エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『場所と集団に焦点を当てる:2030年のエイズ終結に向けた高速対応に向けて』 UNAIDS報告書

<<   作成日時 : 2015/11/25 13:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)が2015年世界エイズデー(12月1日)に向けた新報告書『場所と集団に焦点を当てる:2030年のエイズ終結に向けた高速対応に向けて』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。


2020年までにHIV治療で生命が救われる人を倍増させるため、各国がUNAIDSの高速対応戦略を採用
HIV治療を受けている人は推計1580万人で5年前より倍増。各国はUNAIDS高速対応戦略を採用し、誰も置き去りにせずにHIV予防と治療のサービスを提供するためデータを活用
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/november/20151124_LocationPopulation

ジュネーブ 2015年11月24日 ― 2015年世界エイズデーを前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)は、持続可能な開発目標(SDGs)の一部である2030年のエイズ流行終結を達成するため、各国が高速対応の軌道に乗りつつあるとする新たな報告書を発表した。世界的な状況の変化にあわせ、各国は最大限の工夫をこらして効率を高め、好結果を生み出している。

 過去15年間のHIV対策の成果は並外れたものだった。UNAIDSの推計では、抗レトロウイルス治療へのアクセスを得ている人は2015年6月現在1580万人に達している。2010年には750万人、2005年には220万人だった。また、2014年末時点の年間HIV新規感染者数は、ピークだった2000年より35%減少し、エイズ関連の死亡数もピークの2004年より42%減っているとUNAIDSは推計している。

 「生命を救う治療を受けられる人の数は5年ごとに倍以上に増えています」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長はいう。「エイズの流行を打ち破るにはもう一度、この倍増の勢いを維持する必要があります」

 抗レトロウイルス治療が生命を救うという大きな利益をもたらしているということは、HIV陽性者が長く生きていけるようになるということでもある。つまり、世界全体でHIV陽性者が増加することを意味してもいるのだ。2014年末現在のUNAIDS推計では、世界のHIV陽性者数は3690万人に達している。HIV感染が確認されたら、その人にはただちに抗レトロウイルス治療へのアクセスを保障しなければならない。

 2020年までにHIV治療を受ける人の数をさらに倍増させるため、各国は対策を加速させようとしている。この高速対応アプローチはUNAIDSの90-90-90治療目標実現の大きな力になるだろう。HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのうちの90%が治療を継続し、そのまた90%が体内のHIV量を検出限界以下に減らすという目標である。

 「私たちにはいま、以前よりも多くのHIV予防のオプションがあります。データも改善され、それぞれの人たちにより適した予防策を選択できるようになっているのです」とシディベ事務局長は語る。

 公衆衛生の脅威としてのエイズの流行の終結には、対策をより強化し、データのさらなる改善をはかり、HIVの新規感染が最も多く起きている場所と集団に必要なサービスが届けられるよう対策の焦点を絞っていく必要がある。各国がこうしたアプローチを採用できるようにするため、UNAIDSは新たな報告書『場所と集団に焦点を当てる:2030年のエイズ終結に向けた高速対応に向けて』を発表した。この報告書では、より多くの人に包括的なHIVの予防と治療のサービスを提供するため、革新的な方法を採用した50カ所以上のコミュニティや都市や国の事例を紹介している。

 詳細な国レベルの統計をしっかりと活用することにより、各国はどこでHIVの新規感染が発生し、人々がサービスを求めているのかをより細かく把握し、マッピングすることができる。報告書は、HIVの予防と治療のサービスをより受けやすくするための資金の再配分の方法を各国に示している。高速対応アプローチと投資の前倒しによってギャップをより速く埋め、使える資金が増やすことで、2020年以降は逆に資金需要が減少しはじめることになる。

 報告書は、曝露前感染予防(PrEP)や自発的な割礼手術、性と生殖の健康に関するサービスといった効果の高いHIV予防と治療のプログラムがさまざまな場所で、十代の少女や若い女性とそのパートナー、HIV陽性の妊婦、セックスワーカー、トランスジェンダーの人たち、ゲイ男性および他の男性とセックスをする男性、注射薬物使用者といったさまざまな人口層に対し、成功裏に実施されてきた様子を紹介している。


効果の高いプログラムとはたとえば:
・ケニアは全国マッピングにより、多数の女性セックスワーカーに包括的なHIVサービスを提供し、セックスワーカーの間での新規感染の減少を助けてきた。最も劇的な成果は、性感染症(STI)の発生率の減少で、2013年のスクリーン検査では13%が感染していたのに、2015年には3%に減っていた。
・ボツワナでは、政策の変更が中学校へのアクセスを増やした。中等教育の普及が進むにつれ、HIV感染の累積リスクは年平均8.1パーセント・ポイントずつ減少している。
・イランで2002-2003年にメサドン代替療法を提供していた刑務所はわずか1カ所で、対象となる受刑者は100人だった。それが2009年には全国30州の142刑務所に拡大し、2万5000人の受刑者がハームリダクション・サービスを受けている。
・エルサルバドルでは、トランスジェンダーの人たちの4分の1が首都サンサルバドルに住んでいる。2014年には、社会からとりわけ排除されやすい人たちのニーズにあわせたHIV予防とヘルスケアの包括的サービスの提供に向け、国内の3大都市にコミュニティセンターが設立された。2015年上半期には、こうした専門家によるサービスがサンサルバドルに住むトランスジェンダーの人たちの4分に1に提供されている。

 こうした革新的なプログラムは、全国およびそれに準じた統計とHIV感染の高いリスクにさらされている地元の人たちの知識を活用し、置き去りにされてきた人たちに直接、HIVとその関連サービスが届くようにして費用対効果の高い成果をあげている。

・2014年7月以降、コミュニティ組織、Colectivo Amigos contra el SIDA (CAS)は、人気の高いソーシャルネットワーキングサイトやゲイの出会い系アプリを通じ、グアテマラシティで包括的HIVサービスの周知をはかっている。さらにそのサービスは公園や遊歩道、サウナ、ナイトクラブ人が集まりやすい場所におけるアウトリーチ活動で提供される。こうした努力でHIV予防サービスを受ける人は61%増え、検査を受ける人の数も32%増加した。それでもマップはいまなお、市内の多くの場所でサービスのカバー率が低いことを示している。
・マラウィのブランタイヤ県では自己検査キットを住民1万6000人に配付した。年間で約76%の住民が自ら検査を行い、ボランティアのカウンセラーとともに結果を知った。
・中国の広西チワン族自治区の保健医療施設では2012〜13年、HIV感染が判明したら直ちに抗レトロウイルス治療を提供することになった。その結果、感染判明から治療開始までの期間は一気に53日から5日に短縮された。死亡率も27%から10%へとほぼ3分の1になった。
・ルワンダではHIV母子感染予防プログラムを母子保健サービスに統合し、2014年の子供の新規HIV感染件数が2009年より88%も減少している。

 UNAIDSは報告書の中で、世界の新規HIV感染の90%を占める35カ国が高速対応に取り組んでいることを紹介している。最大限の成果がはかれるよう地域と集団とプログラムを絞ることで、2030年までに2100万人のエイズ関連の死亡と2800万人の新規HIV感染、590万人の新生児のHIV感染を防ぐという巨大な利益がもたらされるとしている。

 「健康に長く生きる権利はすべての人にあります」とシディベ事務局長は言う。「最も深刻な影響を受ける人たちに対し、安全に、そして敬意を払い、差別することなくHIVサービスを提供しなければなりません」

 報告書は、HIV陽性者数が少なく、HIV陽性率が低い地域の方がHIV症例の多い地域よりも差別的な態度が強くなる傾向があることを指摘している。矛盾した結果にも見えるが、一般的な傾向としては実は、HIV感染が広がっている地域、そしてより多くの人が治療を受けている地域の方が、HIVに関する教育と理解が浸透していることが多い。しかし、こうした差別的な態度があるために、低流行地域の人たちはスティグマや報復を恐れ、HIVサービスを受けようとしなくなっている。

 最も大きな影響を受けているコミュニティや都市や国家が強いリーダーシップと積極的な投資のもとでUNAIDSの高速対応アプローチを採用することにより、持続可能な開発目標(SDGs)の一つである2030年のエイズ流行終結は可能になるであろう。


2014/2015推計
 1580万人 抗レトロウイルス治療を受けている人(2015年6月)
 3690万人[3430万〜4140万人] 世界のHIV陽性者数(2014年末)
 200万人[190万〜220万人] 年間の新規HIV感染者数(2014年末)
 120万人[98万〜160万人] エイズ関連の年間死者数(2014年末)





Countries adopt UNAIDS Fast-Track Strategy to double number of people on life-saving HIV treatment by 2020

An estimated 15.8 million people are now on HIV treatment, a doubling from five years ago, as countries adopt the UNAIDS Fast-Track Strategy using data to fine-tune delivery of HIV prevention and treatment services to reach people being left behind


GENEVA, 24 November 2015―Ahead of World AIDS Day 2015, UNAIDS has released a new report showing that countries are getting on the Fast-Track to end AIDS by 2030 as part of the Sustainable Development Goals. By adapting to a changing global environment and maximizing innovations, countries are seeing greater efficiencies and better results.
 
Progress in responding to HIV over the past 15 years has been extraordinary. By June 2015, UNAIDS estimates that 15.8 million people were accessing antiretroviral therapy, compared to 7.5 million people in 2010 and 2.2 million people in 2005. At the end of 2014, UNAIDS estimates that new HIV infections had fallen by 35% since the peak in 2000 and AIDS-related deaths have fallen by 42% since the 2004 peak.

“Every five years we have more than doubled the number of people on life-saving treatment,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “We need to do it just one more time to break the AIDS epidemic and keep it from rebounding.”

The life-changing benefits of antiretroviral therapy mean that people living with HIV are living longer, healthier lives, which has contributed to an increase in the global number of people living with HIV. At the end of 2014, UNAIDS estimates that 36.9 million people were living with HIV. Once diagnosed, people need immediate access to antiretroviral therapy.

Countries are gearing up to double the number of people accessing HIV treatment by 2020. This Fast-Track approach will be instrumental in achieving the UNAIDS 90–90–90 treatment target of ensuring that 90% of people living with HIV know their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status are on treatment and 90% of people on treatment have supressed viral loads.

“Today, we have more HIV prevention options than ever before. And with better data, we can become better match makers, finding the right prevention options for the right people,” said Mr Sidibé.

To end AIDS as a public health threat, an accelerated and more focused response is needed using better data to map and reach people in the places where the most new HIV infections occur. To support countries with this approach, UNAIDS has released a new report, Focus on location and population: on the Fast-Track to end AIDS by 2030, which gives examples of more than 50 communities, cities and countries that are using innovative approaches to reach more people with comprehensive HIV prevention and treatment services.

Through the responsible use of detailed national data sets, countries are able to focus at a more granular level, mapping where new HIV infections occur and where people need services most. The report demonstrates how countries can redistribute resources to improve access to HIV prevention and treatment services. With the Fast-Track approach and front-loaded investments, gaps are closed faster and resources go further and from 2020 annual resource needs will begin to fall.

The report highlights how high-impact HIV prevention and treatment programmes, such as pre-exposure prophylaxis, voluntary medical male circumcision and sexual and reproductive health services, are being successfully implemented in various locations and for different populations, including adolescent girls and young women and their partners, pregnant women living with HIV, sex workers, transgender people, gay men and other men who have sex with men and people who inject drugs.

Examples of high-impact programmes are:

A nationwide mapping in Kenya has helped to reach more female sex workers with a comprehensive package of HIV services and reduce the number new HIV infections among sex workers. Most dramatic has been the reduction in the incidence of sexually transmitted infections, from 27% among people screened in 2013 to just 3% in 2015.
In Botswana, a policy change increased access to secondary school. Each additional year of secondary education was shown to reduce the cumulative risk of acquiring HIV by 8.1 percentage points.
In the Islamic Republic of Iran in 2002–2003 only one prison provided methadone for just 100 prisoners dependent on. By 2009, however, 142 prisons across all 30 provinces offered this vital harm reduction service, reaching 25 000 prisoners.
A quarter of El Salvador’s transgender people live in the capital, San Salvador. In 2014, community centres were established in the country’s three largest cities to provide a comprehensive package of HIV prevention and health-care services tailored to the specific needs of this highly marginalized population. Within the first six months of 2015, these specialist services had reached a quarter of San Salvador’s transgender population.

These innovative programmes use national and subnational data and local knowledge from populations at higher risk of HIV to direct tailored HIV and related services to reach the people currently being left behind, resulting in greater impact at lower cost.

Since July 2014 the community organization Colectivo Amigos contra el SIDA (CAS) has provided comprehensive HIV services in Guatemala City that are promoted on popular social networking websites and gay dating apps. The services are then provided through outreach activities in popular meeting places, such as parks, pedestrian walkways, saunas and nightclubs. These efforts have increased the reach of HIV prevention services by 61%, and the number of people tested increased by 32%. However, the map shows that coverage of services is still very low in many parts of the city.
In the Blantyre district of Malawi, self-test kits were provided to 16 000 residents. Some 76% of residents self-tested and shared their results with a volunteer counsellor within one year.
In 2012 and 2013, health facilities in Guangxi, China, began offering immediate initiation of antiretroviral therapy following diagnosis of HIV. As a result, the average time between diagnosis of HIV and initiation of treatment plummeted from 53 days to five days. Mortality also fell by approximately two thirds, from 27% to 10% during that same time period.
Rwanda has integrated programmes to prevent mother-to-child transmission of HIV into maternal, neonatal and child health services and by 2014 had reduced new HIV infections among children by 88% compared to 2009.

In the report UNAIDS identifies 35 Fast-Track countries that account for 90% of new HIV infections. Focusing on location and population and programmes that deliver the greatest impact will reap huge benefits by 2030: 21 million AIDS-related deaths averted; 28 million new HIV infections averted; and 5.9 million new infections among children averted.

“Everyone has the right to a long and healthy life,” said Mr Sidibé. “We must take HIV services to the people who are most affected, and ensure that these services are delivered in a safe, respectful environment with dignity and free from discrimination.”
The report shows that areas with fewer numbers of people living with HIV and lower HIV prevalence are more likely to have discriminatory attitudes than areas that have more cases of HIV. This seemingly contradictory result is explained by education and understanding about HIV usually being higher in countries where HIV is more prevalent and where more people are receiving treatment. However, these discriminatory attitudes make it more difficult for people in low-prevalence areas to come forward to seek HIV services for fear of stigma and reprisals.

Adopting the UNAIDS Fast-Track approach through strong leadership and investment within the communities, cities and countries most affected, the AIDS epidemic can be ended by 2030 as part of the Sustainable Development Goals.



In 2014/2015 an estimated:

15.8 million people were accessing antiretroviral therapy (June 2015)

36.9 million [34.3 million–41.4 million] people globally were living with HIV (end 2014)

2 million [1.9 million–2.2 million] people became newly infected with HIV (end 2014)

1.2 million [980 000–1.6 million] people died from AIDS-related illnesses (end 2014)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『場所と集団に焦点を当てる:2030年のエイズ終結に向けた高速対応に向けて』 UNAIDS報告書 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる