エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 結核終結に向けたモスクワ宣言 1(前文)

<<   作成日時 : 2018/02/10 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)結核終結に向けた世界保健機関(WHO)の第1回世界閣僚級会議が昨年11月、モスクワで開催されました。その会議で発表されたモスクワ宣言の日本語仮訳です。
 2018年9月にニューヨークで結核終結に関する国連総会ハイレベル会合が予定されており、モスクワ会議はその議論の基礎を提供するものとして、WHOとロシア政府が主催し、各国の保健大臣クラスの政治家や関連する国連機関、国際機関のトップらが出席しました。日本からは厚労省の高木美千代副大臣が参加しています。
 宣言は前文と、4領域の公約・行動呼びかけで構成され、前文では結核対策について以下の6項目で改革の必要性があることを指摘しています。
 
(1) 多分野にまたがるアプローチを高いレベルで約束し、遂行することを含め、結核流行のすべての決定要因に対応する。
(2) 保健システム強化を通しユニバーサル・ヘルス・カバレッジの実現に向け迅速な成果をあげると同時に、誰も取り残すことのないよう人を中心にすえた質の高い結核予防、ケアのユニバーサルアクセスを確保する。
(3) 世界的なAMR対策を考慮しつつ、薬剤耐性の発生および拡大のリスクを最小限に抑える手段をとる。
(4) 国内資金を重視しつつ、必要なら開発銀行や開発パートナー、ドナー機関からの追加的資金を導入し、十分かつ持続可能な予算を確保する。
(5) 新規かつより効果的な診断、治療、薬剤耐性、およびワクチンを含む予防手段について研究開発を進め、迅速に成果を導入する。また、既存および新たな知識を具体的な行動につなげいち早く成果を得る。
(6) 結核に影響を受けている個人やコミュニティ、およびリスクに直面している個人やコミュニティなの積極的な参加を実現する。

また、公約と行動呼びかけは『持続可能な開発(SDGs)課題の中での対策推進』『資金確保』『科学研究と技術革新』『多分野にまたがる責任体制』の4領域にまとめられてい、ます。かなり長くなるので、(注)も含め、4回に分けて紹介しましょう。
 英文の宣言(PDF版)はこちらでご覧ください。
www.who.int/tb/features_archive/Moscow_Declaration_to_End_TB_final_ENGLISH.pdf?ua=1

      ◇

結核終結に向けたモスクワ宣言
 持続可能な開発時代のもとでの結核終結に向けた第1回WHO閣僚会議:多分野にまたがる対応
 2017年11月16〜17日、ロシア・モスクワ

前文
 私たち保健大臣および各国政府参加者は、世界が協力して結核対策に取り組んでいるにも関わらず、結核(TB)は、薬剤耐性結核も含め、他のいかなる感染症よりも多くの死亡原因であり、国際的な健康安全保障への重大な脅威となっていることを認識する。
 結核により一日平均5000人以上の小児、女性、男性が死亡し、その影響を受けない国はない。a 結核は働き盛りの年齢の主要死亡原因の一つであり、健康障害と貧困との連環を生み出し、増幅させ、家庭とコミュニティと各国の社会・経済的な破局をもたらすおそれがある。結核の有病率が高い小児、男性、女性たちは、ジェンダーや年齢による社会的な不平等や保健環境の不平等のために、結核に感染しやすい状態に置かれていることも認識しなければならない。保健に関する理解が不足していること、保健サービスへのアクセスが限られていること、スティグマや差別を受けやすいこと、結核患者の世話をすることで感染のリスクに曝されることなどがそうした条件を生み出している。多剤耐性結核(MDR-TB)は世界全体の薬剤耐性(AMR)に関連した死亡の3分の1を占めており、結核との闘いは世界のAMR対策の中心課題となっている。結核はまた、HIV陽性者の主要な死亡原因でもある。結核対策の世界目標は、予防、診断、治療、ケアのための新規かつ効果的な手段と革新的な手法がなければ達成することはできない。埋めることのできない資金のギャップが結核終結に向けた進展を妨げ続けている。
 結核はすべての人にかかわりがあるとはいえ、極端に大きな苦しみを受けているのは最も貧しく、社会的に弱い立場に置かれている人口集団である。喫煙、有害な飲酒その他の薬物依存、大気汚染、シリカダスト(ケイ酸粉塵)の曝露、HIV感染、糖尿病、栄養不良などが結核のリスクを高める。スティグマと差別は依然、結核ケアを阻む重大な障壁となっている。
 私たちは、持続可能な開発のための2030アジェンダおよび持続可能な開発目標(SDGs)、世界保健機関(WHO)の結核終結戦略、そしてストップ結核パートナーシップの Global Plan to End TB 2016-2020で示された2030年の結核流行終結という約束を再確認する。そして結核との闘いを根本的に変えてくには以下の必要があることを認識する。

(1) 多分野にまたがるアプローチを高いレベルで約束し、遂行することを含め、結核流行のすべての決定要因に対応する。b
(2) 保健システム強化を通しユニバーサル・ヘルス・カバレッジの実現に向け迅速な成果をあげると同時に、誰も取り残すことのないよう人を中心にすえた質の高い結核予防、ケアのユニバーサルアクセスを確保する。
(3) 世界的なAMR対策を考慮しつつ、薬剤耐性の発生および拡大のリスクを最小限に抑える手段をとる。
(4) 国内資金を重視しつつ、必要なら開発銀行や開発パートナー、ドナー機関からの追加的資金を導入し、十分かつ持続可能な予算を確保する。
(5) 新規かつより効果的な診断、治療、薬剤耐性、およびワクチンを含む予防手段について研究開発を進め、迅速に成果を導入する。また、既存および新たな知識を具体的な行動につなげいち早く成果を得る。
(6) 結核に影響を受けている個人やコミュニティ、およびリスクに直面している個人やコミュニティなの積極的な参加を実現する。

 さらに、結核対策の効果をあげるには地球規模、地域規模、国境を越えた規模、および各国の国内において、多分野の関係者が以下の認識に基づいて行動する必要がある。(1)国家間、および国内における結核感染率、薬剤耐性結核の感染率が高いか、中程度か、低いかの違い (2)年齢分布や都市化など人口動態と社会的動向 (3)影響を受けている個人、コミュニティのニーズ、および結核に感染しているすべての人を確認し適切なケアを提供するための課題。
 私たちはWHOとロシア連邦が主催した今回の「持続可能な開発時代のもとでの結核終結に向けた第1回WHO閣僚会議:多分野にまたがる対応」を2018年の国連総会(UNGA)結核ハイレベル会合への基盤となる節目の会議と認識している。この宣言に盛り込まれた約束と行動への呼びかけを実践し、国連総会ハイレベル会合の成果につなげるには、各国首脳と国連の指導者、他の世界の様々な分野のリーダー;専門機関、学術分野;民間部門、財団;市民社会および関連パートナー(患者団体や保健医療職、社会・コミュニティワーカーの組織、資金機関など)の全面的な参加と協力が必要になる。



MOSCOW DECLARATION TO END TB

FIRST WHO GLOBAL MINISTERIAL CONFERENCE
ENDING TB IN THE SUSTAINABLE DEVELOPMENT ERA:
A MULTISECTORAL RESPONSE
16-17 NOVEMBER 2017, MOSCOW, RUSSIAN FEDERATION


PREAMBLE
We, the Ministers of Health and from across Governments acknowledge that despite concerted efforts, tuberculosis (TB), including its drug-resistant forms, causes more deaths than any other infectious disease worldwide and is a serious threat to global health security.
TB kills more than five thousand children, women and men each day and leaves no country untouched. a It is one of the leading killers among people of working age which creates and reinforces a cycle of ill-health and poverty, with potential catastrophic social and economic consequences for families, communities, and countries. While recognizing the higher prevalence of TB among men, women and children are also vulnerable to the consequences of TB due to gender- and age-related social and health inequalities, such as poor health literacy, limited access to health services, stigma and discrimination, and exposure to the infection as carers. Multidrug-resistant TB (MDR-TB) accounts for one-third of all antimicrobial resistance (AMR)-related deaths, making the global AMR agenda central to tackling TB. TB is also the principal cause of death among people living with HIV/AIDS. The global TB targets will not be met without new and more effective tools and innovative approaches for prevention, diagnosis, treatment and care. Persistent funding gaps impede progress towards ending TB.
Although a concern to all people, TB disproportionately afflicts the poorest and the most vulnerable populations. Tobacco smoking, harmful use of alcohol and other substance abuse, air pollution, exposure to silica dust, living with HIV/AIDS, diabetes and malnutrition increase the risk of TB. Stigma and discrimination remain critical barriers to TB care.
We reaffirm our commitment to end the TB epidemic by 2030 as envisaged in the Agenda 2030 for Sustainable Development and its Sustainable Development Goals (SDGs), the World Health Organization (WHO) End TB Strategy, and the Stop TB Partnership Global Plan to End TB 2016-2020. We acknowledge that to fundamentally transform the fight against TB, we need to:

(i) address all the determinants b of the TB epidemic including through a high-level commitment to, and implementation of, a multisectoral approach; b
(ii) achieve rapid progress towards the goal of universal health coverage through health systems strengthening, while also ensuring universal access to quality people-centred TB prevention and care, ensuring that no one is left behind;
(iii) implement measures aimed at minimizing the risk of the development and spread of drug resistance taking into account global efforts to combat AMR;
(iv) secure sufficient and sustainable financing, especially from domestic sources, and mobilize, as needed, additional financing from development banks, development partners and donor agencies;
(v) advance research and development, as well as rapid uptake, of new and more effective tools for diagnosis, treatment, drug regimens, and prevention including vaccination, and ensure that we translate existing and emerging knowledge into concrete action to achieve rapid results;
(vi) actively engage people and communities affected by, and at risk of, TB.
Furthermore, an effective TB response requires a global, regional, cross-border and country specific approach with multisectoral and multi-stakeholder actions, with recognition of: (i) significant differences among and within countries with high, intermediate and low incidence of TB and MDR-TB, (ii) demographic and social trends such as population ageing and urbanization, and (iii) needs of the affected individuals and communities, and the challenges in reaching and identifying all people with TB and providing them with appropriate care.
We recognize this First WHO Global Ministerial Conference, Ending TB in the Sustainable Development Era: A Multisectoral Response, convened by the WHO and the Government of the Russian Federation, as a fundamental milestone towards the United Nations General Assembly (UNGA) High-Level Meeting on TB in 2018. To fulfil the commitments and calls to action in this Declaration, and to achieve the most from the UNGA High-Level Meeting, we need to enlist the full engagement of, and collaboration among, heads of state, UN leadership and other global leaders; technical agencies and academia; private sector and philanthropic foundations; civil society and other relevant partners (such as patients groups, health professionals, social and community workers organizations and funding agencies).


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結核終結に向けたモスクワ宣言 1(前文) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる