エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界各地から集まった市長たちがエイズ流行終結にむけたパリ宣言に署名

<<   作成日時 : 2014/12/06 19:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説)1994年のパリエイズサミットで各国代表が採択したパリ宣言には、GIPA原則が盛り込まれました。エイズ対策の企画、策定、実施、評価のすべての段階においてHIV陽性者のより積極的な参加を求める原則です。その後のいくつかの国際会議を経て、GIPAはHIV陽性者だけでなく、HIV/エイズの流行に大きな影響を受けた人たちを広く流行と闘う当事者として位置づけ、その当事者の積極的な参加を実現することを目指す大原則となっています。目指すだけでなく、実践もされてきました。
 そのGIPA原則から20周年の節目となる今年12月1日、パリでは世界各地の市長が集まり、新たなパリ宣言に署名しています。また、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が宣言発表に合わせ報告書『都市におけるHIV』を発表しました。そのプレスリリースの日本語仮訳です。UNAIDSが新たな目標として打ち出している90-90-90が実現するかどうかは大都市が鍵を握っているということです。都市におけるHIV/エイズとの闘いの強化はもちろん大切なことですが、どことなく市長宣言がUNAIDSのスローガンのダシに使われているような印象も受けます。



世界各地から集まった市長たちがエイズ流行終結にむけたパリ宣言に署名
 世界エイズデーを機会に市長たちがパリに集結。国連合同エイズ計画(UNAIDS)が都市にはエイズ対策高速対応の大きな可能性があるとする報告書を発表
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/december/20141201_PR_citiesreport
プレスリリース


【パリ/ジュネーブ 2014年12月1日】2014年の世界エイズデーに際し、世界各都市の市長がパリに集まり、それぞれの市におけるエイズ流行集結に向けた2014パリ宣言に署名した。署名式では各市長がエイズ流行集結のために対策を強化する高速対応を約束した。その中にはUNAIDSの90-90-90目標の達成も含まれている。HIV陽性者の90%が検査を受けてHIVに感染していることを知り、そのうちの90%がHIV治療を受け、さらにそのうちの90%が治療の効果で体内のウイルス量が検出限界以下になって、自らの健康を保つとともに他の人への感染のリスクも大きく低下させるという目標だ。

 「エイズ流行の終結は世界の主要都市が直ちに行動を開始し、2020年までの高速対応を決然として進めれば、実現可能です」とUNAIDSのミシェル・シディベ事務局長は語る。「都市におけるエイズ対策の高速対応は、各都市にとって、結核、性と生殖の健康、母子保健、ジェンダーに基づく暴力、非感染性疾患など、エイズ以外の保健課題の解決にも道を開く新たな最先端のサービス提供プログラムを進めることにもなります」

パリのアンヌ・イダルゴ市長が主催した世界エイズデーのイベントでは、各市長がUNAIDSや国連人間移住計画(UN-Habitat)、国際エイズケア提供者協会(IAPAC)とともにパリ宣言に署名した。「世界中の都市が高速対応でエイズの流行を終結させるキープレーヤーです」とアンヌ・イダルゴ市長は語る。「私たちはなによりも人間に対する責務を担っています。選挙で選ばれた代表として連帯を示すのです。私たちはパリで、その責任を果たすことを約束しました」

この会合は世界の指導者とコミュニティがGIPA(HIV陽性者のより積極的な参加)原則に合意したパリエイズサミットから20周年の節目に開かれた。GIPAは世界のエイズ対策を今日まで主導してきた歴史的な約束である。

 本日のイベントでUNAIDSは『都市におけるHIV』という新たな報告書を発表した。2030年のエイズ流行終結に向けて果たすべき都市の重要な役割をまとめたものだ。OUTLOOK:都市報告では都市および都市圏がHIVの影響をとりわけ大きく受けていることを示している。世界の3500万人のHIV陽性者の半数以上は流行に最も大きな影響を受けている200都市に住んでいるのだ。各国別に見ても、国内のHIV陽性者の半数以上が都市居住者である国が多い。サハラ以南のアフリカではHIV陽性者の45%が都市に住んでいる。

 報告書によると、世界人口の半数以上が都市居住者であり、2050年にはその割合が60%にまで拡大すると推定されている。人口1000万以上のメガシティの大多数は低・中所得国の都市ということになる。都市部におけるHIV対策の高速対応は、農村部など他の地域を切り捨てることなく進めなければならないことは当然だとしても、エイズ流行の終結に極めて重要な意味をもっている。

 2014年パリ宣言には、HIVに最も大きな影響を受けているコミュニティに焦点を当てること、公衆衛生と開発がうまくかみ合うように資金を活用すること、都会のHIV戦略を促進し、エイズ対策を前向きな社会変革の触媒として生かすことなどが盛り込まれている。

 「都市はすぐに使える柔軟で創意に満ちたプラットフォームを提供し、実用的かつバランスのとれた効果的な方法でエイズ流行を終わらせることに貢献できるのです」とUN-Habitatのジョアン・クロス事務局長は述べた。「都市は持続的な解決策の基盤となる連携や信頼、尊重、包摂などを育てる場になることができます」

 都市報告書には著名な写真家、リチャード・シルバーによる写真が使われている。また、世界各地の都市でエイズ対策の最前線に立ってきたコミュニティアクティビストや保健医療従事者、政策担当者らの証言も紹介されているその人たちの話は、流行の初期から最も大きな影響を受けてきたその同じ都市がいま、エイズ流行終結に向けて貴重な役割を担っていることを示している。また、セックスワーカー、注射薬物使用者、男性とセックスをする男性といった排除されたり、偏見にさらされたりしやすい人たちがHIV予防と治療のサービスを受けられるようにすることがいかに重要なのかということも示している。

 貧困や不平等と闘うことも不可欠だ。世界全体では推定10億人が貧困状態で暮らしている。わずかなサービスしか利用できない。貧困と不平等はHIVおよび結核などの関連疾病を含め、様々な保健課題をもたらす原因にもなっている。結核はHIV陽性者の最も大きな死亡原因なのだ・

 「HIVの新規感染を急速に減らし、エイズによる死亡をなくすための科学的にまたとない機会です。差別や偏見を含め、90-90-90目標の達成を妨げる大きな障壁から目を背けず、この機会をつかまなければなりません」とIAPACのホセ・M・ズニガ会長/CEOはいう。「これらの目標を達成するには地球規模で考え、地元に密着して行動し、都市にすでにあるプログラムと資金を生かし、それぞれの地元の実情を踏まえてHIV予防、検査、治療のギャップ解消に取り組む必要があります」

 世界中の都市でエイズ流行を終わらせるには、指導者が普通の人々に思いやりと寛容な心を呼びかけ、永続的な変化につなげなければならない。それはコミュニティがエイズ対策に焦点を当て、各都市が成功事例を共有できるようになるかどうかにかかっている。

 90-90-90目標に加え、UNAIDSは2020年までに年間の新規HIV感染数を75%減らし、20万件にすること、および差別ゼロを実現することを呼びかけている。90-90-90目標が実現すれば、2030年までに約2800万人のHIV感染と2100万人の死を防ぐことができるとUNAIDSは試算している。



Mayors from around the world sign Paris Declaration to end the AIDS epidemic

On World AIDS Day, mayors meet in Paris as UNAIDS releases a new report on the huge potential of fast-tracking the AIDS response in cities

PARIS/GENEVA, 1 December 2014―On World AIDS Day 2014, mayors from around the world came together in Paris, France, to sign a declaration to end the AIDS epidemic in their cities. In signing the 2014 Paris Declaration, the mayors commit to putting cities on the Fast-Track to ending the AIDS epidemic through a set of commitments. Those commitments include achieving the UNAIDS 90–90–90 targets, which will result in 90% of people living with HIV knowing their HIV status, 90% of people who know their HIV-positive status on antiretroviral treatment and 90% of people on treatment with suppressed viral loads, keeping them healthy and reducing the risk of HIV transmission.

“Ending the AIDS epidemic is achievable if the world’s major cities act immediately and decisively to fast-track their AIDS responses by 2020,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “A Fast-Track AIDS response in cities will also encourage new, cutting-edge service delivery programmes that can pave the way for cities to address other public health challenges, including tuberculosis, sexual and reproductive health, maternal and child health, gender-based violence and noncommunicable diseases.”

At the World AIDS Day event in Paris, hosted by the Mayor of Paris, Anne Hidalgo, the mayors joined the Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS), the United Nations Human Settlements Programme (UN-Habitat) and the International Association of Providers of AIDS Care (IAPAC) in signing the Paris Declaration. “Cities all over the world are key players that can fast-track the response in order to ultimately end the AIDS epidemic,” said Anne Hidalgo, Mayor of Paris. “Our duty is above all a human one. As elected representatives, our choice is to demonstrate solidarity. In Paris, we are determined to take our responsibilities and to live up to our commitments.”

The meeting is taking place 20 years after the Paris AIDS Summit, at which world leaders and communities agreed to a set of principles for the greater involvement of people living with HIV. Known as the GIPA principles, the historic commitment continues to guide the global AIDS response today.

During the event, UNAIDS released a report on HIV in cities, which outlines the important role that urban areas will play in ending the AIDS epidemic by 2030. The OUTLOOK: cities report shows how cities and urban areas are particularly affected by HIV, with the 200 cities most affected by the epidemic estimated to account for more than a quarter of the 35 million people living with HIV around the world. In many countries, cities are home to more than half of all people living with HIV across the country. In sub-Saharan Africa, 45% of people living with HIV reside in cities.

According to the report, more than half the world’s population lives in cities, with the proportion set to expand to 60% by 2050. The vast majority of megacities, defined as having populations of more than 10 million people, will be in low- and middle-income countries. Fast-tracking HIV responses in cities―without neglecting efforts in rural and other areas―will therefore be crucial to ending the AIDS epidemic.

The 2014 Paris Declaration includes commitments to focus on the communities most affected by HIV, to mobilize resources for the better integration of public health and development, to build and accelerate urban HIV strategies and to use the AIDS response as a catalyst for positive social transformation.

“Cities provide ready, flexible and creative platforms that can contribute to ending the AIDS epidemic in a pragmatic, balanced and efficient way,” said Joan Clos, Executive Director of UN-Habitat. “Cities can act as the fora where the linkages, trust, respect and inclusiveness that are part of any sustainable solution can be built.”

The Cities report shares the city photography of renowned photographer Richard Silver. It also features testimonies from community activists, health workers and public officials who have been at the forefront of the AIDS response in the world’s cities. Their stories show how the same urban centres that have been most affected by HIV from the beginning of the epidemic are now uniquely positioned to end the AIDS epidemic. It also highlights the importance of ensuring that people who are marginalized and often stigmatized―including sex workers, people who inject drugs and men who have sex with men―have access to HIV prevention and treatment services.

Tackling poverty and inequality will also be essential. Globally, an estimated 1 billion people live in poverty, with access to only a few services. Poverty and inequality are further tested by multiple health challenges, including HIV and related diseases, such as tuberculosis, the leading cause of death among people living with HIV.

“We must seize this moment of unprecedented scientific opportunity to rapidly reduce the number of new HIV infections and end AIDS-related deaths, without ignoring significant barriers to achieving the 90–90–90 targets in cities, including stigma and discrimination,” said José M. Zuniga, President/CEO of IAPAC. “Achieving these targets requires thinking globally and acting locally, leveraging existing city programmes and resources and implementing locally relevant, locally tailored and locally led interventions to address HIV prevention, testing and treatment gaps.”

Ending the AIDS epidemic in the world’s cities will require leaders who can inspire and harness the compassion and generosity of ordinary urban citizens in order to bring about lasting change. It will depend upon energized communities accelerating and sharpening the focus of local AIDS responses and sharing best practices across urban centres.

In addition to the 90–90–90 targets, UNAIDS also calls for reducing the annual number of new adult HIV infections by more than 75%, to 500 000 in 2020, and achieving zero discrimination. UNAIDS estimates that reaching the 90–90–90 Fast-Track Targets will prevent almost 28 million new HIV infections and 21 million deaths by 2030.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界各地から集まった市長たちがエイズ流行終結にむけたパリ宣言に署名 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる