エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS エイズはすべての人に目覚まし時計の役割を果たしてきた ポール・ド-レイ博士

<<   作成日時 : 2012/12/31 16:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 国連合同エイズ計画(UNAIDS)のプログラム担当事務次長、ポール・ド-レイ博士が12月31日で退任します。UNAIDS公式サイトにその退任直前のインタビューが紹介されています。ド-レイ博士は日本にも何度か訪れたことがあり、確か1年ほど前だったと思いますが、「ぜひ日本のHIV/エイズ分野のNPO/NGO関係者とも話をしたい」という要請がありました。この時はエイズ&ソサエティ研究会議のメンバーらを中心に集まり、四谷の居酒屋で交流の機会を持ったのですが、インタビュー報告でも「良心の声」と紹介されているように、さまざまな立場の人の意見をよく聞いてバランスの取れた判断ができる方であるような印象を受けました。欧米の学者としては珍しく、少し押しが弱いといった感じを受けたほどです。《複雑な課題を巧みに処理し、合意を取り付けて明確な方針を打ち出す》という困難な任務を果たすうえで、そうした資質は極めて大切なものだったようにも思います。「エイズの終わり」に対する考え方なども抑制がきいていて、説得力がありますね。

 ド-レイ博士の後任はブラジル出身のLuiz Loures氏(日本語表記だとルイズ・ローレス氏でしょうか)。ワシントンDCの第19回国際エイズ会議でエルトン・ジョンが演説したときのセッションの座長をしていました。そのときの映像の印象だけですが、かなり押しが強そうな感じですね。


エイズはすべての人に目覚まし時計の役割を果たしてきた ポール・ド-レイ博士
     2012年12月28日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/december/20121228interviewdelay/

国連合同エイズ計画(UNAIDS)のポール・ド-レイ博士(プログラム担当事務局次長)は、複雑な課題を巧みに処理し、合意を取り付けて明確な方針を打ち出す「良心の声」として多くの人に知られてきた。

地域医療、および感染症、熱帯病の専門家としての経験を積んだ医師として、ド-レイ博士は流行の初期段階からエイズに取り組んできた。博士は世界保健機関(WHO)の世界エイズプログラムで働き、さらに米国際開発庁(USAID)で HIV/エイズ部長を務めた後、2003年2月にUNAIDSに参加。2009年6月、プログラム担当事務次長に任命されている。

ほぼ10年にわたるUNAIDSでの仕事を終える直前、unaids.orgはポール・ド-レイ博士から、国際的なエイズ対策に取り組む考え方やこの10年の思い出について聞いた。

Q:これまでのエイズ対策の最大の成果は何だと思いますか?

ド-レイ博士: 過去30年にわたり、エイズの流行に大きな影響を受けてきたまさにそのコミュニティが、地球規模の重要課題としてこの問題をとらえ続ける原動力になってきたことでしょう。これは本当に目覚ましい成果です。もちろん、ウイルスの複雑さを解明し、効果的な治療法を開発し、複合的予防対策への理解を広げていくという点に関しても信じられないほど大きな成果が上がっているし、人権とジェンダーへの認識が対策に重要な役割を担っていることにも非常に理解が深まっています。ただし、HIV感染がどれほど大きな荒廃をもたらすのかということに世界の注意を喚起し続けるプレッシャーがなければ、こうしたことはどれ一つとして実現できなかったと思います。

Q: あなたの豊富な経験に照らして公衆衛生分野における最大の成果は何だと思いますか。

ド-レイ博士:私の経験が豊富なのかどうか、それは自信がありません。公衆衛生分野のさまざまな問題の表面を爪でひっかいたくらいの経験しか私にはないと思います。したがって、私の意見はむしろ、私自身の狭い視野の中での感想です。医学研究の面では疑いもなく驚異的なブレークスルーがなされてきました − ワクチン研究、ビタミンAのような 微量栄養素の重要性、近代的な避妊薬、経口補水療法、その他たくさんあります。しかし、私の考えでは、個人や集団の健康というものとより広い社会的課題との関係が認識されるようになったことこそが最大の進歩なのではないかと思います。たとえば安全保障、栄養、運動、生活環境、サービスに対する基本的権利などですね。エイズ対策は私たちすべてに対し、広範な社会的文脈の中で病気をとらえることの重要性を伝える目覚まし時計の役割を果たしてきました。

Q: あなたはエイズの流行の初期からエイズ対策に取り組んできたわけですが、何が最も大きな障害だったと思いますか。

ド-レイ博士: 私の経験も他の多くの人と同じようなものだと思います。最も厳しい試練の一つは、明らかに感染経路にまつわるスティグマ(偏見)であるし、初期段階では治療法がなかったので、HIVに感染するということが必然的に死刑宣告であると思われていたことでした。私にとっては、簡潔かつ安価で適切な効果が期待できるような医学的手段がなかったことがもう一つの大きな課題でした。世界の公衆衛生の歴史においては、資金のほとんどは下痢治療の経口補水法やマラリア予防のために殺虫剤処理をした蚊帳など格安な方法によるキャンペーンに向けられてきました。エイズ対策はこうした限定された発想とは違い、より複雑で包括的な解決策を目指して偏見を打ち破ろうとしてきたのです。

Q: エイズ対策はいま新世代に入りつつあります。あなたからのアドバイスはどのようなものでしょうか。

ド-レイ博士: いくつかの点で次世代の対策は、1980年代の初めに私がサンフランシスコで取り組み始めた当時より一段と困難なのではないかと思います。政策の優先順位を競う相手があまりに多いうえ、政治家や財務当局はその場しのぎの解決策に頼りがちで、死亡率と財政への影響をもとに資金を投入する価値があるのはどの問題なのかを判断して疾病間の競争を助長する傾向にあります。国際保健を志す人には長期的な視点を養うようはっきりとアドバイスしたい。単一疾病のみに限定せず、社会問題に広く関心を持つことも必要です。最近は非感染症への関心が世界的に高まっていますが、このことはエイズ対策の強化につながるだけでなく、医療だけで保健問題に対応することはできないというエイズ対策を通して得られた考え方を引き続き生かしていく必要があるという意味でも重要です。

Q: 映画がお好きですが、もしも映画を作るとしたら、どんな筋書きの映画が大ヒットすると思いますか。
ド-レイ博士:過去30年の間には、HIVを取り上げた有益で感動的な映画や演劇がたくさん作られてきました。いまでも覚えていますが、米国映画「フィラデルフィア」はたくさんの観客を動員し、単にHIV感染や病気についてだけでなく、この流行が現実にどのような影響をもたらし、これまでの対策には何が欠けていたかということも伝えてきました。最近でも、感染している人やアクティビストの重要な役割について取り上げた映画が数多くあります(たとえば「How to survive a plague」ですね)。ただし、こうした映画の多くは舞台が高所得国です。低所得国におけるアクティビズムについて、あるいは個人の被害や成功例について取り上げる映画がもっとたくさんあっていいのではないでしょうか。ただし、個人的には、もし映画を作れるとしたら、アフリカやアジアでコミュニティが直面するもっと広範な社会的課題と、それに取り組む人たちの英雄的な行為を取り上げたいと思います。エイズはそうした社会的な課題の一部であり、それだけに焦点をあてることにはならないでしょうね。

Q: あなたは「エイズの終わり」をどのように定義するのですか。
デ-レイ博士:天然痘や現在のポリオのキャンペーンのような「終わり」の定義と同じにはならないと思います。同じような医科学的ツールがあるわけではないので、エイズにとっては原因ウイルスが存在せず、完全に感染がなくなるような状態を考えることは、現在のエイズの文脈からいえば、適切ではありません。私が考えるエイズの終わりは、(費用や複雑さに関わりなく)使用可能なツールを総動員し、基本的人権を侵害しないような合理的かつ最適な方法で使うことです。それが本当にできれば、年間の新規感染件数は現在の260万人から数千人に減り、死者も大きく減少するでしょう。

UNAIDS のスタッフはポール・ド・レイ博士が同僚であり、上司であったことを誇りに思い、UNAIDSという組織も彼の大きな貢献に感謝をしています。






AIDS has been a wake-up call for us all – Dr Paul De Lay
28 December 2012

At UNAIDS the Deputy Executive Director of the Programme branch Dr Paul De Lay has been known to many as the “voice of reason”, deftly handling complex issues, generating consensus and providing clear direction.

A medical doctor with training and experience in family practice, infectious and tropical diseases, Dr De Lay started working on AIDS at the very beginning of the epidemic. He worked with the Global Programme on AIDS at the World Health Organization and served as Chief of the HIV/AIDS Division at USAID before joining UNAIDS in February 2003. He was appointed the Deputy Executive Director, Programme, in June 2009.

After 10 years with UNAIDS Dr Paul De Lay is taking up his retirement, however before he left unaids.org caught up with him to ask if he would share a few of his thoughts and memories of working for the global AIDS response.

Q: What do you think is the greatest accomplishment to date in the AIDS response?
Dr De Lay: The very fact that affected communities have kept AIDS so high on the global agenda over the past 30 years. This is a truly remarkable accomplishment. We also have seen the incredible advances in understanding the complexity of the virus, the development of effective treatments, better knowledge about combination prevention, and deeper awareness about the role of human rights and gender in the response. However, none of these would have happened without the constant pressure for the world to keep paying attention to the devastation caused by HIV and to improve the range of tools we have to respond to it.

Q: In your vast career what do you consider the biggest advancement in public health?
Dr De Lay: Not sure how “vast” my career has been. I feel that in many areas of public health, I have barely scratched the surface of a problem. Thus, my response is based on my own, rather narrow perspective. Undoubtedly, there have been astounding biomedical breakthroughs—in vaccine research, the importance of micronutrients like Vitamin A, modern contraceptives, oral rehydration therapy, and many others. However, for me, I think the most important advancement has been the realization as to how the health of individuals and populations reflects a wide range of broader societal issues, like security, nutrition, physical activity, living conditions, basic rights to services, etc. The AIDS response has done a lot to wake us all up on how important the broader social context of any specific disease really is.

Q: You have been associated with the AIDS response from the very beginning, what were the biggest obstacles you faced?
Dr De Lay: I think my experiences echo those of many others. Clearly one of the most challenging obstacles has been the stigma around how a person is infected and, in the early days, the lack of treatment and the inevitable death sentence that was associated with HIV infection. For me, one of the other major challenges was the lack of a simple, inexpensive, reasonably effective biomedical intervention. In the history of global public health, most resources went to campaigns that used a limited set of cheap interventions, like treating diarrhoea with oral rehydration therapy or preventing malaria with insecticide treated bed nets. Responding to AIDS went against this very narrow thinking and broke the prejudices towards more complicated and more comprehensive solutions.

Q: A new generation is now taking over the AIDS response, what advice would you give them?
Dr De Lay: I think that in some ways it’s harder for the next generation of responders than it was when I first got engaged back in the early 1980’s in San Francisco. There are so many competing priorities and the politicians and Ministries of Finance look to quick fixes and foster the competition between social ills, using mortality and financial impact to decide which problems deserve funding. I would definitely advise anyone who was considering a career in global health to nurture long term thinking and solutions. He or she should also focus on the broader societal problems and not limit themselves to a single disease. I think that the new enthusiasm around non-communicable diseases and their importance all over the world will not only strengthen the AIDS response but continues the same line of thinking that was generated by AIDS- that solutions for health problems need more than just a medical response.

Q: As a film enthusiast, if you were to write a blockbuster about AIDS, what would be your plot?
Dr De Lay: There have been a number of very informative and poignant films and plays about HIV over the past three decades. I still remember how the film Philadelphia in the U.S. reached a very broad audience and helped them to understand not just HIV infection and disease but the real impact it had on people and the limitations of the existing response. Recently, there have been a number of films about the critical role that infected people and activists have played, (for example, How to survive a plague.) However, many of these films are set in high-income countries. It would be good to see more films about activism in low income countries and both its toll for the individual and the successes it can achieve. But for me, if I could make a film, I would rather it would be about the broader issues facing a community in Africa or Asia and the heroism of individuals in dealing with social problems. AIDS would only be part of the social picture and not the sole focus.

Q: How would you define the “end of AIDS”?
Dr De Lay: It would not be the same definition as for the end of smallpox or the current campaigns to end polio. We don’t have the same biomedical tools at our disposal, so the concept that the virus would cease to exist and all infections would stop is not really relevant in the current context of AIDS. For me, the idea of ending AIDS is to take every tool we have available (regardless of cost, complexity, etc.) and to use them in a rational and optimum way that doesn’t violate basic rights. If we really did that, we could drop annual new infections from 2.6 million to just a few thousand, and the same for mortality.
Staff at UNAIDS are proud to have had Dr Paul De Lay as a colleague and mentor and the organization is thankful for his outstanding service.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エイズはすべての人に目覚まし時計の役割を果たしてきた ポール・ド-レイ博士 エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる