アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト
ブログ紹介
HIV/エイズの流行に対する日本国内の社会的関心が低いことが問題点としてしばしば指摘されてきました。その理由の一つとして、地球規模のHIV/エイズ対策の大きな流れの中で議論されていることが、なかなか国内で、とりわけ日本語という日本に住む多くの人の母国語で、伝えられる機会が少ないことがあげられます。熱心な一部の人たちを除けば、英語の資料を探し出してしかも読むという労力を一時的にはともかく、継続的に維持することは困難でしょう。
 その結果として、「国際的には当然とされていることなのに、なんでこんなことが見過ごしにされてきたのだろうか」と何年もあとになって悔やむこともあります。
 HATプロジェクト(HIV/AIDS Translation Project)はこうした事態を打開すべく、HIV/エイズとの闘いの中で必要と思われる文献を日本語に翻訳し、必要な人に読んでもらえるようにすることを目的にしています。
 なお、このプロジェクトは特定非営利活動法人エイズ&ソサエティ研究会議(JASA)が実施しています。JASAのウエブサイトは   http://www.asajp.net/  でご覧ください。
 

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
治療を受けているHIV陽性者は約2100万人 UNAIDSが『健康の権利』報告書発表
(解説) 世界エイズデーを前にして、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新しい報告書を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。今年のタイトルは『健康の権利』。現在展開している世界エイズデーのキャンペーンと連動した内容です。というかむしろ報告書の策定過程で、今年はこれだな・・・というキャンペーンの方向性が固まっていったのかもしれませんね。  リリースには末尾に主要推計値が示されています。ことし7月に公表されているデータとほぼ同じです。異なっているのは、治療のアクセスの部分で、前回は20... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/20 22:27
『世界エイズデー2017の先を見据えて』 HIV.gov 
(解説) 今年の世界エイズデーに向けた米国のテーマは、Increasing Impact Through Transparency, Accountability, and Partnerships(透明性と説明責任とパートナーシップで成果を上げる)です。米国の啓発サイトHIV gov.は11月1日、テーマの発表に合わせ、米大統領エイズ救済緊急基金(PEPFAR)を統括するデボラ・バークス大使のメッセージを掲載しました。その日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 13:23
:TOP-HAT News 第110号(2017年10月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第110号(2017年10月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 09:03
ILOのVCT@WORKが600万人に到達
 自発的なHIV検査とカウンセリングの普及をはかるVCT@WORKというプログラムの成果について、国際労働機関(ILO)が報告書『VCT@WORK:就労者の個人情報を守る自発的HIV検査とカウンセリング』を発表しました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたその報告記事の日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 23:50
世界HIV予防連合の創設会合におけるローレル・スプレイグGNP+事務局長演説
 世界HIV予防連合の創設会合については先日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国連人口基金(UNFPA)のプレスリリースの日本語仮訳で少し紹介しました。  その創設会合に参加した世界HIV陽性者ネットワーク(GNP+)のローレル・スプレイグ事務局長の演説がGNP+の公式サイトに掲載されています。その日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/13 10:37
『HIV予防2020ロードマップ 新規感染を75%減らすためのHIV予防対策推進』 プレスリリース
(解説) 2030年のエイズ流行終結に先行する中間目標として、国際社会は2020年にはHIVの新規感染を2010年時点より75%減らして、年間50万人以下にすることを目指しています。ただし、現状では成人の新規HIV感染の減少ペースは、そうした目標にはほど遠い状態であることから、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と国連人口基金(UNFPA)が10月10日、予防対策推進のための新たなロードマップを発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。英文はこちらでご覧ください。  http://w... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/11 23:14
TOP-HAT News第109号(2017年 9月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第109号(2017年 9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/06 10:57
『国連活動が優先すべきもの』 オーエン・ライアンIAS事務局長
(解説) 2017年の国連総会通常会期の開会に際し、国際エイズ学会(IAS)公式サイトのブログ欄にオーエン・ライアン事務局長のレポート『The key priorities that need UN action』が掲載されました。その日本語仮訳です。困難な課題を山盛りで抱える世界の現状の中で『エイズの流行は事務総長に対し、さらにもう一つ大きな課題を突き付けるとともに、変革をもたらす機会も提供しています』として、エイズ流行終結という国際社会の約束の実現に向け、アントニオ・グテーレス国連事務総長が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 21:25
『新たな高品質抗レトロウイルス治療が90以上の低・中所得国で、価格を値引してスタート』
(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたプレスリリースの日本語仮訳です。最新のインテグラーゼ阻害剤であるドルテグラビルを含めた抗レトロウイルス治療(ART)の合剤が低・中所得国で安価に使用できるようにする合意が成立したということで、国連総会の開かれているニューヨークで発表されました。これまでよりも効果の高い第一選択薬の組み合わせで、合剤を一日一錠、服用すればHIV陽性者の体内のウイルス量を大きく抑制できる。先進国ではすでに使用されている薬ですが、対象を低・中所得国向けに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/09/22 17:13
『振り返り、問い直し、約束する勇気』
(解説) 少し前の資料ですが、2014年5月にロシアのモスクワで開かれた第4回東欧・中央アジア地域エイズ会議に出席した国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長の開会式演説です。UNAIDSのサイトに掲載されている演説原稿の日本語仮訳を作成しました。何で3年以上前の演説をいまさら・・・と思われる方もたくさんいらっしゃるでしょうね。 実はロシアはいま、HIV陽性者数が推計で100万人を超え、年間の新規感染も10万人以上という危機的なHIV/エイズの流行の拡大に直面しています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 00:06
将来に向けてロシア人エイズセンター財団を設立
(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにロシアでHIV陽性者活動を続ける財団の紹介記事が掲載されています。その日本語仮訳です。発足から1周年を迎えたばかりなので、組織としての活動歴はまだ短いのですが、『HIV陽性者や薬物使用者への政府の対応を認めることはできません。レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスの人たちに対する差別には強く反対しています』とはっきり表明する団体が存在し、各国政府に気を遣うことが多いUNAIDSのサイトでも紹介されたということ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 13:39
『検査サービスに関するWHO・UNAIDS声明:新たな機会と継続的な課題』
(解説) HIV検査について、世界保健機関(WHO)と国連合同エイズ計画(UNAIDS)が8月28日、共同で声明を発表しました。それぞれの公式サイトにプレスリリースが載っています。どちらも短いので、両方、訳しました。  声明は『人権の重視と公衆衛生アプローチという2大原則』を強調しています。誤判定を防ぐということも当面の大きな課題のようです。 また、義務的もしくは強制的検査は推奨しないとこと、検査にはインフォームドコンセントが必要だということも示されています。WHOのリリースでは『すべてのH... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/07 09:49
《90-90-90ターゲットとHIV郵送検査の課題》 第126回フォーラムのお知らせ
エイズ &ソサエティ研究会議(JASA)第126回フォーラム  《90-90-90ターゲットとHIV郵送検査の課題》 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/06 13:48
TOP-HAT News 第108号(2017年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第108号(2017年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 22:35
TOP-HAT News 第107号(2017年7月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第107号(2017年7月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/01 22:28
IAS2017パリ声明『HIV科学研究の重要性』
 (解説) 7月23日(日)から26日(水)まで、パリで開かれた第9回国際エイズ学会HIVに関する学術会議(IAS2017)のパリ声明『The Paris Statement: HIV Science Matters』の日本語仮訳です。声明は会議に先立ち、IAS2017公式サイトに掲載され、会議でも報告されています。   日本語仮訳のタイトルは少し意訳気味に『HIV科学研究の重要性』としました。会議の主催者である国際エイズ 学会(IAS)と国立エイズ・ウイルス性肝炎研究機関(ANRS)が連名で... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/08/15 00:01
『エイズ終結を目指す:90-90-90目標への前進』 UNAIDSプレスリリース
(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が7月20日、HIV/エイズに関する最新の推計を基にした報告書『エイズ終結を目指す:90-90-90目標への前進』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。 毎年この時期は、隔年開催の「国際エイズ会議」または「国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議」が開かれるので、その会議の議論の前提となる資料として最新推計を盛り込んだ報告書が発表されています。  今年は7月23日に第9回国際エイズ学会HIV基礎研究・治療・予防会議(IAS2017)... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/07/22 11:25
TOP-HAT News第106号(2017年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第106号(2017年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/04 22:36
国連12機関が保健医療の場での差別解消に協力して取り組むことを約束
(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)や世界保健機関(WHO)など12の国連機関が6月30日に共同で、保健医療の場における差別解消に取り組む声明を発表しました。UNAIDSのサイトに掲載されたその紹介記事の日本語仮訳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/03 00:38
名前だけではありません:AIDS.govがHIV.govに移行
 米国政府のHIV/エイズ啓発サイトAIDS.govの名称が、6月5日付でHIV.govに変わりました。あわせてサイトのリニューアルも行われています。 https://www.hiv.gov/  同日付のプレスリリース「名前だけではありません:AIDS.govがHIV.govに移行」によると変更の理由は以下の2点に要約できるようです。  ・治療の進歩でエイズを発症していないHIV陽性者の方が、エイズを発症している人より多くなっている。  ・サイト検索のサーチは「AIDS」よりも「HIV」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/12 20:46
エイズキルト・オンライン 国際キャンドルライト・メモリアルデーに始動
(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトに掲載されたお知らせの日本語仮訳です。東欧・中央アジア地区はいまもHIV感染が拡大している地域のひとつであり、予防対策の強化が必要とされています。ただし、そのことばかりを強調するあまり、感染している人たちへの差別や偏見がかえって強まり、感染している人たちが直面する困難に対し、社会的な想像力が失われてしまうような対策がとられる懸念もなしとはしません。  その意味でもこうしたプロジェクトの存在は重要です。メモリアルキルトのデジタルアーカイブが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/09 12:34
TOP-HAT News第105号(2017年5月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第105号(2017年5月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/08 22:16
WHO新事務局長にテドロス氏 エチオピアの元外相・保健相
(解説)世界保健機関(WHO)の新事務局長にエチオピアのテドロス元外相が選ばれました。任期は7月1日から5年間です。テドロス氏はエチオピアの保健相、外相時代の改革者としての評価も高く、その面での手腕に期待したいと思います。 今回のWHOの事務局長選には昨年秋の段階で6人が立候補していました。  http://miyatak.hatenablog.com/entry/2016/09/25/010633 選考の過程でその中からテドロス博士と英国推薦のデビッド・ナバロ博士、パキスタン推薦のサニ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/24 11:18
国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日に際し、UNAIDSが差別ゼロを要請
(解説)国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日(IDAHOT)の5月17日、国連合同エイズ計画(UNAIDS)がプレス声明を発表しました。その日本語仮訳です。『HIVへの対応がレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人びとを含むすべての人に行き届かない限り差別ゼロと2030年のエイズ流行終結というUNAIDSのビジョンが実現することはない』と指摘しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/18 21:33
TOP-HAT News 第104号(2017年4月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第104号(2017年4月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 21:32
HIV検査革命を提唱 UNAIDS科学技術専門委員会
(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)の科学技術専門委員会が4月9、10日に会議を開き、2020年の90-90-90ターゲット実現に向けて「HIV検査革命」の必要性を強調する勧告をまとめました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。  HIV検査の革命とは何か。リリースを読むと、新たな検査技術の進歩を受け、検査の主体を保健医療施設からコミュニティに移すということのようです。  委員会は勧告でUNAIDSに検査革命に向けたロードマップをまとめるよう求め、7月の次回会議で検討するとしています... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/15 23:11
TOP-HAT News 第103号(2017年3月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第103号(2017年3月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/02 10:42
力強い科学、果敢なアクティビズム  国際エイズ学会(IAS)年次書簡2017
(解説) 国際エイズ学会(IAS)の公式サイトに2017年の年次書簡が掲載されました。その日本語仮訳です時期的に見て年頭にあたってのメッセージという感じでしょうか。世界の現状に対するかなり厳しい認識、およびその現状を克服するためのメッセージが示されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/28 13:01
《緊急に対応しなければ、HIV関連の結核の死者を2020年までに75%減らすことはできない》 UNA
(解説)3月24日の世界結核デーにあわせ、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が結核とHIV/エイズのプログラムの一層の強化と統合を求めるプレスリリースを発表しました。その日本語仮訳です。HIV陽性者にとって最大の死亡原因は現在、結核です。 《結核はHIV陽性者にとって、最大の入院および死亡原因となっている。2015年のエイズ関連の年間死者数は110万人で、このうち約40万人は結核で死亡している。子どもも4万人含まれている》 エイズ関連の年間の死者の36%もの人が結核によって亡くなっています。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 11:16
「HIV.gov」に名称変更へ
(解説) 米国政府のHIV/エイズ啓発サイト「AIDS.gov」の名称がこの春から「HIV.gov」に変更になるそうです。昨年の世界エイズデー(12月1日)の前日にAIDS.govのコミュニケーション担当の方が公式サイトのブログで変更方針を発表しました。その日本語仮訳です。  春というのは3月でしょうか、4月でしょうか。ブログには明確な期日は示されていませんが、変更されればすぐに分かることですね。 なぜ変更するのかという背景の説明も載っています。抗レトロウイルス治療の進歩で、HIVに感染... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/28 23:39

続きを見る

トップへ

月別リンク

エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる