2012年の第19回国際エイズ会議はワシントンDCで開催

(解説)2009年の世界エイズデー前夜の11月30日夜、ホワイトハウスでヒラリー・クリントン米国務長官やエリック・グーズビー米国地球規模エイズ調整官らとともに国際エイズ学会(IAS)のエリー・カタビラ次期会長、ロビン・ゴローナ事務局長らが2012年国際エイズ会議をワシントンDCで開催すると発表しました。米国内で20年以上にわたって国際エイズ会議が開くことができなかったのは、米国がHIV陽性者の入国を規制する差別的な政策を採用していたからでした。その規制を来年1月4日には完全に撤廃することをオバマ大統領が明らかにしたことから、大きな変化が生まれました。11月30日のIASのプレスレリースを日本語に訳しました。
 英文プレスレリースのpdf版は以下のサイトでご覧下さい。
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/AIDS%202012%20Announcement_30%20November%2009.pdf


第19回国際エイズ会議は2012年7月、ワシントンDCで開催 国際エイズ学会が発表
 HIV陽性者に対する入国規制撤廃により、22年ぶりの米国内での開催が認められた

【ワシントンDC 2009年11月30日】 国際エイズ学会(IAS)は30日、第19回国際エイズ会議(AIDS2012)を2012年7月にワシントンDCで開催することをホワイトハウスで発表した。米国のオバマ大統領が今年10月、HIV陽性者に対する米国の入国規制を来年1月4日に撤廃すると発表したのを受け、IASの評議員会がAIDS2012のワシントン開催を決定した。国際エイズ会議は1990年にサンフランシスコで第6回会議が開催されて以来、米国内では開かれていない。

 「科学よりも恐怖に基づく誤った政策に終止符を打とうとする長年の働きかけの結果、会議は米国に戻ることになった。これは公衆衛生と人権尊重の観点から、非常に大きな勝利である」とIASの次期会長で、AIDS2012の国際委員会議長を務めるウガンダのマカレレ大学医学部、エリー・カタビラ博士は述べた。「AIDS2012は世界中の研究者にとって、最新の科学の成果を共有し、お互いの専門領域から学び、HIVの治療と予防を進めるための戦略を形成していくための非常に大きな機会である。

 2年ごとに開催される国際エイズ会議はHIV分野で働く人、政策担当者、HIV陽性者などエイズの流行を終わらせようと努力する人たちにとって重要な会合である。ジャーナリスト2500人を含め、約200カ国2万5000人以上が参加すると見られている。会議は2012年7月22日から27日までウォルター・E・ワシントン会議センターで開催される予定。

 「米国はエイズとの闘いで主要な役割を担っていることの反映として、HIV陽性者に対する新たな入国政策を打ち出した。この決定を歓迎するとともに、同様の差別的な政策を採用している他の国も、米国に続くよう求めたい」とカナダのバンクーバーにあるブリティッシュコロンビア州エクセレンスHIV/エイズセンター所長で、IAS会長のフリオ・モンタナー博士は語った。「米国はここ数年のエイズ対策の進歩に関し、非常に大きな資金貢献を果たしてきた。主要8カ国(G8)は2005年、HIV予防、治療、ケア、支援の普遍的アクセスを2010年に達成するとの目標に向けて努力するという大胆な約束を行った。その締め切りが迫る中で、われわれはG8メンバーに対し、当面の課題に見合うよう投資の規模を拡大し、目標達成に必要な資金を確保するための努力を継続するようを求めている」

 「わが米国政府と市民社会パートナーは本日、ワシントンDCおけるAIDS2012開催を全力で支援することをあきらかにした。このことは大変に喜ばしい」とIASの運営評議会メンバーであり、AIDS2012の組織委員会共同委員長を務めることになるカリフォルニア大学サンフランシスコ校のHIV/エイズ部長、ダイアン・ハブリアー医師は語った。「AIDS2012には、エイズの流行に大きな影響を受けているコミュニティから世界の主導的なエイズ専門家が集まり、パートナーシップの構築と意見交換の大きな機会が生まれることになる。それは、この大きな苦難に終止符を打つために献身的な努力を続けているすべての人たちの間に連帯の種子をまき、大きな実りをもたらすであろう」

 スイスのジュネーブに本部を置くIASは、190カ国1万4000人のHIV/エイズ分野の専門家が会員になり、この分野で世界を主導する独立の組織である。UNAIDS、HIV陽性者世界ネットワーク(GNP+)国際エイズサービス組織評議会(ICASO)、国際HIV陽性女性コミュニティ(ICW)など多数の国際組織、および開催国の地元パートナーとともに、IASは国際エイズ会議を開催する。次回会議(AIDS2010)は2010年7月18日から23日まで、オーストラリアのウィーンで開催予定である(詳しくは( http://www.aids2010.org )。

 米国は過去3回の国際エイズ会議を開催している。第1回会議は1985年、ジョージア州アトランタ、第3回会議は1987年、ワシントンDC、第6回会議は1990年、サンフランシスコで開催された。当時は年1回開催である。1992年の会議はボストンで開催される予定だったが、HIV陽性者に対する米国の入国規制が撤廃されなかったため、アムステルダムに変更された。IAS運営評議会は1992年、HIV陽性者に対する短期滞在のための入国を制限する国、およびHIV陽性の入国希望者にビザ申請書などでHIV感染を申告させる国で会議を開催することを禁じる方針を採択している。

 IASは国際パートナーとともにHIVに関連した差別的な出入国管理、移民関連の法律や政策を追跡し、そうした法律、政策を採用している国には撤廃を求めている。こうした法律は公衆衛生を守るどころか、偏見を助長し、効果的なエイズ対策を妨げる排除や権利侵害の風潮を補強することになる。IASはHIVに関連した世界の渡航規制の詳細なデータベースを保持している(  http://www.hivtravel.org )。

 「AIDS2012はこの厳しい流行に国際社会が対応していくうえで重要な役割を担うであろう。われわれが主催する他のすべての会議と同様、開催国、開催都市に深く、継続的な影響を残すことができるよう地元パートナーと力を合わせて準備に取り組んでいく」とIASのロビン・ゴローナ事務局長は語った。「私たちは、地球規模のエイズ対策における米国の役割が一段と強化され、同時に米国内のエイズ対策が再活性化し、とりわけワシントン市内や全米の少数民族コミュニティにおける厳しい流行の影響に関心が高まるようワシントンDCの住民および全米の数多くのグループと協力していくことを望んでいる」

 米国ではHIVとエイズが、人種、民族的少数者に極端に大きな影響を及ぼしている。2006年には、アフリカ系米国人の新規HIV感染率は推計で白人層の7倍も高く、ヒスパニック/ラティーノ系米国人も白人より2倍高い。HIVの流行は、一定の地域で陽性率が1%に達すれば、その地域は広汎で厳しい流行が広がっていると考えられているが、ワシントンDCの住民の3%はすでにHIV陽性である。ワシントンDCの人口に占めるアフリカ系米国人の割合は53%だが、HIV陽性者人口の中では76%を占めている。アフリカ系米国人男性では約7%がすでにHIVに感染している。また、HIV陽性者の3分の1は女性である。

 2008年時点で世界のHIV陽性者は3340万人に達し、年間のHIV新規感染者は270万人、エイズによる死者は200万人と推計されている。少なくとも500万人のHIV陽性者が緊急に治療とケアを必要としているのにそのアクセスを得られず、予防プログラムも需要に追いついていない。

 AIDS2012の開催都市にワシントンDCを選んだことは、そこが米国の地球規模エイズ調整官(大統領緊急エイズ救済計画PEPFARを率いる)、米国立衛生研究所、世銀など、地球規模のエイズ対策のキープレイヤーの拠点になっているという点でも重要である。



The International AIDS Society Announces Washington, DC, as Site of the XIX International AIDS Conference in July 2012

Removal of Entry Restrictions on People Living with HIV by the U.S. Allows for Return of Conference after 22-Year Absence

30 November 2009 (Washington, DC) — At the White House today, the International AIDS Society (IAS) announced that the XIX International AIDS Conference (AIDS 2012) will be held in Washington, DC, in July 2012. The IAS Governing Council decided to hold AIDS 2012 in Washington, DC, following U.S. President Barack Obama’s October announcement that the nation would end its entry restrictions on people living with HIV effective January 4, 2010. The conference was last held in the United States in 1990 in San Francisco, California.

“The return of the conference to the United States is the result of years of dedicated advocacy to end a misguided policy based on fear, rather than science, and represents a significant victory for public health and human rights,” said IAS President-Elect Dr. Elly Katabira, Professor of Medicine at Makerere University in Uganda, who will serve as the International Chair of AIDS 2012. “AIDS 2012 will be a tremendous opportunity for researchers from around the world to share the latest scientific advances in the field, learn from one another’s expertise, and develop strategies for advancing all facets of our collective efforts to treat and prevent HIV.”

The biennial International AIDS Conference is the premier gathering for those working in the field of HIV, as well as policymakers, people living with HIV and others committed to ending the epidemic. AIDS 2012 is expected to convene more than 25,000 delegates from nearly 200 countries, including more than 2,500 journalists. The conference will be held from 22 to 27 July 2012 at the Walter E. Washington Convention Center.

“We are extremely pleased that the United States’ new entry policy for people living with HIV reflects its key role in global efforts to combat AIDS, and we urge other nations with similar discriminatory policies still in place to follow suit,” said IAS President Dr. Julio Montaner, Director of the BC Centre for Excellence in HIV/AIDS in Vancouver, Canada. “U.S. financial contributions have been crucial to our collective progress against AIDS in recent years. The Group of Eight (G8) nations made a bold commitment in 2005 to work towards universal access to HIV prevention, treatment, care and support by 2010 and as the deadline approaches we urge all G8 members to continue to scale up their investments to match the challenges at hand, and fully fund efforts to achieve this goal.”

“We are gratified by the enthusiastic support expressed by our U.S. government and civil society partners today for holding AIDS 2012 in Washington, DC,“ said Dr. Diane Havlir, a member of the IAS Governing Council and Chief of the HIV/AIDS Division at University of California, San Francisco, who will serve as Local Co-Chair of AIDS 2012. “The world’s leading AIDS experts will gather for AIDS 2012 in a community deeply impacted by the epidemic, providing a tremendous opportunity for partnership and exchange that will further sow the seeds of solidarity among all of us dedicated to ending this scourge.”

Based in Geneva, Switzerland, the IAS is the world's leading independent association of HIV professionals, with 14,000 members in 190 countries. The IAS convenes the International AIDS Conference in partnership with a number of international bodies, including UNAIDS, the Global Network of People Living with HIV/AIDS, the International Council of AIDS Service Organizations, and the International Community of Women Living with HIV/AIDS, as well as local partners, which will be selected at a later date. The next conference (AIDS 2010) will be held from 18 to 23 July 2010 in Vienna, Austria (for more information, visit www.aids2010.org).

The U.S. has hosted three International AIDS Conferences. The very first International AIDS Conference was held in Atlanta, Georgia, in 1985; the third, of what was then an annual conference, was held in Washington, DC, in 1987; and the sixth in San Francisco in 1990. The 1992 conference was originally slated for Boston but was moved to Amsterdam because of concerns related to U.S. restrictions on the entry of foreigners living with HIV. The IAS Governing Council adopted a policy in 1992 prohibiting it from holding its conferences in countries that restrict short-term entry of people living with HIV and AIDS, and/or require prospective HIV-positive visitors to declare their HIV status on visa application forms or other documentation required for entry into the country.

The IAS works with international partners to track and remove discriminatory HIV entry and immigration laws and policies. These laws do not protect public health, but rather fuel stigma and sustain a culture of exclusion, rights violations and marginalization that impedes an effective response to the epidemic. The IAS maintains a detailed database on HIV-Related Travel Restrictions throughout the world (www.hivtravel.org).

“AIDS 2012 will play a key role in shaping international responses to this devastating epidemic. As with all our conferences, we will work with partners to make sure that the conference has a deep and lasting impact in our host city and country,” said Robin Gorna, IAS Executive Director. “We look forward to partnering with the residents of Washington, DC, and with other groups across the U.S. to ensure the conference further strengthens the U.S. role in global AIDS initiatives, re-energizes the response to the U.S. domestic epidemic, and focuses attention on the particularly devastating impact HIV is having in Washington, DC, and in racial and ethnic minority communities across the U.S.”

HIV and AIDS have a disproportionate impact among racial and ethnic minorities in the U.S. The estimated rate of new HIV infections among African Americans in 2006 was seven times the rate among Whites and the rate among Hispanic/Latino Americans was twice the rate among Whites. Three percent of Washington, DC, residents are known to be living with HIV and AIDS – an HIV epidemic is generalized and severe when it reaches 1% in a geographic area. African Americans make up 53% of the population of Washington, DC, but account for 76% of those living with HIV and AIDS. Approximately seven percent of African American men in the city are diagnosed with HIV, and women account for nearly a third of people living with HIV.

An estimated 33.4 million people globally were living with HIV in 2008 with an estimated 2.7 million new HIV infections and 2 million AIDS-related deaths that year. At least 5 million people living with HIV in need of treatment and care do not have access to it, and prevention programmes fail to reach many in need.

The selection of Washington, DC, as the AIDS 2012 venue is also significant as it is home to key players in the global response to AIDS, including the Office of the U.S. Global AIDS Coordinator (which directs PEPFAR – President’s Emergency Plan for AIDS Relief), the National Institutes of Health and the World Bank.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック