GAVIの新CEOにセス・バークリー氏 IAVI代表から転身


(解説)セス・バークリー氏は、エイズワクチンの実現を目指して1996年に発足した国際エイズワクチン推進機構(IAVI)の創設者であり、世界で最も精力的かつ積極果敢にワクチン開発の支援活動を続けてきた人物です。そのバークリー氏がIAVIを去り、GAVIアライアンス(ワクチン予防接種世界同盟)のCEO(最高経営責任者)に就任することが決まりました。こちらは、すでに実用化されているワクチンの普及をはかり、途上国のこどもたちを予防可能な病気からまもることを使命としています。
 バークリー氏のGAVI転身を祝福するIAVIのプレスレリースがニューヨークで発表されました。その日本語仮訳です。
 「GAVIの利用可能なワクチンリストにHIVが加わる日が来ることを期待しています」というバークリー氏のコメントも掲載されています。立場が変わるわけですね。


IAVIはセス・バークリー代表(CEO)がGAVIの新たな責任者に任命されたことを祝福
http://www.iavi.org/news-center/Pages/PressRelease.aspx?pubID=3196

【ニューヨーク 2011年3月8日】  国際エイズワクチン推進機構(IAVI)は、最高経営責任者(CEO)であり、設立者でもあるセス・バークリー代表がGAVIアライアンス(ワクチン予防接種世界同盟)の最高経営責任者(CEO)に任命されたことを祝福する。貧困国における予防接種の普及を目指すGAVIの理事会は本日、新CEO人事を発表した。「セスにとってすばらしいチャンスである。成功を願っている」とIAVIのポール・クリングスティン理事長は述べた。

 バークリー氏は1996年にIAVIを設立。以来、エイズワクチンの研究開発に8億9700万ドルの資金を確保し、国際的な重要課題としてエイズワクチン開発の推進活動を続けてきた。アフリカとインドに研究ネットワークのためのセンターを設立し、11カ国で9種類のエイズワクチン候補の試験を行い、幅広い変種のHIVに対応する中和抗体を引き出せるようワクチン開発に伴う課題の解決に向けて大きな貢献を果たしてきた。

 「IAVIが今日あるのは、セスの構想力とエネルギーのおかげであり、素晴らしい状態でわれわれに引き継ぎ、退任することになる」とクリングスティン理事長は語る。「問題はすでに、エイズワクチンは可能かどうかではなく、いつできるのかである。IAVIはだれもが受けられる効果的なワクチンの開発という医学的目標の達成を支援するうえで、非常に重要な位置を占めている」

 「GAVIで新たな地位につくことに大きな期待を抱いているが、一方でIAVIを去るのはもちろん悲しいことでもあります。エイズワクチン研究がかつてなく有望にみえる段階での退任にはほろ苦さが残ります。GAVIの利用可能なワクチンリストにHIVが加わる日が来ることを期待しています」とバークリーは語った。「エイズワクチン開発という使命を担う素晴らしい人たちとともに働いてこられたことは、大変な栄誉です。とりわけ、IAVIに理解を示していただいた資金拠出者、臨床試験参加のボランティア、医科学者の方々に御礼を申し上げたい」

「セスは粘り強く、そして効果的に努力を続けるエイズワクチン開発のチャンピオンだった」とIAVIのデビッド・クック最高執行責任者(COO)はいう。「GAVIの新たな地位で今後も強力な支援を続けてくれると思います」

 バークリーは6月まで現在のIAVI代表、CEOの地位にとどまる予定である。IAVI理事会はこの間に新体制への移行案を検討する。「エイズワクチン開発に向けた勢いと現在のIAVIの貢献状況を考えれば、新体制への移行はさらなる指導力を発揮するための組織活性化の機会になるであろう」とクリングスティンは述べた。「理事会はこの課題に意欲的に取り組んでいきたい」

IAVIについて
 国際ワクチン推進機構(IAVI)は国際非営利組織であり、安全で、効果的で、利用可能なHIV予防ワクチンが世界中で普及できるようになることを目指している。
 1996年に創設され、IAVIとその協力者のネットワークは現在、25カ国でワクチン候補の研究と開発に取り組んでいる。IAVIには、以下のような機関、政府、個人が資金および物資面での支援を行っている。
財団 the Bill & Melinda Gates Foundation, the Foundation for the National Institutes of Health, the James B. Pendleton Charitable Trust, The John D. Evans Foundation, The Starr Foundation;
政府・自治体 Canada, Denmark, India, Ireland, Japan, The Netherlands, Norway, Spain, Sweden, the United Kingdom, and the United States, the Basque Autonomous Government (Spain), the European Union as well as the National Institute of Allergy and Infectious Diseases and The City of New York, Economic Development Corporation;
国際機関 The World Bank and The OPEC Fund for International Development;
企業 BD (Becton, Dickinson & Co.), Bristol-Myers Squibb, Continental Airlines, The Gilead Foundation, GlaxoSmithKline, Google Inc., Pfizer Inc, and Thermo Fisher Scientific Inc.;
エイズ慈善団体 Broadway Cares/Equity Fights AIDS;
および世界中のたくさんの寛容な人々



IAVI Congratulates its CEO on New Appointment Seth Berkley Named as New GAVI Chief

NEW YORK, March 8, 2011—The International AIDS Vaccine Initiative (IAVI) congratulates its founder, President and Chief Executive Officer Seth Berkley on his appointment as Chief Executive Officer of the Global Alliance for Vaccines and Immunization (GAVI). The Board of GAVI, an organization that increases access to immunization in poor countries, announced the appointment today. "This is a terrific opportunity for Seth and a logical next step, and we wish him well," said IAVI Board Chairman Paul Klingenstein.

Berkley founded IAVI in 1996. Since then, the organization has mobilized US$ 897 million in resources for AIDS vaccine R&D, advocated to keep the development of an AIDS vaccine on the international agenda, established and maintained a network connecting clinical research centers in Africa and India, tested nine AIDS vaccine candidates in clinical trials in 11 countries and made significant contributions toward solving the problem of how to design vaccines that elicit antibodies that neutralize a broad range of variants of HIV.

“It was Seth’s vision and energy that enabled IAVI to prosper and develop into the mature organization that it is, and he will leave it in excellent condition,” said Klingenstein. “It’s no longer a question of whether there will be an AIDS vaccine but when, and IAVI is in an excellent position to help advance the science to the goal of an effective vaccine accessible to all.”

“I’m excited about the new opportunity at GAVI, but of course extremely saddened to be leaving an organization so close to my heart. It’s bittersweet to leave IAVI when AIDS vaccine science is showing more promise than ever. I look forward to the time when HIV will be added to GAVI’s list of available vaccines.” said Berkley. “It’s been a tremendous honor to have worked alongside all the outstanding individuals who have taken up the mission of an AIDS vaccine. I especially want to thank IAVI’s generous donors, the trial volunteers and our scientific collaborators.”

“Seth has been an indefatigable and enormously effective champion for AIDS vaccine development,” said David Cook, Chief Operating Officer at IAVI. “We expect he will continue to be a strong advocate from his new position at GAVI.”

Berkley is expected to remain in his position as President and CEO of IAVI through June. The IAVI Board of Directors will define a transition plan. “Given the momentum in AIDS vaccine development and IAVI’s contributions to the current excitement, a transition presents the opportunity to invigorate the organization with another outstanding leader,” said Klingenstein. “The Board looks forward to rising to that challenge.”

About IAVI
The International AIDS Vaccine Initiative (IAVI) is a global not-for-profit organization whose mission is to ensure the development of safe, effective, accessible, preventive HIV vaccines for use throughout the world.

Founded in 1996 and operational in 25 countries, IAVI and its network of collaborators research and develop vaccine candidates. IAVI’s financial and in-kind supporters include the Bill & Melinda Gates Foundation, the Foundation for the National Institutes of Health, the James B. Pendleton Charitable Trust, The John D. Evans Foundation, The Starr Foundation; the Governments of Canada, Denmark, India, Ireland, Japan, The Netherlands, Norway, Spain, Sweden, the United Kingdom, and the United States, the Basque Autonomous Government (Spain), the European Union as well as the National Institute of Allergy and Infectious Diseases and The City of New York, Economic Development Corporation; multilateral organizations such as The World Bank and The OPEC Fund for International Development; corporate donors including BD (Becton, Dickinson & Co.), Bristol-Myers Squibb, Continental Airlines, The Gilead Foundation, GlaxoSmithKline, Google Inc., Pfizer Inc, and Thermo Fisher Scientific Inc.; leading AIDS charities such as Broadway Cares/Equity Fights AIDS; and many generous individuals from around the world.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック