エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS IAS2017パリ声明『HIV科学研究の重要性』

<<   作成日時 : 2017/08/15 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 (解説) 7月23日(日)から26日(水)まで、パリで開かれた第9回国際エイズ学会HIVに関する学術会議(IAS2017)のパリ声明『The Paris Statement: HIV Science Matters』の日本語仮訳です。声明は会議に先立ち、IAS2017公式サイトに掲載され、会議でも報告されています。 
 日本語仮訳のタイトルは少し意訳気味に『HIV科学研究の重要性』としました。会議の主催者である国際エイズ 学会(IAS)と国立エイズ・ウイルス性肝炎研究機関(ANRS)が連名で発表し、会議でも報告されました。
 声明ではHIV学術研究で重視すべき5つの領域が上げられています。その中で太字にして強調されている部分は以下の通りです。

 1 基礎医学
 2 ワクチン開発
 3 治療薬の処方や服薬支援
 4 予防への投資と構造的障壁の克服
 5 経済、投資効果

 また、最後のまとめ部分では次のように指摘しています。
 『学際的なアプローチと社会、文化的な側面に対応する研究プログラムをもっと増やしていかなければなりません;参加型でコミュニティに基盤を置いた研究を強化する必要があります;そしてキーポピュレーションとHIV陽性者が研究の優先度の決定に関われるよう意味のあるかたちでの参加を保障することは、依然として揺らぐことのない原則です』
 国際的にはこのあたりが共通認識として定着しているのでしょうね。



 IAS2017パリ声明:HIV科学研究の重要性
http://www.ias2017.org/The-Paris-Statement-HIV-Science-Matters
 
 科学的知識はHIV対策の根幹です。過去30年以上にわたり、科学研究がHIVおよびその管理に関する私たちの理解を形成し、考え方に影響を与え、HIV関連の疾病を減らし、防ぎ、HIV陽性者の生活を改善し、新規感染を予防するためのよりよい方法をさぐる道を示してきました。科学がHIV対策を推進してきたのです。私たちはHIVとの闘いにおいて並々ならぬ科学的成果をあげ、いまなお待ち受けているあらゆる課題の解決に向けた高い能力も有しています。それなのにHIVの科学研究に対し、十分な資金が確保できないという脅威に直面しています。
 研究に打ち込めることが約束されなければ、生涯にわたる治療を世界中の3700万人のHIV陽性者に提供し、流行を縮小に導くという野心的な目標は実現できません。HIV研究の進歩は、公衆衛生や他の疾病対策にも極めて広範な相乗効果を生み出してきました。最大限の科学的成果をあげ、その成果が失われないようにするには、以下のHIV研究の各分野で、持続的な研究への投資を保証する政治の意思が必要です。
 
1      最も基礎的なレベルにおけるHIVの理解、および宿主との相互作用の理解には、基礎医学への継続的な投資が必要です。HIV持続感染の分子細胞学的メカニズムの分析、ウイルスの制御などが最近の研究の優先課題です。HIVの治癒に向けた研究の充実には、動物モデルと有望な新技術への資金確保が必要です。がんや慢性疾患、感染症分野の共同研究も進めなければなりません。
2      地球規模の流行を制御するにはワクチンが必要です。予防、治療両方の目的でワクチン開発に向けた新たなアプローチをさぐる必要があります。予防ワクチンと免疫療法の開発に備え、細胞性免疫と液性免疫のそれぞれの特徴を調べることも、そうした研究に含まれます。
3      治療薬の処方や服薬支援の研究を必要とする何百万もの人たちのためにHIV治療薬の組み合わせを改善し、その成果を確認する。長期の服薬継続を助け、薬剤耐性の出現を減らせるような抗レトロウイルス薬(ARV)の組み合わせを開発することが優先課題です。ナノ、注射式その他の長期持続型処方、細胞拡散がよく副作用が少ない組み合わせ、小児用の組み合わせなどの開発も優先すべきです。HIV、結核、クリプトコッカス症の研究の相互協力も進めていく必要があります。実践適応科学は「検査−治療‐保持」における保持アプローチの理解を広げるために必要です。感染率の高い層が繰り返し検査を受けられるようにする新たな方式、定期的なウイルス量のモニタリング、服薬継続改善戦略、分化型サービス提供モデルの採用なども含まれます。
4      予防の選択肢は、予防を最も必要とする人に使いやすく有用でなければなりません。予防への投資と構造的障壁の克服に焦点を当て、多様な予防ツールを用意してアクセス改善をはかるべきです。その中にはHIVに最も感染しやすい人のための曝露前予防服薬(PrEP)も含まれます。コンビネーション予防の開発と規模拡大を継続して支援する必要があります。とりわけキーポピュレーション(男性とセックスをする男性、注射薬物使用者、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たち)、移住者、ジェンダーに配慮した若い世代へのアプローチなどへの支援は重要です。人文、社会科学研究はスティグマと差別への対応を優先課題とすべきであり、個別の条件にあわせて同性愛差別や性差別、外国人差別など流行の拡大要因の解消に取り組むアプローチを採用する必要があります。
5      臨床検査室や臨床試験の場を超えて、研究の経済、投資効果を高めるには、一貫した対応と革新的な資金確保モデルの創設が不可欠です。ジェネリック薬や生物学的同等薬剤の利用拡大も視野に入れつつ、低・中所得国でも使えるHIV検査薬、治療薬の価格モデルの検討や重感染症治療などの研究を継続しなければなりません。政治学、経済学では現在の資金ギャップへの対応やユニバーサルヘルスカバレッジの普及に向けた研究に取り組む必要があります。
 
 HIVの流行は到底、終わったとは言えません。エビデンスに基づく政策とプログラムの策定は深刻な資金ギャップに対応するための重要な要素です。学際的なアプローチと社会、文化的な側面に対応する研究プログラムをもっと増やしていかなければなりません;参加型でコミュニティに基盤を置いた研究を強化する必要があります;そしてキーポピュレーションとHIV陽性者が研究の優先度の決定に関われるよう意味のあるかたちでの参加を保障することは、依然として揺らぐことのない原則です。
 HIVの科学研究は重要です。流行の終結には、科学研究の継続的な貢献と、それを可能にする投資が必要です。
 
 
 
 
The Paris Statement: HIV Science Matters
Scientific knowledge is the backbone of the HIV response. Over the past 30 years, scientific research has shaped and influenced our understanding and management of HIV and has pointed continually to better ways to reduce or prevent HIV-related illnesses, improve lives for people living with HIV and prevent new infections. Science drives the HIV response. Yet our extraordinary scientific progress against HIV and our ability to address all of the scientific challenges still before us are threatened by a weakening resolve to fund HIV science.
We cannot achieve ambitious global goals, provide life-long treatment to the 37 million people living with HIV and reduce the epidemic without an unfaltering commitment to research. Progress in HIV science has far-reaching synergistic effects across public health, informing and supporting the response to other disease areas. Political commitment to sustained and predictable investment in a robust HIV science agenda must be strengthened in each of these areas to ensure that scientific progress against the epidemic is maximized and that gains are not lost:
 
 
1      Understanding HIV and its interactions with its host at the most fundamental level requires continuing investment in basic science. Current research priorities include the analysis of the molecular and cellular mechanisms of HIV persistence and viral control. To enhance research efforts towards an HIV cure, animal models and promising new technologies must be funded. Synergistic approaches with cancer, chronic and infectious diseases research must be promoted.
2      Controlling the global epidemic requires a vaccine and an ongoing and consistent commitment to investigating new approaches to vaccine development for both prophylactic and therapeutic use. Research efforts must include the characterization of different cellular and humoral immune responses to be harnessed in the development of preventive vaccine and immunotherapeutic strategies.
3      Improving HIV treatment options and outcomes for the millions of people who need it requires research on drug formulations and adherence support. These efforts should prioritize the development of antiretroviral (ARV) formulations that support long-term adherence and reduce the risk of viral resistance. Development efforts must include nano, injectable and other long-acting formulations, as well as optimal formulations with good tissue diffusion and few side effects and adapted to paediatric populations. Cooperation between HIV, TB and cryptococcosis research programmes must be promoted. Implementation science must continue to inform retention approaches across “Test-Treat-Retain”, including new modalities for repeat testing in high-incidence settings, routine viral load monitoring, improved client adherence strategies and the adoption of differentiated service delivery models.
4      Prevention options must be accessible to and useful for the people who need them most. Investment in prevention and overcoming structural barriers should focus on improving access to diversified prevention tools, including pre-exposure prophylaxis (PrEP), for people most vulnerable to HIV infection. Prevention research must continue to support the development and scale up of combination prevention, notably for key populations (men who have sex with men, people who inject drugs, sex workers, transgender people), migrants and the younger generation with a gender-sensitive approach. Research priorities in the humanities and social sciences must address stigma and discrimination and identify tailored approaches to reduce the drivers of the epidemic, including homophobia, sexism and xenophobia.
5      Beyond the laboratory and clinical trial setting, investments that better explore economics and financing are essential to supporting a sustained response and the creation of innovative financing models. Research must continue to inform thinking on pricing models for HIV diagnostics and medicines, as well as treatments for co-infections, that are modified in particular for low- and middle-income countries and take into consideration the expanded role of generics and bio-equivalents. Political and economic sciences must focus on existing financing gaps and work towards models that expand universal health coverage.
 
The HIV epidemic is far from over. Expanding the evidence base to guide policy and programme decisions is a key component in addressing critical research gaps. Multi-disciplinary approaches and research programmes adapted to a range of social and cultural contexts must be allowed to flourish; participatory and community-based research must be strengthened; and the meaningful involvement of key populations and people living with HIV in shaping research priorities must remain an unwavering principle.
HIV science matters. Ending the epidemic requires the continued contribution of and investment in science.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第108号(2017年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第108号(2017年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2017/09/01 22:28
TOP-HAT News 第108号(2017年8月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第108号(2017年8月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2017/09/01 22:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IAS2017パリ声明『HIV科学研究の重要性』 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる