アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「PEPFAR」のブログ記事

みんなの「PEPFAR」ブログ

タイトル 日 時
『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15年』
 (解説)米国の国際的HIV/エイズ政策の基本となる米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)が発足から15周年を迎え、米国務省のサイトにデボラ・バークス大使(グローバル・エイズ調整官)が『#PEPFAR15:アメリカ人の寛容とパートナーシップが多くの人の生命を救った15年』という文章を掲載しています。その日本語仮訳です。  英文はこちらでご覧ください。 https://blogs.state.gov/stories/2018/02/06/en/pepfar15-15-years-sav... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/10 17:13
米大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)新ターゲット ファクトシート
(解説) 国連の持続可能な開発サミットで、米国はPEPFAR(米大統領エイズ救済緊急計画)の新たな予防と治療のターゲットを発表しました。予防に関しては、サハラ以南のアフリカでも最も流行な影響が深刻な10カ国で、15-24歳の女性の新規HIV感染を2016年までに25%、2017年までに40%減らす。そして男性の割礼手術の普及をはかる。治療ではグローバルファンドなどとも協力し、2016年末までに1140万人、2017年末までに1290万人に抗レトロス治療を提供できるようにするとしています。米国... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/11 19:39
米国の新地球規模エイズ調整官、デボラ・バークス博士が就任宣誓
(解説)米国のデボラ・バークス新地球規模エイズ調整官の就任について、米大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)の公式サイトに掲載されているプレスリリースの日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/07 13:23
デボラ・バークス大使の米地球規模エイズ調整官就任を歓迎 UNAIDS
(解説) 米国の国際的なエイズ政策を統括する大使ポスト、地球規模エイズ調整官に4月4日、デボラ・バークス博士が就任しました。米大統領緊急エイズ救済計画(PEPFAR)の責任者となる重要ポストで、昨年11月1日に前任のエリック・グーズビー大使が退任して以来空席になっていました。オバマ政権は今年1月9日、バークス博士を指名しましたが、米上院の承認が必要なため、その承認手続きを経て4月4日にようやく就任宣誓に漕ぎ着けたようです。博士は56歳。米軍関係の研究者としてHIVワクチンの開発に長く携わって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/06 23:36

トップへ | みんなの「PEPFAR」ブログ

エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト PEPFARのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる