第112回フォーラム『RENT 小嶋プロデューサーに聞く』

第112回AIDS & Society研究会議フォーラム
『RENT 小嶋プロデューサーに聞く ~RENT & “AIDS” goes on…~』

日時:2012年11月14日(水) 19:00~21:00 (18:30 開場)
場所:gossip   http://gossip-cafe.com/
   渋谷区神宮前5-46-15 フィル・パーク表参道 2階(地下鉄表参道駅徒歩8分)
出演:RENTプロデューサー 小嶋麻倫子さん(東宝株式会社)
司会:吉田智子さん(curious little birds)
入場料:2000円(資料+1ドリンク)
終了後は通常営業となり、食事も可能です。
定員: 30名(申し込みはメールで askaids@yahoo.co.jp へ)

 『RENT』は、エイズの流行の影響を大きく受けた1991~92年のNYを舞台に若い芸術家たちの姿を描き、1996年度トニー賞、ピュリッツァー賞などを受賞した大ヒットミュージカルです。NYのイーストビレッジで毎月の家賃(rent)の支払いにも事欠くアーティスト群像は、作者のジョナサン・ラーソンやその周囲の人たちの姿でもありました。オフブロードウェーの小さな実験劇場から出発し、開演直前にラーソン自身が急死するという衝撃もあって、舞台は瞬く間に全米の注目を集め、ブロードウェーでのロングラン公演が終了した後も、世界各地で上演されています。
 
 日本では今年も10月30日から世界エイズデー翌日の12月2日まで東京公演(日比谷シアタークリエ)、そして12月6~9日には兵庫公演(西宮市・兵庫県立芸術文化センター)が予定されています。

 1990年代にNYで生まれ、大きな支持を受けたエイズの時代のミュージカル『RENT』がなぜ、日本で上演され続けているのか。それはまさしくいまも、エイズの時代が続いていること、AIDS goes on…の象徴でもあります。ブロードウェーのニーザーランダー劇場でのロングラン公演当時から『RENT』にかかわってきたプロデューサーの小嶋麻倫子さんに『RENT』がスペシャルな理由、今年の舞台の魅力と見どころ、東京公演にかける思いなどをうかがいます。またとない機会です。ふるってご参加ください。

 公演に関する情報は東宝の『RENT』公式サイトをご覧ください。
  http://www.tohostage.com/rent2012/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック