エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 男性・少年とエイズ:議論の再構築を UNAIDS

<<   作成日時 : 2015/12/10 19:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) UNAIDSの公式サイトに掲載された特集記事の日本語仮訳です。ジュネーブで開かれる会議の前打ちですが、男性に焦点を当てることはもちろん重要です。



男性・少年とエイズ:議論の再構築を 2015年12月9日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/december/20151209_men-HIV

 エイズ流行終結に向けた高速対応アプローチを成功させるには、エイズ対策における男性の権利と役割と責任を世界的課題としてきちんと位置づける必要がある。

 ジェンダーの平等と人権に取り組まない限り、高速対応戦略の達成が望めないことは前々から指摘されてきた。若い女性、女児の弱い立場には、多くのプログラムが対応してきたし、繰り返し議論もされているが、それと同時に有害な規範が男性のHIV感染の流行を広げていることももっと認識する必要がある。保健システムは男性のニーズに対応しきれていない。そのことが男性の健康にも女性の健康にも悪影響を与えているのだ。

 「男たちの役割は大きい。男性が自らの健康に関心を持ち、有害なジェンダー規範を変えていくことができれば、男性の健康も女性の健康も改善することができます。エイズ流行の終結に向けたUNAIDSの高速対応アプローチには不可欠な要素です」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語る。

 HIV関連の予防、治療、ケア、支援のサービスを男性に届けることは、極めて重要である。成人男性および10代の少年は世界のHIV陽性の成人の約49%、成人の新規感染の52%を占めている。また、2014年のエイズ関連の病気による死者120万人の約60%は男性である。

 UNAIDSによると、HIV感染の高いリスクにさらされている男性のためのサービスは手薄である。対策の策定にあたっては、男性といっても、年齢もリスク行動も性的指向も多様であることは考えに入れておかなければならない。

 25歳未満の女性はHIV感染に対し脆弱なことが多く、ジェンダーの不平等と社会構造が自らの身を守るためのHIV関連の情報とサービスへのアクセスを妨げていることがしばしばある。一方で男性は年長になってから感染することも多く、サービスへのアクセスも大きいはずなのだが、さまざまな理由からそれを利用しようとはしない。

 HIVサービスへの男性のアクセスは、男性自身にとってだけでなく、女性を取り巻く脆弱性を克服するうえでも重要である。男性が自らの健康のために保健サービスを利用すれば、それは有害なジェンダー規範を変えていく対策の入口にもなる。

 有害なジェンダー規範と男らしさ信仰がいかに男性の脆弱性を高めているかを示すための活動にもっと力を入れることをUNAIDSは呼びかけている。たとえば、男の「強さ」と抵抗力に対するステレオタイプが、コンドームを使用しなかったり、HIV検査のような保健サービスを避けたりすることにつながっている。低・中所得国12カ国の調査では、女性に対し平等の意識を持たずに接する男性ほど、HIV検査を受けようとしないことが明らかにされている。

 加えて、男性は抗レトロウイルス治療を求めたり、続けたりしたがらない傾向があることも複数の研究で報告されている。

 男性にはHIVサービスは必要ないと考えたり、HIVサービスの利用を進めなかったりする傾向は医療の専門家にもあるとUNAIDSは指摘している。そうした先入観を払拭し、男性のニーズに対応した包括的な方針と対策を整えていく必要がある。これはHIV対策における男性の位置づけを変えることでもある。男性はこれまで、「伝達装置」だとか「媒介者」とかいった呼び方で感染源としてのステレオタイプな見方に基づく非難や偏見にさらされ、サービスの利用を妨げられることが多かったからだ。

 HIVとジェンダーの議論の中では、エイズ対策のすべての局面で男性がより積極的に参加できるようにし、ジェンダーの平等を広げる必要があるとする包摂的な見解が世界的趨勢になりつつある。性と生殖に関する健康は女性だけの問題ではないのだ。男性および少年に焦点を当てた統合的な性と生殖に関する健康サービスを用意しなければならない。研究はさらに必要であるとはいえ、包括的な政策とプログラムを策定し、実施するためのデータはすでにそろっている。

 この問題の深刻さを示し、今後の計画をさぐるため、ジュネーブでは12月10、11日の2日間、男性・10代の少年とエイズに関するハイレベル会合がUNAIDSとソンケ・ジェンダー・ジャスティス、国際家族計画連盟(IPPF)の共催で開かれる。HIV対策において男性・10代の少年のどんなエビデンスがあり、それはエイズ流行の終結にどんな役割を果たすのかについてコンセンサスを得ることが会議の主要目的となっている。





Men, boys and AIDS: reframing the conversation
09 December 2015
 If the Fast-Track approach to end the AIDS epidemic is to be successful, the rights, roles and responsibilities of men in the AIDS response need to be placed firmly on the global agenda.

It has long been noted that the Fast-Track Strategy cannot be achieved without action on gender equality and human rights. The vulnerability of young women and girls has been an important focus of many programmes and has been debated many times, but more recognition is needed that harmful norms also drive the epidemic among men. Health systems are falling short of addressing the needs of men, which is having a negative impact on the health of both men and women.

“Men play a critical role. When we engage men for their own health and to change harmful gender norms, we improve both men’s and women’s health. This is an essential element of the UNAIDS Fast-Track approach to ending the AIDS epidemic,” said Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director.

Reaching men with HIV-related prevention, treatment, care and support services is vital. Men and adolescent boys make up nearly 49% of the global population of 34.3 million adults living with HIV and account for 52% of all new adult HIV infections. Around 60% of the 1.2 million people who died of AIDS-related illness in 2014 were male.

According to UNAIDS, there is a lack of services for men who are at higher risk of HIV infection. Diversity among men, including age, risk behaviour and sexual orientation, needs to be taken into account when planning programmes.

Women under the age of 25 are often vulnerable to HIV, and gender inequality and the structures of society often prevent them from accessing the HIV information and services that can protect them. Men, on the other hand, are affected later in life and are more empowered to access services, but, for many reasons, they don’t.

Men’s access to HIV services is important for their own health but it is also an important way to reduce vulnerability among women. Engaging men in health services for their own health can also provide an entry point for programmes that can also transform harmful gender norms.

UNAIDS calls for more work to be done to explore exactly how harmful gender norms and notions of masculinity may increase men’s vulnerability. For example, stereotypes of male “strength” and invincibility can lead to men not using condoms and avoiding health services, such as HIV testing. It has been shown by research in 12 low- and middle-income countries that men with less equitable attitudes to women are less likely to be tested for HIV.

In addition, studies have reported that men are more likely not to seek out―and stick to―antiretroviral therapy.

UNAIDS contends that health professionals themselves often assume that men do not need, or are not willing to use, HIV-related services. There is a need for such preconceptions to change, with the development of comprehensive policies and programmes that promote men’s access to programmes and address their specific needs. This means changing the perceptions of men in the response to HIV, as they are often referred to as “transmitters” or “vectors”, stereotypes that blame them for infection, stigmatize them and isolate them further from accessing services.

There is a call for a global shift in the discussion on HIV and gender―that it should become more inclusive of men and encourage their greater positive engagement in all aspects of the AIDS response and in advancing gender equality. Sexual and reproductive health is not the responsibility of women alone. Focused, integrated sexual and reproductive health services must be made available to men and adolescent boys. Although much more research needs to be done, there is already a body of data that lays the groundwork for developing and implementing more comprehensive policies and programmes.

To reflect the seriousness of this issue and the need to chart the way forward, a global high-level meeting on men, adolescent boys and AIDS is being held in Geneva on 10 and 11 December. It is co-convened by UNAIDS, Sonke Gender Justice and the International Planned Parenthood Federation. The main objectives are, broadly, to build consensus on what the evidence is saying about men and adolescent boys in the HIV response and what role they have to play in ending the AIDS epidemic.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
男性・少年とエイズ:議論の再構築を UNAIDS エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる