中国におけるHIV/エイズの流行と対策 2005年アップデート版

(解説)中国政府とUNAIDS、WHOによる中国国内のHIV陽性者最新推計については、UNAIDSのプレスステートメントをすでに紹介しましたが、報告書の目次とエグゼクティブサマリーを続報として日本語にしました。


中国におけるHIV/エイズの流行と対策 2005年アップデート版
               中国保健省、国連合同エイズ計画、世界保健機関
                                  2006年1月24日

目次
エグゼクティブ・サマリー
1.中国のHIV/エイズの流行の特長
2.中国のHIV/エイズの予防、治療、ケア対策の進展
  3.課題と対策
 第1章 中国のHIV/エイズ
  1.HIV/エイズ全国集計
   1.1.主な判明事項
    1.1.1.HIV陽性者の分布
    1.1.2.HIV陽性者数
    1.1.3.2005年におけるエイズによる死者
    1.1.4.2005年のHIV新規感染
   1.2.推計の方法
   1.3.2003年推計との比較
  2.中国のHIV/エイズの流行の特長
   2.1.HIV/エイズの流行はいまも拡大している
   2.2.流行は広がっているが、その度合いは地域によって大きな格差がある
   2.3.中心は薬物注射と性行為による感染だが、他にもすべての感染経路が見られる
   2.4.エイズ発症者が増え、エイズによる死者も増加している
   2.5.流行はハイリスクグループから社会全体へと広がりつつある
   2.6.流行がさらに拡大する潜在的リスクがある
 第2章 中国のHIV/エイズの予防、治療、ケア対策の進展
  1.多分野にまたがる協力と社会参加による政府主導の予防、治療、ケア対策の進展
  2.法律にのっとったHIV/エイズの予防とケアの標準化を目指す政策の強化
  3.重点分野の絞込みと予防、治療、ケア対策の実施
   3.1.HIVサーベイランスと検査の強化、HIV/エイズ症例の早期発見
   3.2.社会的偏見と闘うためのマスメディアによる啓発活動の推進
   3.3.行動学的介入と包括的予防対策の規模拡大
   3.4.エイズ患者に対する積極的な治療とケア、支援サービスの提供
  4.監督の強化、投資の拡大、科学研究の充実、国際協力の推進
 第3章 課題と対策
  1.中国のHIV/エイズの予防、治療、ケアに関する課題
   1.1.地域によって、あるいは政府の部門によっては、指導者がHIV/エイズの危険性を十分、理解していないところもある
   1.2.「4つの自由とひとつのケア」政策はいまなお、平等には実施されていない
   1.3.HIV陽性者の大多数は自らの感染を知らないでいる
   1.4.マスメディアによる啓発は十分ではなく、介入の範囲も狭い
   1.5.移住労働人口層への対策の実施には大きな困難がある
  2.次のステップ
   2.1.次の指導者に対するHIV/エイズの予防、治療、ケアの研修の実施、および予防、治療、ケア対策の作業計画策定と各担当者による実行
   2.2.「4つの自由とひとつのケア」政策の実施、チャイナ・ケアーズの経験の共有、効率的な予防、治療、ケアの介入を拡大する
   2.3.サーベイランス体制の強化、人口層にあわせた適切なHIV検査の検討
   2.4.HIV/エイズの予防、治療、ケアに関する知識の普及、社会的な偏見を除去するためのマスメディアによる集中的かつ広範な啓発
   2.5.ハイリスクグループに対する対象を絞った介入の強化と拡大、血液収集および管理の改善
   2.6.HIV/エイズの予防、治療、ケアの法、規制の整備、モニタリングと評価のシステムの改善、国際協力の拡大、NGO活動の十分な活用


エグゼクティブ・サマリー
 過去2年間、中国のHIV/エイズ対策を充実させるため、政府は指導力を発揮してきた。HIV/エイズの予防、治療、ケアのそれぞれの主要分野において効果的な対策が取られるようになり、こうした活動を包括的に進めていくための環境もかなり整っている。この報告は中国保健省、国連合同エイズ計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が協力して中国のHIV/エイズの現状と過去1年間の対策の進展、およびエイズの流行を抑えるための主要課題についてまとめたものである。

 1.中国のHIV/エイズの流行の特長
  2003年の推計では、中国のHIV陽性者数は84万人と推定されていた。しかし、HIV/エイズに関し、より現状を反映しうるデータが集まり、最も高いリスクにさらされている集団に対する一段と詳細な推計が得られるようになったことから、推計方法もその後、改善されている。改善された方法による最新の推計では、2005年末時点の中国のHIV陽性者数は65万人(54万-76万人)である。この65万人のうち7万5000人(6万5000-8万5000人)はエイズを発症している。2005年の1年間では新たに7万人(6万-8万人)がHIVに感染し、2万5000人(2万-3万人)がエイズで死亡していると推計されている。

  2005年のHIV陽性者推計が2003年推計より少なくなっていることは、安心できる材料にはならない。最新の方法による全国推計は、中国国内のHIV/エイズの流行が拡大を続けていることを示しているからだ。新たなHIV感染は主に薬物注射と性行為で広がっている。エイズの発症者は増え、エイズ関連の死者も増加している。流行はハイリスクグループから社会全般へと広がりつつあり、中国国内にはさらに拡大を続けることになると考えなければならない潜在的なリスクが存在している。

 2.中国のHIV/エイズの予防、治療、ケア対策の進展
  中国政府は多部門からの協力と積極的な社会参加による政府主導のHIV/エイズ予防、治療、ケア対策を進めるための財団を創設した。胡錦濤主席、温家宝首相、呉儀副首相ら国の指導者が病院や自宅にいるHIV陽性者を訪れ、エイズの流行が広がっている地域を視察するなど、HIV/エイズに対する関心を高めるために行動している。中国政府はHIV/エイズの予防、治療、ケア対策のための9つの重点項目を明らかにしている。中央から地方に至る政府のそれぞれのレベルで予防、治療、ケア対策の調整のためのメカニズムが作られ、社会的支援と多部門にまたがる協力を進めている。

  国のHIV/エイズに関するサーベイランスと検査の体制が強化され、インターネットによる疾病報告システムが作られた。HIVサーベイランスの拠点を増やし、スクリーニング検査機関や無料の自発的カウンセリング検査システム(VCT)の改善がはかられている。HIV/エイズ症例が増えると思われる人口層に対しては、大量スクリーニング検査が実施されている。

  中国全土でHIV/エイズにまつわる偏見をなくすためのマスメディアによる幅広い啓発活動が実施されている。1億2000万部以上のHIV/エイズの情報・教育・コミュニケーション(IEC)教材が配布され、3490万人がHIV/エイズに関する情報と対面によるエイズ教育を受けている。コンドーム普及キャンペーンが幅広く実施され、128カ所のメタドン・クリニックと91カ所の注射針交換の試験的実施拠点が設けられた。医療面では献血による血液供給が1998年の22%から2005年には94.5%に増えている。HIVの母子感染予防のパイロット・プログラムは28省・自治区の271郡で進められている。

  エイズ患者に対する治療とケアの提供は積極的に進められており、抗レトロウイルス薬(ARV)の生産と供給をめぐる問題にも取り組み始めている。現在、28省の605郡で2万453人のエイズ患者が抗レトロウイルス治療を受けている。その結果、HIV陽性率が高い地域において死亡率が下がり始めている。エイズで親を失った子供たちに対する教育の無料化が進められ、他の予防、ケア対策も国の方針に基づき、拡大されている。

  中央政府からのHIV/エイズの予防、治療、ケアの予算は年間8億RMB(1億ドル)に達し、地方レベルの投資も年間2億8000万RMB(3470万ドル)にのぼっている。予防、治療、ケア活動へのNGOの参加も大幅に拡大し、国際協力も一段と進められている。

 3.課題と対策
  HIV/エイズの予防、治療、ケアに関して、中国は現在、数多くの大きな課題に直面している。いくつかの省および政府部内において、指導者はいまなお、HIV/エイズの危険性を十分に理解しているとはいえない。「4つの自由とひとつのケア」(注1)政策も平等に実施されてはいない。HIVに感染している人の大多数が自らの感染を知らずにいる。対象をしぼった介入についてのマスメディアの報道はわずかである。移住人口層に対する対策の実施も大きな困難を抱えている。

  HIV/エイズの予防、治療、ケアの今後の対策には以下のようなものがある:
  ・地方の指導者に対するHIV/エイズの予防、治療、ケアに関する研修の強化、標準的な予防、治療、ケア活動プランの作成、それぞれの責任の分担を明確にした予防、治療、ケア対策の実施。
  ・「四つの自由とひとつのケア」政策の実施、チャイナ・ケアーズ(注2)の経験の紹介、効果的な予防、治療、ケア対策の普及
  ・日常のサーベイランスの強化、多様な人口層に対するHIV検査の普及拡大
  ・HIV/エイズの予防、治療、ケアの知識を多くの人に伝え、社会的偏見をなくすためのマスメディアによる集中的かつ広範な啓発活動の継続
  ・ハイリスクグループに対する対象を絞った介入の強化、血液収集・献血の血液管理の改善
  ・HIV/エイズの予防、治療、ケアに関する法・規制の強化、国のモニタリングと評価システムの改善、国際協力の充実強化、NGOの積極的な活用

(注1)「四つの自由とひとつのケア」政策は以下のサービスを全国的に提供するための政策である。1.地方および経済的に困難な都会のエイズ患者に対する抗レトロウイルス薬提供の無料化;2.無料の自発的カウンセリングと検査(VCT);3. HIV陽性妊婦に対する母子感染防止のための薬の無料化と新生児に対するHIV検査の実施;4.エイズ遺児に対する教育の無償提供;5.HIV陽性者世帯に対するケアと経済支援の提供。
(注2)中国エイズ対策包括プログラム(チャイナ・ケアーズ)は包括的なHIV/エイズの予防、治療、ケアのアクセスを拡大するための野心的なプログラムで、HIV/エイズの流行が最も広がっている127地域をカバーしている

 報告書英文は
http://search.unaids.org/Results.aspx?query=china&output=html&displaylang=en&lang=en&sortbydateon=true

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック