エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連エイズ合同計画(UNAIDS)が科学の進歩に焦点をあて新プラットフォーム創設

<<   作成日時 : 2013/02/27 14:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(解説) UNAIDSがHIV関係の学術論文の最新情報を紹介するサイトを開設しましたというお知らせの日本語仮訳です。英語情報があふれかえっても猫に小判というか。日本語にジャカジャカ訳してくれると使い勝手がよくなるかもしれませんが、自分でやるのはめんどくさいなあ。



国連エイズ合同計画(UNAIDS)の科学の進歩に焦点をあて新プラットフォーム創設
2013年2月21日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2013/february/20130221sciencenow/

 2012 年だけで、HIV関連の学術論文は1万4 000件以上も発表されている。これほど多くの情報があれば、新たな展開について最新の知識を維持していくことも可能だろう。その中でもとくに国連のハイレベルの目標に関連した論文に焦点をあて、国連合同エイズ計画(UNAIDS)が「UNAIDS Science now」というオンラインのプラットフォームを開設した。

 UNAIDS Science now は、かつてUNAIDSが運営していたHIV this weekというブログに基にしたものだ。しかし、新しいプラットフォームは、新たな学術論文の紹介だけでなく、HIVと科学に関する最新課題をめぐるディスカッションやディベートにも大きなスペースを割き、これまでより遙かに規模の大きな双方向サイトとなる。

 公表されたすべての論文の全タイトルを毎月、体系的にスクリーンし、最も興味深い論文約20編の要旨を今月の月刊ダイジェストとして紹介する。また、ゲスト編集者はその月の最も注目される論文について、どうしてその研究から得られた知見が重要なのか、HIV研究のより広範な文脈の中でどのように位置づけられるかといったことを解説する。

 「HIV this weekはかつて、重要なリーディングリストだっただけに、HIV this monthには期待したい。歓迎すべきニュースだ」とトロント大学でHIV予防研究を教えるダン・オールマンは述べている。

 オンラインディスカッションは学術情報の交換の場となる。UNAIDSが議長役を務め、さまざまな分野からゲストスピーカー/討論者として専門家を招く予定だ。議論の模様はウエブ放送され、マルチメディア で記録を見ることも可能になる。関連する話題のポッドキャストも今後、登場するだろう。

 「UNAIDS Science nowが、UNAIDSスタッフや各国のエイズオフィス、研究機関、HIVに関心を持つ学生にとって、必須の場所になることを期待したい」とUNAIDSのピーター・ゴッドフリー-フォーセット上席科学顧問はいう。「新しいプラットフォームは個々の課題に対する読者の理解を助け、それがより効果的な対策に結びつくことになるだろう」



New UNAIDS platform highlights scientific advances
21 February 2013
In 2012 alone there were more than 14 000 scientific papers published on HIV. With such an impressive amount of information, it can be challenging to keep abreast of all the new developments. UNAIDS has launched an online platform, UNAIDS Science now, which highlights some of those papers that are particularly relevant to the United Nations high level targets.

UNAIDS Science now is based on what used to be the HIV this week blog also produced by UNAIDS. The new platform however, consists of a bigger interactive site that not only includes access to what’s new in scientific journals, but also space for discussions and debates on current issues around HIV science.

Each month, every title of every paper published will be systematically screened and a selection of about 20 abstracts of the most interesting papers will be compiled in the monthly digest HIV this month. Guest editors will highlight the most exciting articles providing their perspectives on why findings from specific studies are important and where they fit into the broader context of HIV research.

“In the past, HIV this week was an integral part of the reading list, so the launch of HIV this month is welcome news indeed”, notes Dan Allman who teaches an undergraduate course on 'HIV Prevention Research' at the University of Toronto.

The online discussions will be an open space for the exchange of scientific information. They will be chaired by UNAIDS and will have guest speakers/discussants experts in different areas. The discussions will be webcasted and recordings of the discussions will be made available in the multimedia section of the new platform. Some podcasts on relevant topics will also be forthcoming.

“We hope that UNAIDS Science now will become the ‘go to’ place for all of UNAIDS staff, national AIDS offices, research institutions and university students with an interest in HIV,” said Peter Godfrey-Faussett, UNAIDS Senior Science Adviser. “The new platform will enable readers to have a better-informed position on specific issues, which will in turn translate into a better response to the epidemic.”

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連エイズ合同計画(UNAIDS)が科学の進歩に焦点をあて新プラットフォーム創設 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる