エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『最も勇敢な私の友達』 話し合いの手引き

<<   作成日時 : 2014/05/15 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説)絵本『最も勇敢な私の友達』について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されているDiscussion Guideです。絵本を読んで学校などで話し合う機会の参考にどうぞ。

『最も勇敢な私の友達』 話し合いの手引き
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2014/name,93709,en.asp

本の要約
本書はアフリカに住む快活な8歳の少女Kaylaと少年Kendiのお話です。KendiはHIV陽性ですが、他の子供たちと同じように幸せに暮らしています。物語は2人が学校でも家でも近所でも、楽しく生活している様子を描いています。また、Kendiはときどき具合が悪くなること、薬を服用するときにはお母さんの助けが必要なことも紹介しています。Kendiは夢と希望にあふれ、HIVに感染して生活するうえで大変なことも克服していきます。Kaylaは少年にあこがれ、「最も勇敢な友達」だと思っています。
 内容を周到に検討し、気さくで前向きで軽やかな本ができました。HIVについて話をする良いきっかけになるでしょう。HIV陽性の子供も含め、5歳以上の子供たちや保護者、家族、ケア提供者、友人、および医療従事者や教員ら支援を提供する専門家には、とりわけ役に立つでしょう。
 HIVとは何でしょうか、子供たちはどのようにしてHIVに感染するのでしょうか。HIVはヒト免疫不全ウイルス(human immunodeficiency virus)の頭文字で、エイズの原因となるウイルスです。エイズは後天性免疫不全症候群(acquired immunodeficiency syndrome)の頭文字です。KendiのようにHIVに感染している子供は世界で300万人以上います。ほとんどの子供たちはお母さんから妊娠や出産や母乳を通して感染しています。医学的な治療を受けなければ、HIV陽性のお母さんから赤ちゃんにHIVが感染する確率は35〜45%ですが、母子感染予防の治療を受ければ5%以下になります。子供は身体の機能が未成熟で、免疫の機能が弱いことから、HIV感染の影響を強く受ける傾向があります。このため、治療を受けずにいると半数の子供は2歳までに死亡することになります。

HIVと子供に関する最近の動きは?
 世界の指導者は2011年、子供のHIV感染の動向を変えていくことを国連総会で約束しました。世界のHIV陽性の妊婦の90%が住む22カ国にとくに焦点が当てられています。2015年末までに子供のHIV新規感染を90%減らすことが目的です。また、同じく2015年末までに妊娠女性と子供たちのエイズ関連の死亡を50%減らすことも約束しています。これまでの成果には期待が持てます。女性と子供のためのHIV予防、治療サービスへのアクセスは急速に拡大する動きを示してきました。その結果、2012年の子供のHIV新規感染は2009年当時より37%も減少しています。

課題は?
 大きな成果があがっているとはいえ、100%の成功を収めているわけではありません。KendiのようにHIVに感染している子供たちもいます。2012年時点で、低・中所得国にはHIVに感染している15歳未満の子供が約330万人(300万〜370万人)います。HIV陽性の子供たちには支援が必要です。ケアと治療を受ける必要があるのです。保護者に対する支援も大切です。

子供たちはどうしているの?
 過去5年間、医学は急速に進歩しました。ただし、子供向けの治療は成人向けに比べると、進歩のスピードがかなり遅れています。2013年に世界保健機関(WHO)は子供たちが抗レトロウイルス治療の成果を最大限、得られるようにするため新たな勧告を発表しました。
 WHOのガイドラインは早期の治療開始、すべての妊婦に対する治療の確保、5歳未満のすべての子供に対する即時治療開始を勧告しています。こうしたガイドラインはHIVケアと治療が患者やコミュニティにより利用しやすくすることを目指しています。
 HIVの完治が実現できなくても、抗レトロウイルス治療により子供たちの体内のHIVの増殖を抑えることはできます。Kendiのお母さんのような保護者やケア提供者は、HIV陽性の子供たちを支えるために医療従事者のアドバイスを求めるべきです。

子供の治療をどう続けるか
 どんな薬も単独でHIVを抑えることはできないので、子供たちは治療を開始したら毎日、数種類の薬を服用することになります。学校に通ったり、他の家族と一緒に暮らしたりしながら、どうしたら治療を続けられるかということは医療従事者と話し合っておくことが望まれます。医療従事者はいつ子供にHIV感染を告げるか、あるいは学校の先生のような周囲の人たちには告げるのかといったこともアドバイスできます。
 子供たちが副作用に苦しんだり、眠くなったり、気持ち悪くなったり、筋肉に痛みを感じたりすることもあるかもしれません。子供たちに心配事があったら、いつでも信頼できる大人に相談できる状態にしておくことが望まれます。そして、子供のためを思うことが常に大切です。

この本の使い方
 この本を読めば、子供たちのHIV感染について、とりわけ治療を受ければ日常生活を送ることができるということについて理解できるでしょう。HIV陽性の子供たちは他の子供たちと同じように学校に通い、遊び、生活しているのです。ただし、子供たちにも家族にも、偏見や差別ではなく、ケアと支援が必要です。
 保護者やケア提供者、先生、医療従事者には、子供たちがHIVに感染したとしても、希望はあるのだということが分かっていれば、気持ちが大分、楽になるでしょう。治療を受けることができます。生きていくことも成長していくこともできるのです。生まれた時にHIVに感染し、大人になっている人もすでにたくさんいます。HIV治療の進歩とケア、支援の充実により、HIV陽性者の生活の質は以前より向上し、日々を楽しく暮らしていくことができるようになっているのです。

 さらに詳しい情報はこちらで。
UNICEF
http://www.unicef.org/aids/index_introduction.php
WHO
http://www.who.int/hiv/topics/paediatric/en/
Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation
http://b.3cdn.net/glaser/305990cb4bb75d064f_wdm6b02j2.pdf
それぞれの国の政府保健担当部門や医療従事者



 

THE BRAVEST BOY I KNOW, Discussion Guide

Summary of the book
The book features two delightful eight-year olds living in Africa: a girl called Kayla and a boy called Kendi. Kendi is living with HIV, but seems as happy as any other child. The story focuses on their carefree life at school, at home and in the countryside. The book also discusses Kendi’s feelings about being unwell sometimes, and about his mum’s support when he takes medicine. Kendi is full of dreams and imagination, and has worked out how to deal with the challenges that come with living with HIV. And Kayla adores him, describing him as the “Bravest boy I know”.
This little book is deliberately light, friendly and positive. It may be useful as a discussion starter for many audiences, especially children aged five years and over, including children living with HIV, parents, other family members, caregivers and friends, as well as health-care providers, teachers and other support professionals.

What is HIV and how do children acquire it? HIV stands for “human immunodeficiency virus”, and is the virus that causes AIDS. AIDS stands for “acquired immunodeficiency syndrome”. More than 3 million children are living with HIV like Kendi, and most acquired it from their mothers during pregnancy, delivery or breastfeeding. Without medical intervention, children born of mothers who are living with HIV have a 35–45% chance of acquiring HIV, but with intervention the chance is reduced to 5% or less. HIV infection is more aggressive among children, due to their immature physiological development, especially their weaker immune systems. Therefore, without treatment, half of children living with HIV are likely to die by the age of two.


What are the most recent developments about HIV and children?
In 2011, world leaders came together and committed to change the trajectory of HIV among children. Special focus was put on the 22 countries where 90% of HIV-positive pregnant women live. The aim is to reduce the number of new HIV infections among children by 90% before the end of 2015. They also committed to reducing deaths among pregnant women and children due to AIDS-related illness by 50% within the same time period. The results are encouraging. There has been rapid momentum in scaling up access to HIV prevention and treatment services for women and children. As a result, there was a 37% reduction in new HIV infections among children between 2009 and 2012.


What are the challenges?
While a lot of progress has been made, success is still not 100% and some children like Kendi acquire HIV. In 2012, around 260000 [220 000–320 000] children under 15 years old in low- and middle-income countries contracted HIV. Globally in 2012 there were a total of 3.3 million [3.0 million–3.7 million] children under 15 years old living with the virus. Children living with HIV need support and action. They need to receive care and treatment, and their parents also need support.


How can children deal with HIV?
Fortunately, science has made rapid progress over the past few years. However, treatment for children is expanding much less rapidly than for adults. In 2013 the World Health Organization (WHO) issued new recommendations outlining how children living with HIV can benefit most from antiretroviral treatment.
The WHO guidelines recommend earlier treatment and recommend that all pregnant women have access to treatment and that all children under five years old start treatment immediately. These guidelines are designed to bring HIV care and treatment closer to the patient and into the community.
There is no cure for HIV, but antiretroviral treatment slows down the progression of the virus in children. Parents like Kendi’s mum, and other caregivers, should seek the advice of health-care providers on how to support children living with HIV.

How to manage treatment for children
Since no one medicine can suppress HIV alone, children will take several medicines every day once treatment starts. It is best to discuss with health-care providers how to manage the situation with schools and other family members. Health-care providers can also advise on when to inform children that they have HIV, and when to inform others, such as teachers.
In some cases, children may have side-effects and may feel sleepy or vomit or have muscle aches or other discomfort. It is best to help children feel free and comfortable enough to tell a trusted adult when they have concerns. At all times, it is most advisable to keep the children’s interests at heart.


How can this book be used?
This book can be used to help people understand HIV among children and especially to understand that children bounce back and do well when on treatment. HIV-positive children can go to school, play and live like any other children. They, and their families, need care and support, not stigma and discrimination.
For parents, caregivers, teachers and health-care providers: if a child has acquired HIV, you can take comfort in knowing that there is hope. Treatment is now available and it means that children can survive and thrive. There are many adults alive today who became infected with HIV at birth and have grown into adulthood. People living with HIV can enjoy a better quality of life because of new HIV medicines, better care and more support.

For more information please see the following:
UNICEF
http://www.unicef.org/aids/index_introduction.php
WHO
http://www.who.int/hiv/topics/paediatric/en/
Elizabeth Glaser Pediatric AIDS Foundation
http://b.3cdn.net/glaser/305990cb4bb75d064f_wdm6b02j2.pdf
Your ministry of health officials or health-care provider



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第69号(2014年5月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第69号(2014年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/05/30 14:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『最も勇敢な私の友達』 話し合いの手引き エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる