エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連総会ハイレベル会合2016政治宣言 ゼロドラフト2

<<   作成日時 : 2016/05/17 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011-16:かつてない成果を生かし、置き去りにされた人たちの存在を認める

12 エイズ対策は常に変革を続け、地球規模の目覚ましい連帯と責任の共有を示し、分野横断的であり、かつ人びとに役立つことを中心に据えた革新的アプローチを国際保健に持ち込み、前例のないレベルで研究開発を促進してきたことを認識する。

13 2015年までに1500万人のHIV陽性者に抗レトロウイルス治療のアクセスを確保するという目覚ましい拡大の成果を歓迎する

14 HIV陽性者の結核関連による死亡が2004年当時と比べ、全体で32%、流行の打撃を大きく受けている国々では50%も減少していることを歓迎する。

15 子供のHIV感染をゼロにし、その母親が生存できるようにするための世界計画が開始以来、目覚ましい成果をあげていることを歓迎する。計画開始から4年にして、世界全体の子供の新規感染の90%を占める国々で子供の感染が半減し、子供の感染をなくすという目標到達の可能性が見えてきた国が85カ国もある。

16 いくつかの国および地域で、注射器・注射針交換プログラムやオピオイド代替治療などのハームリダクション・プログラムが大幅に拡大していることに留意する。

17 HIV感染を理由にした入国、滞在、居住に関する差別的な規制撤廃や国の政策の明確化に踏み出した国があることを歓迎する。また、ビジネスの分野で指導者が差別を排除する姿勢を示し、HIV感染の有無にかかわらず適任者を海外に派遣していることを歓迎する。

18 HIVをより広範な開発課題の流れに組み込み、国の約束を果たしてきた大きな成果を歓迎する。

19 低・中所得国のHIVプログラムのために2015年には世界全体で推計192億ドルの資金を確保するなど財政面での目覚ましい成果を歓迎する。また、補足的な資金を獲得するための革新的手法の重要な役割を認め、2014年には各国の国内HIV投資が2006年当時のほぼ3倍に拡大し、国内資金が投資総額の57%に達していることを歓迎する。さらにアフリカのエイズ、結核、マラリア対策に関するアフリカ連合の責任の共有と地球規模の連帯に向けたロードマップの役割に留意する。

20ミレニアム開発目標(MDGs)の成果、とりわけ目標6に盛り込まれた「HIV感染の流行の拡大に歯止めをかけ、縮小に転じる」という成果は目覚ましかった。それでもなお、2030年に向けた持続可能な開発課題の解決に動き出す中で、MDGsの未完の課題を達成するには、緊急の行動が必要なことを認識する。

21 HIVの流行は依然、世界中の国とコミュニティと家族に大きな苦痛をもたらす最も深刻な保健、開発、社会課題であることに深い憂慮を抱きつつ留意する。流行の開始以来、HIVに感染した人は推計7600万人に達し、3400万人がエイズで死亡している。エイズは世界全体で見ても、エイズは出産可能年齢の女性の最も大きな死亡原因となっている。そして約1400万人の子供がエイズのために親を失っている。毎日6000人が新規にHIVに感染しており、そのほとんどは低・中所得国に住む人だ。3690万人のHIV陽性者のうち1900万人以上が自らの感染を知らないでいるということにも、警告とともに留意する。

22世界保健機関(WHO)は2015年に、HIV感染が判明した人はすべて、直ちに抗レトロウイルス治療を開始すべきだとするガイドラインを発表しており、それに従えば抗レトロウイルス治療を開始する必要がある低・中所得国のHIV陽性者2200万人がいまも治療を受けられずにいることに重大な懸念を表明する。治療を受けているHIV陽性者のうち、かなりの割合の人が、良好な健康状態の維持を妨げる社会的、構造的な障壁に直面していることにさらに留意する。たとえば、社会保障やケア、支援がないこと、その結果、治療の継続が困難になり、体内のウイルス量を低く抑えられずにいること、良質のケアも得られないでいることなどがそうした障壁である。そして、HIVの薬剤耐性株の出現が効果的なHIV治療の普及を妨げる恐れがあることにも留意する。

23 結核が依然、HIV陽性者の主要死亡原因であることに深い憂慮とともに留意する。

24 ウイルス性肝炎がHIV陽性者の体調不良および死亡の原因として拡大していることに深い憂慮を表明する。230万人のHIV陽性者がC型肝炎ウイルスに重感染しており、280万人がB型肝炎ウイルスと重感染している。

25 子供に対する検査と治療のカバー率は依然、低いままで、小児の新規HIV感染の半数以上が母乳保育の期間に起きていることを懸念とともに留意する。

26 成人の新規HIV感染の3分の1以上を15歳から24歳の若者が占め、毎日2000人の若者がHIVに感染していることを深く憂慮する。ほとんどの若者は、良質の教育や栄養のバランスの取れた食糧、まともな仕事、娯楽施設へのアクセスが極めて限られていることに留意する。また、性と生殖に関するサービス、必要な物品、スキル、知識、能力を提供するプログラムへのアクセスが限られていることにも留意する。こうしたプログラムはHIVの新規感染を防ぐために必要なのだが、HIVについて正確に知っている若者(15-24歳)は男性で36%、女性で28%にとどまっており、自発的かつ匿名のHIV検査とカウンセリングや包括的な性教育など、性と生殖に関する保健ケアやHIVサービスが法律や政策のために若者には利用できないようになっている例もある。

27 10代のHIV陽性者の死亡が増加しており、世界全体でみるとエイズが10代の若者の死亡原因の第2位であることを警告し、留意する。

28 世界全体でみると、女性と女児はいまなお、流行に最も大きな影響を受けている集団であり、彼女たちのケア提供の負担も極端なまでに大きいことを引き続き深く憂慮する。ジェンダーの平等と女性の自立に向けた歩みは受け入れがたいほど遅く、女性と女児が自らをHIV感染から守る能力も、不平等な法的、経済的、社会的立場、不十分な保健ケアやサービス、そして性と生殖に関する健康と権利を行使できない状態がもたらす心理的な要因やジェンダーの不平等のために妨げられていることに留意する。また、性的な暴力、搾取、有害な行為など公私にわたるあらゆるかたちの差別と暴力によって妨げられていることにも留意する。

29 新規感染を減らす取り組みがあまりにも遅れていること、新規感染が起きている場所やルートに焦点を当てたコンビネーション予防プログラムの規模が極めて限定されていることを警告するとともに留意する。また、HIV感染の流行が深刻な状況下における10代の少女、とりわけサハラ以南のアフリカにおける少女は、同年代の少年と比べ、HIV陽性率が倍以上も高くなる傾向があること、疫学的なエビデンスからHIV感染のリスクが高いとされるキーポピュレーションへのサービスのアクセスがHIV予防国家戦略の中で十分に確保されていない国が多いことを深い憂慮とともに留意する。具体的には、注射薬物使用者はHIV感染のリスクが一般の成人層より24倍も高い。セックスワーカーとその客は10倍、男性とセックスをする男性は24倍、トランスジェンダーの人たちは49倍、受刑者は5倍もHIV陽性率が高いのだ。移住労働者のHIV陽性率も一般成人層より高い。ただし、それぞれの国や地域によって、流行および対策のキーとなる人たちは異なるので個別の疫学的な状況に基づいて定義する必要があることにも留意する。




2011-2016: Reflecting on unprecedented achievements and acknowledging those left behind
12. Recognize that the AIDS response has been transformative, demonstrating outstanding global solidarity and shared responsibility, advancing innovative cross-sectoral and people-centered approaches to global health and fostering unprecedented levels of research and development;
13. Welcome the outstanding achievement in extending access to antiretroviral treatment to over 15 million people living with HIV by 2015;
14. Welcome the reduction in the number of TB-related deaths among people living with HIV, by 32% overall and by 50% or more in some high burden countries since 2004;
15. Welcome the outstanding progress made since the launch of the Global Plan towards the elimination of new HIV infections among children and keeping their mothers alive, including that in just four years, new paediatric infections have been halved in the countries which together account for 90% of all new HIV infections in children, and that an estimated 85 countries are within reach of elimination;
16. Note that some countries and regions have made significant progress in expanding harm reduction programmes, including the availability of needle and syringe programmes, opioid substitution therapy;
17. Welcome the steps taken by some countries in repealing restrictions or officially clarifying that their national policies on entry, stay and residence do not discriminate based on HIV status, and that corporate leaders promoted the business case for non-discrimination, citing their need to send well-qualified employees overseas regardless of HIV status;
18. Welcome the important gains achieved in mainstreaming HIV into broader development frameworks and the efforts taken towards fulfilling national integration commitments;
19. Welcome the outstanding mobilization of resources globally that reached an estimated US$ 19.2 billion for HIV programmes in low- and middle-income countries in 2015, and acknowledge the important role played by complementary innovative sources of financing, and welcome the near tripling of domestic HIV investment between 2006 and 2014, with domestic sources accounting for 57% of all investments in 2014, and note the role that the African Union Roadmap on Shared Responsibility and Global Solidarity for AIDS, TB and Malaria Response in Africa has played in this regard;
20. Recognize that, while outstanding progress was made on the Millennium Development Goals (MDGs), in particular Goal 6 to halt and begin to reverse the spread of HIV, urgent efforts are needed to tackle the unfinished business of the MDGs as we begin implementation of the 2030 Agenda for Sustainable Development;
21. Note with deep concern that the HIV epidemic remains a paramount health, development and social challenge inflicting immense suffering on countries, communities and families throughout the world, that since the beginning of the epidemic there have been an estimated 76 million HIV infections and 34 million people have died from AIDS, that AIDS is the leading cause of death among women of reproductive age globally, and around 14 million children have been orphaned due to AIDS, that 6,000 new HIV infections occur every day, mostly among people in low- and middle-income countries, and note with alarm that, among the 36.9 million people living with HIV, more than 19 million people do not know their status;
22. Express grave concern that the 22 million people living with HIV who are eligible to start treatment, as per guidelines issued by the World Health Organization in 2015, to provide antiretroviral therapy to all people diagnosed with HIV infection, in low- and middle-income countries, still remain without treatment and further note that a substantial proportion of people on antiretroviral therapy face social and structural barriers to good health, including lack of social protection, care and support, and as a result struggle to adhere to their treatment, fail to achieve viral suppression and lack good quality care, and further note the threat that the emergence of drug-resistant strains of HIV pose to the expansion of effective HIV treatment;
23. Note with grave concern that TB remains the leading cause of death among people living with HIV;
24. Express grave concern that viral hepatitis is a growing cause of ill-health and mortality among people living with HIV and, in particular, that 2.3 million people living with HIV are co-infected with hepatitis C virus and 2.8 million with hepatitis B virus;
25. Note with concern that testing and treatment coverage among children remains low and that over half of new pediatric HIV infections happen during the breastfeeding period;
26. Express grave concern that young people between the ages of 15 and 24 years account for more than one third of all new HIV infections among adults, with 2,000 young people becoming infected with HIV each day, and note that most young people have limited access to good quality education, nutritious food, decent employment and recreational facilities, as well as limited access to sexual and reproductive health programmes that provide the services and commodities, skills, knowledge and capability they need to protect themselves from HIV, that only 36 per cent of young men and 28 per cent of young women (15-24) possess accurate knowledge of HIV, and that laws and policies in some instances exclude young people from accessing sexual and reproductive health-care and HIV-related services, such as voluntary and confidential HIV testing, counselling and comprehensive sexuality education;
27. Note with alarm that deaths are increasing among adolescents living with HIV, that AIDS is the second leading cause of death in adolescents globally;
28. Remain deeply concerned that, globally, women and girls are still the most affected by the epidemic and that they bear a disproportionate share of the caregiving burden, note that progress towards gender equality and women’s empowerment has been unacceptably slow and that the ability of women and girls to protect themselves from HIV continues to be compromised by physiological factors, gender inequalities, including unequal legal, economic and social status, insufficient access to health care and services, and the inability to access and exercise sexual and reproductive health and rights as well as all forms of discrimination and violence in the public and private spheres, including sexual violence, exploitation and harmful practices;
29. Note with alarm the slow progress in reducing new infections and limited scale of combination prevention programmes focused on the sites and routes of new infections, and note with grave concern that adolescent girls in high prevalence settings, in particular in sub-Saharan Africa, are more than twice as likely to become HIV positive than boys of the same age and that many national HIV-prevention strategies provide insufficient access to services for key populations that epidemiological evidence shows are at higher risk of HIV, specifically people who inject drugs, who are 24 times more likely to acquire HIV than adults in the general population, sex workers, who are 10 times more likely to acquire HIV, and for their clients, men who have sex with men, who are 24 times more likely to acquire HIV, transgender people, who are 49 times more likely to be living with HIV , and prisoners, who are five times more likely to be living with HIV than adults in the general population, as well as for migrants, and further note, however, that each country should define the specific populations that are key to its epidemic and response, based on the epidemiological context;

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連総会ハイレベル会合2016政治宣言 ゼロドラフト2 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる