エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS ナイジェリア新法がエイズ対策とLGBTの人たちの人権に及ぼす影響をUNAIDSと世界基金が強く憂慮

<<   作成日時 : 2014/01/15 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説)ナイジェリアで13日、反同性愛法が成立したということで、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界基金が合同でHIV/エイズ対策に重大な影響が出てくることを懸念するプレスレリースを発表しました。法成立のニュースはAFPの日本語サイトで報じられているので、そちらをご覧ください。
 http://www.afpbb.com/articles/-/3006463

UNAIDSと世界基金のプレスレリースによると、《法律はまた、「ナイジェリアでゲイのクラブや協会、組織、行進、会合を登録、運営、維持」することを支援するいかなる個人、グループも犯罪となるとしている。刑は同じく10年以下の懲役である》ということです。プレスレリース日本語仮訳を以下に掲載します。


ナイジェリアの新法がエイズ対策とLGBTの人たちの人権に及ぼす影響について、国連合同エイズ計画(UNAIDS)と世界基金が深刻な懸念を表明
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/pressreleaseandstatementarchive/2014/january/20140114nigeria/

【ジュネーブ 2014年1 月14 日】 UNAIDSと世界エイズ・結核・マラリア対策基金は、ナイジェリアの新法により、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル、トランスジェンダー(LGBT)の人たちへのHIVサービスへのアクセスが新法により厳しい影響を受けることに深刻な懸念を表明している。新法はLGBTの人たちや組織、活動、さらには彼らを支援する人たちを犯罪者として一段と厳しく扱うことになるからだ。

新しい法律はHIV感染の高いリスクにさらされているLGBTの人たちに対して不可欠なHIVサービスの提供を妨げ、1年足らず前にグッドラック・ジョナサン大統領が開始した包括的HIV/エイズ対策大統領計画の成果を台無しにする可能性もある。

健康、開発および人権に対する新しい法律の影響は極めて重大なものになる恐れがある。ナイジェリアでは同性愛はすでに犯罪とされていた。新しい法律ではさらにLGBTの人々や組織および活動までが犯罪として扱われるようになる。この法律は「ナイジェリアでゲイのクラブや協会、組織に登録、運営、もしくは参加した者、あるいは直接的、間接的に同性間の好色な関係を公にした者は法に違反し、10年以下の懲役が科される」と述べている。法律はまた、「ナイジェリアでゲイのクラブや協会、組織、行進、会合を登録、運営、維持」することを支援するいかなる個人、グループも犯罪となるとしている。刑は同じく10年以下の懲役である。

ナイジェリアのHIVの流行は2012年現在、国別にみると世界で二番目に大きい。国内のHIV陽性者は340 万人と推定されている。2010年の国内全体のHIV陽性率は推定4%だが、男性とセックスをする男性の間では17%となっている。

法の規定は、ホモフォービア(同性愛嫌悪)と性的指向やジェンダー認識に基づく差別、HIVサービスの拒絶、暴力などを増幅させるものである。また、LGBTの人々にHIVの予防と治療のサービスを提供する組織に対して適用される可能性もある。

2011年のHIV/エイズに関する国連政治宣言では、すべての国連加盟国が法的障壁を取り除き、HIV感染に関し弱い立場に置かれている人たちを守るための法律を制定することを約束している。

UNAIDSと世界基金は、公衆衛生および人権に対する深刻な影響を考慮して法律の合憲性を緊急に検討することを呼びかけるとともに、ナイジェリアには逮捕や報復を恐れることなくLGBTの人たちへのHIVサービスの提供が続けられるよう包括的な手段を取ることを強く求めている。UNAIDSと世界基金は、今後もナイジェリアの政府当局および市民社会組織と協力し、すべてのナイジェリアの人々が安心してHIVサービスを受けられるよう努めていく所存である。



UNAIDS and the Global Fund express deep concern about the impact of a new law affecting the AIDS response and human rights of LGBT people in Nigeria

GENEVA, 14 January 2014—UNAIDS and the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria express deep concern that access to HIV services for lesbian, gay, bisexual and transgender (LGBT) people will be severely affected by a new law in Nigeria––further criminalizing LGBT people, organizations and activities as well as people who support them.

The new law could prevent access to essential HIV services for LGBT people who may be at high risk of HIV infection, undermining the success of the Presidential Comprehensive Response Plan for HIV/AIDS which was launched by President Goodluck Jonathan less than a year ago.

The health, development and human rights implications of the new law are potentially far-reaching. Homosexuality is already criminalized in Nigeria. The new law further criminalizes LGBT people, organizations and activities. The law states, “A person who registers, operates or participates in gay clubs, societies and organisation, or directly or indirectly makes public show of same sex amorous relationship in Nigeria commits an offence and is liable to conviction to a term of 10 years imprisonment.” The law also criminalizes any individuals or group of people who support “the registration, operation and sustenance of gay clubs, societies and organisations, processions or meetings in Nigeria.” The conviction is also 10 years imprisonment.

Nigeria has the second largest HIV epidemic globally––in 2012, there were an estimated 3.4 million people living with HIV in Nigeria. In 2010, national HIV prevalence in Nigeria was estimated at 4% among the general population and 17% among men who have sex with men.

The provisions of the law could lead to increased homophobia, discrimination, denial of HIV services and violence based on real or perceived sexual orientation and gender identity. It could also be used against organizations working to provide HIV prevention and treatment services to LGBT people.

In the 2011 United Nations Political Declaration on HIV/AIDS, all UN Member States committed to removing legal barriers and passing laws to protect populations vulnerable to HIV.

UNAIDS and the Global Fund call for an urgent review of the constitutionality of the law in light of the serious public health and human rights implications and urge Nigeria to put comprehensive measures in place to protect the ongoing delivery of HIV services to LGBT people in Nigeria without fear of arrest or other reprisals. UNAIDS and the Global Fund will continue to work with the Nigerian authorities and civil society organizations to ensure safe access to HIV services for all people in Nigeria.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナイジェリア新法がエイズ対策とLGBTの人たちの人権に及ぼす影響をUNAIDSと世界基金が強く憂慮 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる