なITも必要になる。また道路のないところでも必要な装備がすべて確保できるようにする輸送システムも必要だ。人と物と金が鍵を握っており、ナバロ博士は近く訪問するヨーロッパで各国政府や基金に対し資金拠出要請を行うと述べた。

 ナバロ特使はまた、エボラワクチン開発の成功を強く望んでおり、承認されたら感染の危機にさらされている医療従事者に最初に摂取を行うべきだと強調した。

 「この2、3カ月で何百人もの医療従事者がエボラを発症し、その多くが亡くなっています」とナバロ特使は語った。「ワクチンが使えるようになれば、まず感染のリスクにさらされている医療従事者を守らなければなりません」


UN Envoy describes ‘sense of self-confidence’ among those battling Ebola outbreak

15 January - The United Nations Special Envoy on Ebola has today described a growing feeling of confidence among those responding to the outbreak in West Africa, but he warned that there is an absolute need to maintain focus, vigilance and discipline to ensure that the disease is wiped out.

“In the last few weeks, we’ve seen a big shift, a sense of self-confidence a sense that it can be beaten,” David Nabarro said in an interview with the UN News Centre this afternoon. “[The shift] started in early December in Liberia, with some parts of the country that had been so badly affected beforehand reporting near zero or zero cases; other parts of the country at least beginning to feel better.”

This, Dr. Nabarro said, was a major change from when he took up his position in August last year. He describes the situation then as “frightening” and filled with unknowns.

“We were bracing ourselves for some very bad news,” he said “And there was bad news. September was worse, and October was difficult.”

In September, cases in the region were rising by 150 per day and the daily tally was increasing exponentially, with the outbreak accelerating ahead of the response. Since then, the daily figure for new cases has reduced to about 50 per day, with the number of cases week-by-week gradually reducing.

The Governments of the affected countries have been leading the Ebola response, supported by the UN Mission for Emergency Ebola Response (UNMEER), operating in an area the size of France.

In recent weeks, Dr. Nabarro said the response has taken on a much more local feel, shifting from treatment, safe burials and community mobilization to focusing on identifying those most at risk and those who have the disease, isolating them, and tracking down everybody with whom they have had contact.

“The phase that we’re involved in right now is called ‘case finding and contact tracing,’” he said. “It’s like detective work. And that’s where we are right now, with the absolute goal of reaching the point where there is no more Ebola infection in the region, and at the same time where we’re seeing a recovery of the normal aspects of life, like schooling, like healthcare, like agriculture and like markets, all the things that represent normal life coming back.”

That ‘detective work’ is part of what helps drive numbers of new cases down towards zero. Once new cases are emanating only from lists of people cited as having been in contact with someone who has Ebola, progress is being made towards zero cases. If surprises and flare-ups are still occurring, there is still much to be done.

“In some parts of the region, I’m happy to tell you, that we really do understand the chains of transmission and the contact tracing is very good,” he said. “In other parts, we’re still getting surprises. Flare-ups suddenly occur.”

To maintain the vigilance and rapid response times that are vital to eradicating Ebola, Dr. Nabarro underlined the need for experienced epidemiologists and anthropologists, who together can keep a close watch on the levels of disease and what’s happening in the population to respond to it.

“We need them everywhere. We need hundreds of them,” he said, “because we need to be able to find every single person who has Ebola and keep them under surveillance and get them under treatment if they get sick and when they get sick.”

The experts need the support of supervisors; need the most effective IT for communication; and need transport systems so they can be supplied with everything they need in places without roads or access of any kind. People, materials and money will be vital going forward, and Dr. Nabarro said he would ask Governments and foundations to contribute on his upcoming trip to Europe.

He was also enthusiastic about news of success in efforts to develop a vaccine for Ebola, and stressed that once approved, at-risk health workers should be the first immunized.

“In the last few months, hundreds of health workers have got sick with the disease and too many of them have made the ultimate sacrifice,” he said. “I would like to be sure that the moment the vaccines becomes available, it’ll be the health workers who are most at risk who are protected.”

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック