IAS報告書『ユニバーサルアクセス:いまこそ人権を』について

(解説)HIVの治療、予防、ケア、支援に関して、情報やサービスを必要とする人ならだれでも、その必要な情報やサービスが得られるようにする。これがユニバーサルアクセスの意味するところであり、国際社会はこれまで、国連の会議やG8サミットなどさまざまな国際会議の場で、そのユニバーサルアクセスを2010年末までに達成しようということを目標に掲げてきました。2010年末が何年か先だったらまだ、よかったのですが、さすがに2010年って今年のことでしょうというところまで来てしまうと、そりゃまあ、無理なんだけど・・・ということになってしまいます。そこで最近は2010年末ということはあまり言わなくなり、ミレニアム開発目標(MDGs)のゴールである2015年あたりを次の目安として掲げる傾向が強まっているような印象も受けます。国際エイズ学会(IAS)が10月28日に発表した報告書『ユニバーサルアクセス:いまこそ人権を』には7月の第18回国際エイズ会議(ウィーン)におけるユニバーサルアクセス関係の議論をまとめたものだということで、そのプレスレリースにもそれらしきことが書かれていました。以下、プレスレリース日本語仮訳です。報告書の趣旨をざくっとまとめれば、この10年間、かなりの成果をあげてきたけれど、まだ流行の拡大に十分、対応できているわけではなく、これからは資金が心配だ、といったところでしょうか。


◎治療の普及が遅れ、政治的な意思も薄れていることがHIV予防、治療、ケアのユニバーサルアクセス実現を困難にしている 新報告書が強調
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/Universal_Access_to_HIV_Prevention_Treatment_and_Care_AIDS2010_Report.pdf

 2010年10月28日(ジュネーブ) 国際エイズ学会(IAS)が本日発表した報告書『ユニバーサルアクセス:いまこそ人権を』はユニバーサルアクセスをめぐり、ウィーンの第18回国際エイズ会議(AIDS2010)で展開された主な議論を記録したものだ。報告書はまた、HIVの治療と予防について、これまでの進展を再検討し、2人が新たに治療を受けることができるようになる間に5人が新規に感染しているような状況の下で、今後どの程度の規模の対応が必要になるのかを明らかにしている。

 2001年から08年にかけて、エイズ分野の資金が継続的に増加し、延命を可能にする治療を受ける人の数が03年の50万人から09年の520万人へと飛躍的に増加するなど、HIVの予防、治療、ケアのユニバーサルアクセス達成に向けて大きな進展が認められているとはいえ、IAS報告書はこうした成果も脅威にさらされていることを明らかにしている。経済危機の中で、政治的な意思は薄れ、資金拠出も頭打ち状態になっていることから、国際社会がユニバーサルアクセスを現実の課題として考えようとしなくなっているからだ。

 AIDS2010はHIVサービスのアクセス拡大の大きな節目である2010年7月、ウィーンで開催された。HIVの予防、治療、ケアのユニバーサルアクセス実現の達成時期として世界の指導者が設定したのも2010年なのだが、いまなおその約束は国際保健分野の課題として果たされないまま残っている。

 ユニバーサルアクセスをめぐってAIDS2010で交わされた議論は、国際的な資金拠出国・機関および各国政府から必要な資金をどう確保するか、いま使える資金をいかに効果的・効率的に活用するか、という2つの大きな課題に集約することができる。PEPFAR(米大統領エイズ緊急救済基金)、世界銀行、ユニットエイド、世界基金など主要な資金拠出者が資金確保の拡大を果たせず、減少すら経験しているという厳しい経済環境が、重要課題として報告されている。世界銀行は対策の規模拡大に向けた努力が後退することによって、今後5年の間にエイズで亡くなる人が約1000万人増加し、新たにHIVに感染する人は約1400万人増えるだろうと試算している。

 世界エイズ・結核・マラリア対策基金の資金補充は会議参加者の大きな関心事だった。政治指導者もアクティビストも、2010年10月の世界基金増資会議で十分な資金の補充が必要であるとの認識は共通している。巨額の資金を迅速に分配しうる効果的なメカニズムとして国際社会が認めたことにより、世界基金への資金補充は、2015年までに保健関連のMDGsとユニバーサルアクセスの両方を達成するための極めて重要な課題となった。今月初めの補充会議では、各国の誓約額が示した3つのシナリオのうちの低位シナリオに比べても少ない117億ドルにとどまったことで、資金に対する懸念は正しかったことが証明されたかたちである。この額では現行プログラムをなんとか維持するのに精一杯で、新規プログラムに対する資金はこの数年よりはるかに低いレベルに止まらざるを得ない。

 予防と治療の技術が大きく進歩し、世界保健機関(WHO)が新たな治療のガイドラインを打ち出す中で、国際エイズコミュニティはもっと少ない資金でやっていくべきなのか、HIV、エイズと闘うための資金の増額を求めて運動を続けていくのかという問題は、会議でも大きな論争となった。効率性を一段と高めていくことが不可避であるとはいえ、効率化一辺倒では資金需要の大きなギャップには追いつけないということでは、疑いもなく認識は一致していた。

 「UNAIDSは新たな治療2.0プラットフォームの発表をAIDS2010で行った。それはより賢く、素早く、効果的な方法でHIVの新たな感染を予防することを強調するものだ。治療2.0は、抗レトロウイルス薬の提供方法が大きく変われば、HIV感染は3分の1に減らすことができるという認識に基づいている。それは治療を受けられる人が増え、したがって費用も増えるということを意味するものだ」とIASのエリ・カタビラ理事長は語っている。



New report underlines the threat to universal access to HIV prevention, treatment and care due to a slow-down in treatment scale-up and waning political will

28 October 2010 (Geneva, Switzerland) - A report issued today by the International AIDS Society, Universal Access: Right Here, Right Now documents the principal debates around universal access during the XVIII International AIDS Conference (AIDS 2010). The report also takes stock of progress to date and reveals the scale of the future challenge for HIV treatment and prevention at a time when new infections are outstripping those receiving treatment by five to two.

While significant progress has been made towards achieving universal access to HIV prevention, treatment and care, with a consistent increase in funding for the AIDS sector between 2001 and 2008 resulting in an estimated 5.2 million people receiving life-saving treatment by 2009, compared with only 500,000 in 2003, the IAS report reveals that the progress made in the sector is under threat; the current economic challenges combined with a waning political will and a flat-lining of resources are preventing the international community from making universal access a reality.

AIDS 2010 took place in Vienna in July 2010 at a critical moment in the push for expanded access to HIV services. Coinciding with the original 2010 deadline set by world leaders for achieving universal access to HIV prevention, treatment and care, the conference was an important platform for ensuring that the universal access pledge remains on the global health agenda.

Dialogue on universal access during AIDS 2010 focused on two core issues: securing the required resources from international donors and national governments; and making more effective and efficient use of available resources. A key theme among speakers was the challenging economic climate, with principal donors including PEPFAR, the World Bank, UNITAID, and the Global Fund experiencing funding reductions or failing to increase funding in line with needs. The World Bank estimated that the cumulative effect of a diminished scale-up effort over five years would be approximately ten million deaths and 14 million newly infected individuals.

The replenishment of the Global Fund to Fight AIDS, TB and Malaria was of major concern to conference delegates, as political leaders and activists alike advocated for the full replenishment of the Fund in the October 2010 Replenishment Meeting. Recognised by the international community as an effective mechanism through which to disburse large amounts of resources rapidly, the replenishment of the Global Fund is vital to reaching both the health related MDGs and universal access by 2015. These concerns have since been proved right, with donors pledging only US $11.7 billion earlier this month - less than the lowest of the three financing scenarios envisaged by the Global Fund. This amount will feasibly only allow for the continuation of funding of existing programmes, with new programmes being funded at significantly lower levels than in recent years.

The question of whether or not the international AIDS community should concentrate on doing more with fewer resources, or whether it should continue to advocate for increased resources to fight HIV and AIDS was heavily debated at the conference, in particular in light of the new WHO treatment guidelines as well as recent advances in prevention and treatment technologies. While the push for greater efficiencies is imperative, there was unquestionable consensus that efficiencies alone cannot make up for the large gap in needed resources.

“UNAIDS used AIDS 2010 to launch the new Treatment 2.0 platform which emphasizes the prevention of new HIV infections in a way which is smarter, faster and better. Treatment 2.0 is rooted in the notion that HIV infections can be cut by up to one-third if there is a significant change in how ARVs are provided. This means increased coverage, which in turn means more resources,” said IAS President Elly Katabira.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • TOP HATニュース第27号(2010年11月)

    Excerpt: ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第 号(2010年 月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇.. Weblog: エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト racked: 2010-11-28 22:10