エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『 UNAIDSがGIPA強化の新たな方針』  2007年3月30日GIPA関連文献

<<   作成日時 : 2016/09/04 15:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) 国際的なHIV/エイズ対策の重要な基本のひとつ、GIPA原則 に関する資料を探していたら、2007年に国連合同エイズ計画(UNAIDS)がPolicy Brief(政策方針)を発表していました。もう10年近く前のまとめなので、いまならKey Populations(鍵となる人びと)と呼ばれる人たちがMarginalized Populations(排除されがちな人びと)と表記されるなど多少の変化はありますが、基本的な考え方はいまも変わっていないように思います。
 UNAIDSの公式サイトには、この政策方針をさらにコンパクトにまとめた2007年3月30日付のFeature Story(特集記事)も載っていました。以下はそのコンパクト版の方の日本語仮訳です。Policy Briefそのものは下記URLからPDF版 を見ることができます。
http://www.unaids.org/en/resources/documents/2007/20070410_jc1299-policybrief-gipa_en.pdf

   ◇

国連合同エイズ計画(UNAIDS)がGIPA強化の新たな方針 2007年3月30日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2007/march/20070330gipapolicybrief

 HIV陽性者がエイズ対策に積極的に参加できるよう支援することは、国連合同エイズ計画(UNAIDS)の最も重要な目標の一つとなっている。この目標に向けてUNAIDSは各国政府、市民社会、国際ドナーに対する提言を含めたポリシー・ブリーフ(政策方針)をまとめた。提言には、世界全体や各地域、各国のエイズ対策へのHIV陽性者のより広範な参加を促進するにはどうすべきかが示されている。

 GIPA(HIV陽性者のより積極的な参加)は、HIV陽性者が自らの権利と責任を果たせるようにするための原則である。自らの生命にかかわる政策の決定プロセスに参加する権利も含まれている。GIPAにはエイズ対策の質と効果を高める狙いがあり、持続的に前に進むことが重要である。

 HIV陽性者の体験をエイズ対策に反映させる必要があるとの考え方は、1983年にデンバーで明らかにされている。1994年のパリ・エイズサミットでは、42カ国代表が「すべての段階においてHIV陽性者のより積極的な参加を促進し、政治的、法的、社会的にHIV陽性者を支える環境を生み出す努力をすること」に同意し公式のGIPA原則となった。

 GIPAはHIV陽性者が同等のパートナーであることを確認し、「サービス提供者」はHIVに感染していない人で、HIV陽性者は「サービスの受け手」であるといった単純で誤った考え方を打破するものである。

 新たなUNAIDSの政策方針は、これまでの流れを概観し、どうしてGIPA原則が長期的なエイズ対策の継続と発展の鍵となるのかを説明し、実現のために克服すべき課題を強調し、各国政府および他の機関が原則を行動へと変えるためになすべきことを示している。

 「単独でHIV陽性者のニーズのすべてに対応できる機関はありません。したがって、さまざまな立場の関係機関による協力が重要です」とUNAIDSのGIPA担当者、ケイト・トンプソンは語る。「HIV陽性者の積極的な参加を可能にするため、UNAIDSは各国政府およびすべての関係機関に対し、HIV陽性者がより積極的に実体のあるかたちで参加できるよう席を確保すること、そして実質的な支援を行うことを要請しています」

 各国政府、国際機関、市民社会には、HIV陽性者、および女性、若者、排除されがちな人びとが政策決定の場に参加するには、最低でも何が必要かを定め、それを実行し、モニターするよう求めている。

 政策方針はまた、選定の手続きがインクルーシブで透明かつ民主的なこと、HIV陽性者が資金配分の決定に関与できるようにすること、HIV対策の企画、設計、実施、モニタリング、評価のすべてに最初から関与できるようにすることの必要性を強調している。「HIV陽性者の参加は、予防、治療、ケア、支援のサービスへのユニバーサルアクセス実現に向けて、各国がエイズ対策の規模を拡大するうえで最優先すべき課題である」と政策方針は述べている。


広範な利益
 HIV陽性者の参加度を測ることは容易ではないし、厳密な科学的方法があるわけでもない;ただし、コミュニティが率先して自らの健康の改善に取り組めば、対策が成功する可能性が高くなることは経験的に示されている。個人およびコミュニティがHIVに感染しやすくなる要因に関し、HIV陽性者には直接的な経験がある。結果として、プログラムの開発と実施に陽性者が関与することにより、妥当で受け入れやすく、効果の高い対策を進められるようになる。

 「HIV陽性者は自らの経験に基づきエイズ分野の様々な組織や機関にユニークな視点を提供できます」と世界HIV陽性者ネットワークGNP+の国際コーディネーター、ケビン・ムーディ博士はいう。

 政策方針が強調するように、GIPAの利益は広い範囲にまたがっている。個人レベルでは、関与が自己肯定感と意欲を高め、孤立感や抑鬱を防ぎ、ケアや予防の情報を得ることで健康状態の改善にも資する。組織的には、HIV陽性者に対する認識を変え、貴重な経験や知識が得られることになる。コミュニティや社会のレベルでは、HIV陽性者が公的な場に参加することで、HIV陽性者の顔が見え、社会の一員として貢献を果たしていることが分かるので、社会的な恐怖や偏見を打ち破ることができる。

 「HIV陽性者の参加と貢献は、世界の公衆衛生の進歩を示す最良の事例の一つです。私たちは自らの感染を明らかにしたら石をもって追われ、殺されてしまうような状態から、国際的な政策を策定するために世界の指導者とともに招待されるところまでこぎ着けました」とボリビアHIV陽性者ネットワークのグラシア・ビオレタ・ロス代表は話す。「なすべきことはまだ、あまりにも多く残されているとはいえ、歴史的にも誇るべき大きな変革をもたらしてきたのです」と彼女はいう。


原則から行動へ:先行事例に学ぶ
 政策方針はGIPA原則を実行に移した政策担当者や各国、コミュニティの活動事例を示している。タンザニアでは国会議員の80%がタンザニア・エイズ議員連盟(TAPAC)のメンバーとなっている。原則を行動に移すためにTAPACは、HIV陽性者を顧問に採用し、定期会合を開いている。TAPACのメンバーは地元選挙区でもHIV陽性者と会い、GIPAに賛同していることを公的な場で語っている。「計画は(HIV陽性者の)ために立てるのではなく、HIV陽性者とともに立てるのです。政治の指導者は法律を作り、対策に予算を付け、HIVをノーマライズするようなかたちで語ることによってHIV陽性者を擁護できます」とUNAIDSの政策方針に「声」として取り上げられたHIV/エイズ対策アフリカ議員連盟の議長でタンザニア・エイズ議員連盟のレディアナ・マフル・ムンゴンゴ議員はいう。

 「HIVとの闘いに勝利を望むなら、HIV陽性者がエイズ対策に全面参加する必要があります。同時にHIV陽性者は団結する必要もあるのです。政策担当者に影響を与え、GIPAを実現するために自らの組織を強化し、声を一つにしなければなりません」と彼は付け加えた。

 カザフスタンも同じように政策方針で紹介されている。HIV陽性者の参加が加速している国だ。現在では全国および地方レベルの戦略計画の策定とモニタリング、評価のプロセスにHIV陽性者が積極的に関与している。

 しかし、共和党エイズセンター(国のエイズプログラム)事務局長、ヤラシボラ・イシドラ博士は政策方針の中で、HIV陽性者の参加は簡単なわけでも歓迎されているわけでもないと説明する。カザフスタンではHIV陽性者の多くが注射薬物使用者やセックスワーカーであり、対策への参加を危ぶむ声や反対論がしばしば起きているのだ。それでも政策担当者はこの動きを推進しようとしている。

 「私たちは(HIV陽性者のグループやネットワークの中で)いくつかのパートナーを見つけてきました。率先して行動し、意見が反映させるために個人または組織の能力強化に向けた支援を行っています」と彼女は説明する。ゆっくりとだが確実にカザフスタンでは成果が現れている。中央アジア最大のHIVの流行に見舞われた都市テミルタウでは、自らの感染について語るHIV陽性者が増えて社会的な理解が広がり、スティグマは減っている。

 「政府および非政府組織が対等の立場で加わるプラットフォームで自らのニーズについて語れる機会があれば、陽性者はエイズがもたらした課題の解決に大きく貢献することができます」




UNAIDS acts to strengthen ‘GIPA’ with new policy
30 March 2007

Supporting the active engagement of people living with HIV in the AIDS response is one of UNAIDS’ most important goals. Building on its work in this area, UNAIDS has developed a policy brief with recommendations for governments, civil society and international donors on how to increase and improve the involvement of people living with HIV in global, regional and country AIDS responses.

GIPA or the ‘Greater Involvement of People Living with HIV/AIDS’ is a principle that aims to realize the rights and responsibilities of people living with HIV, including their right to participation in decision-making processes that affect their lives. GIPA aims to enhance the quality and effectiveness of the AIDS response and is critical to progress and sustainability.

The idea that personal experiences should shape the AIDS response was first voiced by people living with HIV in Denver in 1983. The GIPA Principle was formalized at the 1994 Paris AIDS Summit when 42 countries agreed to “support a greater involvement of people living with HIV/AIDS at all levels and to stimulate the creation of supportive political, legal and social environments”.

GIPA seeks to ensure that people living with HIV are equal partners and breaks down simplistic and false assumptions that those living without HIV are “service providers” and as those living with HIV are “service receivers”.

The new UNAIDS policy brief gives an overview of the context for the policy brief, underlines why this principle is key to the long-term sustainability and development of the AIDS response, highlights some of the challenges to achieving GIPA and outlines a number of actions governments and other bodies need to implement to ensure the principle is put into practice.

“No single agency can provide for the full spectrum of needs of people living with HIV: partnerships between actors are therefore needed,” says Kate Thomson, UNAIDS GIPA focal point. “To enable the active engagement of people living with HIV, UNAIDS urges all actors to ensure that people living with HIV have the space and the practical support for their greater and more meaningful Involvement.”

Governments, international agencies and civil society are urged to implement and monitor minimum targets for the participation of people living with HIV, including women, young people and marginalized populations, in decision-making bodies.

The policy brief also underlines that selection processes should be inclusive, transparent and democratic and that people living with HIV should be involved in developing funding priorities and in the choice, design, implementation, monitoring and evaluation of HIV programmes from their inception. “The engagement of people living with HIV is all the more urgent as countries scale up their national AIDS responses to achieve the goal of universal access to prevention, treatment, care and support services,” states the brief.

Wide ranging benefits

Measuring involvement of people living with HIV in policy is not an easy or exact science; yet, experiences have shown that when communities are proactively involved in ensuring their own well-being, success is more likely. People living with HIV have directly experienced the factors that make individuals and communities vulnerable to HIV infection. As a result, their involvement in programme development and implementation and policy-making will improve the relevance, acceptability and effectiveness of programmes.

“Positive people bring the unique perspective of their experience to the range of organizations and agencies working in AIDS, “ says Dr Keven Moody, International Coordinator for the Global Network of People Living with HIV and AIDS, GNP+.

As the policy brief underlines, the benefits of GIPA are wide ranging. At the individual level, involvement can improve self-esteem and boost morale, decrease isolation and depression, and improve health through access to better information about care and prevention. Within organizations, the participation of people living with HIV can change perceptions, as well as provide valuable experiences and knowledge. At the community and social levels, public involvement of people living with HIV can break down fear and prejudice by showing the faces of people living with HIV and demonstrating that they are productive members of, and contributors to, society.

“The participation and contribution of people living with HIV is one of the best examples of global progress in public health. We have come from a place where people openly living with HIV were stoned to death, to a place where we have been invited to stand among the leaders of the world to shape international policies,” said Gracia Violeta Ross, the National Chiar of the Bolivian Network of People Living with HIV/AIDS. “There is still a long way to walk but we have made historical changes and gains of which we can be proud,” she said.


From principle to action: Leading by example

The policy brief draws on examples of policy makers, county and community actions that are transforming GIPA from principle to action. In Tanzania, nearly 80% of Tanzanian parliamentarians are dues-paying members of the Tanzanian Parliamentarians’ AIDS Coalition (TAPAC). Putting the principle into practice, TAPAC engages people living with HIV as advisers and organizes regular roundtable meetings with them to discuss issues. TAPAC members meet people living with HIV in their constituencies and publicly speak up in favour of GIPA. “You cannot plan for [people living with HIV]; you have to plan with them! Political leaders have to stand up for the rights of people living with HIV by enacting laws, budgeting for programmes and also by speaking up in ways that will normalize HIV,” said the Honourable Lediana Mafuru Mng’ong’o, Member of Parliament, Tanzania, Chair of the Coalition of the African Parliamentarians against HIV/AIDS and the Tanzanian Parliamentarians’ AIDS Coalition, who’s ‘voice’ is featured in the UNAIDS policy brief.

“If we want to win the battle against HIV, the full participation of people living with HIV in the AIDS response is necessary. At the same time, people living with HIV need to stand united, they need to strengthen their organizations and they need to speak with one voice in order to influence policy makers and to realize GIPA,” he added.

Similarly in Kazakhstan-also featured in the policy brief― there is a growing movement to engage people living with HIV in the response. Today, the country’s national and local level strategic planning and monitoring and evaluation processes actively engage people living with HIV.

But a s Dr Yerasilova Isidora, Director General, the Republican AIDS Centre (National AIDS Programme) outlines in the policy brief, the involvement of people living with HIV is not always straightforward, or welcomed. In Kazakstan the majority of people living with HIV are injecting drug users and sex workers and involving them in the response is often met with mistrust and opposition. Nevertheless, policy makers have taken a stand and pushed forward the agenda.

“We have managed to identify several partners [among groups and networks of people living with HIV] and have supported them by developing their personal and institutional capacities to become proactive and to make their voices heard,” she explains in the brief. Slowly but surely, Kazakstan is seeing results: In Temirtau, the city facing the largest HIV epidemic in Central Asia, more people living with HIV are openly talking about their status, which is improving public understanding and reducing stigma.

“Positive people have a great deal to contribute towards the challenges posed by AIDS, if they are given the opportunity to spell out their needs on an equal platform with government and non-government organizations.”


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『 UNAIDSがGIPA強化の新たな方針』  2007年3月30日GIPA関連文献 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる