エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト

アクセスカウンタ

zoom RSS アジア太平洋地域エイズ対策国連事務総長特使、J.V.R.プラサダ・ラオ氏インタビュー

<<   作成日時 : 2012/11/19 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


(解説) 神戸で第7回アジア・太平洋地域エイズ国際会議が開かれた2005年当時、プラサダ・ラオ氏は国連合同エイズ計画(UNAIDS)のアジア太平洋地域事務所長でした。会議開催にあたってはラオ氏からあれこれとアドバイスを受け、支援もしていただきましたね。その縁でいまも、日本のエイズ対策関係者の間に友人・知人がたくさんいるようです。今年7月に前任のナフィス・サディク元国連人口基金事務局長の後を継いで、エイズ対策国連事務総長特使に就任。そのラオ氏からみたアジア太平洋地域のHIV/エイズの流行の現状と対策の展望です。

アジア太平洋地域エイズ対策国連事務総長特使、J.V.R.プラサダ・ラオ氏インタビュー
2012 年 11 月 2 日
http://www.unaids.org/en/resources/presscentre/featurestories/2012/november/20121102prasada/

各国が優先順位の高い政策課題として継続的にエイズ対策に取り組み、世界のエイズ対策を推進していくために、国連事務総長は各地域でエイズ対策国連事務総長特使を任命している。Unaids.org は一連のインタビューにより、エイズの流行の現状と世界の流行に終止符を打つための自らの役割について各エイズ特使の見解を聞いた。

インド出身のJ.V.R.プラサダ・ラオ氏は2012年7月、アジア太平洋地域のエイズ対策国連事務総長特使に就任している。

ラオ氏はインドの国家エイズ対策機関の部長として5年間、勤務した後、インド保健福祉省の事務次官に就任。包括的かつ分権的エイズ対策国家計画の実施に重要な役割を果たした。その後、2004年に国連合同エイズ計画(UNAIDS)に加わり、アジア太平洋地域事務所長、事務局長上級顧問を歴任。アジア太平洋地域におけるエイズ対策の2つの独立委員会の委員を務めた。現在はHIVと法律に関する世界委員会の委員でもある。

ラオ氏はこれまで、アジア太平洋地域においてエイズ対策が効果をあげるには、HIV/エイズの流行の影響を受けやすい人々やHIV陽性者が重要な役割を担っており、その人たちを支援する必要があることを一貫して主張してきた。


−UNAIDS.org: エイズ対策国連事務総長特使の一人として、あなたの役割はどのようなものですか。

潘基文国連事務総長とUNAIDSのミシェル・シデベ事務局長は、HIVの新規感染ゼロ、エイズまつわる差別ゼロ、エイズ関連の死亡ゼロの3つのビジョンを共有しています。世界人口の半数以上が住むアジア太平洋地域も当然、その中に含まれています。HIV予防と治療の分野で大きな成果を上げてきた地域ではありますが、ゼロ目標の達成はまだ、長い道のりです。私の仕事は域内の政治指導者にこのメッセージを伝えることです。

ミレニアム開発目標(MDGs)最終年である2015年までの3年間は、HIVと闘ううえで非常に重要な時期です。3つのゼロのメッセージを政治指導者や国会議員、コミュニティの代表、資金拠出者らと共有していけるようにしたいと思います。


−こうした役割を担おうと思うのはどうしてですか。

アジア太平洋地域におけるHIV感染の流行を拡大から縮小に転じ、ミレニアム開発目標を達成するための歴史的な機会に立ち会っているからです。

過去15年にわたってエイズ対策に取り組んできました。最初はインド政府の一員として、後にはUNAIDSで、特にエイズ対策の初期には、大きな課題に直面してきました。事態は大きく変わったとはいえ、力を結集することで、この流行にもっと効果的に対応できるということも教訓として学んだので、それを引き継いでいきたいと考えています。


−アジアにおけるHIVの新規感染は頭打ちとなり、太平洋地域では近年、減少しています。何が変わったのでしょうか。

いくつかの国では過去10年、HIV予防で目覚ましい成果を上げ、HIVの新規感染を減らすことに成功してきました。全体としても、域内のHIV新規感染は減少しています。しかし、この減少率では私はまだ満足できません。HIVの新規感染が増加を続けている国もたくさんあります。

タイ、カンボジア、インド、マレーシアなどの成功した国は、感染の高いリスクにさらされているキーポピュレーションの予防プログラムに対し、賢明な投資を行ってきました。太平洋諸国の中でも、フィジーやサモアなどはしっかりとしたリーダーシップとエイズ対策への強い意思が大きな成果をもたらしています。東南アジア諸国連合 (ASEAN) 地域政府間機関が好きと国連の経済と社会委員会 (ESCAP) 太平洋アジア エイズは、優先順位を保持している、これが加盟国の HIV 感染の安定化に大きく貢献しました。東南アジア諸国連合(ASEAN)や国連アジア 太平洋経済社会委員会(ESCAP)のような域内国際組織がエイズ対策に高い政策の優先順位を与えてきたことも、加盟国のHIV感染抑制に大きく貢献しています。


−アジア太平洋地域のエイズ対策に残された大きな課題はどのようなものでしょうか。

政治の指導者たちがこれまでの成果に満足して、あまりにも早く勝利を宣言するような気分が広がっている。この点が脅威であることを強調しておきたい。アジアのいくつかの国では近年の成果により、エイズ対策の政策としての優先順位が以前より下がっています。私たちはエイズ対策に取り組む勢いが失われることのないよう、こうした国々の指導者に働きかけていく必要があります。この地域に流行の第2波が襲ってくるようなことがあれば、それに対抗できる余裕はありません。

アジア太平洋地域は、HIV治療や母子感染予防サービスに関しては提供率が世界平均を下回り、後れを取っています。プログラムマネージャーや政治指導者はこのことを認識し、弱い立場に置かれた人々や女性、子供への治療アクセスを改善する努力を続けていかなければなりません。

この地域の国の多くで、法的な環境はよくありません。男性とセックスをする男性(MSM)、セックスワーカー、薬物使用者といったキーポピュレーションをいまなお、犯罪者として扱っている国がたくさんあります。政治指導者や議員に対しては、法律そのものと、その執行の両方を改革するよう促していきたい。フィジーやネパールのような小さな国では、政治の指導者が関与すればエイズにまつわる偏見や差別をなくしていけることが示されてきました。


−あなたはこれまで、一貫して弱い立場の人たちを力づけることの重要性を主張してきました。アジア太平洋地域のエイズ対策において、キーポピュレーションが果たす役割はどのようなものでしょうか。

HIV 陽性者、および男性と性行為をする男性(MSM)、セックスワーカー、薬物使用者といったキーポピュレーションは、エイズ対策の中心的な役割を担っています。アジア委員会報告書と国別のサーベイランスデータは、各国がキーポピュレーションのHIV感染予防プログラムに投資する必要があるのに、多くの国は適切に資金を回していないということを示しています。最も弱い立場に置かれている人たちに予防と治療のサービスを提供する資金が確保できるよう政府にプレッシャーをかけるために、政治指導者とキーポピュレーションのメンバーとの建設的なアクティビズムを期待したいと思います。

エイズ対策の重要な転換点にある現在、団結と社会の指導者の関与は極めて重要です。コミュニティ主導のHIV予防、治療プログラムは費用対効果が高く、高い成果をもたらすものであることを示す成功事例もあります。こうしたコミュニティ主導のHIVのプログラムをもっと多くの国で実施していく必要があります。その集積がエイズの流行の行方を左右することになります。



Interview with J.V.R.Prasada Rao, United Nations Secretary-General’s Special Envoy for AIDS in Asia and the Pacific
02 November 2012

The United Nations Secretary-General’s Special Envoys for AIDS are committed individuals selected by the United Nations Secretary-General to help advance the AIDS agenda at global level and to ensure that AIDS is kept high as a political priority in their respective regions. In a series of interviews with Unaids.org, the Special Envoys for AIDS shared their views on the state of the AIDS epidemic and their own role in the global effort to end the epidemic.

J.V.R.Prasada Rao, a national of India, was appointed United Nations Secretary- General’s Special Envoy for AIDS in Asia and the Pacific effective July 2012.

Mr Rao was the Director of India’s National AIDS Control Organization for five years before serving as India’s Permanent Secretary for Health and Family Welfare. There, he played an instrumental role in implementing a comprehensive and decentralized national AIDS control programme. He then joined UNAIDS in 2004, where he was appointed Regional Director for Asia and Pacific and subsequently Senior Advisor to the Executive Director. He has served as Member Secretary of two independent commissions on AIDS in Asia and the Pacific and is currently a Commissioner of the Global Commission on HIV and the Law.

During his work, Mr Rao consistently advocated for the empowerment of vulnerable communities and people living with HIV as an essential element to achieving an effective AIDS response in Asia and the Pacific.


UNAIDS.org: As one of the United Nations Secretary-General’s Special Envoys for AIDS, what do you consider to be your role in the response to the epidemic?

The United Nations Secretary-General Ban Ki Moon and the UNAIDS Executive Director Michel Sidibé share the vision of getting to zero new HIV infections, zero discrimination and zero AIDS-related deaths. This includes Asia and the Pacific, a region which represents more than half of the world’s population. Although the region has seen progress in the areas of HIV prevention and treatment, we still have a long way to go to get to zero. Thus, my aim is to bring this message to top political leaders across the region.

We must use the critical three-year period before 2015 to reach the Millennium Development Goal on combatting HIV. I would like to share this message with political leaders, parliamentarians, community representatives and donors.

What motivates you in this role?

The biggest motivating factor for working as Special Envoy on AIDS is the historical opportunity we have to reverse the spread of HIV in Asia Pacific and to achieve the Millennium Development Goals.

I have been working on AIDS programmes for the past 15 years, first in the Government of India and later at UNAIDS, and faced enormous challenges — particularly in the early days of the AIDS response. Things have changed a lot since then, but I learned some important lessons which I can now pass on to others to make our collective efforts in responding to the epidemic more efficient.

The number of new HIV infections has stabilized in Asia and decreased in the Pacific in recent years. What has changed in the region?

In the last 10 years, some countries have shown remarkable progress in terms of HIV prevention, which has helped bring down new HIV infections. As a whole, the number of new HIV infections in the region is declining, but I am still not happy with the rate of this decline, and in many countries new HIV infections continue to rise.

Successful countries, such as Thailand, Cambodia, India and Malaysia, have invested wisely in HIV prevention programmes for key populations at higher risk. In the Pacific, countries like Fiji and Samoa have demonstrated that a determined leadership and a strong commitment to the AIDS response can make a big difference. Regional inter- governmental bodies like the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) and the United Nations Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP) have kept AIDS a priority, and this has contributed greatly to the stabilisation of HIV infections in member countries.


What key issues and challenges remain in the response to AIDS in Asia and the Pacific?

I would like to highlight the threat that comes from political leadership being complacent and claiming victory too early. AIDS is becoming less of a priority in some of the Asian countries that have seen improvement in recent years. We need to work with the leadership in these countries to ensure that the response to AIDS does not lose momentum. We cannot afford a second wave of the epidemic in the region.

The region is lagging behind the global average in the provision of HIV treatment and prevention services to stop new HIV infections among children. Programme managers and political leaders should be aware of this and work to improve access to treatment to vulnerable communities, women and children.

Adverse legal environments continue to be a challenge in many countries in the region. Key populations such as men who have sex with men, sex workers and people who use drugs are still criminalised in most countries. I will encourage political leaders and legislators to reform both the laws themselves and the way they are enforced. Small countries like Fiji and Nepal have demonstrated that when leaders commit, they can alter the environment of stigma and discrimination surrounding AIDS.


Throughout your career you have consistently advocated for the empowerment of vulnerable communities. What is the role of key populations in Asia and the Pacific in the response to AIDS?

People living with HIV and key populations at higher risk such as men who have sex with men, sex workers and people who use drugs play a central role in the response to AIDS. The Asia Commission report and country-specific surveillance data show that countries need to invest in programmes to prevent HIV infections among key populations, yet many countries are still not dedicating appropriate resources. I would like to see constructive activism from leaders and members of key populations in pressuring governments to provide adequate funding for HIV prevention and treatment services for the most vulnerable communities.

At this critical juncture of the AIDS response, the unity and commitment of community leaders is crucial. Some have successfully demonstrated how community-owned HIV programmes for HIV prevention and treatment can be cost-effective and produce positive results. We need to see more of these community-owned HIV programmes implemented in various countries. This is bound to make a difference to the course of the epidemic.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アジア太平洋地域エイズ対策国連事務総長特使、J.V.R.プラサダ・ラオ氏インタビュー エイズ&ソサエティ研究会議・HATプロジェクト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる