HIV完治に向けたローマ宣言のプレスレリース


(解説) 国際エイズ学会(IAS)の後援で地球規模科学戦略「HIVのキュア(完治)に向けて」の策定に取り組んでいるHIV/エイズ研究者、エイズ対策専門家による諮問委員会委員が、ローマで開催中の第6回HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2011) の会場でHIV完治研究の強化を呼びかけるローマ宣言を発表しました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。現在の抗レトロウイルス治療は、大きな成果を上げていますが、生涯にわたって服薬を続ける必要があります。その大きな壁を打破するための完治研究に本腰を入れて取り組む動きは、IASを中心に昨年の第18回国際エイズ会議(ウイーン)で始動し、今回のローマ会議を経て、来年7月に米国の首都ワシントンで開かれる第19回国際エイズ会議で新戦略が発表されるようです。



HIV完治に向けたローマ宣言発表 (プレスレリース)
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/IAS2011_HIV_Cure_media_release_180711.pdf


【ローマ 2011年7月18日(月)】 地球規模科学戦略「HIVのキュア(完治)に向けて」のための諮問委員会委員は本日、HIV完治を目指すローマ宣言を発表し、HIV完治研究の強化を呼びかけた。発表はローマで開催中の第6回HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2011) の会場で行われた。

最近のHIV研究の進歩によって、少なくともHIV感染の機能的完治(functional cure)については、実現に対する関心が高まり、楽観的な見通しも生まれている。人体から完全にウイルスを排除しなくても、永続的にウイルスの増殖を抑え、レザバー(貯蔵庫)を縮小させるというかたちで完治療法が開発されれば、それは患者の長期的な寛解につながることになる。

国際エイズ学会(IAS)の後援により、国際的に著名な医学者および関係者のグループが地球規模科学戦略「HIVのキュア(完治)に向けて」の策定に取り組んでいる。この戦略は、HIVレザバー(貯蔵庫)研究の現状、および抗レトロウイルス治療を受けている患者の体内に持続的に残るHIVを攻略するための研究の科学的な優先順位について、世界的な合意を打ち立てることを目指すものだ。 戦略は2012年7月22日から27日まで米国の首都ワシントンで開かれる第19回国際エイズ会議で示される予定である。

国際医科学作業班は、2008年ノーベル医学生理学賞の受賞者で、国際エイズ学会(IAS)の次期理事長であるフランソワーズ・バレ-シヌシ教授と米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)およびサンフランシスコ総合病院ポジティブ保健プログラム(エイズプログラム)のスティーブ・ディークス教授が共同議長をつとめている。作業班はHIV完治研究の主要な賛同者、関係者で構成される諮問委員会と密接な連携のもとに活動している。HIV陽性者の代表、資金拠出者、HIV陽性率の高い地域で診療にあたる医師らも関係者として加わっている。諮問委員会はバレ-シヌシ教授と米国立衛生研究所(NIH)のエイズ研究副部長兼エイズ研究室長であるジャック・ホワイツカーバー博士が共同委員長となっている。

 「機能的完治に対する関心は高いものの、医科学者だけでなく、HIV/エイズ対策と国際保健分野のすべての関係者が力を合わせて研究強化をはからなければ、実現はできません」とバレ-シヌシ教授は語る。

 「HIVの完治療法を見つけるためには、パートナーシップと調整協力が必要です」とホワイツカーバー博士は言う。「最高の頭脳の最高の同盟が必要です」

 本日のHIV完治に向けたローマ宣言は以下の3つの主要目標をあげている。
 ・HIV感染の治療、予防戦略とエイズの流行の克服のために、安全で利用しやすく大規模に実現可能なHIV完治療法開発が重要なことを認識する。
 ・HIV完治研究の領域での国際的、学際的研究協力の活性化を約束する。
 ・他の関係者、国際的指導者、組織に対し、それぞれの構想のもとで、およびこの声明に賛同することで、そして諮問委員会が目指す同盟を支援することで、HIVの完治研究推進への貢献を促す。

 共同委員長のバレ-シヌシ教授、ホワイツカーバー博士をはじめ、諮問委員会のメンバーは公式に宣言に賛同している。


編集者への注
(1) HIV完治に向けて諮問委員会、作業班のメンバーのリストは以下へ。
www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=559
(2)  Functional cure(機能的完治) HIVの遺伝子物質は体内に残っているものの患者の免疫が完全にウイルスの再増加を抑え込んでいる状態。患者は抗レトロウイルス治療を受けなくてもよくなる。Sterilizing cure(感染の完全解消) 体内からHIVの遺伝子物質がまったく見つからない状態。HIVは完全に排除されている。HIVの性質(宿主の免疫システムに対するレトロウイルス感染)と現在の知識、手段を考えると、機能的完治の方が実現の可能性が高い。


署名者
amfAR:The Foundation for AIDS Research。エイズ研究、HIV予防、治療、教育、エイズ関連公共政策の擁護活動への支援を目的とした世界的な非営利組織のひとつ。1985年の設立以来、amfARは独自プログラムおよび世界の2000以上の研究チームへの助成のかたちで約3億2500万ドルの投資を行ってきた。

ANRS:National Agency for Research on AIDS and Viral Hepatitis。HIV/エイズと肝炎の流行に関する研究分野の資金が限られる中で、この分野の研究支援に主導的役割を果たすフランスの組織。2009年にはANRSは4400万ユーロ(6200万ドル)の予算をフランス政府から獲得。その95%を研究プロジェクトに配分。

EATG:HIV陽性者の利益促進をはかるコミュニティ組織。ヨーロッパにおいて、HIV感染の治療、予防のために質の高い医薬品、製品、検査のアクセスを可能な限りはやく確保し、HIV陽性者の生活の質の改善をはかることを使命としている。

IAS:国際エイズ学会。HIV分野における世界最大の独立の専門家組織。会員は196カ国1万6000人で、エイズの流行の最前線の現場にいる研究者、臨床医、公衆衛生専門家、コミュニティ活動の実践者、政策担当者ら地球規模のエイズ対策分野のすべてのレベルの専門家が参加している。IASはローマで2011年7月17~20日に開かれる国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議の主催者である。また、米国の首都ワシントンで2012年7月22~27日に開かれる隔年の国際エイズ会議の管理者でもある。

NIH:米国立衛生研究所。米国政府の医学分野の研究機関。米厚生省に所属し、27の研究所、センターがある。基礎、臨床、行動科学、先端医療研究分野の連邦政府機関であり、よくある病気とまれな病気の両方について、原因や治療法、完治療法などを調べている。NIHに関する詳しい情報は www.nih.gov. へ。

Sidaction:フランスに本拠を置くNGO。フランスおよび途上国の個人、組織からなる多様な連合体。フランスおよび低中所得の29カ国でHIV/エイズと闘うための資金確保、政策擁護、技術支援に力を入れている。Sidactionは最先端の科学研究および予防、ケア、治療、支援のアクセス改善のプログラムのための民間資金を確保している。

TAG:The Treatment Action Group。エイズに関するよりよい治療とワクチン、完治の研究を追求する独立のエイズ研究と政策シンクタンク機関。すべてのHIV陽性者が生命を救うことのできる治療、ケア、情報を確実に受けられるようになることを求めて活動している。


Launch of the Rome Statement for an HIV Cure

Monday, 18 July, 2011 (Rome, Italy) -- Members of the Advisory Board for a global scientific strategy “Towards an HIV Cure” today launched the Rome Statement for an HIV Cure calling for an acceleration of HIV cure research. The announcement was made at the 6th IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention (IAS 2011) currently being held in Rome.

Recent scientific advances in HIV research have led to a re-emergence of interest and optimism in prospects of at least a functional cure for HIV. The development of a functional cure which, without completely eliminating the virus from the body, would permanently suppress its replication and considerably diminish viral reservoirs, possibly leading to the long-term remission of patients.

Under the auspices of the International AIDS Society, a group of internationally recognized scientists and stakeholders is guiding the development of a global scientific strategy “Towards an HIV Cure”. The strategy aims at building a global consensus on the state of HIV reservoirs research and defining scientific priorities that need to be addressed by future research to tackle HIV persistence in patients undergoing antiretroviral therapy. The strategy will be presented at the XIX International AIDS Conference (AIDS 2012) which will be held in Washington DC from 22-27 July 2012. (1)

The International Scientific Working Group is co-chaired by Professor Francoise Barre-Sinoussi, IAS President-Elect and 2008 Nobel Laureate for Medicine, and Professor Steve Deeks, University of California, San Francisco (UCSF) and Positive Health Program (AIDS Program) at San Francisco General Hospital. The working group works closely with an advisory board composed of leading advocates and major research stakeholders in HIV cure, including representatives of people living with HIV and funders and clinicians from high prevalence settings. The Advisory Board is co-chaired by Prof. Barre-Sinoussi and Dr. Jack Whitescarver, Associate Director for AIDS Research and Director of the Office of AIDS Research at the National Institutes of Health.

“While there is certainly a high level of interest being expressed about finding a functional HIV cure (2), it can only be achieved through an increased and concerted international effort engaging not only the scientific community but all stakeholders involved in the HIV/AIDS response and global health,” said Professor Barre-Sinoussi.
 
“Partnership and collaboration are critical to the efforts to find an HIV cure,” said Dr. Whitescarver. “We need not only the finest minds but the very best in scientific alliances.”

Today’s Rome Statement for an HIV Cure lists the following three key objectives:
・recognizing the importance of developing a safe, accessible and scalable HIV cure as a therapeutic and preventive strategy against HIV infection and to help control the AIDS epidemic.
・committing to stimulating international and multidisciplinary research collaborations in the field of HIV cure research.
・encouraging other stakeholders, international leaders and organizations to contribute to accelerating HIV cure research through their own initiatives and/or by endorsing this statement and supporting the alliance that the Advisory Board is building.

Board members, including co-chairs Professor Barre-Sinoussi and Dr. Whitescarver, have officially endorsed the statement.

Notes to Editors:
(1) For a complete list of Towards an HIV Cure Advisory Board and Working group members www.iasociety.org/Default.aspx?pageId=559
(2) Functional cure some HIV genetic material remains in the body, but the patient’s immune defence fully controls any viral rebound, allowing patients to be free of antiretroviral treatment; Sterilizing cure no HIV genetic material can be found in the body, HIV infection is eradicated. Given the nature of HIV - a retrovirus infecting the host immune system – and current knowledge and tools, a functional cure is more likely to be achieved.

About the signatories:
amfAR:
amfAR, The Foundation for AIDS Research, is one of the world’s leading nonprofit organizations dedicated to the support of AIDS research, HIV prevention, treatment
education, and the advocacy of sound AIDS-related public policy. Since 1985, amfAR has invested nearly $325 million in its programs and has awarded grants to more than 2,000 research teams worldwide.

ANRS:
The Anrs (National Agency for Research on AIDS and Viral Hepatitis) is the leading organization for research on the HIV/AIDS and hepatitis epidemics in France, and a leader in the fight against these diseases in limited resource settings. In 2009, the Anrs had a budget of 44 million euros (62 million US dollars) from the French government, over 95% of which was allotted to research projects.

EATG:
EATG is a community organisation that promotes the interests of people living with HIV/AIDS. EATG’s mission is to achieve the fastest possible access to state of the art medical products, devices and diagnostic tests that prevent or treat HIV infection, and to improve the quality of life of people living with HIV/AIDS in Europe.

IAS:
The International AIDS Society (IAS) is the world's leading independent association of HIV professionals, with 16,000 members from 196 countries working at all levels of the global response to AIDS. Our members include researchers from all disciplines, Clinicians, public health and community practitioners on the frontlines of the epidemic, as well as policy and programme planners. The IAS is the host of the IAS Conference on HIV Pathogenesis, Treatment and Prevention to be held in Rome July 17-20, 2011. The IAS is also the custodian of the biennial International AIDS Conference, which will be held in Washington D.C., USA, from 22 to 27 July 2012.

NIH: The U.S. National Institutes of Health (NIH) — The Nation's Medical Research Agency — includes 27 Institutes and Centers and is a component of the U.S. Department of Health and Human Services. It is the primary federal agency for conducting and supporting basic, clinical, behavioral and translational medical research, and it investigates the causes, treatments, and cures for both common and rare diseases. F
or more information about NIH and its programs, visit www.nih.gov.

Sidaction:
Sidaction, a France-based NGO, is a diverse coalition of individuals and organizations from France and from developing countries. Dedicated to fundraising, advocacy, and technical assistance to fight HIV/AIDS in France and in 29 low and middle income countries, Sidaction raises private funds to promote cutting-edge scientific research and to improve access to prevention, care, treatment, and support programs.
TAG:
The Treatment Action Group is an independent AIDS research and policy think tank fighting for better treatment, a vaccine, and a cure for AIDS. TAG works to ensure that all people with hiv receive lifesaving treatment, care, and information.


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP-HAT News 第35号(2011年7月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第35号(2011年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2011-07-29 23:26