エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ミシシッピーベイビー」にHIV感染の徴候 UNAIDS IASの反応

<<   作成日時 : 2014/07/13 13:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 (解説)米ミシシッピ州でHIVに感染して生まれたばかりの女児に集中的な抗レトロウイルス治療を提供した結果、赤ちゃんの体内からはHIVが長期にわたって消えていた。2003年春に発表されたいわゆる「ミシシッピベイビー」の症例はHIV感染の治癒症例として世界の注目を集めてきましたが、米国立衛生研究所(NIH)は7月10日、この女児の血液中に再びHIVが存在している明確なエビデンスがあると発表しました。検出不可能なほど微量のHIVが女児の体内のどこか(リザバー)に残っていて、そこから再び増殖がはじまったということでしょうから、「ミシシッピベイビー」は治癒症例ではなかったわけですね。この発表を受けて7月11日付でUNAIDSの公式サイトに掲載された《Mississippi baby shows signs of HIV infection》および同じく7月11日付の国際エイズ学会(IAS)の声明《Statement on the reemergence of HIV in the “Mississippi Baby”》の日本語仮訳です。


 「ミシシッピベイビー」にHIV感染の徴候
      UNAIDS 2014年7月11日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/july/20140711mississippi/

HIVに感染した人の治癒への期待は7月10日、米国の保健担当者がいわゆる「ミシシッピベイビー」にHIV感染の徴候が認められたと発表したことで、ひとまず頓挫することになった。

 米ミシシッピ州で生まれた赤ちゃんが、出産直後に積極的な治療を受けた結果、HIV感染から治癒したという発表があったのは2013年3月だった。この報告はHIVに感染して生まれた新生児を感染していない状態に戻しうる可能性を示すものと受け止められた。その女児は現在、4歳になっており、血液中に検出可能レベルのウイルスが認められたことから抗レトロウイルス治療を再開している。

 「HIVについてはまだまだ学ぶべきことが多い。とりわけリザバーの中でいかにウイルスが残り続けるものなのかを研究しなければならない。今回の症例そのことを示している」とUNAIDSのピーター・ゴドフレイ-フォーセット上級医学顧問は語る。「今回の症例はまた、乳幼児に対しては、出生時検査を含め一層の早期診断が必要であることを示すものでもある」

 「ミシシッピベイビー」は最初の症例だったが、その後に他の症例も報告されている。後続の症例では、治療は同様に早期に開始され、その後も中断せずに続けられている。

 HIV感染の治癒は依然、長期的なHIV対策の重要な目標である。しかし、HIVが隠れているリザバーに対する理解をさらに深め、とりわけ、そのリザバーからどうして、そして、いつ、どのようにHIVが再現するのかを解明していくことが、治癒を現実に実用可能なものにするためには不可欠である。



Mississippi baby shows signs of HIV infection
11 July 2014 UNAIDS

Hopes to find a cure for HIV received a setback on 10 July when health officials from the United States of America announced that the so-called Mississippi baby is showing signs of HIV infection.

In March 2013, it was announced that a baby born in Mississippi had been cured of HIV after receiving an aggressive treatment immediately after birth, thus opening the door to the possibility of reversing infections among newborns. The child, now four, has restarted antiviral therapy as detectable levels of the virus have been found in her blood.

“This case illustrates that we still have much to learn about HIV, and in particular how it persists in reservoirs,” said Peter Godfrey-Faussett, UNAIDS Senior Science Adviser. “This case has also highlighted the need for even earlier diagnosis for infants, including testing at birth,” he added.

The Mississippi case was the first one to be reported but since then there have been other cases. In these subsequent cases, treatment was also started very early but has never been stopped.

A cure for HIV remains a crucial goal in the long-term response to HIV. However, a greater understanding of the reservoirs in which HIV hides, and, in particular, of why, when and how it emerges from these reservoirs, seems to be critical for developing an affordable and accessible cure.



「ミシシッピベイビー」のHIV再現に関する声明 IAS
http://www.iasociety.org/Web/WebContent/File/IAS_Mississippi_Baby_Statement_11_07_14.pdf

 【2014年7月11日(金) スイス・ジュネーブ】米国立衛生研究所(NIH)の発表に対し、国際エイズ学会(IAS)は本日、失意の念を表明した。発表によると、2013年の初めにHIV感染から治癒したかもしれないとして、「ミシシッピベイビー」と呼ばれる幼児について、2年以上にわたって抗レトロウイルス治療が中断された後で、現在はHIVのリバウンドの明確なエビデンスがあるという。

 IASはこの変化に関し、女児と母親にお見舞いの意を表わすとともに、2年間にわたって抗レトロウイルス治療を中断し、この間にウイルスのリバウンドが起きていないことだけでも、前例のないことであるとする研究者の発表にも同意する。

 「小さな少女と家族の皆さんには悲しいニュースです。このように時間が経過してからリバウンドが起きたことは、私たち研究者に対し、体の中に残っているウイルスを把握し、そうしたウイルスを管理するためのさらに有効な手段を開発する必要があることを示しています。極めて少量のウイルスでも、残っていれば再び増殖しうるからです」と国際エイズ学会(IAS)理事長で、HIV治癒を目指す世界計画共同委員長、第20回国際エイズ会議(AIDS2014)の国際委員長であるフランソワ・バレ-シヌシ教授は述べた。AIDS2014は7月20〜25日にオーストラリアのメルボルンで開催されることになっている。「私たちはHIV感染の治癒の実現が簡単ではないことは常に認識しています。したがって、今回のケースから得られた教訓は、治癒研究に取り組む数多くの研究者に極めて重要な情報を提供するものでもあります」

 「ミシシッピベイビーの症例、および長期の治療中断の後にリバウンドが認められたボストンの患者の症例は、様々な面で私たちには解決すべき課題が多くあることを示しています。極めて低いレベルで持続的に感染しているウイルスを見つけ出すこと、そして免疫システムを支え続けることなどです」とオーストラリア・メルボルンのアルフレッド病院とモナーシュ大学の感染症科部長で、第20回国際エイズ会議地元組織委員会共同委員長のシャロン・ルウィン教授はいう。

 「この症例は依然として、HIV治癒を目指す複雑なジグソーパズルの一つのピースです。治癒実現には長期にわたり、資金が保証されたかたちで研究を進める必要があります。さらに研究を進めていくために、メルボルンでは、世界の主要なHIV治癒研究者が集まることになるので、この症例をよく検討し、教訓を生かしていくための議論が、事前のHIV治癒シンポジウム、およびAIDS2014本会議の両方で交わされることになるでしょう」とルウィン教授は締めくくった。



Statement on the reemergence of HIV in the “Mississippi Baby” IAS

Friday, 11 July, 2014 (Geneva, Switzerland)-- The International AIDS Society today expressed its disappointment at the announcement made in the past 24 hours by the National Institutes of Health in the US that the child known as the “Mississippi baby”- an infant seemingly cured of HIV in early 2013, now has clear evidence of HIV rebound after more than two years of not taking antiretroviral therapy with the virus in remission.

The IAS expressed its regret at the turn of events for the child and her mother, at the same time concurring with the statement by researchers involved in the case that the fact that the child was able to remain off antiretroviral treatment for over two years with no viral rebound was also unprecedented.

“This is sad news for the little girl and her family. This very late rebound has shown us that we need to develop better tools to detect persistent virus and better strategies to control it, as a tiny amount of virus can get things going again,” said Professor Françoise Barré-Sinoussi, President of the International AIDS Society (IAS), co-chair of the Global Initiative Towards an HIV Cure and International Chair of the upcoming 20th International AIDS Conference (AIDS 2014) to be held in Melbourne, Australia, July20 - 25. “ We ́ve always known that the search for an HIV Cure wasn’t going to be easy so the lesson to be learnt from cases like this are hugely important for informing researchers on where to focus their efforts.”

“The Mississippi baby case and indeed the Boston patients who also rebounded after a prolonged remission, tell us that we have to tackle the problem on multiple fronts–getting extremely low levels of long lived virus as well as bolstering the immune system,” said Professor Sharon Lewin, Professor, Director of the Department of Infectious Diseases at The Alfred Hospital and Monash University in Melbourne, Australia and Local Co-Chair of the 20th International AIDS Conference.

“The case is yet another piece in the complex jigsaw puzzle that is HIV cure, one that will require well-funded research over the long term. We will endeavour to move that research forward and discuss the case and the significant lessons learned in Melbourne both at the pre-conference HIV Cure Symposium and at the AIDS 2014 conference proper where all the world ́s leading HIV cure researchers will be gathered under the one roof ”, concluded Lewin.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ミシシッピーベイビー」にHIV感染の徴候 UNAIDS IASの反応 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる