国際エイズ学会(IAS)のオードワン事務局長が年内で退任

 
 (解説) 国際エイズ学会(IAS)が12月11日に発表したプレスレリースです。新たな方針を打ち出しているような書きぶりですが、あまりこれまでと変った感じはせず、しいて言えばMSM、セックスワーカー、薬物使用者、トランスジェンダーの人々といった《Key Affected Population》との協力関係を重視する姿勢がより強くなった印象でしょうか。ボード湾事務局長がそれに反対していたとは私には思えなかったのですが、「新たな戦略の方向性を切り開く」というIASの方針のために今年いっぱいで退任するそうです。これだけではよく分からないので、もう少し背景が知りたいところです。


HIV/エイズとの闘いの重大なギャップの解消を再検討 国際エイズ学会
 新たな戦略の方向性を切り開くため事務局長が退任
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/IAS_refocuses_to_fill_critical_gaps_Dec2013.pdf

 ミレニアム開発目標(MDGs)の目標達成期限とポスト2015に備え、国際エイズ学会(IAS)は引き続き、HIVの流行の影響が最も大きい人たちに予防、治療、そして究極的には完治のアクセスを確保する努力を強めていくことになった。
・HIVの完治に向けた世界戦略を引き続き主導していく、
・男性と性行為をする男性、セックスワーカー、薬物使用者、トランスジェンダーの人々など、影響が深刻な人口層への対応に力を入れる
 ・子供と若者のHIV対策に力を入れていく
 という3つの重要課題に優先的に取り組むことが合意されている。これらの分野は研究、予防、治療、ケアの維持に関して、いまなお大きなギャップが存在する分野である。

 国際エイズ学会はまた、引き続き国際エイズ会議の管理者であり、国際エイズ学会病理学・治療・予防会議の主催者である。これらの会議はともに、HIVとエイズの研究および対策分野の専門家が集まり、研究開発や医療、ケアの提供、政策の変更などを進めていくうえで重要な役割を担っている。

 国際エイズ学会は重大なギャップが存在するところに積極的に取り組む決意である。HIVとの闘いは、大きな影響を受けている人口層の間で大きな成果が上がらなければ勝利を望むことはできない。支援と治療へのアクセスを確保し、保健システムが包摂性を高め、究極的には機能的治癒が発見されたときにそのアクセスが確保されなければならないのだ。

 じっくりと話し合った結果、、ベルトランド・オードワン事務局長はIASが過去2年間に組織内で立ち上げた計画を基盤にして新たな展望を切り開いていくことが可能になるよう退任することになった。国際エイズ学会は、世界経済が停滞し、HIVとの闘いへの資金確保が困難となる中で、ベルトラントが果たしてきた多大な功績に深く感謝したい。彼の指導力は、HIVとの闘いに対する関心を高め、研究の進展を大きく支えてきた。また、2012年のワシントンDCにおける国際エイズ会議、およびローマとクアラルンプールにおけるIAS会議の成功は高く評価されている。

 2014年1月からはバーナード・カダシアが事務局長代理を務め、アヌーク・レイ事務局次長と事務局が補佐する。また、IAS理事会が監督する。2014年7月にメルボルンで開かれる第20回国際エイズ会議の準備は順調であり、2015年6月にバンクーバーで開かれる第8回国際エイズ学会病理学・治療・予防会議の計画も順調に進んでいる。



International AIDS Society refocuses to fill critical gaps in fight against HIV/AIDS
Executive Director leaves to pave way for new strategic direction

In the lead-up to the target date for achievement of the Millennium Development Goals and the post 2015 era, the International AIDS Society continues to sharpen its focus and efforts to ensure that those most acutely affected by HIV have access to prevention, treatment and ultimately a cure. Three key policy priority areas have been agreed: to continue to lead the Global Strategy towards an HIV Cure; to concentrate on those populations most disproportionately affected including men who have sex with men, sex workers, people who use drugs and transgender people; and thirdly, to lead the way on pediatric/adolescent HIV, where there are still critical gaps in research, prevention, treatment, and retention in care.

The International AIDS Society also continues to be the custodian of the International AIDS Conference and the host of the IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention. Both these conferences play vital roles in bringing together experts in research and programmes for HIV and AIDS to steer the global efforts in research, healthcare delivery and policy change.

The International AIDS Society is determined to work where there are critical gaps. The fight against HIV cannot be won without making significant progress among key affected populations, to ensure support, access to treatment and inclusiveness within the health system, and ultimately access to a functional cure once discovered.

After extensive mutual discussions the Executive Director, Bertrand Audoin has decided to leave and pave the way for the IAS to refocus and explore ways to deliver the new vision, building on the range of initiatives started within the organization in the last two years. The International AIDS Society would like to thank Bertrand for all his efforts and achievements, particularly at a time of global recession, which has adversely affected funding across the HIV sector. His leadership in furthering the policy, advocacy and research promotion efforts of the IAS, as well as the highly successful International AIDS Conference in Washington DC in 2012 and the IAS conferences in Rome and Kuala Lumpur is much appreciated by the organization.

Beginning in January 2014, Bernard Kadasia will serve as Acting Executive Director, with support from Anouk Rey, Deputy Executive Director, the Executive Management Board and oversight by the IAS Governing Council. Meanwhile, activities for the 20th International AIDS conference, AIDS 2014, to be held in Melbourne in July 2014, are well underway, as well as plans for the 8th IAS Conference on Pathogenesis, Treatment and Prevention, to be held in July 2015 in Vancouver.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック