エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 『スポーツを通じたHIV&AIDSの予防』2012年5月更新版ファクトシート

<<   作成日時 : 2013/09/09 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


(解説) 先ほど紹介した『スポーツを通じたHIV&AIDSの予防』については2012年5月時点の更新情報がオリンピックムーブメント公式サイトにpdf版で掲載されていました。先ほどの紹介分との重複を避けつつ、こちらも一部を日本語に仮訳しました。



ファクトシート
スポーツを通じたHIV&AIDSの予防 2012年5月更新
http://www.olympic.org/Documents/Reference_documents_Factsheets/HIV_and_AIDS_prevention.pdf


オリンピックムーブメントの貢献

 基本的事実

 世界で3300万人以上がHIVに感染しており、その多くがスポーツを見たり、スポーツに参加したりしている。3300万人の三分の一が25歳以下の若者と推定されている。

 HIV感染の確率を高める性感染症(STIs)にかかっている人は15-24歳の若者ではもっと多い。性的に活発になる時期が早い若者は性行為の相手が多く、STIsにかかるリスクも高くなる傾向がある。

 若者は様々な理由から、保健サービスに助けを求めたがらない傾向が強い。

IOCの関与

 スポーツを人々に役立てるよう憲章が求めていることでも分かるように、IOCには道義的な義務がある。実際に草の根のプロジェクトに投資し、教育的な活動を促進することで、国連のミレニアム開発目標の目標6に盛り込まれているHIV&AIDSとの世界的な闘いに貢献してきた。エイズはスポーツ全体の将来に影響を与えており、すべての人がこの闘いの中でそれぞれの役割を担う必要がある。HIV&AIDS対策、および差別との闘いに私たちすべてが加わることを求められているのはこのためである。

 スポーツを通じたHIV&AIDSの予防に関するIOCの方針は2004年の初めに採択された。その文書にはとくに、エイズの世界的大流行に対するIOCの実施部門としての各国国内オリンピック委員会(NOCs)の役割が示されている。

 国連合同エイズ計画(UNAIDS)との間では2004年6月1日に合意文書に署名し、組織レベルでの協力を約束するとともに世界中でアドボカシープログラムが始まった。

スポーツとHIV&AIDS

 スポーツへの参加はHIV陽性者の利益となる。適度な運動は実際に免疫システムの強化につながり、HIVと闘えるように身体の状態を整えることになるので、エイズの発症を遅らせるであろう。スポーツはまた社会参加と支援の場を提供することになる。HIV陽性のスポーツマン、スポーツウーマンの参加は、HIVを特別視せず、偏見と闘ううえで非常に貴重である。

 スポーツマン、とりわけ優秀な運動選手はロールモデルであり、彼らの意見はコミュニティレベルで予防とケアのメッセージを届けるもう一つの方法となる。

 スポーツ組織は所属選手をHIV感染から守ることだけでなく、HIV陽性者に対する偏見や差別を持たないように指導することも大切である。また、HIV&AIDSについて、差別のない雰囲気の中で安心して話ができるような環境を整える必要もある。

アドボカシーとピア教育

 スポーツを通じたHIV&AIDSの予防の最初のツールキットは2005年にIOCとUNAIDSが共同で発表した。フランス語、英語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、スワヒリ語、スペイン語の各版がある。スポーツコミュニティのためにとくに、以下のようなかたちをとっている。

1 HIV & AIDSについての情報を増やす。どうすれば予防対策の効果があがるか、どうすればスポーツがHIV陽性者に利益をもたらすことができるか、検査と相談についてなどなど。

2 同僚や選手とともに基本的な情報を得られるセッションからスポーツ大会期間中のコミュニケーションキャンペーンやスポーツ組織自体の包括的な方針策定まで、具体的な提案も含めて多数の活動とプログラムを開発する。

3 予防活動の重要な対象である10-15歳、あるいはそれ以上の年齢層のユース活動に対する具体的な助言

4 手伝ってくれる人、専門的な助言と支援を提供してくれる組織に関する情報

ツールキットのダウンロードはこちらから。
http://www.olympic.org/development-through-sport/hiv-aids-prevention-and-promotion-of-healthy-lifestyles




FACTSHEET
HIV & AIDS PREVENTION THROUGH SPORT
UPDATE - MAY 2012

THE CONTRIBUTION OF THE OLYMPIC MOVEMENT
BASIC FACTS
Over 33 million people around the world are living with HIV, and many of them are involved in sport, either as spectators or as participants. One-third of the estimated 33 mil. living with HIV are young people under age 25.

Sexually Transmitted Infections (STIs), which contribute in the transmission of HIV, are more frequent in young people aged 15-24. Young people who become sexually active at a young age are more likely to change sexual partners and risk greater exposure to STIs.

Young people are, for various reasons, more reluctant to seek help from health services.

THE IOC’S INVOLVEMENT
The IOC has a moral obligation, as indeed it is required by its Charter to place sport at the service of humankind. It is committed to contribute to the global fight against HIV & AIDS, as expressed in the UN’s Millennium Development Goal 6, by investing in related grassroots projects and promoting educational initiatives. AIDS is impacting our collective sporting future and everyone must play their part in this fight. This is why all of us are being called on to play a part in the response to HIV & AIDS and in the fight against discrimination.

The IOC Policy on HIV & AIDS prevention through sport was adopted early 2004 - in document which outlines in particular the role of the National Olympic Committees (NOCs) as implementing arms of the IOC, in fighting the pandemic.

An MoU was signed with UNAIDS on 1 June 2004, sealing a partnership at institutional level and launching a world-wide advocacy programme.

SPORT AND HIV & AIDS
Participation in sport benefits people living with HIV: moderate exercise indeed strengthens the immune system, better equips the body to fight HIV and may delay the onset of AIDS. Sport also provides an arena for social inclusion and support. Involving HIV-positive sportsmen and women proves extremely valuable in normalising HIV and fighting stigma.

Sportsmen, and in particular successful athletes, are role models - their voice is hence another way to drive prevention and care messages at community level.

Sports organisations should not only try to ensure that their players are protected from HIV infection and do not stigmatise or discriminate against people living with HIV & AIDS; they should also ensure that the workplace is a safe, non-discriminatory environment for discussing HIV & AIDS.

ADVOCACY & PEER EDUCATION
The first Toolkit on HIV & AIDS prevention through sport was jointly published by the IOC and UNAIDS in 2005. It is available in French, English, Portuguese, Russian, Chinese, Swahili and Spanish. Specifically designed for members of the sports community, it offers:

1. more information about HIV & AIDS, how prevention can be effective, how sport can be beneficial for HIV-positive persons, all about testing and counselling, and much more;

2. numerous activities and programmes to be developed with practical suggestions, from basic information sessions with colleagues or players, to communication campaigns during sports events, or how to develop a comprehensive policy for sport organisations themselves;

3. specific suggestions for youth activities for 10-15 year-olds and over, as they are a crucial target group for prevention;

4. information on who can assist you, and which organisations can provide expertise and support.
For free download:
http://www.olympic.org/development-through-sport/hiv-aids-prevention-and-promotion-of-healthy-lifestyles

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
TOP-HAT News 第61号(2013年9月)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ TOP-HAT News(トップ・ハット・ニュース)         第61号(2013年9月) ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ...続きを見る
エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジ...
2013/10/22 12:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『スポーツを通じたHIV&AIDSの予防』2012年5月更新版ファクトシート エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる