エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS HIVとエボラ最新情報

<<   作成日時 : 2014/11/05 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説)国連合同エイズ計画(UNAIDS)の公式サイトにHIV AND EBORA UPDATEというページが開設されました。そこに掲載されたブローシュアの日本語仮訳です。国連エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)にUNAIDSも全面協力を表明しています。流行国3カ国のHIV陽性者は21万人、うち5万人が抗レトロウイルス治療を受けているのですが、エボラの流行で保健基盤へのアクセスを失い治療継続が困難になっている人も多く、今回のアウトブレークはエイズ対策にも深刻な影響を及ぼしているということです。


HIVとエボラ最新情報
http://www.unaids.org/sites/default/files/media_asset/2014_HIV-Ebola-update_en.pdf

 西アフリカにおけるエボラウイルス疾患(EVD)のアウトブレークは、ギニア、リベリア、シエラレオネで広がっている。マリ、ナイジェリア、セネガル、スペイン、米国でも発症例が報告されている。世界保健機関(WHO)によると、10月27日現在、疑い例を含め1万3703件の症例が報告され、このうち4920件の死亡が確認されている。少なくとも死者の20人に1人は保健医療従事者だと伝えられている。

 エボラのアウトブレークが域内の数カ国に広がったのは初めてのことで、40年近く前にウイルスが発見されて以来、最大の流行となった。この流行は公衆衛生の危機であり緊急事態となっている。

 国連エボラ緊急対応ミッション(UNMEER)は以下の5つの分野で加盟国、地域機関、市民社会、民間企業との緊密な協力のもとに活動している。

 ・アウトブレークを止める
 ・エボラにかかった人を治療する。
 ・必要なサービスを保障する。
 ・安定を保つ。
 ・さらなるアウトブレークを防ぐ。

 (表)略


エボラ流行国におけるHIV感染
 エボラが流行しているギニア、リベリア、シエラレオネでは、推定21万人[20万〜25万人]のHIV陽性者が暮らしており、このうち5万人が抗レトロウイルス治療(ART)を受けている。HIV陽性者が、生存に不可欠なARTを受けることができているかどうかについては、緊急に調査を行っているところだ。

 ギニアではARTを受けている人の75%が首都コナクリに住んでいる。シエラレオネでは50%が首都フリータウンの居住者だ。シエラレオネのART提供病院の何カ所かはすでに機能していないと考えられている。ロクパ国立病院とランサー保健センターは当面、隔離されている。緊急調査によると、リベリアでは首都モンロビアを含むモントセラド郡の保健医療機関(50カ所)の78%は開いている。

 3カ国では保健医療機関の利用者が激減している。エボラウイルスの感染に対する恐怖感が強いからだ。

 また、コミュニティベース、および宗教組織ベースのHIVサービスも深刻な状態に陥っている。

保健医療サービスのアクセス確保の努力
 HIV陽性者を含むすべての人にとって、保健医療機関へのアクセスを確保し、治療を継続して受けられるようにすることは不可欠だ。ARTを受けているHIV陽性者が治療を中断すれば、たちまち具合が悪くなり、薬剤耐性ウイルスが出現し、他の人への感染の確率も拡大するだろう。

 UNAIDSはHIV陽性者の治療やケアの確保と新たな患者の受け入れをはかるために、エボラ流行の影響緩和に努めている。UNAIDSと各国エイズ協議会は、ARTの提供継続を可能にするため、コミュニティのサービス提供拠点追加の努力を支援している。ARTを受けている人は、国家エイズ協議会のオフィスその他の提供可能な場所で薬が得られるようになっている。また、通常よりも長期間分の薬が入手できる。

UNAIDSのエボラ対策支援
 UNAIDSはUNMEERおよび5分野の活動を全面的に支援している。流行国のUNAIDSの各国事務所は、ダカールにある地域支援チームとともに、エボラ対策センター、国家エボラ対策委員会、大統領エボラ委員会などの調整メカニズムに協力している。 




HIV AND EBOLA UPDATE

The outbreak of Ebola virus disease (EVD) in West Africa has primarily affected Guinea, Liberia and Sierra Leone. Mali, Nigeria, Senegal, Spain and United States of America have also reported cases. According to the World Health Organization (WHO), a total of 13703 confirmed, probable and suspected cases of EVD were reported up to 27 October and there have been 4920 confirmed deaths. At least one in 20 of the people who died were reported to have been health workers.

This EVD outbreak is the first to affect several countries in a region and is the largest since the virus was discovered almost 40 years ago. The outbreak is a public health crisis and a complex emergency.

The United Nations Mission for Ebola Emergency Response (UNMEER) is working closely with Member States, regional organizations, civil society and the private sector around five pillars:

Stop the outbreak.
Treat people with Ebola.
Ensure essential services.
Preserve stability.
Prevent further outbreaks




HIV in the countries most affected by Ebola
In the countries most affected by Ebola, Guinea, Liberia and Sierra Leone, there are an estimated 210 000 [200 000–250 000] people living with HIV and about 50 000 people receiving antiretroviral therapy (ART). Efforts are under way to ensure that people living with HIV are able to access life-saving ART.

In Guinea, about 75% of people on ART live in the capital Conakry. In Sierra Leone, about 50% of people on ART live in the capital Freetown. Assessments show that some ART sites are no longer functioning in Sierra Leone. Two sites―Rokupa Government Hospital and Lunsar Health Centre―have been temporarily quarantined. Rapid assessments indicate that in Liberia 78% of health services (50 clinics) are open in Montserrado County, which includes the capital Monrovia.

Across the three countries there has been a drastic decline in the number of people using health facilities. Respondents cite fear of being exposed to the Ebola virus as a key factor.

It has also been reported that community-based and faith-based HIV services and activities have been seriously disrupted.


Ensuring continued access to health services
It is essential that all people, including people living with HIV, are able to access health services and ongoing treatment. If people living with HIV who are on ART stop abruptly because they cannot access new supplies they could rapidly become unwell, drug resistance may build and the chances of onward transmission of the virus would increase.
 
UNAIDS is working to mitigate the impact the EVD outbreak is having on access to treatment and care for people living with HIV and on new patient enrolment. In order to provide continuity of treatment to people on ART, community networks, supported by UNAIDS have been working with the National AIDS Councils to establish additional service delivery points. People on ART have been collecting their medicines from the offices of the National AIDS Councils and wherever possible, patients have been given supplies for longer periods than usual.

How UNAIDS is supporting the Ebola response
UNAIDS is fully supporting UNMEER and the five pillar framework. UNAIDS country offices in each of the three countries, as well as the Regional Support Team in Dakar, are contributing to the Ebola operations centres, the national Ebola task forces or committees, the presidential Ebola task forces and other coordination mechanisms.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News第76号(2014年12月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ メルマガ:TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第76号(2014年12月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2014/12/29 22:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
HIVとエボラ最新情報 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる