エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズ流行終結に向けて若者に注目 All In 世界の指導者が結集

<<   作成日時 : 2015/02/22 19:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

(解説) 10代の若者のHIV感染予防を目指す国際的キャンペーンAll Inがスタートしました。国連合同エイズ計画(UNAIDS)の特設ページに掲載されたプレスリリースとOP-ED(論評)を日本語に訳しました。複合的な予防対策の成果でHIVの新規感染はほぼすべての年齢層で減少しているのですが、10-19歳だけは例外だということです。また、この年齢層の死亡原因は、世界全体でエイズが交通事故に次いで2位となっています。10代の若者の対策に力を入れない限り、エイズ流行終結はあり得ないということで、UNAIDS、UNICEFを中心に国際機関や若者のHIV対策グループがAll Inに参加しています。活動のプラットフォームとしてウェブサイトも開設されているので、こちらもご覧下さい。日本には日本の事情があるとはいえ、10代の少年少女向け啓発キャンペーンを国内で展開する際には参考にできそうです。
http://allintoendadolescentaids.org/

 以下、2月17日にケニアのナイロビで行われた発足式のプレスリリース日本語仮訳です。

  ◇

エイズ流行終結に向けて若者に注目 世界の指導者が結集

 UNAIDS, UNICEF, UNFPA, WHO, PEPFAR、グローバルファンド、MTVステイング・アライブ財団、そしてPACTやY+に代表される若者グループがウフル・ケニアッタ大統領とともに若者のエイズ対策に取り組むAll In活動の発足式に参加
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2015/february/20150217_PR_all-in


【2015年2月17日 ナイロビ】 HIV対策はほぼすべての領域で大きな成果をあげているが、その中で若年層への対応は遅れている。エイズの世界的流行に取り組む指導者たちはこう指摘する。

 アフリカでは、エイズは10代の若い男女の最大の死亡原因であり、世界の若者全体でもエイズが二番目の死亡原因となっている。15歳以下のHIV陽性の子供のうち、抗レトロウイルス治療が受けられるのは4人に1人である。エイズ関連の死者はすべての年齢層で減っているが、10-19歳は例外だ。

 10代のHIV新規感染は他の年齢層のようには減少していない。10代の女性、とりわけサハラ以南のアフリカの10代の女性は最も大きな影響を受けている。南アフリカでは2013年に、平均で週860人以上の少女がHIVに感染している。少年は170人だ。

 こうした現状に対応するため、UNAIDS、UNICEFを中心とする協力機関が新たな活動のプラットフォームとしてAll Inを発足させた。戦略的な方針に基づき、若者の積極的な参加によって結果を出すことが目的だ。

 世界の指導者が本日、ケニアのナイロビに集まり、エイズ対策の最も深刻なギャップに取り組むためウフル・ケニアッタ大統領が新たなプラットフォームの創設を宣言した。

 「自らの生命を左右する課題の決定プロセスに若者たちが自ら参加することで、この計画は変化の触媒になります」とケニアッタ大統領は述べた。「ケニアはこの計画を支援できることを誇りに思います」

 All Inが焦点を当てるのは以下の4分野の行動だ。若者自らが参加、行動、成長し、変革の主体になること;計画策定のためのデータ収集体制を改善すること;若者が必要なHIVサービスを利用できる革新的手段を開発すること:そして、若者のHIV対策を政策課題としてきちんと位置づけ、具体的な活動予算をつけることだ。

 「エイズはアフリカの10代の若者にとって最大の死亡原因です。また、世界全体の若者の新規HIV感染の三分の二は少女です。道義的に見過ごすことはできません」と国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シディベ事務局長はいう。「若い人たちには国連や官民のパートナー、それぞれの国と協力して、10代のエイズの流行を終わらせるためにAll In活動を積極的に推進するよう求めたい」

 2013年現在、10代のHIV陽性者は210万人で、その多くは少なくとも10年前に感染している。HIVの母子感染の可能性を大きく減少させる抗レトロウイルス治療を受けられず、HIV陽性の母親から妊娠・出産時に感染しているのだ。多くの場合、診断はされず、フォローアップもなく、あるいは治療やケアのプログラムからも脱落している。

 「流行終結に向けた成果の恩恵は、子供と若者が真っ先に受けられるようにしなければならない。最後ではありません」とUNICEFのアンソニー・レイク事務局長は語る。「見逃されてきた若者にその成果を届け、10代のエイズ流行の集結を目指す活動にすべての若者が参加できるようにする必要があります。そうでなければ、エイズから自由な世代を実現することはできません」

 All Inの発足式には、若者の運動の支援者、指導者200人以上が参加した。

 「方針決定のすべての局面に若者が参加しない限り、エイズ流行の終結やゼロ目標について語ることはできません」とHIV陽性の若者の世界的ネットワークであるY+のコンソラータ・オピヨは言う。「10代の若者はHIVの影響を最も受けている層であり、明日の指導者でもあります」

 「アフリカでエイズが10代の若者の最大の死亡原因である限り、エイズ終結への道を進んでいるなどということはできません」とHIV若い指導者財団の事務局長で、PACTの共同委員長であるパブロ・アギレラは話す。「若者が誰一人、取り残されることがないようにしなければならないのです」

10年から15年前には、HIV陽性の子供の多くがHIV感染の診断を受けられなかったので、多くの若者が自分の感染を知らず、検査を受けたり、治療プログラムを利用したりすることができないまま10代を迎えている。

 米国の地球規模エイズ調整官で国際保健特使のデボラ・バークスは「サハラ以南のアフリカの将来は若者の保健と福祉にかかっています。パートナー国およびその他の人たちと協力し、HIVに感染しやすい立場にある10代の少女や若い女性が直面している保健のギャップを解消することに取り組みます」と語った。

 「心からAII In発足を歓迎します。この構想は根強く続くHIV感染を止める革新的な手段でもあります」と世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は述べている。

All Inは若者が方針決定のプロセスにしっかりと参加できるようにし、若者主導の社会運動を支えていくための活動のプラットフォームである。このキャンペーンはまた、若者向けのHIV戦略と既存の若者向け保健・開発プログラムとを結びつけることになる。さらに、各国指導者に対しては、現行プログラムの点検を促し、官民の協力を広げていく独創的な手段を提供することにもなる。

 「若者たちの現状を把握し、課題に取り組む必要があります」と国連人口基金(UNFPA)のババトゥンデ・オショティメイン事務局長はいう。「若者の人権、および性と生殖に関する健康を守り、HIVの予防と治療を提供するためにUNFPAはAll Inします」

 All Inは若者のニーズにあわせたHIVサービスを提供し、この年齢層で2030年のエイズ流行終結を実現するための努力を続けていく。

 「HIVの流行の深刻さとその克服法をすべての人に認識してもらう機会を広げていきます」と世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)のマーク・ダイブル事務局長は語る。

 今後5年間が重要になる。UNAIDSは2020年を達成年とする若者向けの新たなFast-Track(高速対応)目標を設定した。HIV新規感染を少なくとも75%減らす、エイズ関連の死亡を65%減らす、差別ゼロを達成するなどだ。この目標を達成することで、世界は2030年までに若者のエイズ流行を終結させ、流行全体としてもエイズを公衆衛生の脅威ではなくすという大目標の軌道に乗ることができる。

#EndAdolescentAIDSに向けたAll In
 #EndAdolescentAIDSに向けたAll Inは、対策プログラムと政策の大きな変化を通し、若者に好結果をもたらす行動と協力のためのプラットフォームである。さまざまな分野の参加を得て2020年までに若者のエイズ関連死亡と新規HIV感染を減らし、2030年のエイズ流行終結を目指している。UNAIDS, UNICEF, UNFPA, WHO, PEPFAR、グローバルファンド、MTVステイング・アライブ財団、そしてPACTやY+のためのHIV Young Leaders 財団に代表される若者の活動が参加している。 http://allintoendadolescentaids.org





Leaders from around the world are All In to end the AIDS epidemic among adolescents

UNAIDS, UNICEF, UNFPA, WHO, PEPFAR, the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, the MTV Staying Alive Foundation and youth movements represented by PACT and Y+ join President Uhuru Kenyatta to launch All In, a new platform for action against the adolescent AIDS epidemic.

NAIROBI, 17 February 2015―While major advances have been made in almost every area of the response to HIV, progress for adolescents is falling behind, said leaders in the global response to end the AIDS epidemic.

AIDS has become the leading cause of death for adolescents in Africa and the second leading cause of death among adolescents globally. Just one in four children and adolescents under the age of 15 have access to life-saving antiretroviral treatment. Deaths are declining in all age groups, except among 10–19 year olds.

New HIV infections among adolescents are not declining as quickly as among other age groups. Adolescent girls, particularly in sub-Saharan Africa, are most affected. In South Africa in 2013, more than 860 girls became infected with HIV every week, compared to 170 boys.

To address this inequity, UNAIDS, UNICEF and partners have launched All In, a new platform for action to drive better results for adolescents by encouraging strategic changes in policy and engaging more young people in the effort.

Leaders from around the world met today in Nairobi, Kenya, where President Uhuru Kenyatta launched the new platform, which will help address one of the most pressing gaps in the AIDS response.

“By including adolescents in decision-making processes that have a direct effect on their lives, this initiative will be a catalyst for change,” said President Kenyatta. “Kenya is proud to support this new initiative.”

All In focuses on four key action areas: engaging, mobilizing and empowering adolescents as leaders and actors of social change; improving data collection to better inform programming; encouraging innovative approaches to reach adolescents with essential HIV services adapted to their needs; and placing adolescent HIV firmly on political agendas to spur concrete action and mobilize resources.

“AIDS is the leading cause of death among adolescents in Africa. Globally, two thirds of all new infections among adolescents were among adolescent girls. This is a moral injustice,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “I am calling on young people to lead the All In movement, alongside the United Nations, public and private partners, and countries themselves, to end the adolescent AIDS epidemic.”

Most of the 2.1 million adolescents living with HIV in 2013 became infected at least 10 years ago, when their mothers were pregnant, during delivery or in the first months of life―at a time when antiretroviral medicines that can greatly reduce the possibility of HIV transmission were not available. Many were never diagnosed, lost to follow-up or fell out of treatment and care programmes.

“Children and young people should be the first to benefit from the progress we have made in ending the epidemic, not the last,” said UNICEF Executive Director Anthony Lake. “We need to reach the adolescents we are missing and engage all young people in the effort to end adolescent AIDS. In fact, we cannot achieve the goal of an AIDS-free generation without them.”

More than 200 young advocates and leaders from adolescent and youth movements were present at the launch of All In.

“We can’t talk about ending AIDS or getting to zero without including adolescents in every decision-making platform,” said Consolata Opiyo, from Y+, the Global Network of Young People Living with HIV. “Adolescents are the group most affected by HIV and they are tomorrow’s leaders.”

“We can’t say that we are on the right track to end AIDS if it continues being the main cause of death for adolescents in Africa,” said Pablo Aguilera, Executive Director of the HIV Young Leaders Fund and Co-Chair of the PACT. “We must ensure that no adolescent is left behind.”

Since the HIV status of many children went undiagnosed 10 to 15 years ago, they are now entering adolescence unaware that they are living with the virus, with limited opportunities for HIV detection and referral to treatment programmes.

Deborah Birx, United States Global AIDS Coordinator and United States Special Representative for Global Health Diplomacy, said, “The future of sub-Saharan Africa rests in the health and well-being of the youth. We’re committed to working with partner countries and others to close the health gap that leaves adolescent girls and young women particularly vulnerable to HIV infection.”

“I warmly welcome this launch of the All In initiative as an innovative way to tackle a stubborn stronghold of HIV infection,” said Margaret Chan, Director-General of the World Health Organization.

The All In platform for action aims to increase the meaningful participation of adolescents in decision-making processes and strengthen youth-led social movements. The campaign will also identify opportunities to link adolescent HIV strategies into existing adolescent health and development programmes. In addition, All In will engage national leaders to coordinate, support and lead assessments of existing programmes and expand partnerships for innovation between the public and private sectors.

“We need to meet adolescents where they are and address the challenges they face,” said Babatunde Osotimehin, Executive Director of UNFPA, the United Nations Population Fund. “UNFPA is All In to protect their human rights and sexual and reproductive health, and prevent and treat HIV.”

All In will aim to reach adolescents with HIV services designed for their specific needs and realities and to fast-track progress among an age group critical to advancing global efforts to end the AIDS epidemic by 2030.

“We can expand opportunity by getting everyone to recognize the seriousness of HIV, and how to end it,” said Mark Dybul, Executive Director of the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria.

The next five years are crucial. UNAIDS has set new Fast-Track Targets to be achieved by 2020 for adolescents that include reducing new HIV infections by at least 75%, reducing AIDS-related deaths by 65% and achieving zero discrimination. Achieving the targets would put the world on track towards ending adolescent AIDS by 2030 and ending the global AIDS epidemic as a public health threat.

All In to #EndAdolescentAIDS
All In to #EndAdolescentAIDS is a platform for action and collaboration to inspire a social movement to drive better results for adolescents through critical changes in programmes and policy. It aims to unite actors across sectors to accelerate reductions in AIDS-related deaths and new HIV infections among adolescents by 2020, towards ending the AIDS epidemic for all by 2030. It is convened by a leadership group that includes UNAIDS, UNICEF, UNFPA, WHO and PEPFAR, as well as the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria, the MTV Staying Alive Foundation and the adolescent and youth movement represented by the HIV Young Leaders Fund on behalf of the PACT and Y+. http://allintoendadolescentaids.org


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第78号(2015年2月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第78号(2015年2月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/03/01 17:03
TOP-HAT News第88号(2015年12月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第88号(2015年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2015/12/31 08:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズ流行終結に向けて若者に注目 All In 世界の指導者が結集 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる