HIV/AIDS ファクトシート IAS2011 (上)

(解説)2011年7月17日から20日までローマで開かれた第6回HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2011)の公式サイトに掲載されていたHIV/AIDSファクトシートの日本語仮訳です。世界のHIV/エイズ対策の現状が比較的、分かりやすくまとめられているのではないかと思い、参考までに訳してみました。ただし、HIV陽性者数などは国連合同エイズ計画(UNIDS)の最新推計とは少し違っています。ひとつ前のバージョンということでしょうか。掲載時期の制約もあったのでしょうね。


HIV/AIDS ファクトシート IAS2011
http://www.ias2011.org/WebContent/File/General_Fact_Sheet_on_HIV_and_AIDS.pdf

HIV/エイズは、社会、経済、保健の分野で最も破壊的な影響を人類にもたらしている病気の一つです。30年前にパンデミック(世界的流行)が広がり始めて以来、2500万人以上がエイズ関連の疾病で死亡し、世界のHIV陽性者数は現在、約3330万人と推定されている。

 HIVはエイズの原因となるヒト免疫不全ウイルス(Human Immunodeficiency Virus)の略である。このウイルスは、人体が病気と闘うための免疫システムで重要な役割を果たす何種類かの血液細胞を破壊する。

AIDSは後天性免疫不全症候群(Acquired Immunodeficiency Syndrome)の略である。この病気はHIVによって免疫システムが弱ると起き、多数の日和見感染症にかかりやすくなる。

HIV検査
 HIV感染は、血液または唾液(口腔粘膜)を採取して検査することで調べることができる。血液や唾液がHIV抗体(感染を阻むために人体が作るたんぱく質)を含んでいれば、その人はHIV陽性である(HIVに感染またはセロポジティブとみなされる)。口腔液ないしは血清を調べるものを含め何種類かの迅速HIV検査が実用化されている。すべての迅速検査は30分以内に結果を提供できる;ただし、陽性の結果が出たときには確認の血液検査が必要である。検査前および検査後のカウンセリングは、検査を受ける人が自らの感染のリスクを判断し、検査結果に対応する戦略を考えるうえで助けになる。HIV感染をすでに知っている場合には、HIVのgenetic materialを探し、血液中のHIV量を推定するため、viral load testを受ける。この検査はHIV感染症の医学的管理の重要なツールである。

HIV感染
 HIVは人の体の外ではうまく生き残ることができない。したがって、カジュアルな、日常の接触で感染することはできない。カなどの昆虫が感染を媒介することもない。HIV感染は基本的には、HIVに感染している人との感染の防護策をとらない膣性交ないし肛門性交、HIVが混入している注射針・注射器・その他の注射器具、そして(数は少ないが)感染している血液の輸血や血液製剤(HIV抗体のスクリーニングが行われていない国の場合)によって広がる。HIV陽性の女性から生まれた赤ちゃんは、妊娠、出産時、または母乳によって感染することがある。

日和見感染症(OIs)は免疫システムが正常に機能している健康な人なら発症を抑えられるような病原体が原因になってかかる感染症である。HIV陽性者に最もよくみられる日和見感染症には以下のようなものがある。

・カンジダ感染症(鵞口瘡)。口、のど、肺、膣などへの真菌感染。
・クリプトスポリジア症(Crypto)。原虫感染による下痢性疾患。
・クリプトコッカス髄膜炎。脳や脊髄を取り巻く膜への真菌感染。
・サイトメガロウイルス(CMV)。ほとんどの組織に感染しうるヘルペスウイルスであり、HIV感染者の場合、CMV網膜炎になりやすい。
・単純ヘルペスウイルス(HSV)。口腔、性器ヘルペスの原因になりうる。(よくある感染だが、HIV陽性者はより感染しやすく症状も厳しくなる)
・非定型抗酸菌複合体(MACまたはMAI)。再帰熱、消化不良、体重減少などの原因になる細菌感染。
・ニューモシスチスカリニ肺炎(PCP)。いまはニューモシスチスジロベシ肺炎として知られる。致死的肺炎の原因になる真菌感染。
・トキソプラズマ症(Toxoとも呼ばれる)。人体の多くの部位に感染しうる原虫感染だが、最も多いのは脳への感染である。
・結核(TB)。肺を攻撃する細菌感染。髄膜炎の原因にもなる。
 HIV陽性者の三分の一はTBに重感染している。結核は世界のHIV陽性者の最も大きな死亡原因である。
 
Regional HIV/AIDS Statistics(略 英文の表を参照)

HIV/AIDSの流行
 平均すると世界で毎日7000人がHIVに感染し、4300人以上がエイズ関連の病気で死亡している。エイズによる死亡の四分の一は結核が原因となっている。

 流行開始以来、6000万人以上がHIVに感染し、3000万人近くがエイズ関連の原因で死亡している。

 世界全体では年間の新規HIV感染は2001年から2008年の間、減少している。2008年の新規感染は、流行のピークだった1996年に比べると30%少ない。

 HIV関連の死者数も減少している。その理由のひとつは抗レトロウイルス治療が広がったことである。

 2001年以来、HIV感染は、カリブ・ラテンアメリカ諸国、中東、北米、北アフリカ、西ヨーロッパでは比較的、横ばい状態を保っている。東アジアはこの期間に新規感染が25%減少している。

 東欧と中央アジアは唯一、HIV陽性率の上昇が続いている地域である。2001年から09年の間にHIV陽性者数は66%増えている。

 ウクライナとロシアはこの地域で最も流行が大きい。ロシアのHIV陽性者数(98万人)が最も多い。

 HIV陽性者の大半(97%)は低中所得国で暮らしており、サハラ以南のアフリカ諸国が依然、世界で最も大きな打撃を受けている地域である。アフリカ地域は2008年時点でHIV陽性者の68%、エイズ関連の死亡の72%を占めている。

 18歳未満のエイズ遺児は推定1660万人で、そのうち1480万人がサハラ以南のアフリカで暮らしている。

 2007年時点の女性のHIV陽性者は世界で推定1550万人である。

 サハラ以南のアフリカではHIV陽性者の61%近くが女性、カリブ諸国では成人の陽性者の半数が女性で占められている。

 2009年現在、世界全体のHIV陽性の子供は推定250万人であり、その92%近くはサハラ以南のアフリカで暮らしている。

 多くの地域でHIV感染は若者(15-24歳)に集中しており、この年齢層が新規HIV感染の41%を占めている。


FACT Sheet: HIV/AIDS   IAS2011

HIV/AIDS is one of the most destructive diseases humankind has ever faced, with profound social, economic and public health consequences. Since the beginning of the pandemic 30 years ago more than 25 million people have died of AIDS-related illnesses and an estimated 33.3 million people are now living with HIV (PLHIV).

HIV stands for Human Immunodeficiency Virus, and is the virus that causes AIDS. HIV destroys certain blood cells that are crucial to the normal function of the immune system, which defends the body against illness.

AIDS stands for Acquired Immunodeficiency Syndrome. It occurs when the immune system is weakened by HIV to the point where a person is susceptible to any number of opportunistic infections or diseases.

HIV Testing
HIV infection is detected through the test of a sample of blood or oral fluid (oral mucosa). If the blood or oral fluid sample contains HIV antibodies – proteins the body produces in an attempt to fight off the infection – the person is HIV positive (also referred to as HIV infected or seropositive). Several rapid HIV tests are available, including ones developed for use with oral fluid or blood plasma samples. All rapid tests provide results in less than 30 minutes; however, positive results require confirmatory blood tests. Pre- and post-test counselling can help individuals assess their personal risk for infection and develop strategies for coping with their test results.1 When a person already knows that she or he is infected with HIV, they may also have a viral load test to detect HIV genetic material and estimate the amount of virus in the blood. Viral load tests are an important tool in the clinical management of HIV disease.

HIV Transmission
HIV does not survive well outside the body. Therefore, it cannot be transmitted through casual, everyday contact. Mosquitoes and other insects do not transmit HIV. HIV is primarily spread through unprotected vaginal or anal intercourse with someone who is HIV positive, by sharing contaminated needles, syringes and/or other injecting equipment and, less commonly, through transfusions of infected blood or blood clotting agents (in countries where blood is not screened for HIV antibodies). Babies born to HIV positive women may become infected before or during birth or through breast-feeding after birth.

Opportunistic Infections (OIs) are illnesses caused by organisms that do not usually cause disease in persons with normal, healthy immune systems. The most common OIs in people living with HIV/AIDS include:

・Candidiasis (Thrush), a fungal infection that usually affects the mouth, throat, lungs or vagina
・Cryptosporidiosis (Crypto), a diarrheal disease caused by the protozoal infection;
・Cryptococcal Meningitis, a fungal infection of the membranes surrounding the brain and spinal cord
・Cytomegalovirus (CMV) a herpes virus that can cause infections in most organs of the body, though HIV people are more susceptible to CMV retinitis
・Herpes simplex viruses (HSV), which can cause oral or genital herpes. (these are common infections, but outbreak for PLHIV can be more frequent and more severe)
・Mycobacterium avium Complex (MAC or MAI), a bacterial infection that can cause recurring fevers, problems with digestion and serious weight loss
・Pneumocystis carinii pneumonia (PCP), now known as Pneumocystis jiroveci pneumonia, is a fungal infection that can cause a fatal pneumonia
・Toxoplasmosis (also referred to as Toxo), a protozoal infection that can infect many parts of the body but most commonly causes an infection of the brain
・Tuberculosis (TB), a bacterial infection that attacks the lungs and can cause meningitis
One third of people living with HIV are co-infected with TB which is the leading cause of death for people living with HIV worldwide.

Regional HIV/AIDS Statistics(略 英文pdf版の表を参照)

The HIV/AIDS Epidemic
Each day, 7,000 individuals worldwide are infected with HIV, and more than 4,900 die from AIDS-related illness. One in four AIDS deaths is caused by tuberculosis.

Since the beginning of the epidemic, more than 60 million people have been infected with HIV and nearly 30 million people have died of HIV-related causes.

Globally, the number of new HIV infections annually has declined between 2001 and 2008, when the approximate number of new infections was 30% lower than the epidemic’s peak in 1996.

The number of HIV-related deaths also has declined, due in part to the more widespread availability of antiretroviral therapy.

Since 2001, new HIV infections have remained relatively stable in the Caribbean, Latin America, the Middle East, North America, North Africa and Western Europe. East Asia has seen a 25% decrease in new infections during this period.

Eastern Europe and Central Asia is the only region where HIV prevalence remains on the rise with a 66% increase of the number of PLHIV between 2001 and 2009.

Ukraine and the Russian Federation have the largest epidemics in the region, with Russia having the highest number of PLHIV (980,000)

Almost of those living with HIV (97%) reside in low- and middle-income countries1, and
Sub-Saharan Africa continues to be the most heavily impacted region of the world: in 2008, the African region accounted for 68% of all PLHIV and 72% of all HIV-related deaths globally.

Of the estimated 16.6 million children under 18 who have been orphaned by AIDS, approximately 14.8 million live in sub-Saharan Africa.

In 2007, an estimated 15.5 million women were living with HIV globally.

In sub-Saharan Africa, nearly 61% of those living with HIV are women, while in the Caribbean, women account for half of adults living with HIV.

There were an estimated 2.5 million children living with HIV worldwide in 2009, with nearly 92% of these children living in sub-Saharan Africa.

In many regions, HIV infections are concentrated among young people (15-24 years of age) and globally they account for 41% of new HIV infection.


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • yeastdoc.com

    Excerpt: HIV/AIDS ファクトシート IAS2011 (上) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/ウェブリブログ Weblog: Https://yeastdoc.com/ racked: 2018-12-23 21:08