国際エイズ学会年表 20世紀編


 (解説) 25周年を迎えた国際エイズ学会(IAS)のサイトに年表が掲載されていました。IAS発足以前の1985年にアトランタで開かれた第1回国際エイズ会議からスタートしています。何か調べ物をするときには便利なのではないかと思い、日本語仮訳を作成しました。量が多いので2回に分けて掲載します。前半部は2000年7月に南アフリカのダーバンで開かれた第13回国際エイズ会議ま。つまり、20世紀編ですね。


国際エイズ学会年表
http://www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=694

1985年4月 第1回国際エイズ会議(AIDS1985) アトランタ
参加者2000人。会議は世界保健機関(WHO)、米保健福祉省、主要研究機関が組織。米欧の医学者、公衆衛生当局が主導。

1986年6月 第2回国際エイズ会議(AIDS1986) パリ
参加者2800人。HIV発見者の一人リュック・モンタニエ博士、およびアフリカが直面する深刻な事態を初めて公開の場で語ったザイールのキンシャサの内科医ビラ・カピタ博士が開会式で講演。カピタ博士はこの勇敢な発言のために刑務所に送られるが、国際的な抗議もあって釈放された。

1987年6月 第3回国際エイズ会議(AIDS1987) ワシントンDC
参加者6300人。初めて政治的な動きが生まれる。会議開催中、政治の関与の欠如に抗議するデモが数回にわたって行われた。米国では1987年5月までに2万人以上がエイズで死亡していたにもかかわらず、レーガン米大統領はエイズの流行についておおやけに語ろうとはしなかった。抗議は治験を遅らせる米食品医薬品局(FDA)の官僚的対応にも向けられた。こうした抗議もあって、会議は広くメディアで報道された。国際エイズ会議における行動科学および社会学分野の研究発表が次第に増加していくきっかけとなる会議だった。

1987年 米国が渡航規制
米国政府が公衆衛生上の懸念と潜在的な医療費負担増を理由にHIV陽性の外国人の入国を禁止。

1988年6月 第4回国際エイズ会議(AIDS1988) ストックホルム
参加者7500人。HIV/エイズの医科学面のみに焦点に当てた時代の終わりを告げる会議だった。HIV陽性者(PLHIV)のフォーラムで「エイズの顔」が紹介された。患者および市民社会が議論に参加することは当時としては革命的な変化だった。IASと国連機関の緊密な連携が始まった会議でもあった。
AIDS1988の開催に合わせ、会議を計画する機関として国際エイズ学会が設立された。

1989年6月 第5回国際エイズ会議(AIDS1989) モントリオール
テーマ:エイズの科学的、社会的課題。参加者1万2000人。アクティビストが会議の中心を占めた。カナダの活動家たちは政府によるエイズ戦略の欠如に抗議し、米国の活動家はHIV陽性者に対する米国の渡航規制を激しく批判した。両者はともに会議に積極的に関与することを求めた。ザンビアのケネス・カウンダ大統領は会議で、1986年に息子がエイズで死亡したことを明らかにし、自らの家族のエイズについて語る最初のアフリカの指導者となった。

1990年6月 第6回国際エイズ会議(AIDS1990) サンフランシスコ
 テーマ: 90 年代のエイズ 科学から政策へ。参加者1万1000人。エイズの流行に対する米国政府の冷たい対応とHIV陽性者(PLHIV)への効果的な治療法の欠如に対する大規模な抗議が行われた。今後の会議の準備にあたっては、警察による暴力を避けることを重視するようIASは強調した。以来、IAC(国際エイズ会議) は、表現の自由と抗議、および講演を参加者が聞けるようにすることとのバランスを保つことに成功している。

1991年6月 第7回国際エイズ会議(AIDS1991) フィレンツェ
テーマ:エイズに挑む科学。参加者8000人。それまでの会議と比べ静かな会議だった。HIV感染の拡大を止めることへの絶望感が広がる中で、会議のテーマは科学の重要性を強調している。アフリカやインドの専門家が開会式でスピーチを行い、エイズの流行がそれぞれの国に大きな影響を与え、負担が増していることを訴えた。

1992年7月 第8回国際エイズ会議(AIDS1992) アムステルダム
テーマ: 世界は一致してエイズと闘う。参加者8000人。米国政府のHIV陽性者に対する入国規制に抗議し、ボストンで開催予定だった会議をアムステルダム開催に変更することを1年前に決定。会議は公衆衛生の責務としての人権に焦点があてられた。

1993年6月 第9回国際エイズ会議(AIDS1993) ベルリン
参加者1万4000人。人種差別を含む差別との戦いの重要性を強調し、HIV陽性者とHIV陰性者の壁、富裕層と貧困層の壁などの「壁をぶちこわせ」が合い言葉となった。残念ながら1993年はHIV研究に関しては失意の年だった。コンコード試験の結果、AZTの単独療法には中期または長期の効果を期待できないことが分かり、エイズの流行が深刻な経済的影響を与えることも次第に明白になっていった。

1994年8月 第10回国際エイズ会議(AIDS1994) 横浜
テーマ: エイズ 世界の課題。未来に向けてともに。参加者1万人。会議は日本で開催された。その時点ではHIV陽性者が社会に存在していることを認めるアジアで唯一の国だった。主催者は保守的な日本社会と西側アクティビストとの摩擦を回避すべく懸命に準備を進めた。社会の対応や国の法律、政策などに好影響を与える希望が残された。

1996年7月 第11回国際エイズ会議(AIDS1996) バンクーバー
テーマ:1つの世界 1つ希望。参加者1万5000人。医学研究者たちが治療の画期的な成果を報告できるようになり、会議の雰囲気も長年の絶望感から希望に満ちたものへと大きく変わった。高活性抗レトロウイルス療法(HAART)により、患者の死亡率と罹患率が劇的に低下し、HIV感染症の予後は、ほぼ確実な死から慢性疾患へとシフトしていることがうかがえた。死の淵から良好な健康状態に戻った患者には「ラザラス症候群」という用語が使用された。しかし、そうした興奮の一方で、高所得国のHIV陽性者は広く治療を受けることができても、流行がより深刻で壊滅的な打撃を受けている国々では治療へのアクセス非常に限られているという現実も急速に明らかになっていった。

1998年7月 第12回国際エイズ会議(AIDS1998) ジュネーブ
テーマ:ギャップを埋めよう。参加者1万5000人。会議のテーマはいくつかの課題に関連している。富裕層と貧困層との治療の格差。男性と女性の間の決定権の格差。政府当局と市民社会との断絶。若手の優れた研究を奨励するため、IASはこの会議で若手研究者賞を創設した。

2000年7月 第13回国際エイズ会議(AIDS2000) ダーバン
テーマ:沈黙を破れ。参加者1万2000人。国際保健のアプローチを変える動きを生み出す極めて重要な会議だった。途上国で開催された初の国際エイズ会議であり、さらに重要なことは、世界で最もHIV陽性率の高い国々のひとつで会議が開かれたことだ。サハラ以南のアフリカにおける流行の恐るべき影響、先進国と途上国の治療アクセスの不平等がテーマに取り上げられた。
 南アフリカのターボ・ムベキ大統領は南アフリカでエイズが起きているのか疑い、もし流行があるとしてもその原因はHIVではなく、貧困であると宣言した。彼はまた、エイズの症状は欧米の製薬会社が開発した抗レトロウイルス薬の副作用だとも述べた。保健大臣も同様の考えを示し、抗レトロウイルス薬を母子感染予防に使用することを禁じた。
こうした宣言に対し、世界中の科学者5000人がエイズの原因に関する圧倒的な科学的根拠をもとに「ダーバン宣言」を発表した。会議は治療の格差と拒絶の両方に取り組むユニークな機会となった。閉会式では南アフリカのネルソン・マンデラ前大統領がエイズの流行に対する南ア政府の無責任を批判した。
この会議の成功の結果、会議主催者が得た剰余金で以後数年間、国内レベルのエイズ会議を財政的に支援した。翌2001年には国連エイズ特別総会(UNGASS2001)が開かれ、治療、予防、ケアの野心的な目標を設定したコミットメント宣言が採択された。



April 1985, Atlanta – 1st International AIDS Conference (AIDS 1985)
2,000 participants. The conference is organized by the WHO, the US Department of Health and Human Services and major research institutes; it is led by American and European scientists and public health officials.
June 1986, Paris - I International AIDS Conference (AIDS 1986)
2,800 participants. The opening lectures are delivered by the co-discoverer of HIV, Luc Montagnier, and Bila Kapita, Chief of Internal Medicine in Kinshasa, Zaire, one of the first public figures to talk openly about the serious problem the African region is facing. It is a very brave statement, Dr. Kapita is sentenced to jail but he’s released with the help of international intervention.
June 1987, Washington DC – III International AIDS Conference (AIDS 1987)
6,300 participants. For the first time, the fight goes political: during the conference several demonstrations against the lack of political commitment take place. Even if by May 1987 more than 20,000 had died of AIDS, US President Reagan is still reluctant to make a public statement about the epidemic. The protests are also against the US FDA as experimental treatments are slowed down by bureaucracy. Partly due to the protests, the conference receives widespread media coverage. Behavioural and sociological research begins to be more and more present at the conferences.
1987 – The US travel ban: the US government bans HIV-positive travelers from entering the country citing both public health concerns and the potential financial burden on US health service.
June 1988, Stockholm – IV International AIDS Conference (AIDS 1988)
7,500 participants. This conference marks the end of the period where the main focus was on biomedical aspects of HIV/AIDS. The “Face of AIDS” is introduced at the conference as a forum of people living with HIV (PLHIV), it is a revolutionary change as patients and civil society are now included in the debate. This conference also marks the start of close collaboration between the IAS and UN agencies.
The International AIDS Society was founded in conjunction with the AIDS 1988 conference, to be the agency responsible for the planning of the conferences.
June 1989, Montreal – V International AIDS Conference (AIDS 1989)
Theme: The Scientific and Social Challenge of AIDS - 12,000 participants. Activists occupy centre stage during the conference: Canadian activists protest the lack of a federally-funded AIDS strategy, US activists denounce the US entry ban for people living with HIV and both want a greater involvement in the conference. During the same conference, Zambian President Kenneth Kaunda reveals that his son died of AIDS in1986, becoming the first African leader to speak about AIDS in his own family.
June 1990, San Francisco – VI International AIDS Conference (AIDS 1990)
Theme: AIDS in the Nineties: From Science to Policy - 11,000 participants. The conference sees huge protests due to a cold federal government response to the epidemic and a lack of effective treatment for PLHIV. In preparation for future conferences, the IAS highlights the importance of avoiding police violence. Since then the IAC has been successful in balancing the freedom of expression and protest with allowing speakers and participants to be heard.
June 1991, Florence – VII International AIDS Conference (AIDS 1991)
Theme: Science Challenging AIDS - 8,000 participants. This conference is quieter than the earlier ones. The theme of the conference highlights the importance of science in a time of growing desperation to halt the spread of HIV. Experts from Africa and India speak at the Opening Ceremony highlighting the growing burden of the epidemic in their countries.
July 1992, Amsterdam – VIII International AIDS Conference (AIDS 1992)
Theme: A World United Against AIDS - 8,000 participants. The conference is organized in just one year following its relocation from Boston to Amsterdam to protest against the US Government travel ban against people living with HIV. The focus of the conference is on human rights as a public health imperative.
June 1993, Berlin – IX International AIDS Conference (AIDS 1993)
14,000 participants. Berlin is chosen to stress the importance of fighting racism and discrimination, “tear down the walls” is the refrain of the conference: walls between HIV positive and HIV negative people and between rich and poor. Unfortunately 1993 is a disappointing year in HIV research: the results of the Concorde trial of AZT monotherapy shows no medium- or long-term benefit; also, the economic impact of the AIDS epidemic is becoming more and more obvious.
August 1994, Yokohama – X International AIDS Conference (AIDS 1994)
Theme: The Global Challenge of AIDS: Together for the Future - 10,000 participants. The conference is held in Japan, at the time the only Asian country to admit that some of its citizens live with HIV. The organizers work hard to avoid friction between the conservative Japanese society and the western activists. The hope is to leave a permanent impression in the attitudes, legislation and policies of the host country.
July 1996, Vancouver – XI International AIDS Conference (AIDS 1996)
Theme: One World One Hope - 15,000 participants. After many years of disappointment the atmosphere is electric and full of hope as finally scientists are able to report a significant treatment breakthrough: highly active antiretroviral therapy (HAART) sees mortality and morbidity among patients drop dramatically and the prognosis for HIV disease shifts from almost certain death to a chronic illness. The term “Lazarus syndrome” is used to describe patients who return from the brink of death to good health. After the excitement, though, it becomes quickly evident that while the therapy can be used widely in high-income countries, in the areas of the world where the epidemic is more devastating the access to it is very limited.
July 1998, Geneva – XII International AIDS Conference (AIDS 1998)
Theme: Bridging the Gap – 15,000 participants. The theme of the conference touches several issues: gap in treatment between wealthy and poor, gap in power and autonomy between men and women, gap between governmental authorities and civil society. At the conference, the IAS initiates the Young Investigator Awards to recognize scientific excellence among young researchers.
July 2000, Durban – XIII International AIDS Conference (AIDS 2000)
Theme: Breaking the Silence - 12,000 participants.
This conference is enormously important in building momentum to change the approach to global public health. It is the first AIDS conference in a developing country, more importantly in a country with the highest HIV-prevalence rates in the world. The theme focuses on the staggering impact of the epidemic is sub-Saharan Africa and on the inequity in treatment access between the developed and the developing world.
South African President Thabo Mbeki declares he doubts AIDS occurred in South Africa and that, if so, it is caused not by HIV but by poverty. He also declares AIDS symptoms are side effects of ART produced by Western pharmaceutical companies. The minister of Health shares the same ideas and forbids the use of antiretrovirals to prevent mother-to-child transmission.
These declarations prompt 5,000 scientists from around the world to publish the “Durban Declaration” confirming the overwhelming scientific evidence about the etiology of AIDS. The Durban conference proves to be a unique opportunity to address both treatment inequity and denialism. During the closing ceremony Nelson Mandela speaks against the irresponsibility of the South African government on AIDS.
The success of the conference provides local organizers with a financial surplus that supports several national conferences in AIDS over the next years. A year after the conference the UN General Assembly Special Session on HIV/AIDS (UNGASS 2001) Declaration of Commitment establishes ambitious goals for treatment, prevention and care.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック