人権、完治戦略などを重視 国際エイズ学会(IAS)2010年版年次報告書

(解説)国際エイズ学会(IAS)の2010年版年次報告書に関するプレスレリースの日本語仮訳です。2010-2014年の新戦略計画を採択し、「HIV完治(cure)」「薬物政策」「社会・政治科学と人権」の3分野を優先的に取り組む分野とすることなどを明らかにしています。


国際エイズ学会(IAS)の2010年版年次報告書はAIDS2010の成果を強調し、IASの新たな戦略を打ち出す
英文は http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/2010_Annual_Report_Press_Release.pdf


【2011年9月6日 スイス・ジュネーブ】国際エイズ学会(IAS)の2010年版年次報告書は、世界経済危機が続き、ここ数年で初めて世界のHIV対策資金が減少し、HIV治療、予防、ケアへのユニバーサルアクセスの実現も脅かされるという試練の年、2010年にIASが行った活動を記録している。

 2010年はまた、IASの変革の年でもあった。IAS 運営協議会(Governing Council)ハイレベル会合を頂点とする集中的な討議の末、2010-2014年の新戦略計画が採択された。新たな戦略方針の最初の一歩として、IASは、HIV完治(cure)、薬物政策、社会・政治科学と人権を優先的に取り組む分野とすることを決定した。また、ベルトラント・オードワン氏を新事務局長に任命した。

 世界経済危機のもとでもHIVは依然として地球規模の課題であることを確認し、世界の指導者に対し世界エイズ・結核・マラリア対策基金への資金拠出約束をきちんと果たすよう求めるため、IASは2010年3月にユニバーサルアクセス・ナウというキャンペーンをスタートさせた。

 人権にはオーストリアのウィーンで開かれた第18回国際エイズ会議(AIDS2010)でも非常に重視されている。会議のテーマ「Rights Here, Right Now(いまここでこそ人権を)」はHIVに感染した人、およびHIVとエイズの流行に影響を受けている人たちの人権を守れなければ、予防、治療、ケアのサービスへのアクセスは阻まれてしまうことを強調している。

 さらに科学的根拠に基づく薬物政策の実施を求めるAIDS2010ウィーン宣言の発表は、違法薬物政策に疑問を投げかけ、薬物使用者の人権を擁護することで、IASの薬物政策分野の活動を強化した。

 ウィーン会議には197カ国1万6012人の参加者と1200人を超えるメディア関係者を含め、1万9300人が集まった。会議の評価報告書によると、AIDS2010は多くの参加者から科学プログラムの内容とロジスティックスの面で最もすばらしい会議だった評価されている。

 AIDS2010年で注目された医科学分野の成果のなかでも、膣用のマイクロビサイドがHIV感染のリスクを下げること初めて臨床試験で示したCAPRISA004は際立っている。HIV予防を女性主導で行える手段なので、女性の地位を向上させ、流行の拡大傾向を減少に転じる助けになるかもしれない。

 HIV/エイズ対策に関するもうひとつの大きな成果は、完治(cure)に向けたワークショップ「HIVリザバー(貯蔵庫)とその制御戦略」である。ワークショップは科学的な発見によりHIV完治の可能性に明るい展望が開けてきたことを反映している。IASのフランソワーズ・バレ-シヌシ次期理事長は、研究が「ステラライジング・キュア(感染の完全解消=HIVに感染した細胞を体内から完全になくす)よりもむしろ、ファンクショナル・キュア(実質的な完治=抗レトロウイルス治療なしの状態でのHIVの長期コントロール)の達成に努力を傾けるべきだ」と提案した。HIVの完治の可能性に関心を持ち、IASはバレ-シヌシ教授の示した方向性のもとで、HIV完治に向けた世界戦略の開発に取り組んでいる。

 2010年には、IAS-産業界連絡会議(ILF)の活動の拡大、記事の投稿が21%も増えた国際エイズ学会ジャーナル(JIAS)、国際スカラシップ・プログラム(AIDS2010には900件のスカラシップを提供)、表彰、特別研究員、助成金などを通じて、IASはHIV研究能力の向上に貢献してきた。IAS会員は大きく増加して1万6000人を超え、HIV/エイズ対策への関与も一段と多様性を増している。




2010 Annual Report highlights achievements of AIDS 2010 and embarks on new strategic plan for the IAS

Tuesday, 6 September 2011 (Geneva, Switzerland) – The 2010 IAS Annual Report documents the activities undertaken by the IAS in 2010, a challenging year marked by a continuing severe global economic crisis that caused, for the first time in years, a worldwide reduction in HIV funding, a reduction that could threaten universal access to HIV treatment, prevention and care.

2010 was also a year of change for the IAS. After extensive global consultations culminating in a high level meeting of the IAS Governing Council a new strategic plan for 2010 – 2014 was adopted. As one of the first steps in the new strategic direction, the IAS decided to prioritise the following policy areas: HIV cure, drug policy, social and political science and human rights. Also, the year ended with the appointment of Mr. Bertrand Audoin as the IAS’s new Executive Director.

In March 2010 the IAS launched the Universal Access Now Campaign to ensure that HIV remained part of the global agenda even in a difficult economic climate and to urge world leaders to take action and fulfill their financial commitments to the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria.

Human rights was the key focus of the XVIII International AIDS Conference (AIDS 2010) held in Vienna, Austria; the theme Rights Here, Right Now focused attention on the fact that failure to promote and protect the human rights of those infected and affected by HIV and AIDS is a major contributor to their lack of access to prevention, treatment and care services.

In addition, the launch of the Vienna Declaration at AIDS 2010, a global call to action for science based drug policies, has strengthened the IAS drug policy work by challenging illicit drug policies and advocating for the human rights of people who use drugs.

The conference attracted 19,300 participants, including 16,012 delegates from 197 countries and more than 1,200 media representatives; according to the Evaluation Report, AIDS 2010 has been considered by many delegates the best International AIDS Conference ever in terms of the scientific programme content and logistics.

Among the scientific highlights of AIDS 2010 CAPRISA 004, the first trial demonstrating that a vaginal microbicide can lower the risk of HIV acquisition, stands out. This tool, by placing the power to control HIV prevention in the hands of women, could help to empower them and, eventually, to change the course of the epidemic.

Another milestone in the response to HIV/AIDS was represented by the workshop Towards a Cure: HIV Reservoirs and Strategies to Control Them. The workshop reflected a renewed optimism in a potential HIV cure due to scientific findings; IAS President-Elect Françoise Barré-Sinoussi proposed that research should focus on “efforts aimed at achieving a functional cure rather than trying to achieve a sterilizing cure”. Given the interest in the potential for an HIV cure, the IAS, under the direction of Professor Barré-Sinoussi, will guide the development of a global scientific strategy Towards an HIV Cure.

In 2010 the IAS increased its contribution to HIV research capacity through more activities of the IAS-Industry Liaison Forum (ILF), the Journal of the International AIDS Society (JIAS), that registered an increment rise of 21% of article submissions, the International Scholarship Programme (900 scholarships were offered for AIDS 2010) and the Awards, Fellowships and Grants. Finally membership of the IAS has increased significantly, rising to more than 16,000, giving the IAS a diverse and global membership committed to the response to HIV/AIDS.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック