エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『LGBTIの人びとに対する暴力と差別を終わらせる』 国連プレス声明

<<   作成日時 : 2015/10/01 19:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連12機関の共同声明全文の日本語仮訳です。



 レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)の人びとに対する暴力と差別を終わらせる     国連プレス声明、
 http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/september/20150929_LGBTI

 国連機関はレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックス(LGBTI)[1]の成人、若者、子供に対する暴力と差別を終わらせるため迅速に行動するよう各国に要請する。

 すべての人は暴力や迫害、差別、偏見を受けずに生きる平等の権利を有している。すべての人が区別なくこうした権利を享受できるようにする各国の法的義務が国際人権法で確立している。多くの国がLGBTIの人びとの権利を守るために努力していることを歓迎する一方、私たちはなお、世界中で何百万というLGBTIの個人、LGBTIおよびその家族と見られる人たちがさまざまな人権侵害にさらされていることに重大な懸念を抱いている。そのために警告し、行動を求めるものである。

 LGBTIの人びとの人権を維持できず、暴力や差別的な法律と行為から守れないことは、国際人権法の重大な侵害であり、HIV感染を含む健康状態の悪化、社会的・経済的排除、家族やコミュニティへの負担、経済成長や就労、将来の持続可能な開発目標実現への悪影響など、極めて大きな打撃を社会に与える。各国は国際法の下で暴力と差別からすべての人を守るための一義的な義務を負っている。したがって、こうした人権侵害に対しては政府、議会、司法、人権機関が迅速に対応することが求められる。コミュニティ、宗教、政治の指導者、労働組織、民間企業、医療提供者、市民社会組織、そしてメディアも重要な役割を担っている。人権は普遍的なものであり、文化、宗教、道徳的活動や信念、社会的な態度などは、LGBTIの人びとを含め、いかなる集団に対する人権侵害であっても、それを正当化する理由にはならない。



暴力から個人を守る
 各国は以下の方法でLGBTIの人びとを暴力や拷問や虐待から守らなければならない。

・LGBTIの成人、若者、子供、および彼らの人権を守ろうとする人たちへの暴力や拷問や虐待行為を捜査、起訴し、被害に対する救済策を提供する。
・そうした暴力の予防、監視、報告などの対策を強化する。
・ヘイトクライムやヘイトスピーチ禁止法の中でホモフォビアやトランスフォビアを重罰の対象とする。
・LGBTIである(あるいはLGBTIであるとみなされている)ことを理由にした迫害は亡命の正当な理由になることを認め、そうした人たちが生活や自由を脅かされるところに強制送還しない。

 国連その他の機関には、すべての地域でLGBTIの人びとに対する心理的、身体的暴力が報告されている。その中には殺人や襲撃、誘拐、レイプ、性的暴力、それに施設などにおける迫害や虐待も含まれる。LGBTIの若者およびレズビアン、バイセクシャル、トランスジェンダーの女性はとりわけ家庭内やコミュニティで身体的、心理的、性的暴力を受けるリスクが大きい。LGBTIの人びとは難民として迫害を逃れようとしているときや、人道的危機の最中に暴力や差別にさらされることがしばしばある。また、医療の場では、性的指向を変えると称する非倫理的で有害な「治療」や、強制的または威圧的な断種手術、強制的な性器や肛門の検査、インターセックスの子供に対する同意抜きの不必要な手術や治療などの被害を受けることもある。多くの国でこうした人権侵害への対応は不適切であり、報告は過小で捜査も訴追もきちんとなされないことから、公正な裁きも、被害者救済や支援もないことがしばしばある。こうした人権侵害と闘う人たちが逆に迫害を受け、差別的な活動規制を受けることが多い。


差別的法規の撤廃
 各国は国際人権基準を尊重し、以下の法律を見直し、撤廃、一時適用停止すべきである。
・同意に基づく成人の同性間の性関係を犯罪とする法律
・トランスジェンダーの人びとのジェンダー表現を犯罪とする法律
・性的指向、ジェンダー自認、ジェンダー表現に基づき、人を逮捕、処罰、差別するために使われるその他の法律

 世界の76カ国にいまなお、同意に基づく成人の同性間の性関係を犯罪とする法律があり、個人が恣意的に逮捕、起訴されたり、投獄されたりするリスクにさらされている。少なくとも5カ国では死刑になるおそれもある。異性装を犯罪とする法律は、トランスジェンダーの人びとを逮捕、処罰するために使われている。ゲイ、レズビアン、トランスジェンダーの人びとに苦痛を与え、勾留し、差別し、表現の自由、結社の自由、平和的集会の自由を制限するためには他の法律が使われている。こうした差別的な法律は偏見と差別の存続を助け、ヘイトクライムや警察官による権力乱用、拷問、虐待、家庭内とコミュニティにおける暴力、保健やHIVサービスへのアクセスを妨げることによる公衆衛生への悪影響をもたらすことになる。



差別から個人を守る
 各国は非差別に関する国際人権基準を支持し、以下のような対応を取るべきである。

・教育、就労、保健医療、居住、社会保障、司法、および避難、収容などあらゆる状況のもとでLGBTIの成人、若者、子供に対する差別を禁止する。
・尊厳を損なうような条件をつけずにトランスジェンダーの人びとの性自認を法的に認める。
・対話や公教育、研修などを通じLGBTIの人たちに対する偏見と闘う。
・開発や人道支援を含めLGBTIの人たちに影響を及ぼす法律、政策、プログラムに対しては、その策定、実施、モニタリングの各段階で当事者が確実に意見を表明し、参加できるようにする。

 LGBTIの人たちはあらゆる場面で、性別や人種、民族、年齢、宗教、貧困、移住、障害、健康状態などに基づく複合的な差別も含め、さまざまな差別や排除に直面している。子供たちは、自分自身もしくは親の性的指向や性自認に基づくいじめや差別、放校などの被害に遭っている。家族から拒絶されたLGBTIの若者は、自殺率が極めて高く、ホームレスや食糧不足の状態になる割合も非常に高い。差別と暴力はLGBTIの人びとを社会から排除し、HIV感染など健康状態の悪化を招きやすい状態に追い込むことになる。この人たちは、医療機関などでも、ケアや医療を拒絶され、差別的な対応を受けることが多い。トランスジェンダーの人たちは自ら望む性別すら法律で拒絶され、それを得るには断種や治療、離婚などを強制されることがしばしばある。そうしなければ、社会から追放されたり、排除されたりすることになる。影響のある法律や政策の策定、実施、モニタリングへの関与を閉め出すことは、LGBTIの人びとの社会的、経済的な排除を永続させることになるのだ。


国連による支援
 国連機関は加盟国および他の関係機関が、憲法や法律の改正および政策の変更、国の制度や教育、研修の充実、その他の施策を通じ、本声明において指摘した課題の解決に取り組み、すべてのLGBTIの人びとの人権を尊重し、守り、促進することを支援する用意がある。

1] 本声明はレズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、インターセックスの人びとに言及しているが、実際のあるいはそう思われている性的指向、性自認、性的特徴により、他の用語で特定され、暴力と差別に直面している人びとにも言及したものとして読んでほしい。



Ending violence and discrimination against lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people

United Nations entities call on States to act urgently to end violence and discrimination against lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex (LGBTI)[1] adults, adolescents and children.

All people have an equal right to live free from violence, persecution, discrimination and stigma. International human rights law establishes legal obligations on States to ensure that every person, without distinction, can enjoy these rights. While welcoming increasing efforts in many countries to protect the rights of LGBTI people, we remain seriously concerned that around the world, millions of LGBTI individuals, those perceived as LGBTI and their families face widespread human rights violations. This is cause for alarm – and action.

Failure to uphold the human rights of LGBTI people and protect them against abuses such as violence and discriminatory laws and practices, constitute serious violations of international human rights law and have a far-reaching impact on society – contributing to increased vulnerability to ill health including HIV infection, social and economic exclusion, putting strain on families and communities, and impacting negatively on economic growth, decent work and progress towards achievement of the future Sustainable Development Goals. States bear the primary duty under international law to protect everyone from discrimination and violence. These violations therefore require an urgent response by governments, parliaments, judiciaries and national human rights institutions. Community, religious and political leaders, workers’ organizations, the private sector, health providers, civil society organizations and the media also have important roles to play. Human rights are universal – cultural, religious and moral practices and beliefs and social attitudes cannot be invoked to justify human rights violations against any group, including LGBTI persons.

PROTECTING INDIVIDUALS FROM VIOLENCE

States should protect LGBTI persons from violence, torture and ill-treatment, including by:

Investigating, prosecuting and providing remedy for acts of violence, torture and ill-treatment against LGBTI adults, adolescents and children, and those who defend their human rights;
Strengthening efforts to prevent, monitor and report such violence;
Incorporating homophobia and transphobia as aggravating factors in laws against hate crime and hate speech;
Recognizing that persecution of people because they are (or are perceived to be) LGBTI may constitute a valid ground for asylum, and not returning such refugees to a place where their life or freedom might be threatened.

The United Nations and others have documented widespread physical and psychological violence against LGBTI persons in all regions - including murder, assault, kidnapping, rape, sexual violence, as well as torture and ill-treatment in institutional and other setting. LGBTI youth and lesbian, bisexual and transgender women are at particular risk of physical, psychological and sexual violence in family and community settings. LGBTI persons often face violence and discrimination when seeking refuge from persecution and in humanitarian emergencies. They may also face abuse in medical settings, including unethical and harmful so-called "therapies" to change sexual orientation, forced or coercive sterilization, forced genital and anal examinations, and unnecessary surgery and treatment on intersex children without their consent. In many countries, the response to these violations is inadequate, they are underreported and often not properly investigated and prosecuted, leading to widespread impunity and lack of justice, remedies and support for victims. Human rights defenders combatting these violations are frequently persecuted and face discriminatory restrictions on their activities.


REPEALING DISCRIMINATORY LAWS

States should respect international human rights standards, including by reviewing, repealing and establishing a moratorium on the application of:

Laws that criminalize same-sex conduct between consenting adults;
Laws that criminalize transgender people on the basis of their gender expression;
Other laws used to arrest, punish or discriminate against people on the basis of their sexual orientation, gender identity or gender expression.

In 76 countries, laws still criminalize consensual same-sex relationships between adults, exposing individuals to the risk of arbitrary arrest, prosecution, imprisonment – even the death penalty, in at least five countries. Laws criminalizing cross-dressing are used to arrest and punish transgender people. Other laws are used to harass, detain, discriminate or place restrictions on the freedom of expression, association and peaceful assembly of lesbian, gay, bisexual and transgender people. These discriminatory laws contribute to perpetuating stigma and discrimination, as well as hate crime, police abuse, torture and ill-treatment, family and community violence, and negatively affect public health by impeding access to health and HIV services.


PROTECTING INDIVIDUALS FROM DISCRIMINATION

States should uphold international human rights standards on non-discrimination, including by:

Prohibiting discrimination against LGBTI adults, adolescents and children in all contexts – including in education, employment, healthcare, housing, social protection, criminal justice and in asylum and detention settings;
Ensuring legal recognition of the gender identity of transgender people without abusive requirements;
Combating prejudice against LGBTI people through dialogue, public education and training;
Ensuring that LGBTI people are consulted and participate in the design, implementation and monitoring of laws, policies and programmes that affect them, including development and humanitarian initiatives.

LGBTI people face widespread discrimination and exclusion in all contexts - including multiple forms of discrimination based on other factors such as sex, race, ethnicity, age, religion, poverty, migration, disability and health status. Children face bullying, discrimination or expulsion from schools on the basis of their actual or perceived sexual orientation or gender identity, or that of their parents. LGBTI youth rejected by their families experience disproportionate levels of suicide, homelessness and food insecurity. Discrimination and violence contribute to the marginalization of LGBTI people and their vulnerability to ill health including HIV infection, yet they face denial of care, discriminatory attitudes and pathologization in medical and other settings. Transgender people are frequently denied legal recognition of their preferred gender or face abusive requirements such as forced sterilization, treatment or divorce to obtain it, without which they suffer exclusion and marginalization. The exclusion of LGBTI people from the design, implementation and monitoring of laws and policies that affect them perpetuates their social and economic marginalization.


UNITED NATIONS SUPPORT

Our organizations stand ready to support and assist Member States and other stakeholders as they work to address the challenges outlined in this statement – including through constitutional, legislative and policy changes, strengthening of national institutions, and education, training and other initiatives to respect, protect, promote and fulfil the human rights of all LGBTI people.

1] While this statement refers to lesbian, gay, bisexual, transgender and intersex people, it should also be read to refer to other people who face violence and discrimination on the basis of their actual or perceived sexual orientation, gender identity and sex characteristics, including those who may identify with other terms.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『LGBTIの人びとに対する暴力と差別を終わらせる』 国連プレス声明 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる