エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 高速対応で2030年に国際保健の脅威としてのエイズ流行を終結 UNAIDS報告書

<<   作成日時 : 2014/11/20 00:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

(解説)世界エイズデー(12月1日)を前に国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新たな報告書『高速対応:2030年のエイズ終結に向けて』を発表しました。そのプレスレリースの日本語仮訳です。9月25日にニューヨークの国連本部で『ファーストトラック(高速軌道):2030年のエイズ流行終結に向けて』と題した総会関連イベントが開かれているので、そちらも参考にしてください。
http://asajp.at.webry.info/201409/article_2.html
 その時も書きましたが、ここでUNAIDSが掲げている「エイズ流行終結」は完全にHIV感染がなくなることではなく、国際保健の脅威としての流行ではなくなる状態を目指すということのようです。そのためにはこれからの5年間が勝負だぞということで、90-90-90を2020年までに達成すべき新たな数値目標に掲げています。それが実現すると年間の新規HIV感染者数は現在より75%減って50万人になります。さらに2030年には95-95-95を目指し、年間新規感染は20万人となる。つまり、ゼロではないけれど、このくらいになれば、流行はもはや国際保健上の脅威ではなくなるという認識ですね。これでもまだ、実現はかなり厳しいと言わざるを得ません。



高速対応で2030年までに約2800万人のHIV新規感染を防ぎ、国際保健の脅威としてのエイズ流行を終結 UNAIDS報告
 世界が今後5年で対策の規模を拡大できなければ、HIV新規感染は再び拡大に転じる
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/november/20141118_PR_WAD2014report


【2014年11月18日、ジュネーブ/ロサンゼルス】 国連合同エイズ計画(UNAIDS)は今後5年間の高速対応によって世界は2030年にエイズ流行の終結が可能になると発表した。新たなUNAIDS報告書『高速対応:2030年のエイズ終結に向けて』は高速対応を実現することで、2030年までに2800万人の新規HIV感染を防ぎ、2100万人の生命が救われることを示している。

 「私たちは流行の軌道を変えてきました」とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は語る。「今後5年間、それをさらに進めることができなければ、流行はリバウンドしてしまうおそれがあります」

 報告書はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で開かれARTと国際保健センターのデビッド・ゲレ所長主催のイベントで発表された。イベントには特別ゲストでアフリカ・アウトリーチ計画創設者のシャリーズ・セロン国連平和大使がシデベ事務局長とともに出席した。


高速対応目標

                    2020年        2030年
 治療               90-90-90       95-95-95
成人の年間HIV新規感染     50万人         20万人
 差別                  ゼロ           ゼロ 

 新たな目標には2020年までに90-90-90を達成することが含まれている。HIV陽性者の90%が自らの感染を知り、そのまた90%が治療を受け、さらにその90%の人の体内のHIV両が検出限界以下に保たれる状態を実現することだ。

 UNAIDSの推定では2014年6月時点で、約1360万人が抗レトロウイルス治療を受けており、2015年までに1500万人に治療のアクセスを確保するという目標に大きく近づいている。しかし、90-90-90達成への道のりはまだ長い。とりわけ子供の治療は現実と目標のギャップが大きい。

 目標は他に、年間の新規HIV感染を2020年までに現在より75%減の50万人に減らすこと、差別ゼロを達成することなどが含まれている。こうした目標は、人権を重視し誰も置き去りにしないというアプローチをしっかり踏まえたものであり、達成できれば国際保健の大きな改善がもたらされることになる。

 HIVへの対応はすでに大きな成果をあげており、人々を救うことができる効果的な対策を進めるうえで必要な教訓も数多く得られている。

 このメッセージは、イベントに参加した学生や研究者、政策担当者、支援者らにスピーチを行ったセロンさんも繰り返した。「HIVに関する質の高い保健サービスや教育を受けることができれば、若者たちは将来のために賢明な選択を行うことができます。世界中の若者を励まし、流行終結の力になってもらいましょう」とセロンさんは述べた。「UNAIDSの高速対応目標を実現することで、置き去りにされる人はいなくなります」

また、『高速対応:2030年のエイズ終結に向けて』はこうした目標を実現するためには投資が極めて重要なことも強調している。2020年段階で低所得国は年間97億ドル、そして低所得国に近い中所得国は87億ドルの資金が必要とされている。国際的な資金支援は各国の国内資金の不足分を補う必要がある。とりわけ低所得国では、HIV対策に必要な資金の10%しか国内資金でまかなえていない状態なので、支援が必要だ。上位の中所得国では2020年時点で年間172億ドルの資金が必要になる。ただし、上位の中所得国の場合、2013年にはすでにHIV対策資金の80%は国内資金でまかなえるようになっている。

 「今後5年間、HIV陽性者1人あたり1日3ドルの投資があれば、流行を克服することができます」とシデベ事務局長は言う。「1ドルの投資があれば、15ドルのリターンが生み出されることも分かっています」

 十分な投資があれば、世界の資金需要は2020年から減少を始めます。2030年には低・中所得国の年間資金需要は328億ドルに減少します。2020年の必要額356億ドルより8%減になる。こうした資金により、2020年には2015年比で2倍の人に抗レトロウイルス治療を提供できるようになる。


焦点
UNAIDSの高速対応アプローチは、HIVの流行に最も深刻な影響を受けている郡や市やコミュニティを重視する必要があることを強調し、資金は最も大きな効果が得られるところに資金を集中させることを推奨している。

 とりわけ、世界のHIV新規感染の89%を占める30カ国には特別な対応が必要なことも指摘されている。これら30カ国の対応を高速化するためには、国際パートナーの人的、組織的、戦略的な支援とともに、国際的な資金支援と国内資金の両方を大きく増やす必要がある。HIVの影響を最も大きく受けている人たちに支援が届くことがエイズ流行の終結の鍵を握っており、HIVサービスはそのサービスを最も必要とする人たちに届くようにする配慮が必要である。

2013年推計
 世界のHIV陽性者数  3500万人[3320万〜3720万人]
 年間新規HIV感染者数  210万人[190万〜240万人]
 エイズ関連の年間死者数 150万人[140万〜170万人]
2014年6月現在:1360万人の抗レトロウイルス薬のクセスを確保



UNAIDS reports that reaching Fast-Track Targets will avert nearly 28 million new HIV infections and end the AIDS epidemic as a global health threat by 2030

If the world does not rapidly scale up in the next five years, the epidemic is likely to spring back with a higher rate of new HIV infections than today

GENEVA/LOS ANGELES, 18 November 2014―The Joint United Nations Programme on HIV/AIDS (UNAIDS) has announced that taking a Fast-Track approach over the next five years will allow the world to end the AIDS epidemic by 2030. The new UNAIDS report Fast-Track: ending the AIDS epidemic by 2030 outlines, that by taking the Fast-Track approach nearly 28 million new HIV infections and 21 million AIDS-related deaths would be averted by 2030.

“We have bent the trajectory of the epidemic,” said Michel Sidibé, Executive Director of UNAIDS. “Now we have five years to break it for good or risk the epidemic rebounding out of control.”

The report was launched at the University of California, Los Angeles (UCLA), during an event hosted by David Gere, Director, UCLA Art & Global Health Center. The Executive Director of UNAIDS was joined by special guest Charlize Theron, United Nations Messenger of Peace and Founder of the Charlize Theron Africa Outreach Project.


Fast-Track Targets

The new set of targets that would need to be reached by 2020 include achieving 90-90-90: 90% of people living with HIV knowing their HIV status; 90% of people who know their HIV-positive status on treatment; and 90% of people on treatment with suppressed viral loads.

UNAIDS estimates that by June 2014, some 13.6 million people had access to antiretroviral therapy, a huge step towards ensuring that 15 million people have access by 2015, but still a long way off the 90-90-90 targets. Particular efforts are needed to close the treatment gap for children.

Other targets include reducing the annual number of new HIV infections by more than 75%, to 500 000 in 2020, and achieving zero discrimination. The targets are firmly based on an approach to leaving no one behind that is grounded in human rights and, if achieved, would significantly improve global health outcomes.

Massive and widespread progress has been made in responding to HIV and many lessons have been learned in how to programme efficiently and effectively to produce the best results for people.

This message was echoed by Ms Theron, who spoke to the students, researchers, policy-makers and advocates attending the launch event. "When young people have access to quality HIV health and education options, they make smart choices for their futures. Let’s make sure adolescents everywhere are empowered to be part of the solution to ending this epidemic," said Ms Theron. “Meeting UNAIDS Fast-Track Targets will ensure no one is left behind.”

Fast-Track: ending the AIDS epidemic by 2030 also highlights just how critical investment is to achieving these targets. Low-income countries will require a peak of US$ 9.7 billion in funding in 2020 and lower-middle-income countries US$ 8.7 billion. International funding support will be needed to supplement domestic investments, particularly in low-income countries, which are currently only funding around 10% of their responses to HIV through domestic sources. Upper-middle-income countries will require US$ 17.2 billion in 2020. In 2013, 80% of upper-middle-income countries were financing their responses to HIV through domestic sources.

“If we invest just US$ 3 dollars a day for each person living with HIV for the next five years we would break the epidemic for good,” said Mr Sidibé. “And we know that each dollar invested will produce a US$ 15 return.”

If sufficient investments are achieved, global resource needs will start to reduce from 2020. By 2030, the annual resources required in all low- and middle-income countries will decline to US$ 32.8 billion, down 8% from the US$ 35.6 billion needed in 2020. These resources will provide antiretroviral treatment to twice as many people in 2020 than in 2015.

Focus

The UNAIDS Fast-Track approach emphasizes the need to focus on the counties, cities and communities most affected by HIV and recommends that resources be concentrated on the areas with the greatest impact.

The approach outlines that particular efforts are needed in the 30 countries that together account for 89% of new HIV infections worldwide. To Fast-Track national responses in these 30 priority countries will require extensive mobilization of human, institutional and strategic international partners as well as significant commitments from both national and international sources. The importance of reaching people most affected by HIV is also outlined as key to ending the AIDS epidemic and concerns are raised about access to HIV services for people most in need.
 
In 2013, an estimated:

35 million [33.2 million–37.2 million] people globally were living with HIV

2.1 million [1.9 million–2.4 million] people became newly infected with HIV

1.5 million [1.4 million–1.7 million] people died from AIDS-related illnesses

By June 2014:
13.6 million people had access to antiretroviral medicines

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第75号(2014年11月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第75号(2014年11月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/12/16 13:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
高速対応で2030年に国際保健の脅威としてのエイズ流行を終結 UNAIDS報告書 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる