エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 取り組みを強化する国々 鍵を握る15カ国とは

<<   作成日時 : 2014/07/25 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



(解説) メルボルン会議の開会式で国連合同エイズ計画(UNAIDS)のミシェル・シデベ事務局長はエイズ対策のさまざまなギャップを解消するための「キャッチアップ」戦略を提唱しました。2013年の年間新規HIV感染件数の75%を占める15カ国に焦点を当て、誰一人として置き去りにしないための対策に力を入れるということです。その対策の鍵を握る15カ国がUNAIDS公式サイトのFeature Storyに列挙されています。Feature Storyの日本語仮訳です。


取り組みを強化する国々
2014年7月23日 UNAIDS Feature Story
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2014/july/20140723steppingup/

 「ギャップ報告書」の中で、国連合同エイズ計画(UNAIDS)は地理的、人口的な対応の重要性を強調した。報告書は2013年の世界の新規HIV感染210万人のうち、75%は15カ国で占められていることを明らかにしている。ブラジル、カメルーン、中国、インド、インドネシア、ケニア、モザンビーク、ナイジェリア、ロシア、南アフリカ、ウガンダ、タンザニア、米国、ザンビア、ジンバブエの15カ国だ。これらの国は、HIVサービスを最も必要としているところに規模を拡大して提供することで、感染を大きく減らす成果が期待できる。

 第20回国際エイズ会議の会場で、UNAIDSのミシェル・シデベ事務局長がHIV検査、治療の規模拡大に取り組むインドネシアのナフシア・ムボイ保健相と会談したさいに取り上げた課題の一つとなった。

 「インドネシアは急速に流行の軌道を変えることができます」とシデベ事務局長は語った。「政府はやる気だし、規模拡大が可能な力もあります。結果はすぐに現れるでしょう」

 複合的な流行に直面している国は多く、いま置き去りにされている人たちに効果的に対応できるようにするため都市や地区レベルに焦点を当てる必要が高まっている。

 「最も打撃の大きい国々はエイズの流行を終わらせ、すべての影響を受けている人たちにサービスが提供できるようにするために、地域ごと、集団ごとに対応していかなければならないでしょう」とシデベ事務局長は言う。

 HIV感染の高いリスクにさらされている集団に接触することは難しいことが多い。インドは対策の鍵を握る集団に10年以上、投資を続け、国内1000カ所以上に活動を広げている。ロシアでは、ハームリダクションサービスの効果がきちんと実証されているのに、代替約治療や注射針・注射器プログラムを利用する注射薬物使用者は極めて少ない。

 エイズ対策のパイオニアだったブラジルでは最近、若いゲイ男性、および他の男性とセックスをする男性の間でHIV感染が増加している。ブラジルの保健当局と市民社会グループは、感染の高いリスクにさらされていることに気が付いていない若い世代の男性層に対し、生死にかかわる情報と治療を得られるようにするための革新的な方法をさぐっている。

 モザンビークでは、新たなデータ分析でHIV陽性者が多い地域は中部および南部の輸送ルートや大きな港に沿って存在していることが明らかにされている。政府は現在、こうした地域でHIVサービスへのアクセス拡大に取り組んでいる。

 ナイジェリアでは、同様の分析をもとにアブジャ首都圏を含む13州に対策の焦点を当て規模拡大に取り組んでいる。世界最大のHIV陽性者人口を持つ南アフリカでは、エイズの流行の拡大阻止に大きな成果をあげている。市民社会の積極的な参加を得て進められている国家HIV検査キャンペーンにより、250万人以上が抗レトロウイルス治療へのアクセスを得られるようになっている。

 「意見交換を行い、さまざまな発想を共有することの重要性はこの点にあります」とシデベ事務局長は述べた。「データや成功事例を学び、プログラムと現実のギャップを埋めることができるのです」



Countries stepping up

In the recent Gap report, UNAIDS highlighted the importance of location and population. The report shows that 15 countries account for more than 75% of the 2.1 million new HIV infections that occurred in 2013. The countries―Brazil, Cameroon, China, India, Indonesia, Kenya, Mozambique, Nigeria, Russian Federation, South Africa, Uganda, United Republic of Tanzania, United States of America, Zambia and Zimbabwe―can all make a positive impact by scaling up HIV services where they are most needed to reduce new HIV infections.

This was one of the issues highlighted by the UNAIDS Executive Director, Michel Sidibé, when he met with Nafsiah Mboi, the Minister of Health of Indonesia―which is working to increase access to HIV testing and early treatment―at the conference.

“I know that Indonesia can quickly change the trajectory,” said Mr Sidibé. “The government is committed and has the capacity to accelerate scale-up and I expect we will see the results soon.”

Countries often face multiple epidemics and hence there is an increased urgency to focus at the city and district level in order to effectively reach the people currently being left behind.

“Countries with the highest burden have to do the heavy lifting to end the AIDS epidemic and provide services to all affected people―location by location, population by population,” said Mr Sidibé.

Populations at higher risk of HIV infection are often difficult to reach. India has sustained investments in key populations for more than a decade and expanded outreach in more than a thousand locations within the country. In the Russian Federation, despite clear scientific evidence of the impact of harm reduction services, very few people who inject drugs have access to opioid substitution therapy and needle–syringe programmes.

Brazil, which has been a pioneer in the AIDS response, has recently seen HIV infections rise among young gay men and other men who have sex with men. Health authorities and civil society groups in Brazil are exploring innovative new ways to get life-saving information and treatment to a new generation of young men who may not know they are at higher risk of becoming infected.


In Mozambique, new data analysis shows that the districts with the highest density of people living with HIV are located along transport corridors and in important seaports in the central and southern regions of the country, and the country is now beginning to expand access to HIV services in these areas.

In Nigeria, a similar analysis led to a focus on 13 states, including the Federal Capital Territory, which includes Abuja, for intensifying scale-up. South Africa, the country with the largest number of people living with HIV, has made significant gains in stopping the AIDS epidemic. A national HIV testing campaign, combined with intense civil society engagement, led to more than 2.5 million people having access to antiretroviral therapy.

“This is why the exchange of ideas is so important,” said Mr Sidibé. “When we can share data and best practices, we can close the programmatic gaps.”

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
取り組みを強化する国々 鍵を握る15カ国とは エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる