フィリピンのHIV/エイズ報告は、拡大の転換点に差しかかったことを示すのか?


(解説) 国連人道問題調整事務所(OCHA)が運営する独立の報道部門、IRIN(International Regional Information Networks、国際地域情報ネットワーク)のサイトに掲載されていたフィリピンのレポートです。Tipping pointは、いままで目立たなかったけれど、この時点から先は一気に広がるという転換点のようなポイントのこと。フィリピンはこれまでアジアの中でもHIV陽性率が低い国だったのですが、国内の新規HIV感染報告数が415件と過去最高を記録し、その拡大の懸念が強まっているようです。

 「HIVの流行の質が変わっています。主要感染経路はいまも無防備なセックスですが、今は同性間性感染の報告がほとんどです。以前は異性間の感染でした」ということで、「ほとんどの対策がいまも異性間感染に集中しています。方針を変えて、流行に大きく影響を受けている層の60~80%を占める集団(男性とセックスをする男性、注射薬物使用者に焦点を当てる時期です」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のフィリピン国内調整官、テレシタ・バガサオ博士は指摘しています。バガサオ博士は日本の研究者にも知己の多い方ですね。だからというわけではありませんが、日本にとっても参考になるのではないかと思い、訳してみました。



フィリピンのHIV/エイズ報告は、拡大の転換点に差しかかったことを示すのか?
http://www.irinnews.org/report/98398/tipping-point-reached-after-rise-in-philippines-hiv-aids-cases


マニラ 2013年7月11日(IRIN) – フィリピンにおける継続的なHIV感染の増加は、適切な対策がとられない限り止まらない。月間HIV感染率が過去最高を記録したことを明らかにした後、保健分野の専門家はこう述べた。

2013年5月のフィリピン国内の新規HIV感染報告数は415件で、その55%が20~29歳だった。

保健省疫学センター(DOH NEC)によると、フィリピンのHIV感染報告は2007年から増加を続けている。2000年には3日に1件の報告だったのが、2011年には3時間に1件となっている。

「HIVの流行の質が変わっています。主要感染経路はいまも無防備なセックスですが、今は同性間性感染の報告がほとんどです。以前は異性間の感染でした」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のフィリピン国内調整官、テレシタ・バガサオ博士はいう。


局限流行期

問題の一つは、現在の対策が流行の変化に追いついていないことだ。

「ほとんどの対策がいまも異性間感染に集中しています。方針を変えて、流行に大きく影響を受けている層の60~80%を占める集団(男性とセックスをする男性、注射薬物使用者)に焦点を当てる時期です」とバガサオ博士は述べた。

ただし、そうしたからといって今後3~5年でHIV感染が減るわけではない。彼女はこう付け加えた。

バガサオ博士によると、フィリピンのHIV陽性率は9500万の全人口の1%未満で、全体としては低流行国なのだが、セックスワーカー、男性とセックスをする男性、注射薬物使用者など、資金拠出国が「キーポピュレーション」と呼ぶ集団に流行が集中している。

フィリピンで最初のHIV感染報告があった1987年以来、DOH-NECによると、感染報告は1万3594件に達している。


「氷山の一角」

こうした公式の数字は「氷山の一角」に過ぎないという人もいる。HIVは依然、偏見に取り巻かれているし、人口全体で見ると検査を受けている人は1%未満であることを考えれば、公式報告の数字が流行の大きさを反映しているとは言えないからだ。

 「HIV感染者数は2015年までに3万9000人から5万人に達するだろうと私たちは予測しています」とフィリピンのHIV/エイズ政策に関する諮問機関、エイズ対策全国協議会のNGOメンバーである健康・権利に関する教員ライブラリー財団(TLF-Share)のジョナス・バガス事務局長はいう。

「HIVは同性愛者の病気であり、感染は死の宣告であるという考え方はいまも根強く残っています。脅しに頼った予防のメッセージが使われ、人々は検査を受けることを恐れているのです。とくに若い人たちは、感染しているとしても、そのことはむしろ知らない方がいいと思っているのです」とバガス氏は語る。

18歳未満で検査を受けるには親権者の同意が必要だとする1998年のフィリピン・エイズ予防管理法も、若者がHIV検査を受けることを妨げる障壁になっている。

法の修正を求める動きもある。

HIV感染の拡大を抑えるにはむしろ、性交開始の時期を遅らせるなど予防戦略に焦点をあてた性教育を若者に提供したり、HIV情報とサービスについて伝える全国的な広報キャンペーンを行ったりする方が有効だとバガス氏は付け加えた。

 「たとえばデング熱など他の病気と同じような規模で、HIVの全国的なキャンペーンが展開されたことはまだありません」とバガス氏はいう。2013年のデング熱の感染報告数は6月初め現在、4万2000件で、200人近くが死亡している。


調和の取れた対策が必要

 だが現在の予算でそうしたHIV予防キャンペーンを続けることは難しい。

 DOHや社会福祉開発局などの政府機関は近年、HIV予防のための予算を増やしているが、HIV関連の国際機関からの資金は大幅に減少している。

2009年には、国際援助資金がフィリピンのHIV予防予算のほぼ73%を占めていた。2010年にはほぼ40%である。

2008年のエイズ委員会報告では、国民1人あたり年間1ドルをHIV予防対策にあてるようを勧告している。現在のフィリピンの人口では、ほぼ9500万ドルの支出となる。

フィリピン・エイズ対策全国協議会の2012年報告書によると、2009年から11年までの支出は3700万ドル、年間平均にすると約1240万ドルだった。

「HIVとSTI(性感染症)の予防および情報提供のための予算は、LGU(地方政府、フィリピンの最小行政単位)の協力が必要です。DOH単独では負担しきれません」と保健省のHIV疫学主任担当官、ジェネシス・サモンテ氏はいう。

「いまが転換点です。この問題がどこまで大きくなるのか(の決定)は私たちの選択次第です。後戻りはもうできません。HIV感染の流行をどうするのか、それは私たちの責任です」とサモンテ氏は締めくくった。





“Tipping point” reached after rise in Philippines HIV/AIDS cases?

MANILA, 11 July 2013 (IRIN) - Consistent increases in HIV infections in the Philippines cannot be reversed without appropriate interventions, say health experts, following the recent release of the country’s highest monthly infection rate recorded thus far.

In May 2013 415 new HIV cases were recorded, with 55 percent of cases being among those aged 20-29.

Since 2007, the Department of Health’s National Epidemiology Centre (DOH-NEC) has noted a steady increase in HIV cases. In 2000, there was one case registered every three days; in 2011, this number grew to one case every three hours.

“The nature of the HIV epidemic has changed. Transmission is still primarily through unprotected sex, but infections are now mostly through same sex transmission whereas previously, it was heterosexual,” said Teresita Bagasiao, the Joint UN Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) country coordinator in the
Philippines.


Concentrated epidemic

Part of the problem is that current interventions have not kept pace with change.

“Most interventions are still focused on heterosexual transmission. There is an opportunity for focused interventions [on men having sex with men and injecting drug users] to reach the recommended 60-80 percent of key affected populations,” said Bagasiao.

But even with these interventions, any drop in HIV infections would not occur for another 3-5 years, she added.

Though Philippines is a low-prevalence country with less than 1 percent of the nearly 95 million population infected, Bagasiao said the epidemic is “concentrated” with an average 4-5 percent rate of infection among what donors call “key” populations, including sex workers, men who have sex with men and injecting drug users.

Since 1987 when HIV was first discovered in the Philippines, DOH-NEC has registered 13,594 infections.


“Tip of the iceberg”

But others say this official number is just the “tip of the iceberg”. Stigma continues to surround HIV and with less than 1 percent of the general population getting tested for HIV, officially recorded cases most likely do not accurately reflect the epidemic.

“We project that the number of infected will reach 39,000-50,000 by 2015,” said Jonas Bagas, executive director of The Library Foundation Sexuality, Health and Rights Educators Collective, Inc (TLF-Share), an NGO member of the Philippine National AIDS Council (PNAC), the country’s central advisory body on HIV/AIDS.

“HIV is still considered a gay disease and equated to a death sentence. Prevention messages are mostly scare tactics making people afraid of getting tested. They’d rather not know their status, especially the young people,” said Bagas.

Barriers discouraging testing among youths include a provision in the 1998 Philippine AIDS Prevention and Control Act that requires parental consent for anyone under 18 to be tested for HIV.

Advocates are fighting to amend the requirement.

Rather, added Bagas, an appropriate response to halt the spread of HIV is to give youths sex education that focuses on prevention strategies such as delaying first sexual encounters, as well as a nationwide publicity campaign on HIV information and services.

“We have yet to have a nationwide campaign on HIV on the scale that we have for other diseases like dengue,” Bagas said. As of early June there have been at least 42,000 dengue infections reported in 2013 nationwide, with nearly 200 deaths.


Concerted effort needed

But budgets for such an HIV prevention campaign are hard to secure.

Though government agencies such as DOH and the Department of Social Welfare and Development have increased spending in recent years for HIV prevention, funds from international agencies for HIV have shrunk dramatically.

In 2009, international donors funded almost 73 percent of the country’s budget for HIV prevention and control; in 2010, the contribution barely reached 40 percent.

The 2008 Commission on AIDS Report recommended US$1 per capita annual spending for HIV prevention and control - nearly $95 million based on the current estimated population.

According to the Philippines National AIDS Council 2012 report, $37 million was spent on HIV from 2009-2011, or an average of about $12.4 million per year.

“We need the help of the LGUs [local government units, the country’s smallest unit of government] in appropriating funds in their local budgets for HIV and STI [sexually transmitted disease] prevention and information. The DOH cannot do it alone,” said Genesis Samonte, the department’s chief epidemiologist for HIV.

“We are at a tipping point. We have a choice [to determine] how big this problem will be, but we cannot go back any more. It is our response to HIV that will now dictate its magnitude,” Samonte concluded.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News第126号(2019年2月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第126号(2019年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2019-02-28 19:20