エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト7

<<   作成日時 : 2016/05/18 23:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


効果的なエイズ対策の実現には地域のリーダーシップと制度を生かすことが不可欠である

63 地域機構、HIV陽性者、HIVに影響を受けている人たち、国連機関、民間部門、その他の関係者と協力し、以下のターゲットを達成することを約束する。

a 2010年をベースラインとして、年間の成人(15歳以上)の新規HIV感染者数をアジア太平洋地域では28万人から8万8000人に、東ヨーロッパ・中央アジアでは12万人から4万4000人に、東部・南部アフリカでは99万人から21万人に、ラテンアメリカ・カリブ諸国では9万8000人から4万人に、中東・北アフリカでは1万9000人から6200人に、西部・中央アフリカでは36万人から6万7000人に、西欧・中欧・北米では8万6000人から5万3000人に減らす。
b 2010年をベースラインとして、年間の子供(15歳未満)の新規HIV感染者数をアジア太平洋地域では2万6000人から1万9000人に、東ヨーロッパ・中央アジアでは1900人から100人未満に、東部・南部アフリカでは20万人から9400人に、ラテンアメリカ・カリブ諸国では4900人から500人未満に、中東・北アフリカでは2300人から200人未満に、西部・中央アフリカでは13万人から6000人に、西欧・中欧・北米では500人未満から200人未満に減らす
c 2014年をベースラインとして、治療を受けている成人の数をアジア太平洋地域で170万人から410万人に、東ヨーロッパ・中央アジアでは27万人から140万人に、東部・南部アフリカでは850万人から1410万人に、ラテンアメリカ・カリブ諸国では89万人から160万人に、中東・北アフリカでは3万人から21万人に、西部・中央アフリカでは150万人から450万人に、西欧・中欧・北米では110万人から200万人に増やす。
d 2014年をベースラインに治療を受けている子供(15歳未満)の数をアジア太平洋地域で7万3000人から9万5000人に、東ヨーロッパ・中央アジア(4)では1万4000人から7600人に、東部・南部アフリカでは60万人から69万人に、ラテンアメリカ・カリブ諸国(5)では2万3000人から1万7000人に、中東・北アフリカでは2000人から8000人に、西部・中央アフリカでは9万3000人から34万人に、西欧・中欧・北米では5000人から1300人にする。
   (4) (5) (6) EECA(東ヨーロッパ・中央アジア)、LAC(ラテンアメリカ・カリブ諸国)、WCE&NA(西欧・中欧・北米)では人数が少なくなる。これらの地域は子供の新規感染率自体がすでに非常に低く、いま治療を受けている子供は成長すると対象年齢から外れていくからだ。

64 地球規模のHIVとエイズ対策関連の手段と約束、とりわけこの宣言の実施、および地域内、地域間の協力や調整のために各国、地域間の情報、研究、エビデンス、経験を交換すること、このユニークな政治的、経済的リーダーシップを生かすことを奨励する。

65 経済社会理事会が各地域委員会に対し、それぞれの権限と資金の範囲内で、各国のHIVとの闘いの進捗状況を定期的かつ包摂的に検証するよう求めることを引き続き奨励する。この点では、アフリカ連合のピア検証メカニズムが貴重なモデルになる。ピアによる視点を基本にしたエイズ対策の検証を定期的に行うことを奨励する。この作業には保健省、保健以外の省、都市および各地元の指導者の参加を促し、市民社会にも独立の立場から参加して確実に役割を果たせるよう地位を保障しなければならない。

66品質が保障され、しかも手頃な価格で入手可能な治療薬、たとえばジェネリック薬や他の製品の開発、製造、販売が可能になるよう法律、政策、規制などで権限を与え、地域全体および各地方の能力強化をはかることを約束する。南北協力や南々協力、三角協力などを通して地域のマーケットを開発することを奨励する。そして、共同調達や正確な予測と遅滞のない資格審査などにより、すべての地域が自立したかたちで治療薬を供給できるようになることの必要性を強調する。


管理能力やモニタリング・説明責任能力の向上が人びとに利益をもたらす。

67この宣言の約束を実行するために、分野横断的な高速対応計画を支援するすべての関係者の間で、効果的かつエビデンスに基づく運用監視と評価、相互に説明責任を果たす透明でインクルーシブなメカニズムを確立することを約束する。そこにはHIV陽性者、HIVに影響を受けている人、HIVに対し脆弱性がある人、その他の関連する市民社会や民間部門の関係者が積極的に参加できるようにする。HIV陽性者スティグマ・インデックスがHIV関連の差別をモニターし、HIV陽性者が自らの権利を知るためのツールとなることに留意する。

68良質で信頼のできるデータを遅滞なく活用できるようにする努力を倍増させる。その中には、収入や性別、感染経路別、年齢、人種、民族、移住状態、障害、結婚の有無、地域分布、それぞれの国に関連する特徴などのさまざまな内訳ごとの発生率や有病率が含まれる。また、集団規模の推計や資金の配分、サービスへのアクセスなどを改善できるようにそうしたデータを活用、分析し、評価するための各地の能力強化をはかる。

69ジェンダーの不平等や人権侵害などエイズの流行の拡大を促す社会的、経済的、政治的要因に継続して取り組む合同プログラムを求める。そうした要因に対応することで、貧困と不平等の解消、包括的な社会保障の確保、児童保護、食糧安全保障、安定した住居の確保と質の高い教育や経済的な機会へのアクセス、ジェンダーの平等、健全な都市環境と公正でインクルーシブな社会の実現など、複合的な開発課題の成果が期待できるからだ。また、国際保健のゴールを達成する分野横断的な努力に寄与し、人道危機を含むあらゆる状況下においてアジェンダ2030に向けて前進することにもなる。


70 エイズの組織をより広い保健課題の解決に活用し、誰も取り残すことのないかたちで持続可能な開発への努力を進めるよう国際社会に呼びかける。

71国連をアジェンダ2030の成果があげられる組織にする。そのためには、分野横断的にさまざまな関係者が参加し、人権尊重を基本にした国連合同エイズ計画(UNAIDS)のユニークなアプローチを強化、拡大していく必要がある。経済社会理事会(ECOSOC)決議E/RES/2015/2にあるように、適切で、戦略的な結束と調整力を高め、結果志向で、管理運営がインクルーシブであり、各国の状況と政策の優先順位に基づきながらそれぞれの国に成果をもたらすものとして、国連システムが有効例となるようにすることの必要性を再確認する。


フォローアップ:前進を加速する
72 毎年のエイズ対策進捗状況を検証する際、国連総会への年次報告書の中で、本宣言に盛り込まれた約束の実現状況を報告するよう国連事務総長に要請する。また、各国がエイズ対策の年次報告書を提出することが可能になるよう、UNAIDSには継続して各国を支援することを要請する。

73 ハイレベル政治フォーラムやECOSOCおよびそれを補足する機関で持続可能な開発のための2030アジェンダを検証する機会には、その報告の一環として、UNAIDSの力を借りつつエイズ対策の進捗状況を報告することを国連事務総長に要請する。

74 アジェンダ2030エイズ対策ハイレベル会合の2022年開催を決定する。会合ではエイズ流行終結に向けた対策の進捗状況を検証し、アジェンダ2030の国際保健目標とアジェンダ全体の実現に最も適した貢献を果たすには、どのような対策を続けていくべきなのかを社会的、経済的、政治的側面から検討していく。



Leveraging regional leadership and institutions is essential to more effective AIDS responses
63. Commit to working with regional organizations, people living with and affected by HIV, relevant UN organizations, the private sector and other stakeholders to achieve the following targets:

a. From a baseline in 2010, reduce the number of new infections among adults (15+) in Asia and the Pacific from 280,000 to 88,000, in Eastern Europe and Central Asia from 120,000 to 44,000, in Eastern and Southern Africa from 990,000 to 210,000, in Latin America and the Caribbean from 98,000 to 40,000, in the Middle East and North Africa from 19,000 to 6,200, in Western and Central Africa from 360,000 to 67,000, Western and Central Europe and North America from 86,000 to 53,000;
b. From a baseline in 2010, reduce the number of new infections in children (younger than 15) Asia and the Pacific from 26,000 to 1,900, in Eastern Europe and Central Asia from 1,900 to <100, in Eastern and Southern Africa from 200,000 to 9,400, in Latin America and the Caribbean from 4,900 to <500, in the Middle East and North Africa from 2,300 to <200, in Western and Central Africa from 130,000 to 6,000, Western and Central Europe and North America from <500 to <200 among children);
c. From a baseline in 2014, increase the number of adults on treatment in Asia and the Pacific from 1.7 to 4.1 million, in Eastern Europe and Central Asia from 270,000 to 1.4 million, in Eastern and Southern Africa from 8.5 to 14.1 million, in Latin America and the Caribbean from 890,000 to 1.6 million, in the Middle East and North Africa from 30,000 to 210,000, in Western and Central Africa 1.5 to 4.5 million, Western and Central Europe and North America from approximately from 1.1 to 2 million;
d. From a baseline in 2014, increase the number of children (younger than 15) on treatment in Asia and the Pacific from 73,000 to 95,000, in Eastern Europe and Central Asia4 from 14,000 to 7,600, in Eastern and Southern Africa from 600,000 to 690,000, in Latin America and the Caribbean5 from 23,000 to 17,000, in the Middle East and North Africa from 2,000 to 8,000, in Western and Central Africa from 93,000 to 340,000, Western and Central Europe and North America6 from approximately from 5,000 to 1,300;
4 For EECA, LAC, WCE&NA, the number is lower because in these regions new infections among children are already very low, and children will age out of the group.
5 ibid
6 ibid

64. Encourage and support the exchange among countries and regions of information, research, evidence and experiences for implementing the measures and commitments related to the global HIV and AIDS response, in particular those contained in the present Declaration, as well as subregional, regional and interregional cooperation and coordination, and leverage the unique leadership of these political and economic institutions
65. Continue to encourage the Economic and Social Council to request the regional commissions, within their respective mandates and resources, to support periodic, inclusive reviews of national efforts and progress made in their respective regions to combat HIV and underline in this regard the valuable model provided by African Peer Review Mechanism of the African Union, and encourage regular regional peer-based reviews of AIDS responses that facilitate engagement of health and non-health ministries, city and local leaders and ensure substantive roles for civil society;

66. Commit to strengthen regional and local capacity to develop, manufacture and deliver quality-assured affordable medicines, such as generics, and other commodities, including through an enabling legal, policy and regulatory environments, and encourage the development of regional markets, including through enhanced North–South, South–South and triangular cooperation and emphasize the need to increase the self-reliance of drug supplies of all regions, including through pooled procurement, accurate forecasting and timely prequalification;


Enhancing governance, monitoring and accountability will deliver results for and with people
67. Commit to effective evidence-based operational monitoring and evaluation and mutual accountability mechanisms, that are transparent and inclusive, between all stakeholders to support multisectoral Fast-Track plans to fulfil the commitments in the present Declaration, with the active involvement of people living with, affected by and vulnerable to HIV, and other relevant civil society and private sector stakeholders, and note that the People Living with HIV Stigma Index provides a tool to monitor HIV-related discrimination and enable people living with HIV to know their rights;

68. Redouble efforts to increase significantly the availability of high-quality, timely and reliable data, including on incidence and prevalence, disaggregated by income, sex, mode of transmission, age, race, ethnicity, migratory status, disability, marital status, geographic location and other characteristics relevant in national contexts as well as the reinforcement of local capacity for use and analysis of such data and for evaluation of efforts to improve population size estimates, resource allocation by population and location and service access;
69. Request the Joint Programme to continue to address the social, economic and political drivers, including those related to gender inequality and violations of human rights, of the AIDS epidemic, to achieve multiple development outcomes, including actions to eliminate poverty and inequalities, provide access to comprehensive social protection and child protection, improve food security, stable housing and access to quality education and economic opportunity, achieve gender equality, and promote healthy cities and just and inclusive societies, and to further contribute to intersectoral efforts essential to reach the global health goal and ensure progress across Agenda 2030 in all settings, including humanitarian;
70. Call on the international community to utilize the AIDS machinery to tackle broader global health challenges and to ensure no one is left behind by sustainable development efforts;

71. Ensure the United Nations is fit to deliver results on the 2030 Agenda by reinforcing and expanding the unique multi-sector, multi-stakeholder, rights-based approach of the UNAIDS Joint Programme and, in this regard, reaffirm, as per ECOSOC resolution E/RES/2015/2, that it offers the United Nations system a useful example, to be considered, as appropriate, of enhanced strategic coherence, coordination, results-based focus, inclusive governance and country-level impact, based on national contexts and priorities;


Follow-up: accelerating progress
72. Request the Secretary-General, with support from the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS, to provide to the General Assembly, within its annual reviews, an annual report on progress achieved in realizing the commitments made in the present Declaration and request continued support from UNAIDS to assist countries to report annually on the AIDS response;
73. Request the Secretary-General, with the support of the Joint Programme, to include an update on progress on the AIDS response as part of reporting on the 2030 Agenda for Sustainable Development when it is reviewed in the High Level Political Forum, ECOSOC and subsidiary bodies, as relevant;
74. Decide to convene a High-Level Meeting on AIDS in Agenda 2030 in 2022 to review progress towards ending the epidemic, and how the response, in its social, economic political dimensions, continues to contribute optimally to progress on the global health goal and the entire Agenda 2030.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言ゼロドラフト7 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる