エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『政治宣言は2030年エイズ流行終結に向け、世界を高速対応軌道に乗せる』(UNAIDSプレス声明)

<<   作成日時 : 2016/06/21 12:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


(解説)エイズ終結に関する国連総会ハイレベル会合の2016政治宣言が8日、NYの国連本部で採択されたのを受け、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が発表したプレス声明の日本語仮訳です。
 政治宣言に何が書かれているか。その概要説明ですね。書かれていることだけでなく、宣言に盛り込めなかったことにも言及があります。たとえば、「予防アウトリーチの拡大」の項ではこんな一文が加えられています。
《しかし、政治宣言は様々な地域で最も高いリスクにさらされているキーポピュレーションにきちんと存在を明示できるようなかたで言及することはできなかった》
「女性・10代の少女、若者およびジェンダーの平等への新たな焦点」には、もっと長く・・・。
《しかし、ほとんどの地域で性感染が流行の大きな拡大要因になっているという現実があるのに、政治宣言は包括的セクシャリティ教育を明確なターゲットとして入れることはできなかった。サハラ以南のアフリカでは新規HIV感染の98%以上が性感染である。政治宣言は、情報、自己決定、同意、非差別の権利を含む性の権利については、効果的なエイズ対策の中核であるのに、除外している》
 国連の文書には大国間の利害や思惑が、手を変え品を変え潜り込んできます、ゼロドラフトに入っていたのに後で削られちゃった部分には、UNAIDSとしても不本意なものもあると推察されます。
 それでも得られたものも大きいので、こんな文書じゃだめだとすっぱり切っても捨てられない。宣言が採択されちゃった以上、ある程度、割り切るところは割り切って、文書には十分、明示されなかったけれど、これは大事・・といったことを言い募って既成事実化するというテクニックも重要です。
 その意味では、ゼロドラフトの段階でまず公開しちゃうという方式は悪くないですね。

    ◇

エイズ終結に関する2016国連政治宣言は2030年のエイズ流行終結に向け、世界を高速対応軌道に乗せる
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2016/june/20160608_PS_HLM_PoliticalDeclaration

【ニューヨーク/ジュネーブ 2016.6.8】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)はエイズ終結に関する2016年国連総会政治宣言の新たなゴールとターゲットと約束を歓迎する。加盟国は2030年のエイズ流行終結に向けた対応を加速させるという歴史的かつ緊急な課題に合意した。政治宣言により、今後5年間のエイズ対策の高速対応は世界の使命となった。
 世界の指導者たちは、エイズ終結をいま果たせている国はないということ、そしていかなる国もHIV対策から降りることはできないということを認識した。国連加盟国は持続可能な開発のための2030アジェンダの実行に取りかかる中で、2030年のエイズ流行終結という目標の実現は、2020年までの高速対応を果たすことで初めて可能になるということを認めている。
 エイズ終結に関する政治宣言で採択されたターゲットと約束:HIVとの闘いを加速させ、2030年にエイズの流行を終結に導くための高速対応は、保健、開発、不公正、不平等、貧困、紛争の間にある深いつながりに世界が取り組むための指針となるものだ。

共有されたビジョン
 2016政治宣言は持続可能な開発2030アジェンダを支える以下のゴールの達成を世界に呼びかけている。
 1 2020年までに年間の新規HIV感染者数を50万人以下に抑える。
 2 2020年までにエイズ関連の死者を50万人以下に抑える。
 3 2020年までにHIV関連のスティグマと差別をなくす。
 政治宣言はこれらのゴールが強いリーダーシップおよびHIV陽性者、コミュニティ、市民社会の参加がない限り実現はしないということをはっきりと述べている。

治療を受けられる人を倍増へ
 2015年末時点で、HIV治療を受けている人の数は1700万人に達した。2015年の目標を200万人上回る成果である。指導者らは、90%のHIV陽性者(子供、若者、成人)が自らの感染を知り、そのうちの90%が治療を受け、さらに治療を受けている人の90%がウイルス量を低く抑える状態になるようにすることを誓約した。
 各国はさらに、子供の治療カバー率が低い現状に対応することも約束した。

 1 90-90-90ターゲット実現に向け、2020年までに治療を受けられる人を3000万 に増やす。
 2 2018年までに160万人の子供のHIV陽性者がHIV治療を受けられるようにする。

予防アウトリーチの拡大
 HIV予防ターゲットでは、各国がそれぞれの状況にあわせ、女性・10代の少女、移住人口層、キーポピュレーション ― セックスワーカー、男性とセックスをする男性、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人たち、受刑者 ― のニーズに応える包括的予防サービスへのアクセスを広げるよう求めている。HIVの感染率が高い地域および感染の高いリスクにさらされている集団には、とりわけアウトリーチを強化するよう力を入れる必要がある。
 流行はそれぞれの国や地域で異なることから、政治宣言は場所と集団に着目する必要があることを認識し、子供や若者、成人の予防と治療について地域ごとにターゲットを設定して活動に取り組み、説明責任を果たすことを勧めている。そこには以下のことが含まれる。

3 2020年までに、すべての女性・10代の少女、キーポピュレーションにハームリ ダクションを含む包括的なHIV予防サービスが届くようにする。
 4 2020年までにHIV感染の高いリスクにさらされている300万人に対し曝露前予防(PrEP)が届くようにする。
 5 2020年までにHIV感染率の高い地域の若い男性2500万人が自発的な割礼手術を受けられるようにし、低・中所得国で200億個のコンドームを使えるようにする。

 しかし、政治宣言は様々な地域で最も高いリスクにさらされているキーポピュレーションにきちんと存在を明示できるようなかたで言及することはできなかった。

子供の新規HIV感染を防ぐ
 子供の新規HIV感染をなくし、その母親が健康に暮らしていけるようにするという約束は、母親には直ちに生涯にわたる抗レトロウイルス治療のアクセスを保障することを強調するとともに、新政治宣言で再確認された。

 6 2020年までにすべての地域で、子供の新規感染を95%減らし、排除の状態に持ち込む。

女性・10代の少女、若者およびジェンダーの平等への新たな焦点
 新規HIV感染全体の3分の1を占める毎日2000件の感染が若者の間で起きている。それなのに若い女性の28%しかHIVの正確な知識を持っていない。若者が自らの健康に対する権利、性と生殖に関する健康およびHIV予防に関する包括的な教育の権利を実現するために重要な役割を担えるようにすることを指導者たちは約束した。また、政治宣言は性と生殖に関する健康と権利に対するユニバーサルアクセスの重要性も認めている。
 指導者たちは流行が女性、とりわけサハラ以南のアフリカの若い女性と10代の少女に大きな打撃を与えていることを強調した。
 政治宣言は、女性が自らをHIVから守る能力を高めるため、ジェンダーの平等を実現し、女性のリーダーシップに投資し、女性と女児に対するあらゆるかたちの暴力をなくすことを約束している。この点については男性・男児の参加も不可欠である。

 7 2020年までに15–24歳の少女・若い女性のHIV新規感染を世界全体で年間10万人以下に減らす。
 8 ジェンダーの不平等およびジェンダーに基づく迫害や暴力をなくす。
 9 ジェンダーに基づく暴力、性的暴力、家庭内および親密なパートナーによる暴力など女性・女児に対するすべてのかたちの暴力と差別をなくす。紛争下や紛争後、人道上の危機状況の時期を含む。
 10 若者のリーダーシップを奨励し、支援する。性と生殖に関する包括的教育の普及をはかり、人権をまもる。

 しかし、ほとんどの地域で性感染が流行の大きな拡大要因になっているという現実があるのに、政治宣言は包括的セクシャリティ教育を明確なターゲットとして入れることはできなかった。サハラ以南のアフリカでは新規HIV感染の98%以上が性感染である。政治宣言は、情報、自己決定、同意、非差別の権利を含む性の権利については、効果的なエイズ対策の中核であるのに、除外している。

健康への権利はすべての人に、すべての場所で認められている
 政治宣言はさらに、HIV陽性者、HIV感染の高いリスクにさらされている人、HIVに影響を受けている人の人権がいまなお、尊重されているとは言えないこと、人権侵害が依然、HIV対策の大きな妨げになっていることを認識している。加盟国は対策の障壁となり、スティグマと差別を増幅させる法律を見直し改正すること、HIV感染の高いリスクにさらされている人たち、とりわけセックスワーカー、男性とセックスをする男性、注射薬物使用者、トランスジェンダーの人たち、受刑者らを含め、人びとが差別のない保健医療サービスを受けられるようにすることを誓約した。

 11 2020年までにスティグマや差別を強める法律、サービスへのアクセスや渡航を制限する法律、HIV感染を知らせなかったり、曝露したり、うつしたりすることを犯罪とする法律を見直し改正する。
12 2020年までに保健医療分野におけるスティグマや差別などの障壁を撤廃する。
 13 HIV陽性者、HIV感染のリスクにさらされている人、HIVに影響を受けている人がHIVに配慮した社会保障の利益を得られるよう2020年までに社会保障と児童養護システムを強化する。

エイズの孤立を脱する
 政治宣言はエイズ対策が持続可能な開発のための2030アジェンダ全体の進展を促すものであると明言している。ユニバーサル・ヘルス・カバレッジや社会保障へのアクセスを呼びかけるものだからだ。HIVを超えるターゲットを採択することで、加盟国は結核やB型、C型肝炎、子宮頸がん、ヒトパピローマウイルス、非感染症疾患、新興・再興感染症などの幅広い保健課題との統合的アプローチの重要性を強調している。

 14 2020年までに結核関連のエイズによる死者を75%減らす。
 15 2020年までに感染の高いリスクにさらされている集団の90%を含め、結核治療が必要な人の90%に接触し、少なくとも90%の治療に成功する。
 16 2020年までに慢性B型、C型肝炎の新規症例を30%減らす。
 17 2020年までにB型肝炎で500万人、慢性C型肝炎で300万人を治療する。

エイズ終結への資金確保
 これらのターゲットを確実に達成するため、指導者たちは野心的かつ具体的な資金確保とエイズ対策高速対応に有効な資金の配分を約束した。また、加盟国は世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)の第5次増資に向けて130億ドルの拠出を呼びかけた。加盟国は民間部門に対し、投資やサプライチェーン強化のためのサービス提供、職場の対策、保健用品へのソーシャルマーケティング、行動変容などを通し各国を支援する戦略的関与を拡充させるようよう求めた。

 18エイズ対策には 2020年までに少なくとも毎年260億ドルの投資が必要であり、資金ギャップを埋めるために投資の増額と前倒しを行う。
19 2020年までのエイズ支出の少なくとも25%はHIV予防に投資し、6%はアドボカシーやコミュニティ活動、政治的対応、アウトリーチプログラム、パブリックコミュニケーションなどの社会活動にあてる。また2030年までにすべてのサービスの少なくとも30%はコミュニティ主導で行う。
 20 安全で効率的で価格が手ごろなジェネリック薬、診断薬、関連保健技術へのアクセスを阻む規制や政策や慣行を変えるよう取り組む。知的所有権の貿易関連の側面(TRIPS)に関する合意の柔軟性を十分に活用し、各地域、地方で、品質が保証され、手頃な価格の医療用品の開発、製造、配達能力を強化することも含まれる。

説明責任と持続可能性
 加盟国はモニタリングを強化し、説明責任を果たすために数多くの約束を行い、HIV陽性者、HIVに影響を受けている人、HIV感染の高いリスクにさらされている人の積極的な関与を求めた。国連事務総長には引き続き、UNAIDSの助力により、総会に年次報告を行うよう要請した。また、社会、経済、政治的側面からのエイズ対策の進捗状況を検証するためにHIVとエイズに関するハイレベル会合を開催することを決めた。政治宣言はまた、加盟国にも国連やUNAIDSが持続可能な開発のための2030アジェンダの達成を求めた。
 前に進もう。エイズ関係者は前進を阻む最も強固な障壁を打ち破るためのプレッシャーを強め、政治宣言が尊厳と社会の正義を実現するための役割を確実に果たしていかなければならない。



2016 United Nations Political Declaration on Ending AIDS sets world on the Fast-Track to end the epidemic by 2030

NEW YORK/GENEVA, 8 June 2016―UNAIDS welcomes the new goals, targets and commitments of the 2016 United Nations General Assembly Political Declaration on Ending AIDS. Countries have agreed to a historic and urgent agenda to accelerate efforts towards ending the AIDS epidemic by 2030. The Political Declaration provides a global mandate to Fast-Track the AIDS response over the next five years.

Global leaders recognized that no country has ended AIDS and that no country can afford to step back from responding to HIV. As Member States begin to implement the 2030 Agenda for Sustainable Development, it was acknowledged that ending the AIDS epidemic by 2030 would only be possible if Fast-Track Targets are met by 2020.

The targets and commitments, adopted in the Political Declaration on Ending AIDS: on the Fast-Track to Accelerate the Fight against HIV and to End the AIDS Epidemic by 2030, will guide the world in addressing the critical linkages between health, development, injustice, inequality, poverty and conflict.

A shared vision
The 2016 Political Declaration calls on the world to achieve the following goals in support of the 2030 Agenda for Sustainable Development:

1 Reduce new HIV infections to fewer than 500 000 globally by 2020.
2 Reduce AIDS-related deaths to fewer than 500 000 globally by 2020.
3 Eliminate HIV-related stigma and discrimination by 2020.

The Political Declaration affirms that these goals can only be realized with strong leadership and the engagement of people living with HIV, communities and civil society.


Doubling the number of people on treatment
At the end of 2015, the number of people on HIV treatment reached 17 million, exceeding the 2015 target of reaching 15 million people. Leaders pledged to ensure that 90% of people (children, adolescents and adults) living with HIV know their status, 90% of people living with HIV who know their status are receiving treatment and 90% of people on treatment have suppressed viral loads.

Countries further committed to urgently address low treatment coverage rates among children living with HIV.

1 Implement the 90–90–90 treatment target to ensure that 30 million people living with HIV access treatment by 2020.
2 Ensure that 1.6 million children living with HIV access HIV treatment by 2018.


Accelerating prevention outreach
HIV prevention targets encourage countries to promote access to tailored comprehensive HIV prevention services for all women and adolescent girls, migrants, key populations―sex workers; men who have sex with men; people who inject drugs; transgender people; and prisoners. Special efforts will be made to intensify outreach in locations of high HIV transmission with services for populations globally at higher risk of infection.

The Political Declaration recognizes the importance of location and population, as the epidemic is distinctive in each country and region and encourages regional action and accountability by setting regional targets on prevention and treatment for children, young people and adults, including to:

3 Reach all women, adolescent girls and key populations with comprehensive HIV prevention services, including harm reduction by 2020.
4 Reach 3 million people at higher risk of HIV infection with pre-exposure prophylaxis by 2020.
5 Reach 25 million young men in high HIV incidence areas with voluntarily medical male circumcision and make 20 billion condoms available in low- and middle-income countries by 2020.

The Political Declaration, however, fails to bring the needed visibility to key populations most affected in different regions.


Stopping new HIV infections among children
The commitment to eliminate new HIV infections among children and to ensure that their mothers’ health and well-being are sustained is reaffirmed in the new Political Declaration with an emphasis on ensuring that mothers have access to immediate and life-long antiretroviral therapy.

6 Eliminate new HIV infections among children by reducing new infections by 95% in every region by 2020.

A new focus on women, adolescent girls, young people and gender equality

Two thousand new HIV infections occur every day among young people, a third of all new infections, but only 28% of young women have accurate knowledge about HIV. Leaders have committed to supporting and enabling young people to play a critical role in leading the response by promoting the full realization of their right to health and comprehensive education on sexual and reproductive health and HIV prevention. The Political Declaration also recognizes the importance of universal access to sexual and reproductive health and reproductive rights.


Leaders placed strong emphasis on addressing the immense burden of the epidemic on women, especially young women and adolescent girls in sub-Saharan Africa.
The Political Declaration commits to achieve gender equality, to invest in women’s leadership and to end all forms of violence and discrimination against women and girls, in order to increase their capacity to protect themselves from HIV. The engagement of men and boys in doing so is indispensable.

7 Reduce to below 100 000 per year the number of adolescent girls and young women aged 15–24 years old newly infected with HIV globally by 2020.
8 Eliminate gender inequalities and gender-based abuse and violence.
9 End all forms of violence and discrimination against women and girls, such as gender-based, sexual, domestic and intimate partner violence, including in conflict, post-conflict and humanitarian settings.
10 Encourage and support the leadership of young people and scale up comprehensive education on sexual and reproductive health and protect their human rights.

The Political Declaration, however, stops short of including an explicit target for comprehensive sexuality education, despite the reality that the bulk of the epidemic in most regions is driven by sexual transmission. In sub-Saharan Africa, more than 98% of new HIV infections are sexually transmitted. The Political Declaration excludes sexual rights, including the right to information, autonomy, consent and non-discrimination, which are central to an effective AIDS response.


The right to health belongs to everyone, everywhere
The Political Declaration further recognizes that progress in protecting and promoting the human rights of people living with, at risk of and affected by HIV has been far from adequate, and that human rights violations remain a major obstacle in the response to HIV. Member States pledge to review and reform legislation that may create barriers or reinforce stigma and discrimination and to promote access to non-discriminatory health-care services, including for populations at higher risk of HIV, specifically sex workers; men who have sex with men; people who inject drugs; transgender people; and prisoners.

11 Review and reform laws that reinforce stigma and discrimination and restrict access to services, travel restrictions, mandatory testing and punitive laws related to HIV non-disclosure, exposure and transmission by 2020.
12 Eliminate barriers, including stigma and discrimination, in health-care settings by 2020.
13 Strengthen national social and child protection systems to ensure that, by 2020, 75% of people living with, at risk of, and affected by HIV benefit from HIV-sensitive social protection.


AIDS out of isolation
The Political Declaration affirms that the AIDS response will spur progress across the entire 2030 Agenda for Sustainable Development. It calls for universal health coverage and access to social protection. Adopting targets beyond HIV, Member States emphasized the continued importance of an integrated approach to a range of health issues, including tuberculosis, hepatitis B and C, cervical cancer, human papillomavirus, noncommunicable diseases and emerging and re-emerging diseases.

14 Reduce tuberculosis-related AIDS deaths by 75% by 2020.
15 Reach 90% of all people who need tuberculosis treatment, including 90% of populations at higher risk, and achieve at least 90% treatment success by 2020.
16 Reduce by 30% new cases of chronic viral hepatitis B and C by 2020.
17 Treat 5 million people with hepatitis B and treat 3 million people with chronic hepatitis C by 2020.


Financing the end of AIDS
To ensure that these targets can be achieved, leaders made ambitious and concrete commitments for financing and effective allocations to implement a Fast-Track AIDS response. Member States also called for US$ 13 billion for the Fifth Replenishment of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria. Member States encouraged the enhanced strategic engagement of the private sector to support countries with investments and service delivery for strengthening supply chains, workplace initiatives and social marketing of health commodities and behaviour change.

18 Increase and front-load investments to close the resource gap by investing at least US$ 26 billion a year in the AIDS response by 2020.
19 Invest at least a quarter of AIDS spending on HIV prevention and invest at least 6% of all global AIDS resources for social enablers, including advocacy, community and political mobilization, community monitoring, outreach programmes and public communication by 2020, and ensure that at least 30% of all service delivery by 2030 is community-led.
20 Address regulations, policies and practices that prevent access to safe, efficacious and affordable generic medicines, diagnostics and related health technologies, including by ensuring the full use of the Agreement on Trade-Related Aspects of Intellectual Property Rights (TRIPS) flexibilities, and strengthen regional and local capacity to develop, manufacture and deliver quality-assured affordable health products.


Accountability and sustainability
Member States made a number of commitments to enhance monitoring and accountability, urging the more active involvement of people living with, affected by and at risk of HIV. They call on the United Nations Secretary-General, with support from UNAIDS, to continue to provide annual reviews to the General Assembly and decided to convene a High-Level Meeting on HIV and AIDS to review progress in the AIDS response across its social, economic and political dimensions. The Political Declaration also calls on Member States to ensure that the United Nations and UNAIDS is fit to deliver on the 2030 Agenda for Sustainable Development.
Moving forward, AIDS stakeholders are encouraged to intensify pressure to address the most entrenched obstacles to progress and ensure that the Political Declaration can fulfil its role as an instrument for dignity and social justice.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第94号(2016年6月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第94号(2016年6月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2016/07/11 21:19
TOP-HAT News第100号(2016年12月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第100号(2016年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2016/12/29 10:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『政治宣言は2030年エイズ流行終結に向け、世界を高速対応軌道に乗せる』(UNAIDSプレス声明) エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる