エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア太平洋地域のエイズの流行への対応を定義

<<   作成日時 : 2015/02/05 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) アジア太平洋地域のHIV/エイズ対策の課題を検討する政府間会議が1月28日から30日までタイのバンコクで開かれました。初日のUNAIDSプレスリリースの日本語仮訳です。アジア太平洋地域はHIV/エイズとの闘いで成果を収めてきたけれど、ここで気を緩めてはいけない。国際的な援助資金は減少の傾向にあり、各国が国内のエイズ対策への投資を増やしていかなければならない。おおむねそんな内容でしょうか。すでに途上国とは言えない国も多いのですが、それなりに成果が上がってくると課題としてのエイズ対策の優先順位は相対的に低下してなかなか国内資金の獲得も難しい。成果が上がったら上がったで、また試練が待ち受けています。


アジア太平洋地域のエイズの流行への対応を定義
   2015年1月28日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2015/january/20150128_IGM

 アジア太平洋地域HIV/エイズ政府間会議がタイのバンコクで開幕した。各国政府、市民社会組織、国際組織から250人以上が参加し、エイズ対策の進展状況を評価するとともに将来の課題を検討した。

 アジア太平洋地域は過去10年、HIV対策で大きな成果をあげてきた。2013年のHIV新規感染者は推定35万人で、2001年より25%減っている。2005年から2013年の間にエイズ関連の年間死者数は27%減っている。

 アジア太平洋地域で抗レトロウイルス治療を受けている人は2013年現在、約156万人で前年比25%増となっている。しかし、この人数は域内のHIV陽性者全体の3分の1にとどまっており、治療の開始も遅いことが多い。

 アジア太平洋地域が抱える最も大きな課題の一つは、エイズ対策の資金をいかに維持していくかである。2013年には、域内のエイズ対策資金は20億ドルだった。このうち43%が国際的な援助資金である。会議では、国内投資を高めるために各国のエイズ対策プログラムを検証した。

 会議ではまた、90-90-90という治療の新たな世界目標についても検討し、市民社会組織の代表からはコミュニティベースのHIVサービスを充実させることが求められた。域内の流行はキーポピュレーションに集中しているのに、そうした人口層を対象にしたHIV予防に向けられる資金は全体のエイズ対策資金の8%未満にとどまっている。

 会議は国連アジア太平洋経済社会委員会が国連合同エイズ計画(UNAIDS)、国連開発計画(UNAIDS)その他の機関の後援を受けて1月30日まで開催し、HIV/エイズの流行に対応するための新たな地域的枠組みを採択することにしている。

コメント

 「アジア太平洋諸国は責任を持ってエイズ対策資金を担ってきました。エイズ対策を財政的に持続させていくためのこの重要な会議に私の国も加われたことを嬉しく思います」
 アジア太平洋政府間会議議長を務めるフィジーのラツ ・エペリ・ナイラティカウ大統領

 「アジア太平洋地域は経済変革のハブであるだけでなく、世界の他の地域と新たなパートナーシップを確立するための創意とエネルギーのハブでもあります」
 UNAIDSのミシェル・シディベ事務局長

 「アジア太平洋地域は真の前進を果たしてきた。だが、目標を達成するにはさらに大きな指導力と自立の精神が必要です。効果的なHIV対策は、国家間の壁を超えた協力関係があって初めて実現できます」
 アジア太平洋経済社会委員会のシャムシャド・アクタール事務局長

 「人権侵害、差別、そして薬物使用者やセックスワーカー、同性間の性行為、トランスジェンダーの人々を犯罪者として扱うような懲罰的な法律が、HIV/エイズの流行に大きな影響を受けている人たちがサービスを受けることを妨げる最大の障壁になっています」
 アジア太平洋地域HIV陽性者ネットワーク(APN+)のヌクシナロ・アオ女性コーディネーター



Defining the response to the AIDS epidemic in the Asia–Pacific region
28 January 2015

The Asia–Pacific Intergovernmental Meeting on HIV and AIDS has opened in Bangkok, Thailand. More than 250 representatives of governments, civil society and international organizations from across the region are assessing progress on the response to the AIDS epidemic and considering challenges for the future.

The Asia–Pacific region has achieved significant results in the HIV response over the past decade. In 2013, there were an estimated 350 000 new HIV infections in the region, a decline of 25% since 2001. Between 2005 and 2013, the number of AIDS-related deaths in the region fell by 27%.

Around 1.56 million people living with HIV in the Asia–Pacific region had access to antiretroviral therapy in 2013, a 25% increase over the previous year. However, this still accounts for only one in three people living with HIV, and many people start treatment late.

One of the most pressing challenges for the region is how to ensure that the AIDS response remains financially sustainable. In 2013, more than US$ 2 billion was mobilized for the region’s response to AIDS, with 43% of the funding supplied by international donors. The participants of the meeting are reviewing the financing of national AIDS programmes, with the aim of increasing national investment.

Participants are also discussing the new 90–90–90 global treatment targets, with civil society representatives calling for more community-based HIV services. Although the epidemic in the region is concentrated among key populations, less than 8% of overall AIDS spending is dedicated to HIV prevention among such populations.

Convened by the Economic and Social Commission for Asia and the Pacific in cooperation with UNAIDS, the United Nations Development Programme and other organizations, the meeting runs until 30 January and is expected to see the adoption of a new regional framework to respond to the epidemic.

Quotes
“Countries in the Asia–Pacific region have taken responsibility for financing the AIDS response. I am pleased that my own country has taken this important step towards ensuring the financial sustainability of the AIDS response.”
Ratu Epeli Nailatikau, President of Fiji and Chair of the Asia–Pacific Intergovernmental Meeting on HIV and AIDS

“We know this region is not just a hub of economic transformation but of innovation and with collective energy we can really help to build a new partnership with the rest of the world.”
Michel Sidibé, UNAIDS Executive Director

“Real progress has been made across our region, but scope remains for greater leadership and ownership to achieve our goals. An effective HIV response is possible only with seamless partnerships across countries.”
Shamshad Akhtar, Executive Secretary, Economic and Social Commission for Asia and the Pacific

“Human rights violations, discrimination and punitive laws like the criminalization of drug users, sex workers, same-sex practices and transgender people, have been the greatest barrier to key affected populations accessing services.”
Nukshinaro Ao, Women’s Coordinator of the Asia–Pacific Network of People Living with HIV

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア太平洋地域のエイズの流行への対応を定義 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる