エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『世界エイズデー2017の先を見据えて』 HIV.gov 

<<   作成日時 : 2017/11/14 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説) 今年の世界エイズデーに向けた米国のテーマは、Increasing Impact Through Transparency, Accountability, and Partnerships(透明性と説明責任とパートナーシップで成果を上げる)です。米国の啓発サイトHIV gov.は11月1日、テーマの発表に合わせ、米大統領エイズ救済緊急基金(PEPFAR)を統括するデボラ・バークス大使のメッセージを掲載しました。その日本語仮訳です。



世界エイズデー2017の先を見据えて  2017年11月1日
  デボラ・バークス大使、米国世界エイズ調整官、米国務省国際保健外交特別代表
https://www.hiv.gov/blog/looking-ahead-world-aids-day-2017

 米保健福祉省HIV/エイズ感染症対策事務所、リチャード・ウォリツキー所長のノート:世界エイズデーの行事を準備する中で、今年のテーマに関するバークス大使のメッセージを歓迎します。彼女が指摘するように、私たちはいまこのパンデミックの行方を大きく変えるまたとない機会を得ています。資金を最大限、有効かつ効率的に活用し、できる限り大きな成果を上げなければなりません。説明責任と透明性が不可欠です。期待される成果が上がらなければ、改善が必要です。HIV陽性者を支え、HIVで亡くなった人の栄誉を守る最善の方法は、流行終結に向けて最大の成果をあげられるよう努力することです。


 国際社会は毎年12月1日を世界エイズデーとしています1。エイズで亡くなった人を偲び、HIV陽性者やHIV感染の高いリスクにさらされている人を助け、支援にあたるケア提供者や家族、友人、コミュニティをたたえる1日です。
 2017年の世界エイズデーのテーマをここに発表します:透明性と説明責任とパートナーシップで成果を上げる。
 このテーマは内外におけるHIV/エイズの流行と闘ってきた米国政府の長期にわたるリーダーシップを反映したものです。そして、この流行を危機の状態から制圧へと移行させるにはどうしたらいいのかを示しています。米国内および世界全体で公衆衛生上の脅威としてのHIV/エイズの流行を終結に導くには、いまが対策の強化を図る歴史的な機会であることを明らかにしてもいます。そして、私たちが共通の目標を達成するには透明性、説明責任、パートナーシップが不可欠であることを強調しています。
 HIV/エイズ対策はいま、かつてない局面にあります。近代史上初めて、ワクチンにも完治療法にも頼ることなく、パンデミックの行方を変える手段を手にしたのです。流行の制御は予防と排除、あるいは根絶に向けた現場の活動にかかっています。効果的なHIVワクチンと完治治療法に向けた継続的かつ更なる科学的ブレークスルーにももちろん、期待しています。 
 HIV/エイズに取り組む米国政府のリーダーシップと約束は、アメリカの人びとの善意と共感と寛容が直接、反映したものであり、すべての部門のパートナーと協力することで一層の大きな力を発揮することができます。
 世界のどこにいても、そして、それぞれの組織やコミュニティや隣近所でどんな役割を担っているにしても、皆さんが私たちとともに理解を広げる動きに加わること、そしてそのためにどのような行動をとられているかを示すことを期待しています。
 世界エイズデーについては、PEPFAR.gov および HIV.govをご覧ください。そしてソーシャルメディアでは ハッシュタグ #WAD2017 を使ってください。
 


Looking Ahead to World AIDS Day 2017
By: Ambassador Deborah L. Birx, U.S. Global AIDS Coordinator & U.S. Special Representative for Global Health Diplomacy at the U.S. Department of State | Published: November 01, 2017


Director’s Note from Richard Wolitski, Ph.D., Director, HHS Office of HIV/AIDS and Infectious Disease Policy: As we prepare for the annual observance of World AIDS Day, we welcome this message from Ambassador Birx sharing this year’s theme. As she notes, we now have the unprecedented opportunity to change the course of the pandemic. This brings with it the obligation to ensure that our resources are being used in the most efficient and effective ways and are having the greatest possible impact. Accountability and transparency are essential aspects of this. If results are not what we need them to be, we must take action to improve them. The best way to honor people living with HIV and those we’ve lost is to achieve the greatest possible impact in all the work that we do to end the epidemic.

Every year, the global community commemorates World AIDS Day on December 1. It is a time to honor those who have lost their lives to AIDS, communicate our ongoing commitment to assist those who are living with or at risk for HIV, and celebrate the caregivers, families, friends, and communities that support them.

I am proud to announce the theme for World AIDS Day 2017: Increasing Impact Through Transparency, Accountability, and Partnerships.

This theme reflects the United States government’s longstanding leadership in addressing HIV/AIDS both at home and abroad and how we are increasing our impact to move epidemics from crisis toward control. It also highlights the historic opportunity we have to accelerate progress toward ending the HIV/AIDS epidemic as a public health threat in the United States and around the world. Finally, it emphasizes the critical role of transparency, accountability, and partnerships in reaching our collective goals.

We are at an unprecedented moment in the HIV/AIDS response. For the first time in modern history, today we have the tools to change the very course of a pandemic by controlling it without a vaccine or a cure. Controlling the epidemic would lay the groundwork for preventing, eliminating, or eradicating it, which we hope will be possible through continued and future scientific breakthroughs for an effective HIV vaccine and cure.

The U.S. government’s leadership and commitment to addressing HIV/AIDS are a direct reflection of the goodwill, compassion, and generosity of the American people and are enhanced by our collaboration with partners from all sectors.

We hope that you will join us from wherever you are around the globe and in whatever role you play in your organization, community, or neighborhood to raise awareness and show how you are taking action.

For everything World AIDS Day, follow PEPFAR.gov and HIV.gov, and use the hashtag #WAD2017 on social media.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第111号(2017年11月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第111号(2017年11月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2017/12/05 19:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『世界エイズデー2017の先を見据えて』 HIV.gov  エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる